席 を 外し て おり ます。 質問!ITmedia

「折り返します」は相手に失礼 一筋縄ではいかぬ、電話の応対: J

席 を 外し て おり ます

<目次>• 英語で電話がかかってきたら?まずはこう言おう もしもし• Hello AA社です(ご用件をどうぞ)• This is AA Company. AA Company. どちら様でしょうか。 May I ask who's calling? May I ask your name, please? お名前のスペルを教えてください• How do you spell your name? Could you spell your name, please? 何という者にお掛けですか?• Whom would you like to speak to? お電話かわりました• (用件を英語で聞いて理解できる自信があるなら)ご用件をうかがえますでしょうか• How can I help you? これが言えれば怖くない!とっさの一言 もう少しゆっくりお話いただけますか?• Could you speak a little more slowly? Could you speak a little louder? もう一度言っていただけますか?• I beg your pardon? Could you say it again? 英語を話す者に代わります。 I'll get someone who speaks English. 番号をお間違えでは、ないでしょうか。 I'm afraid you have the wrong number. 電話を取り次ぐ時の英語 電話をおつなぎいたします。 I'll transfer your call. 木村に代わります• I'll get Mr. Kimura for you. 担当の者に代わります。 I'll connect you to the person in charge. 海外営業部におつなぎします• I'll put you through to the international sales department. 少々お待ちください• Hold on, please. 「席を外している」「電話に出られない」時の英語表現 (その女性社員は)ただ今、席を外しております。 She is not at her desk right now. 今、別の電話に出ております。 She is on another line right now. このままお待ちになりますか?• Would you like to hold? ただ今、会議中です。 She is in a meeting right now. ただ今、出張中です。 She is on a business trip. 今日は、お休みを頂いております。 She is off today. 月曜日には戻ります。 She'll be back in the office on Monday. 本日は、もう社には戻りません。 She has left for the day. She has gone home for the day. 折り返しお電話するように伝えましょうか?• Shall I tell her to call you back later? 伝言を受ける・電話を切る時の表現は? メッセージを承りましょうか?• May I take your message? Would you like to leave a message? 電話番号をうかがえますか?• May I have your number? 申し伝えます。 I'll give her a message. お電話ありがとうございました。 Thank you for calling. Thank you for your call. 今回ご紹介したのは、基本的な表現、言わば「決まり文句」です。 「英語だ!」と思うと、もう「わからない」と壁を作ってしまう人もいると思いますが、英語がわかる人に代わる表現を知っているだけで、ずいぶん気が楽になります。 覚えられなかったら、これらの表現を書いた紙を電話の近くに置いておくといいかもしれませんね。 【関連記事】•

次の

不在でも慌てない! 電話の取り次ぎ方【ビジネス電話】

席 を 外し て おり ます

似ているような言い回しですが、厳密には意味合いが少し違い相手の理解も変わってきます。 場合によっては、誤解招いて相手の機嫌を損ねる可能性もありますので、こちらの状況に応じて正しく「席を外す」と「外出」を使い分けることはマナーとして重要です。 ここでは、それぞれの意味合いと、シーンによってオススメの使い分け方法を紹介します。 「席を外す」とは 「(担当者が)持ち場にはいないが、社内にはいて数分で戻ってくる」というニュアンスがあります。 こう言われた相手は、担当者が休憩中かミーティング、またはお手洗いに行っているのだと推測するでしょう。 会議の場合など席に着く時間がわかる場合は、「10分ほどで戻りますので、折り返しお電話いたしましょうか?」のように具体的な時間を提示して返事をします。 また、いつ席に着くかわからないが、社内にはいる場合は、「戻りましたら、折り返しお電話でよろしいでしょうか?」という返事にとどめましょう。 「外出」とは 一方で、「外出」は、「社外にいて戻るのにだいぶ時間がかかる、またはどれくらいの時間で戻ってくるかわからない」といったニュアンスになります。 「席を外す」と比べて、電話を折り返すまでの時間が長いという意味合いになります。 また、このままだと、担当者と連絡がつくタイミングが遅れてしまう恐れがあります。 なので、相手に「急ぎの件かどうか」を尋ねることが大切です。 折り返しお電話いたしましょうか?」としましょう。 状況によって使い分ける 時間がかかりそうなら「外出」でも 一時間以上かかるような会議や商談でしたら、社内にいても「外出」でもかまいません。 相手には少し余裕をもって戻り時間を伝えておきましょう。 少しの違いで大きな痛手 意味合いの違いを意識せず使い分けをしなかった場合は、トラブルにつながることもあります。 「席を外してたはずの担当者の電話を折り返しが3時間後だった」「外出していると聞いていたのにすぐに電話があった」など、自分だけではなく担当者のイメージを落とすことにもなります。 さらには、会社全体のイメージダウンにつながる場合も。 あえて詳しく説明しない 会社によっては、「接客中」や「会議中です」と担当者の状況詳しく伝えるそうです。 具体的に言われると親切に思えますが、「社内にいるなら、伝えることぐらいできるだろう」と、必要以上の対応を迫られることもあるようです。 また、担当者の行き先や連絡先なども知らせるべきではありません。 情報漏えいにつながりますので、親切心で答えないようにしましょう。 パターン化していて柔軟さがないように感じますが、にごした言い方は良好な関係を保つために必要な場合もあります。 状況に応じて使い分けができると、ビジネスに支障をきたすことなく進められるでしょう。

次の

日本語調査 「Aは今、席を外しております。」 はおかしいですか?

席 を 外し て おり ます

上司は、あなたにとって目上の人にあたるとされています。 上司と話しているときは、その上司のすることや、その上司についてのものごとを、尊敬語を使って言います。 たとえば鈴木部長本人に対して「部長が席を外す」ということを言う場合は、「部長が席を外していらっしゃる」となります。 ところが、取引先の人や顧客などと話していて、自分の上司について何か言うときは、上司のすること、ものごとについて謙譲語を使います。 例えば、「鈴木部長が席を外している」は、「鈴木は、席を外しております」と、謙譲語を使って言うのが適切です。 社外の人との関係では、上司のことを同じ会社の人間として自分と同列にみなすというのが敬語の約束だからです。 ですので、奥さんと話すときに、奥さん本人のことについて言うときは、尊敬語を使います。 例えば「お元気でいらっしゃいますか」という具合です。 それと同様に、話に登場する奥さんのご主人、すなわち部長についても尊敬語を使います。 目上の人の家族は、目上の人と同列にみなすというルールがあるからです。 よって、「鈴木部長は席を外している」は、「鈴木部長は、席を外していらっしゃいます」となります。 ということで、正解は1でした。 同じく社外の人に対して「鈴木部長が席を外している」と言う場面でも、取引先や顧客の人に対しては「鈴木は、ただいま席を外しております」部長の奥さんに対しては「鈴木部長は、席を外していらっしゃいます」と、言い方が変わりますのでご注意ください。

次の