氷川 きよし 告白。 氷川きよしの“胸中告白”に賛同多数「自分らしくいてくれれば」(2019年12月15日)|BIGLOBEニュース

氷川きよしが結婚について「大勢じゃないと」と告白 ビジュアル系に変身したことが話題に

氷川 きよし 告白

氷川きよしがオネエ化…!? 氷川きよしさんもデビューしてから早10年以上経ちますので、さすがに全盛期の頃の爽やかさや勢いはなくなっているのはわかります。 ただ、年をとっても相変わらずキレイな顔立ちなんだろうなぁ〜っと思いきや、氷川きよしさんを久しぶりにテレビで目撃した人は絶対に驚くはずです。 もう全盛期の氷川きよしさんの面影は全く無く、見た目も180度違うからです。 では、衝撃のビジュアル系に変貌した氷川きよしさんを実際に写真でチェックしてみましょう。 オネエ化した氷川きよしの顔写真です。 相変わらずきれいですけど、なんか化粧も濃くなっていますし、何より髪色が明るすぎる。 テレビで久しぶりに氷川きよしさんを見たときは、少し固まってしまいました。 「あれ、氷川さん…どうしたの?」 誰もが氷川きよしさんを「男」だと認識しているので、女装しているのはまぁわかりますけど、それにしても少し限度を知らないというか、ここまでオネエ化する必要あるの!?っと疑ってしまいます。 氷川きよしは言動もおかしい!? もう説明するより以下の動画をチェックしていただけると、10秒で理解できます。 氷川きよしさんといえば演歌歌手だったのに、もはや演歌とはいえず、完全にロック調の歌を歌うビジュアル系バンドみたいになっちゃっています。 さらに驚きなのは、某テレビ番組で質問されて答えるときに、自分のことを 「あたし」と言っていました。 足の毛がゼロ!?ツルツルすぎる生足 まだまだ氷川きよしさんのオネエ化は止まりません。 2019年8月8日の「明治神宮野球場」で行われた東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガースの始球式に登場した際にも、氷川きよしさんのオネエっぷりが話題になっていました。 見てください。 この変貌っぷりを。 めちゃくちゃ楽しそうですよね? ところで、この写真をよーく眺めてみるとわかりますけど…氷川きよしさん、 内股なんです。 また顔写真をアップで覗いてみると… 髪色も女の子みたいな茶髪になっていますし、メイクが明らかに「オネエメイク」になっています。 実際に球場に足を運んでいた人たちも、最初は誰が誰だかわからなかったようですね。 オネエ化した氷川きよしの画像集 まだまだ物足りないという人も多いはずですので、オネエ化した氷川きよしさんの画像を一挙にまとめてみました。 まずはコチラの衝撃的な写真から。 もう昔の面影は全くなくなり、すっかり「そっち路線の人」に変わり果ててしまいました。 もちろん、相変わらずきれいなんですけど…とにかくメイクが女性っぽくて、アイシャドウとかリップとか本格的で、間近で見るとちょっと驚いてしまいますよね? 髪型や髪色が違うからなのか、完全にオネエ化しています。 もちろん年をとったのも関係していますけど、もう氷川きよしに爽やかさという要素は全くなくなりました。 もうそこらの女よりも、遥かに美人ですよね? コチラの写真はバックダンサーに注目していただきたいんですけど…バックダンサーまで現在の氷川きよしに完全統一されています。 今の氷川きよしさんってメイクだけではなくネイルにもこだわっていますし、この変わりっぷりを見る限りでは単なるお遊びではなさそうなので、なんかXジャパンとか西川貴教さんみたいな路線でも目指しているんじゃないか?そんな気がしてきました。 実際、氷川きよしさんは昔から西川貴教さんやXジャパンに憧れていたようなので、もともとそっち系統だった!?という可能性は大いにありますよね。 氷川きよしがオネエ化した理由とは? 久しぶりに氷川きよしさんを見た人はその変貌っぷりに驚きを隠せなかったはずです。 ところで、なぜ氷川きよしさんはココまで変わり果ててしまったのか? その理由が気になって仕方がないですよね!? そこで、氷川きよしさんが変貌した理由として考えれるケースをまとめてみました。 たしかに言われてみると、氷川きよしさんのオネエ化は思っている以上に話題になっており、かつて氷川きよしさんを軽視していた方々も再注目していますので、新しいファンを新たに囲っている、という状況は間違いありません。 氷川きよしってもともとオネエ系だったの!? 一昔前の氷川きよしさんからは全く想像できませんけど、実は氷川きよしさんってもともとオネエ系、そっち系の人だった!?という説があるんです。 というのも、過去に某有名芸能人…それも 男性たちとの密会!?を激写されているからです。 平井堅と手つなぎデート!? なんと、あの人気歌手:平井堅さんと台湾で2人で手をつないでデートしていたことが、地元の台湾新聞に取り上げられました。 しかも、つい最近の話ではなく、2006年の出来事です。 2006年といえば氷川きよしさんが「一剣」で日本レコード大賞を受賞した年で、氷川きよしがブレイクしていた時期まっ定中ですよ。 テレビの前では爽やかボーイなのに、その裏では男性と手つなぎってなんだかおかしな話で仕方がありません。 松村雄基(まつむら ゆうき)とも密会!? まだまだネタは続きます。 なんと氷川きよしさんは2010年に松村雄基さんとのツーショット画像を フライデーされています。 氷川きよしさんが松村雄基さんのお尻のポケットに手を入れている!?ようにも見える写真を激写されて話題になり、どうみても男同士の関係とは思えません。 しかも、このお二人は2014年にも密会がスキャンダルされており、氷川きよしさんの別荘である逗子(ずし)で逢瀬を重ねていたようなんです。 もともとゲイバーで働いていた!? これまで有名芸能人との密会を報じてきましたけど…じつは氷川きよしさんって芸能界入りする前に ゲイバーで働いていたと噂されています。 衝撃のゲイバー時代の氷川きよしさんの写真がコチラ。 氷川きよしさんは22歳の時に芸能界デビューしていますので、この写真はおそらくそれより前の 20歳前後の時期ではないでしょうか。 現在の氷川きよしが「本来の姿」だった!? さて、氷川きよしさんのオネエ化の全容をお見せしてきましたけど、これまでの経緯からみて予想をはるかに超える展開となっています。 そして、 この件についてなんと氷川きよしさんご自身が、2019年12月の週刊新潮のインタビューで 衝撃の告白をしています。 「みんなが求める『氷川きよし』に徹してきたけど、40歳を過ぎて、人としてもっと表現の幅を広げたいという気持ち。 そもそも演歌というのは様式美、つまり、こうあるべきという型がある。 あくまで『演歌の王道』を歩んで欲しい、 男らしく生きて欲しいって言われると、自殺したくなっちゃうから、つらくて……」 引用:デイリー新潮 「男らしく生きて欲しい」って言われると辛いって… これって本音をカミングアウトしているようなものですよね? また、某イベントでも 「本来の自分に戻りました!」と公言していて、まるで今の姿が本来の自分自身であると世間に漏らしているようなものです。 先ほどの氷川きよしさんご自身のエピソードを見ると、今まで爽やかな男性を演じてきたことに対して相当ストレスを感じていたのは間違いなく、デビューしてまたたく間にブレイクした裏でとんでもない苦労を積んでいたことがわかります。 まさかテレビの前で晴れやかに演歌を歌っている裏で、これほどの苦痛を感じていたとは誰も当時は思わなかったのではないでしょうか? 久しぶりに氷川きよしさんを目撃した人は現在のオネエ化した姿にビックリするはずですけど、過去のエピソードを知ると、氷川きよしが相当苦労してきたことはわかりますし、もう何も背負わず隠さずに堂々としている今の姿を見ると、逆に応援したくなってきます。 もう氷川きよしさんはオネエをカミングアウトしているようなものですけど、いつかテレビで堂々とこれまの経緯と現在の姿についてカミングアウトすることをそっと待っておきましょう。

次の

氷川きよしが「ジェンダーレス告白」ファンやネットの反応を解説!

氷川 きよし 告白

この日の放送は、作詞活動50周年のSP第2夜『80年代男性スター名曲特集』。 ゲストに氷川とを迎え、、らジャニーズ勢から演歌のまで、松本氏が手がけた男性アーティストの名曲を紹介する。 や大滝詠一さんのオリジナルバージョンを何度も聴いたうえで収録に臨んだという氷川のパフォーマンスを見た松本氏は「すばらしいね。 若い頃からJ-POPを聴いて育ってるから、体にリズムが沁み込んでる」と絶賛する。 松本氏は名曲の作詞秘話も紹介。 作曲家・氏と手がけた近藤真彦のデビュー曲「スニーカーぶる〜す」については、この曲の印象的な歌詞「Zig Zag Zag〜」が生まれた背景が明かされる。 の「ルビーの指環」や、森進一「冬のリヴィエラ」などの秘話も続々と飛び出し、氷川は「松本先生の授業を受けているみたいで、感動しちゃって…」と感激する。 一方の藤巻亮太も松本作品から大きな影響を受けているという。 自身も「粉雪」「3月9日」などのヒット曲を生み出してきたが、松本氏にヒット曲づくりの極意を質問。 その答えに、スタジオは驚愕する。 松本氏は「(原曲の)感じをすごくつかんでる。 (藤巻さんは)モテるよね」と称賛する。

次の

氷川きよしはカミングアウトした?オネエを告白しない理由が衝撃!

氷川 きよし 告白

この日の放送は、作詞活動50周年のSP第2夜『80年代男性スター名曲特集』。 ゲストに氷川とを迎え、、らジャニーズ勢から演歌のまで、松本氏が手がけた男性アーティストの名曲を紹介する。 や大滝詠一さんのオリジナルバージョンを何度も聴いたうえで収録に臨んだという氷川のパフォーマンスを見た松本氏は「すばらしいね。 若い頃からJ-POPを聴いて育ってるから、体にリズムが沁み込んでる」と絶賛する。 松本氏は名曲の作詞秘話も紹介。 作曲家・氏と手がけた近藤真彦のデビュー曲「スニーカーぶる〜す」については、この曲の印象的な歌詞「Zig Zag Zag〜」が生まれた背景が明かされる。 の「ルビーの指環」や、森進一「冬のリヴィエラ」などの秘話も続々と飛び出し、氷川は「松本先生の授業を受けているみたいで、感動しちゃって…」と感激する。 一方の藤巻亮太も松本作品から大きな影響を受けているという。 自身も「粉雪」「3月9日」などのヒット曲を生み出してきたが、松本氏にヒット曲づくりの極意を質問。 その答えに、スタジオは驚愕する。 松本氏は「(原曲の)感じをすごくつかんでる。 (藤巻さんは)モテるよね」と称賛する。

次の