ワード ページ 番号 表紙 以外。 表紙以外にページ番号【Word・ワード】

Word(ワード)でページ番号を設定する方法|表紙を除いたり、途中からなど自由に設定するやり方

ワード ページ 番号 表紙 以外

ワードで作成した文書の途中に、ほかの印刷物を入れる場合、ページ番号はどのようにして飛ばしていますか。 途中からページ番号を変える場合は、セクションを使います。 「セクション」とは、文書内で異なるページレイアウトを使うためのしくみです。 セクションを使うと、途中から二段組みやほかの用紙サイズに切り替えることができます。 ページ番号を変えるには、ページ番号を変えたいページの先頭にセクション区切りを挿入したあと、ページ番号の開始番号を指定します。 セクション区切りを挿入する ページ番号を変えたいページの先頭にセクション区切りを挿入します。 ここでは、3ページの先頭にセクション区切りを挿入します。 ページ番号を変える ページ番号を変えるには、2つめのセクションにカーソルを移動し、ページの開始番号を指定します。 ここでは、開始番号を5ページに変えます。 ページ番号を「5」から「6」に変える場合も、「ページ番号の書式」画面で指定し直します。

次の

Wordで表紙と目次にページ番号を入れない方法

ワード ページ 番号 表紙 以外

ワード(Word)を配布資料として印刷するときなどに便利な、 ページ番号を設定する方法を解説しています。 表紙や目次を除いた本文からページ番号を設定する方法や、削除する方法、フッターの編集をする方法をご紹介します。 (1)ページ番号を設定する方法 ページ番号は、 ヘッダーとフッターの編集機能を使って設定します。 ヘッダーとフッターとは、文書の各ページの上下にある余白の領域のことです。 表紙と目次を除いて、本文からページ番号を表示する まずは、冊子で配布することを想定し、表紙と目次を除いた本文からページ番号を表示する方法を見ていきましょう。 文書の1ページ目が表紙で、2ページ目が目次になっていると仮定します。 まずは、2ページ目の目次と本文の間に、次のページから始まる セクション区切りを入れましょう。 目次の末尾にカーソルを移動し、 [ページレイアウト]タブを選択します。 [ページ設定]グループの [区切り]を選択し、 [セクション区切り]の一覧から [次のページから開始]をクリックします。 すると、カーソルを置いた位置で 改ページが設定され、表紙と目次のページが「セクション 1」、それ以降の本文ページが「セクション2」となります。 次に、セクション2の中にカーソルを配置して、 [挿入]タブを選択します。 [ヘッダーとフッター]グループの中から [フッター]を選択して、 [フッターの編集]を選択します。 次は、セクション2のフッターにカーソルを移動させます。 続けて [ヘッダーとフッター]グループの中の [ページ番号]を選択し、 [ページの下部]から [番号のみ2]を選択します。 これで3ページ目以降のフッターにページ番号が挿入されます。 また、ページ番号の位置をどこにするかによって、 [番号のみ1][番号のみ3]などを選択しても問題ありません。 最後に、ページ番号が「1」から開始されるように設定します。 [ヘッダーとフッター]グループの[ページ番号]から、 [ページ番号の書式設定]を選択します。 [開始番号]を選択して[1]と入力し、[OK]ボタンをクリックします。 [ヘッダーとフッターを閉じる]ボタンをクリックすれば、表紙と目次を除くすべてのページにページ番号が挿入されます。 ページ番号のパターン ページ番号の設定には、いくつかパターンが存在します。 (1)総ページ数を入れる 該当のページが全ページ数の中の何ページ目にあたるのかを示したいときに利用します。 (2)ページ番号の位置を選択する ページ番号を挿入する際に位置を指定したい場合があります。 この場合には「ページレイアウト」タブの[ページ設定]グループから [ダイアログボックス起動ツール]を選択します。 すると[ページ設定]ダイアログボックスが開きますので[その他]タブの中から[ヘッダーとフッター]グループで [用紙の端からの距離]のヘッダー、フッターそれぞれに数値を指定し、[OK]ボタンを押下します。 そして、[ヘッダーとフッター]グループの [ページ番号]を選択し、一覧から [ページ番号の削除]をクリックします。 (2)ヘッダー、フッターを活用しよう ページ番号のほかにも、ヘッダー・フッターを活用することで、会社のロゴを入れることもできます。 会社ロゴを入れる まずは [挿入]タブを選択します。 [ヘッダーとフッター]グループの中から [ヘッダー]のうち[空白]を選択します。 (ロゴをフッターに入れたい場合は、[フッター]のうち[空白]を選択します) 次に、 [ファイル]タブから[挿入]グループの[図]を選択して、あらかじめ準備した会社ロゴのファイルを挿入します。 ページ番号の設定をはじめとするワードのヘッダー、フッターを活用した機能の紹介、いかがでしたでしょうか?是非活用してみてくださいね。 キャリアHUB編集部.

次の

ワード文書のページ番号を自由に変える設定方法

ワード ページ 番号 表紙 以外

【Word・ワード】ページ番号とは? ページ番号はその名の通り、ページの番号です。 ページ番号を付ければ、 今読んでいるのが何ページ目なのかすぐにわかります。 ページ番号の例 【Word・ワード】ページ番号の入れ方 ページ番号は、簡単に入れられます。 ページ番号の場所 ページ番号の位置を指定する ページ番号のメニューが表示されるので、 ページ番号を入れたい位置を選んでください。 今回はページの下部にしてみます。 ページ番号の位置を選ぶ すると今度はどんな形式がいいのか聞かれます。 イメージに合ったものを選んで、クリックしてください。 イメージに合うものを選ぶ クリックすれば、ページ番号が挿入されました! ページ番号が挿入された ページ番号を下部に入れましたが、この下部がフッターのことなんです。 ヘッダーとフッターを閉じるの場所 これで元通りになりました!ページ番号も付いたままですね。 いつもの画面に戻った 【Word・ワード】ページ番号を途中から入れる 普通にページ番号を入れると、もちろん1ページ目からになりますが、2ページ目からもページ番号を入れられます。 1ページ目の表紙にはページ番号を入れないで、2枚目から1ページ、2ページと番号を付けられます。 ページ番号を入れる位置を決めます。 好きな位置でいいですが、今回も下部を選んでおきますね。 ページ番号の位置を選ぶ 次にページ番号の形式を選びますが、今回は「番号のみ2」を選んでおきます。 番号のみ2を選ぶ 表紙を1ページとして、ページ番号が付きました。 先頭ページのみ別指定の場所 すると、1ページ目のページ番号が消えました!フッターと書いてあった箱は「1ページ目のフッター」に変わりましたね。 1ページ目のページ番号が消えた ちなみにこの状態では2ページ目は「2」のままです。 それでOKであれば、ここで終了です。 ページ番号の場所 実はこっちにもある メニューの中の 「ページ番号の書式設定」を選びます。 ページ番号の書式設定の場所 「ページ番号の書式設定ダイアログボックス」が出てきました。 開始番号をクリックして、 番号を「0」にしてください。 OKをクリックすれば完了です! 開始番号を0に 2ページ目のページ番号が1になりました! 2ページ目が1になった.

次の