ヤングジャンプ バンク。 ヤフオク!

【最新刊も全巻配信!】「ヤングジャンプ」を無料読みできる技を紹介!

ヤングジャンプ バンク

明確な目的を持つと人間って変わるんですね。 これ凄く大事なことですね。 ただ、その目的によって、自分の未来が決定されるわけですから、できれば、正しい目的を選び取りたいですね。 狂四郎は、志乃に会いたいという目的のために、 試練を乗り越えていきます。 狂四郎は、元から強かったですが、敵も、強い。 いつも、ギリギリでの勝利です。 試練は、平等に与えられる。 その試練は、自分で決断して、その責任を、 全て自分で抱えこむことができること、 その時に、本当の目的が生まれる。 そして自信が生まれる。 ただ、それは苦しみの始まりでもある。 本当にこれは、厄介なことだけど、 目的を持った人生って、こういうこと!だからな。 本巻で八木編が完結する。 遺伝子工学の飛躍的な発展により、20世紀の悪夢であった優生思想が、21世紀、装いを新たに登場する危険性が高まりつつある。 確かに遺伝子工学は無限の可能性と無限の危険性を秘めている。 世界の食糧問題を一挙に解決する力もあるが、クローン人間や人為的「天才」など神の領域を侵犯する行為を可能にする恐ろしい側面を持つ。 クローン羊や天才ネズミ一定の成果を見られた現在、この悪夢は明日にでも現実のものとなりかねない。 天才児求めて精子バンクに通う女性たちがいる今日、死んだ息子の代わりを求めてクローン人間を作ろうとする親 『鉄腕アトム』だ! たちが現れることを考えるのは決して荒唐無稽な想像ではないだろう。 天才児創出の最大の恐怖は人間のランク付けにつながる点だ。 天才児「生産」が普及すれば、精神障害者への差別はより強力なものとなるだろう。 社会的ダーウィニズムの復活だ。 あいつは使える、あいつは使えないなどと、人間に他人の価値を決定する権利などあるだろうか? 名作『アルジャーノンに花束を』の主人公、白痴の大人チャーリイ・ゴードンは言った。 「昔 天才になる前)の僕は人間ではなかったというのか?」と。 遺伝子工学によって人工的に生み出された「完璧な人間」八木少将は、まさしく優生思想の申し子だ。 八木の邪悪は、優生思想にとりつかれた愚かな人々の醜悪さをそのまま反映している。 これほど痛烈な優生思想批判を、私は知らない。 ダニエル・キイスは言っている。 「思いやりなき知性は無意味だ」。 八木の美徳は、天才としての能力にではなく、普通の人間としての思いやりに備わっていたのであった。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. indexOf c. unshift c. b f a :d.

次の

狂四郎2030 5 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ヤングジャンプ バンク

ヤングジャンプで連載中の原泰久のキングダムって最終回どうなるか想像したことってありますか? 最終的に政は始皇帝になって、あろうことか万里の長城の建設で人をかり出し 焚書坑儒で虐殺したのするのは 目に見えているから、最終回を想像してみると それを知った信(李信)は不満を抱き、大将軍を辞職して その座を蒙恬に譲って故郷へ帰るか、 それか中国古典ならではの涙と悲劇の結末な感じで 心を鬼にした政(始皇帝)の命で信が暗殺されるかどちらかな気がしますがどうでしょうか? 李信は生没年不詳となっていますからもしかしてそうなる感じがします。 (こうしてみると想像できませんよね?左の赤い服を来た政という少年が未来で残虐な始皇帝になるなんて?) 楚攻略の際にオウセンが60万の軍勢が必要だという中、李信は20万で十分だといい蒙恬と共に楚に攻め入り、油断したところを責められ大敗してしまい愚将というイメージがあるといわれていますが、面白いのはそこだと思います。 この時期の秦王は疑心暗鬼に陥っており些細なことで人を殺すようになっていたといわれています。 オウセンが60万必要だといわれた時、オウセンの案を採用しなかったのは60万の軍勢が秦国の全軍で、謀反を恐れたからだといわれています。 そしてこのような大敗をした李信、蒙恬はその後の史記にも登場しており斉を攻め入るとき参加しているといわれております。 些細なミスを許さず疑心暗鬼になっていた秦王に殺されなかったのはよほどの信頼を得ていたのか、それともそれ以外の要因があるのか、面白いところだと思います。 何処で終わるかとのことですが、秦王が狂ったように人を殺すところを私は見たくないので嫪毐の反乱を収めたところで終わるか、呂不韋との裏での攻防でもやってくれるんじゃないかなあと思います。 その後、何年後みたいな感じになって少しやって終わると思います。 統一した所で終わりかと思います。 「ここに中華帝国2千年の歴史が始まったのである!」 とかいって。 基本、暴君としての評価は後世の脚色なので、 皇帝としての政の業績も革新的な政治として表現する事は可能だと思います。 フィクションとして面白い展開としては、 政が皇帝になってから暗殺未遂事件が起きて、万が一があってはと影武者を立てるが 影武者を傀儡に秘密裏に実権を奪おうとするクーデターが企てられて、 政が信と共に逃げるみたいな展開も序盤のストーリーの仕掛けと対比的で面白いですね、 っていうか皮肉すぎますかねwww 信の将軍としての経歴には謎も多いですが、信の多くの子孫は後世の歴史で名を残しているので、 あまり突飛な展開や悲劇的な展開にはできないようにも思います。

次の

ヤングジャンプで連載中の原泰久のキングダムって最終回どうなるか想像したこ...

ヤングジャンプ バンク

週刊ヤングジャンプは、から発行されている週刊(誌)である。 概要 に二回刊行のヤングジャンプとして創刊。 その後に週刊化し、の名称に変更。 週刊誌としては最長のを持っている。 毎週発行。 は「ヤンジャン」「」。 以外にもやなどへの記事が頻繁に載っている。 連載作品 29号時点の連載作品 に記事があるものは太字• 曝ク者! (波場章史)• (:久住 :・ :)• イ! ()• 【推しの子】 (: :)• (: :)• 可そうにね、元気くん (古宮)• 君のことが大大大大大好きな人の (:斗 :子)• (原泰久)• 九 ()• さんは()を許さない ()• (サトル)• (マトウ)• シェイプター (トーキ)• ジュピ (梶山頌)• の (峰浪)• the (:こ : 協: 構成・脚色:イシイ :)• UP (秀)• 江 (フォビドゥン)• (: :賢一)• S ()• 貧々福々さま! (そーへー)• GO -ブンゴ- (裕次)• ・・ひっこみゅ〜ず (サン)• -the r- (戸)• リビドーズ () WEBに移籍した連載作品 本誌掲載は終了したが、ヤンジャン!・となりのヤングジャンプで連載している作品• マ (三都慎)• (: :)• DINER (:夢明 :孝典)• T -エンポ- (大)• 童子 (世里奈)• バトゥーキ (迫稔雄)• らは ()• まくむすび (伸)• ンプ冒険 (西義之) 過去の掲載作品 に記事があるもののみ記述• 関連静画 関連リンク• 関連項目•

次の