ポツン と 一軒家 福井。 ポツンと一軒家/福井大野市の黄連(オウレン·生薬)農家の場所はどこ?7月7日|ママスケッチ

ポツンと一軒家 福井県大野市の場所は?意外な植物栽培が気になる?

ポツン と 一軒家 福井

2020. と諦めているそんなあなたへ。 都会の喧騒を離れて二カ所拠点はもちろん、キャンプ場経営・飲食店経営・アトリエにもちょうどよい。 丘の上にポツンと立つ一軒家の広い敷地には他のだれも入ってこない。 ふれあいの森総合公園からはじまる気持ちの良い一本道。 進むと、楓と梅の木に囲まれているが、開放感バツグンの物件がでてくる。 庭からの眺めが何よりのごちそうだ。 目の前には富士山のほか、エリアのシンボル「塩ノ山」も目の前に見える。 水は井戸水が採掘済み。 家の裏側にある岩壁を活用した倉庫はペルーのインカ・ロレットを彷彿させる。 カッコよさだけでなく、BBQ道具やロードバイクの保管にも重宝しそうだ。 お散歩圏内のおすすめスポットは、 見晴らしのよい広大な公園「ふれあいの森総合公園」、自家製野菜の生パスタ屋さん「かざはな」・古民家お蕎麦「そば丸」 家族経営のお手頃ワイン「機山洋酒・塩山洋酒」・武田信玄の菩提寺「恵林寺」がある。 周辺にはハイキングコースと温泉施設が無数にある。 お問い合わせはまで.

次の

【ポツンと一軒家】岩手県の番組初谷間の家!福井県家業の植物栽培

ポツン と 一軒家 福井

衛星写真を拡大すると見えてくる、 山奥にポツンと建つ一軒家に スポットを当てる番組。 東部の山中に2棟 道路も確認できる 衛星写真で見つけた福井県の ポツンと一軒家を目指し 7km離れた集落から捜索開始。 まずは情報を得るため 地元の人を探してみると、 正面に歩いている 男性。 ポツンと一軒家で来ている事を その男性に話すと 男性から、 ここまで? またよくこんな場所へ よく観てますよと返答が。 男性に衛星写真を見て貰うと、 7㎞離れた先の ポツンと一軒家 を知っていた。 詳しい事はわからないが、 ポツンと一軒家には カトウさんという方が 住んでいるらしい。 そこに行くには、険しい山道があり、 崩れやすい所があるという。 捜索再開し、教えて貰った 通りに進むと道が狭くなる。 落石なのか石が多く転がっていて、 男性の言う通りだった。 そして大きな石を2人で20㎝程 移動させた。 川沿いにのびる渓谷の細い山道 の先を進んで行く。 クネクネした山道を進み 家に到着。 小高い山の中腹に、森を切り拓いた 広い土地に赤い屋根の大きな一軒家。 青い屋根の小さな建物が建っていた。 Sponsored Links 訪ねようとすると、家の中から 音楽が聞こえる。 それは、小さい建物のひさしに スピーカーが取り付けられていて、 誰もいない外に向けて クラシック音楽が流れている。 すると後ろから軽トラックで 誰かがやって来た。 タイミング良く帰って来られたのは、 ポツンと一軒家の 主である カトウヨシアキさん70歳で この番組の事も知っていた。 今まで山の上で すす竹という タケノコを採っていたそうだ。 流れて来た音楽は、 寂しさしのぎと獣除けで ラジオを流したりしていた。 冬場、雪深い地域などに昔からある 出作りと呼ばれる生活形態があり、 山で農業や林業を行う人は 麓の家とは別に山にも家を持ち、 夏から秋にかけて山の出作り小屋に 住んで仕事に励んでいたそうです。 麓の町で 長男家族と暮らす 加藤さんは、 今も100年以上前に 祖父が建てた 出作り用の家に山仕事の時期になると 住んで代々受け継いだ家業を守っている。 元々、県の職員として働いていた カトウさんが家業の胃腸薬などに 配合される生薬の一種、 黄連の栽培を 57歳の時 父親から継承。 同時に山での出作り小屋も引き継いでいた。 Sponsored Links 出作り小屋の中は、 薪ストーブがあり、 昔は囲炉裏だったそうだが、 床が酷くなり、断熱材を入れて、 サッシも取り替えてあった。 以前、県が運営する地元の 発電所で電気設備のメンテナンスを 行う部署だった カトウさんは30年前、 知り合いから廃棄バッテリーを50個 貰って自作した太陽光発電の 蓄電装置を作る。 今も電気は通っていないが、 外にある沢山のソーラーパネルで 照明も家電製品も使用可能。 黄連栽培の場所は1㎞離れた畑で、 たまに熊にあう事も…。 そのため、熊除けの鈴をつけた 籠を腰に巻いて行く。 約40haの山を 親戚と共同所有している カトウさんは、そのうちの6haで 栽培している。 収穫した黄連の根は2、3日 天日乾燥させた後、 ひげ根を焼く「毛焼き」作業を行い、 毛焼きした根を研磨し、天日乾燥させ、 製薬会社などに出荷されている。 毎日山に登って黄連を育て、 自分の世話もしてくれた 両親のためにも仕事を 早期退職して跡を継いだ。 だが黄連の1㎏の販売価格は、 2,018年時、13,000円。 安い中国産の輸入で価格が暴落、 家族を養う収入を得るのは困難。 心配していた後継者問題、 この先どうなるかはわからないが、 孫がやる気で少しホッとしている。 Sponsored Links.

次の

テレ朝POST » 番組初、富山県の“ポツンと一軒家”は「番組史上最高レベル」の埋もれ方!

ポツン と 一軒家 福井

2月23日のポツンと一軒家は ポツンと一軒家 番組内容詳細 今回のポツンと一軒家は、岩手県と福井県の一軒家です。 岩手県の番組発、谷間の一軒家 今回の一軒家は、宮城県との県境に近い山の中です。 スタッフは衛星写真で一軒家を発見! 東北地方ならポツンと一軒はたくさんありそうですが。 衛星写真で見る限りでは、周囲は深い森でどうやら谷間に建つ一軒家のよう。 谷に建つ一軒家はめずらしい! スタジオの所さん他メンバーも首をひねりますが、捜索隊はまずは最寄りの集落で聞き込みにいこうとします。 その方の車について、山道をどんどんと入っていくと、側道を抜け、細い橋を渡り、深い森の中へ…案内がなければとても行けそうもない道です。 そして、ようやく森を抜けると突然、谷間に広がる大きく切り開かれた土地が現れ、桃源郷のような場所に建っている一軒家に遭遇! そこには、佐藤さんが娘さんと二人で住んでいました。 55歳の次女、娘さんは、帰宅するなり待ち構えるスタッフに「ポツンと一軒家なんですが」と言われて爆笑する一幕も! 父と娘二人だけの山の生活 娘たちが小学校に上がった頃は、橋などの建設現場などに出稼ぎに出かけていました。 忙しくて滅多に家には帰れなかったといいます。 70歳になってやっと家に戻ったら、妻が脳梗塞で二か月後に倒れ、6年後に他界。 次女の誠子さんは、昔ながらの生活をしながら、水道も来ていない山の上でお父さんと二人で山に住んでいます。 父娘二人だけの山奥の生活…穏やかな時間が一軒家に流れていきます。 九死に一生のエピソードとは? 娘さんには、なんと九死に一生を得たエピソードがあるというのですが、それはいったい? 岩手県は東日本大震災の時に、山にあるこの家の約4キロ手前までも津波が迫る勢いでした。 その時町に降りていた誠子さん、東日本大震災の時に、橋を渡り終わったら、急に携帯が圏外になった。 ふっと後ろを向いたら、後ろに続いていた車が一つもない。 橋を渡る誠子さんの背後に続く橋の上のものは、車も人も皆津波がさらっていったのでした。 その橋を渡り終わった人は誠子さんが最後だったのです。 九死に一生を得て、今、誠子さんは父と二人の穏やかな暮らしを送っているのです。 福井県の落石の向うの一軒家 番組後半は、福井県東部の一軒家。 スタッフが発見した場所は、切り立った山の中。 とはいえ、衛星写真でもハッキリと道が確認できるようなところ。 スタジオの林先生他も期待に満ちたコメントを述べました。 まずは、7キロほど離れた最寄りの集落へ。 地元の人は「住んでいる方の年齢まではわかりませんが、一軒家があることは知っていますよ」有力な情報を提供してくれました。 一軒家までの道のりは「山道をずーっと行ってください」とのことですが、同時に「途中、道が崩れやすくなっているので気をつけていってください」 ええっ!? だいじょうぶかな。 道に大きな落石が… 意を決して出かけるスタッフですが、7キロの山道には民家はなく、しかもところどころ道が滑落。 家に至る道程は相変わらずの困難を見せますが、それ以上に道には大きな落石が散見するという過酷な道程なのでした。 「これが車に直撃したらと思うとゾッとしますね…」 道をふさいでいた大きな落石を捜索隊は2人がかりで持ち上げて動かそうとする困難にも遭遇。 もっともこの場面には、スタジオの所さんや林先生は大笑いでした。 こちらの身になってくださいよ~(スタッフさんの気持ちを代弁) 山奥で栽培される特殊な植物 しかし、何とかたどり着いた一軒家、清流が流れる渓谷の山道を越え、さらに急斜面で蛇行の続く峻険な山道を越えた先で出会ったのは、昔ながらの製法で意外な植物を栽培している男性、加藤さんでした。 寂しさしのぎと獣除けのため、いつも外に向けてラジオを流しているそうです。 また、電気は来ていないので、ソーラーパネルで充電。 黄連の栽培が家業 加藤さんが栽培している植物とは「黄連(おうれん)」というもの。 漢方薬の材料、胃腸薬として使用される生薬の一種だそうです。 試食して苦さに、苦笑いするスタッフ。 「良薬口に苦し」と加藤さんに諭されます。 これまでの人気の一軒家は!.

次の