ワイ モバイル iphone8 発売 日。 【歓喜】ワイモバイルからiPhone7が12月20日発売へ 料金は31200円~とAppleストアより安い価格に

60歳以上は通話無料!ワイモバイルのかんたんスマホを紹介

ワイ モバイル iphone8 発売 日

で過去に販売されたiPhoneの発売に関して紹介したいと思います。 で本当に最新機種の発売はあるのでしょうか。 そのあたりも非常に気になりますね。 それではまずは通常のiPhoneの発売日に関してお伝えしたいと思います。 iPhoneのアップルから発表された発売日とワイモバイルで発売される発売日では異なります。 ワイモバイルでは実際の発売日よりも遅れて発売されるのです。 ソフトバンクはアップルの発売日にiPhoneの発売が行われるわけですが、サブブランドとしてのワイモバイルは残念ながらアップルの発売日に購入できることはありません。 それこそ廉価版のiPhoneが発売されたときにだけ発売される可能性がありますが、今のところアップルから発売されているiPhoneには廉価版という位置づけのモデルというものがないのです。 それではまずは通常のiPhoneの発売日に関してお伝えしたいと思います。 基本的にすべて金曜の発売となっています。 この発売日でキャリアモデルとしては発売されているのです。 キャリアモデルというのは、ドコモ、ソフトバンクなどというものがキャリアモデルとなります。 最新モデルの発売を行うためキャリアは世界のiPhoneの発売日に合わせて発売を行うのです。 ワイモバイルの発売日 それではこちらがの発売日となります。 iPhoneの種類 発売日 iPhone5s 2016年3月4日(金) iPhoneSE 2017年3月25日(土) iPhone6 未発売 iPhone6s 2017年10月6日(金) iPhone7 2018年12月20日(木) iPhone8 未定 iPhoneXR 未定 iPhone11 未定 iPhoneSE2 未定 ワイモバイルの発売日というのは、 2017年に2台のiPhoneが発売されておりますが、2018年の年末にiPhone7の発売が行われただけで、その後iPhoneの発売は行われておりません。 そうなると期待したいのはiPhone8の発売日ではないかと思いますが、一旦は2019年年末の発売はなさそうですね。 今後ワイモバイルから発売されるiPhoneというのは、一番安価なiPhoneを中心にいくつか販売される見込みとなっています。 上記にも記載ありますが、直近ではiPhone8の発売を期待している人がかなり多いのではないかと思っています。 ワイモバイルも1年に1度のページで販売されておりましたが、2019年はiPhoneが発売されておりません。 2019年のiPhone8の発売に期待していた人もかなり多いのではないかと思います。 年末にiPhone8の発売があるのではないかとは思いましたね。 2019年にはiPhone8が各キャリア、いわゆるドコモ、au、ソフトバンクでかなりの台数が販売されました。 そのためドコモ、au、ソフトバンクで販売されたために、ワイモバイルにまで回ってこなかったのかもしれません。 直近ではiPhoneSE2というモデルの販売が行われる可能性もあり、そちらの機種に期待している人も多いかと思います。 iPhoneSE2はまずは、ドコモ、au、ソフトバンクから発売されるのでしょうか。 そのあたりも気になる部分ではありますよね。 こちらの情報を記載しておきますが、 は今までのiPhoneの中で最も売れたモデルとなります。 当然ですが、そのことを知らない人も多いのです。 それくらいというのは人気のモデルになっているのです。 がなぜそこまで人気が出たのかというと、やはり価格でしょう。 価格が非常に安価に発売されたということが売れた理由の一つだと思います。 最近はの価格も上昇していましたが、前はかなり低価格で販売されていたのです。 MNPならかなり高額キャッシュバックをつけた状態での販売も行っておりました。 ただし総務省からの要請により、キャッシュバック販売を行うことが難しくなってきたのです。 そのため一旦の価格は上昇し、iPhone11などが売れ筋の上位にくるわけですが、それでもの人気はまだ上位にいるのです。 そういうことを考えるとキャリアいわゆるドコモやソフトバンクなどから販売されなくなったときには、から販売されるのではないかと思っています。 はiPhone7なども低価格で販売しています。 低価格で販売されるモデルというのは、結構な人気になるのです。 iPhone8がワイモバイルから発売されるということは、キャリアモデルの販売も終了し始める時です。 少なくともソフトバンクではiPhone8の販売をやめるでしょう。 iPhone8を購入したい人はワイモバイルで購入してくださいということになります。 ワイモバイルから発売されるということは、UQからも発売されると思います。 それならauの販売もやめることになると思います。 ドコモはサブブランドがありませんので、ドコモが今後iPhone8の取り扱いをどうするかですよね。 現在iPhone7をドコモでは販売しており、iPhone7の発売をやめてiPhone8の価格を下げてくる可能性も十分に考えられます。 すでにかなり価格が安価になり、SIMフリーモデルでは税抜で52800円からとなっています。 かなり安価であることが伺えるかと思います。 基本的に安価になれば、スマホの販売台数も飛躍的に伸びていくでしょう。 iPhoneSE2の発売にも期待 iPhoneSE2が今後グローバルで発売される予定になっています。 iPhoneSE2というのは、iPhoneSEの後継という位置づけというよりも、iPhone8の後継という位置づけされるモデルになる可能性も非常に高いモデルです。 こちらに最新の情報を掲載しておきます。 iPhoneSE2は現在出ている情報だと、価格も400ドルほどになっていることから日本円で5万円以下で購入できそうです。 非常に安価な価格設定になっている可能性もあるわけです。 そのためから発売されても不思議ではありません。 むしろ発売は大歓迎なはずです。 から発売されるモデルというのは、基本的に低価格モデルがメインになっていることから、安価なモデルを望む人がかなり多いと思います。 安価なモデルとしてiPhoneSE2はかなり期待がもてるのではないかと思っています。 iPhoneSEの発売からかなり経過しており、ではすでにiPhoneSEの販売も行っておりません。 それでもiPhoneSE2の発売は期待している人も多いことでしょう。 iPhoneSE2はiPhone9という名称で販売される可能性も十分にありえます。 iPhone8の後継と先ほども記載しましたが、iPhone8の後継という位置づけであれば、確実に売れることは間違いないと思います。 とにかくiPhone8の売上はかなりのものだったということを知っている人も多いと思います。 それならiPhone8と同様にかなり販売台数を伸ばすことは間違いないかと思います。 昨今大画面モデルが非常に増えてきており、画面サイズがそこまで大きくないモデルというのは、人気が出る傾向にあります。 特にiPhoneであれば、コンパクトモデルの人気もかなり出てくるのではないかと思っています。 コンパクトモデルの人気はAndroidではイマイチですが、iPhoneでは相当人気なんですね。 今でもiPhoneSEなどのコンパクト機種を利用している人もいるくらいです。 4インチというコンパクトな画面のモデルでも売れるわけです。 コンパクトモデルが売れるということは、それだけ期待している人が多いということになります。 iPhone7も大幅値下げ販売 こちらの記事を見てもらいたいのですが、 iPhone7もかなり大幅値下げを行っているのです。 そのためiPhone7は今ではかなり販売台数を伸ばしています。 iPhone7は低価格な上にiPhoneということもあり、では、低価格モデルの需要があるわけです。 今なら3万円ほどで新規契約できるわけですから、かなりメリットがあるかと思います。 最近の人はとりあえずiPhoneが使えたらいいと考える人も多いため、iPhone7でも問題なしと判断して購入する人も多いと思います。 個人的にはiPhone7が特価販売されたときからかなり販売台数を伸ばしているかと思います。 いわゆる安くなったら買おうというニーズをがっちり掴んでいるのがのiPhone7なのです。 ただし気になるのは、大幅値引きされたので、次のモデルの発売いわゆるiPhone8の発売があるのかもしれません。 iPhone8というのは、先程も触れたように一番売れたiPhoneとなります。 それが45000円ほどで購入できればかなりいいと思いませんか? iPhone8は定価ベースで5万円台です。 それが新規やMNPなら今は割引を実施しているので、4万円台での購入が可能となるのです。 それくらいなら購入してもいいかもしれないと思う人は多いでしょうね。 iPhone7で十分なのか?と思う人もいるかも知れませんが、iPhone7は2020年の時点でも最新のOSへアップデートすることが可能です。 そのため最新のOSでiPhoneを楽しみたいという人にとっても問題はありません。 iPhone8ではなくiPhone8はとにかく安価なのです。 2年ほど利用して、その後新しいiPhoneに乗り換えても問題ないかもしれませんね。 基本的には最近のワイモバイルは3年間利用するというところが基本となっています。 3年間の支払いが長いと感じればそれまでなのですが、3年間が支払いのベースになっているということを考えると毎月の本体代金に関する維持費はかなり安く抑えることが可能となっているのです。 このように毎月の維持費を抑えるのであれば、36回払いでも仕方ないことかもしれませんね。

次の

ワイモバイルが「Xperia 8」の予約受付開始、新規契約で本体代を1.8万円割引・解除料は無料

ワイ モバイル iphone8 発売 日

トラキさん、それがですね! 例年なら落ち着く時期なんですよ6月は。 けど、どうやら今年は違うみたいです! 2020年6月のY! mobile キャンペーンキャッシュバック 最新情報です。 例年、6月はキャンペーンが落ち着く時期。 昨年秋の料金プラン改定、 キャンペーンの一新以来、 過去最高の条件です このページでは ベストなキャンペーン併用パターンを 機種別に徹底解説。 まずはY! mobileへの乗り換えから 家計のスリム化をスタート! コテツくんのわかる解説! ぼくが思うに6月もパワープレイを続けるのには、2つの理由があるかなと。 理由1 新しい生活様式への対応 2ヶ月近く続いた自粛モードもいったんの区切りとなりましたが、社会全体として「新しい生活様式」への対応が求められています。 ワイモバイルも店舗での対面での接客や待合での密を減らすために、オンライン申し込みを増やしていきたいところ。 もちろん人件費の削減にもつながります。 理由2 競合対策 主な競合2社が活発な動きを見せています。 UQモバイルはこの秋KDDIに事業統合されることが発表されました。 これで名実ともに完全なるauのサブブランドとなります。 mobile) を最大の競合も進めてくることになります。 また、もちろん楽天モバイルも気になる相手。 今のところは契約件数は期待していたほどには伸びてはいないようですが、見過ごすわけにはいきません。 このページのメインコンテンツです! 気になっている 機種を中心に確認してみてください。 個別キャンペーンの解説は chapter3以降で確認いただけます。 SIMのみ契約のベスト! SIMのみ契約の解説です。 でiPhoneSEを使いたい方は このSIMのみ契約をして、 SIMフリー版に挿せばOK。 MNPの具体的な手順は で詳しく解説しています。 SIMのみ契約のベスト!MNPの場合 ここでは2つのパターンを検討します。 6,000円分PayPayパターン• 年末年始を超える十分な特典額です。 金額だけならもちろん文句なく最強です。 順番に解説します。 6,000円分PayPayパターン SIMのみ契約のMNPだけが対象となっている6,000円分のPayPayプレゼントと、 他特典を組み合わせます。 <SIMカード> MNP• 申し込みは• 事前に どこでももらえる特典に要エントリー• JAPAN IDがない場合は「どこでももらえる特典」は使えません。 エントリーが不要になります。 まぎれもなく最強です。 また事務手数料3,300円はかかります。 申し込みは• 事前に どこでももらえる特典に要エントリー• どこでももらえる特典 (3,000円分PayPay• 申し込みは• 事前に どこでももらえる特典に要エントリー• 申込日は「5のつく日・ゾロ目の日」 6月5、11、15、22、25日• JAPAN IDがない場合は「どこでももらえる特典」は使えません。 エントリーが不要になります。 どこでももらえる特典 (3,000円分PayPay• 申し込みは• 事前に どこでももらえる特典に要エントリー• 申込日は「5のつく日・ゾロ目の日」 6月5、11、15、22、25日• JAPAN IDがない場合は「どこでももらえる特典」は使えません。 エントリーが不要になります。 大幅値引き 本体価格1円! (プランSなら3,960円)• 少しでも安い方がいい方は迷わずこの機種です。 それに3,000円PayPayも!• 申し込みは• 事前に どこでももらえる特典に要エントリー• SoftBankからの場合は本体価格21,960円です。 ベストのパターンが 2つ存在しています。 タイムセールパターン それぞれのパターンを解説します。 大幅値引き 本体価格10,080円! (プランSなら13,680円)• 新品はこちらがオトクです。 申し込みは• 事前に どこでももらえる特典に要エントリー• 申込日は「5のつく日・ゾロ目の日」 6月5、11、15、22、25日 SoftBankからの場合は本体値引きがなくなりますが、 8,555円分PayPayは対象となります! 次に別パターンの解説です。 タイムセール 本体か価格5,400円 (プランSなら9,000円)• どこでももらえる特典 (3,000円分)• 本体価格5,400円という破格です。 事前に でどこでももらえる特典にエントリー• 申し込みは• タイムセール 21:00〜翌朝9:00 手続きが2つのストアにまたがります。 Yahoo! JAPAN IDをお持ちでない場合は「どこでももらえる特典」が使えません。 申し込みは• どこでももらえる特典に要エントリー• JAPAN IDがない場合は「どこでももらえる特典」は使えません。 エントリーが不要になります。 \8,555円分!PayPayもらえる!/• SIMカードご契約特典• 6,000円分PayPayプレゼント• Xperiaを買ってPayPayもらおう• タイムセール <Android版>• アウトレットセール• iPhone7大幅値引き! 各キャンペーンをひと通り確認した後に、 chapter2で機種ごとのベストな併用パターンをもう一度確認してみてください。 3-1. 合計14,000円分を狙えます。 SIMカードの契約で他社からのMNPの方が対象。 申込日は5、15、25日の「5のつく日」と、 11、22日の「ゾロ目の日」限定です! 正真正銘、ワイモバイル最強のキャンペーンです。 間違いなく最強です! これ以上となると過去最高を更新することになるので、もう予想がつきません。 対象者 MNP SoftBankからは対象外 開催期間 毎月5、15、25日の「5のつく日」 毎月11日、22日の「ゾロ目の日」 6月の対象日は• 5日 金• 11日 木• 15日 月• 22日 月• 25日 木 終了日は明示されていません。 前回14,000円分になったのは2月中旬から3月末までの決算期間。 6月から減額される可能性は考えられます。 申込み 限定 3-2. SIMカードご契約特典<新規向け> 限定開催。 SIMカードの契約で、新規の方が対象です。 対象者 新規 注意 3-3で解説するでのPayPayプレゼントとは別物です。 3-3. 6,000円分PayPayプレゼント<MNP向け> Y! mobile公式ストアで 半ばシークレットセール状態で実施されています。 SIMカードの契約でMNPの方に PayPayをプレゼント。 SIMカードPayPayプレゼント 6,000円分• どこでももらえる特典 3,000円分• 事務手数料3,300円無料 この組み合わせで最大12,300円分の特典が狙えます。 対象者 <MNP>• 突然終了、もしくは減額される可能性はありえます。 申込み 限定 大きくは宣伝されていないので、迷ったらこのリンクから入ってください。 3-4. 5ゾロの日 5,555円分 (正式名称:SIMカードご契約特典)• どこでももらえる特典 3,000円分 このセットで8,555円のPayPayがもらえます! 毎月5、15、25日の「5のつく日」、 11、22日の「ゾロ目の日」に開催。 キャンペーン対象機種 <iPhone>• iPhone7 <Android>• P30 lite• Xperia8• かんたんスマホ• P30 liteアウトレット 開催日 毎月5、15、25日の「5のつく日」 毎月11日、22日の「ゾロ目の日」 6月の対象日は• 5日 金• 11日 木• 15日 月• 22日 月• 25日 木 対象者と額• 機種変更 3,300円 5月20日から増額しました 申込み 限定開催 3-5. Xperia8 のいずれかをワイモバイルで購入した方全員にPayPayをプレゼント! キャンペーン対象機種• Xperia 8 2,500円分PayPay キャンペーン期間 5月29日〜8月3日に対象機種を購入、 8月10日までに記載の要領で応募 みんなもらえるんだね! 3-6. タイムセール! LiberoS10、P30liteがタイムセールになっています。 3機種ともこのタイムセールが最安です。 キャンペーン対象機種• 新品なら10,080円となります。 キャンペーン期間 毎日から21:00〜翌9:00 キャンペーン対象者• 3-7. アウトレットセール アウトレット品のセールです。 主に型落ちとなった商品が対象となります。 在庫限りとなりますので、対象機種は頻繁に入れ替わります。 セール対象機種• P20 lite 新規13,680円、MNP10,440円• S5 14,040円• S3 6,840円• X4 25,560円 アウトレット品になります。 P30 liteはタイムセールがおトクです。 mobile、頑張ってるんだね! 家族で契約先が分かれてるとややこしいしな。 基本の6 光割 Y! mobileの光割引は「おうち割 光セット(A)」という名称です。 SoftBank光• SoftBankAir このどちらかを契約している場合に使うことができます。 家族全員が月550円ずつ、ずっと割引になります。 結果的には家族割と同じで2回線目以降が割引ということになります。 SoftBankAirなら1回線目から割引がフル活用できます。 光割は家族割と併用することができません。

次の

ワイモバイルでiPhone8を使えば月々3,000円の節約が可能|乗り換え手順を全解説

ワイ モバイル iphone8 発売 日

「手持ちのiPhone8を持ち込んでワイモバイルに乗り換えしたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。 ドコモ、au、ソフトバンクからiPhone8を持ち込んで乗り換えをすれば、 月々3,000円以上の節約も可能です。 1年で3万円以上の節約になるので、違約金や機種代の残りを支払ってでも乗り換えをした方がお得になる人が多いでしょう。 でもいざ乗り換えとなると、 「iPhone8を持ち込んで乗り換えすると実際どれくらい安くなるのか?」 「申し込みの手続きはどうすればいいのか?」 などは気になるところだと思います。 そこで本記事では、• iPhone8をワイモバイルで使うと どれくらいお得になるのか• ワイモバイルに iPhone8を持ち込む手順• ワイモバイルへの乗り換えするときの 注意点 など気になるポイントを解説します。 iPhone8を持ち込んでワイモバイルに乗り換えすることは実はそこまで難しくありません。 手順をひとつずつ理解して、大きな節約をゲットしましょう。 最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。 iPhone8でワイモバイルに乗り換えれば月々3,000円の節約になる iPhone8を持ち込んでワイモバイルに乗り換えをすれば、月々3,000円以上の節約も可能です。 大手キャリアからの乗り換えで半額近くまで、月々の支払いが抑えられるようになる人も多いでしょう。 ワイモバイルの料金プラン• 他社からの乗り換えでどれくらい安くなるか についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。 ワイモバイルの料金プラン ワイモバイルでは2019年10月から解約金0円の新プランがスタートしています。 各プランの料金は以下の通りです。 データ容量だけを見て、自分がどれくらい使うのかに合わせて選べばオッケーです。 しかも月額2,680円のプランでも、「 月々3GB」とそれなりのデータ容量が使え、 10分の無料通話まで付いてきます。 最安プランでもスマホをたくさん使わない人なら、快適に使っていくことができるはずです。 解約金は0円なので、万が一、ワイモバイルが合わなければ、再度キャリアに戻るという選択もアリです。 出戻りしても大きくコストがかかりません。 大手キャリアとの料金比較 大手キャリアとワイモバイルの料金を比較して見ましょう。 「月々2GB以上のプラン」+「5分までの無料通話オプション」で料金を比較すると、以下の通り。 年間3万円の節約が見込めるのであれば、違約金や端末の分割払いの残りを支払っても乗り換えする方がお得になることが多いでしょう。 「更新月じゃないから」「機種代の残りがあるから」などで乗り換えをためらっていた人も、ぜひ乗り換えを検討してみると良いですね。 ワイモバイルにiPhone8を持ち込むための手順 すでにドコモ、au、ソフトバンクでiPhone8を購入していて、ワイモバイルにiPhone8を持ち込んで利用したいという人も多いのではないでしょうか。 乗換えの手続きとなると少し面倒なイメージがあるかもですが、申し込みも、開通手続きも、数十分ほどで済ませることができる簡単なものです。 ワイモバイルに、キャリアで利用中のiPhone8を持ち込むための手順は以下の6ステップです。 SIMロックの解除• MNP予約番号の取得• ワイモバイルへの申し込み• 回線切り替え• SIMカードの差し替え• APN設定 それぞれ見ていきましょう。 ステップ1:SIMロックの解除 大手キャリアで購入したiPhone8はSIMロックの解除が必要です。 ソフトバンクで購入した場合でもSIMロック解除は必須となります。 SIMロックの解除は各社のマイページ(My docomo、My au、My SoftBank)から可能です。 手数料は無料です。 マイページのほか、店頭でもSIMロックを解除できます。 こちらは手数料3,000円がかかかります。 お金も手間もかからないマイページからのSIMロック解除がおすすめですね。 ステップ2:MNP予約番号の取得 SIMロックを解除したら、MNP予約番号を取得しましょう。 MNP予約番号は乗り換え手続きに必要となる整理券のようなもので、Webから申し込む時も入力を求められることになります。 事前に取得しておきましょう。 MNP予約番号の取得は、電話窓口から可能です。 各キャリアのMNP予約番号取得の電話での受付窓口は以下の通り。 割引があっても基本的にはワイモバイルへの乗り換えの方がお得になるので、しっかりと乗り換えの意思を伝えて、番号を取得するようにしましょう。 また、各キャリアのマイページ(My docomo、My au、My SoftBank)からもMNP予約番号の取得が可能です。 ネットでサクッと済ませたい人はこちらから取得しましょう。 MNP予約番号の有効期限は予約当日を含め 15日間となります。 期限を切れると再取得が必要になるので早めに申し込みを済ませるようにしましょう。 ステップ3:ワイモバイルへの申し込み MNP予約番号が取得できたら、ワイモバイルへの申し込み手続きを進めていきましょう。 ワイモバイル公式サイトからSIMカードでの契約を選んで、申し込みを開始しましょう。 iPhone8のSIMサイズは「 nano」となります。 画面の指示に従ってプランやオプションを選択して申し込みを進めていきましょう。 申し込みの際には 本人確認書類が必要となるので、お手元に準備しておきましょう。 本人確認書類としては、運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証+補助書類尾などが利用できます。 本人確認書類の詳細は(ワイモバイル公式)から確認できます 申し込み完了後、SIMカードが発送されます。 ワイモバイルでは離島を除き、 2日以内がSIMカードの到着の目安となります。 ステップ4:回線切り替え SIMカードが届いたら、今までのキャリアの回線からワイモバイルの回線へ切り替えを行いましょう。 届いた商品の中にある案内に従って、自動音声システムに電話をかければOKです。 電話の受付時間は、AM10:00~PM7:00となります。 6日以内に手続きがなければ、自動で回線が切り替わります。 なお、回線の切り替えをもって、ワイモバイルの前のキャリアは自動的に解約されるので、元のキャリアでの解約手続きなどは特に必要ありません。 ステップ5:SIMカードの差し替え 回線切り替えができたら、 SIMカードを差し替えましょう。 iPhone8を購入した時に、箱の中に「SIMピン」が同封されていたはずです。 SIMピンをiPhone8の側面の穴に挿し込むと、SIMカードが引き出されます。 SIMピンがなければ、クリップのような先の細いもので代用できます。 古い方のSIMカードは、万が一の悪用の可能性もあるので、細かく刻んで捨てるようにしましょう。 ステップ6:APN設定 最後にAPN設定を行いましょう。 APN設定はお手持ちのiPhone8でワイモバイルの回線に接続するために必要な設定です。 ワイモバイルのAPN設定は、 iPhoneの「設定」から可能です。 「情報」の中のキャリアの項目で「ワイモバイルXX. X」と表示されるはずです。 ワイモバイルのAPN設定の方法は(ワイモバイル公式)からも確認できます。 APN設定まで完了すれば、無事にお手持ちのiPhone8でワイモバイルの回線が利用できることになります。 iPhone8 64GBの購入価格(税込)|2019年12月時点• ドコモ: 58,520 円• au:58,320円• ソフトバンク:74,880円 キャリアで購入する場合には月々の割引や機種変更時の割引が適用されれば、安く購入することができますが、新品で一括購入する場合には、アップル公式サイトの方が少しお得です。 アップル公式サイトからの購入ならmはじめからSIMフリーなので、SIMロックの解除も不要です。 新品でiPhone8が欲しい人はアップルストアでの購入を考えてみると良いでしょう。 今なら中古ショップでの購入も安い アップルストアの購入のほかに、 中古ショップで購入するという方法もあります。 iPhone8もいまや1世代前の機種のため、中古ショップの未使用品であれば、かなり安く購入できます。 完全な新品を手に入れたい場合はアップルストア、少しでも安く購入したいなら中古ショップがおすすめですね。 ワイモバイルへの乗り換えするときの注意点 大手キャリアからワイモバイルに乗り換えれば大幅な節約ができる一方で、いくつかの乗り換え前にチェックしておきたい注意点があります。 ワイモバイルへ乗り換えをするときの注意点は以下の3つです。 通信速度は大手キャリアにわずかに劣る• 街中の店舗が少ない それぞれ見ていきましょう。 通信速度は大手キャリアにわずかに劣る ワイモバイルは通信速度はピカイチですが、 大手キャリアに比べるとわずかに劣ります。 大手キャリアとの通信速度の差も、ふだんは体感としてほとんど気になりません。 しかしお昼時や夕方のゴールデンタイムなど、みんながスマホを使う時間帯になると、回線が混雑して通信速度が遅いと感じることがあるかもしれません。 大手キャリアであっても回線混雑の時間は通信速度の低下があり得ますが、ワイモバイルの方が速度が落ちやすいといえます。 街中の店舗が少ない 街中のキャリアショップの数は大手キャリアに比べると少なめです。 ドコモ、au、ソフトバンクの店舗数がそれぞれ2300店舗ほどであるのに対し、ワイモバイルの店舗数は1000店舗ほどとなっています。 格安SIMの中で比較するとワイモバイルの次に店舗の多い「UQモバイル」が200店舗ほどなので、 格安SIMとしては圧倒的に店舗数が多いですが、大手キャリアと比べるとやはり店舗は少なめです。 自宅や、職場・学校の近くなどで店舗を見つけづらくなるかもしれないことには、注意しておきましょう。 iPhone8を持ってワイモバイルへ乗り換えをすれば、月々3,000円以の節約が可能です。 乗り換えの手続きも、申し込みも、SIMカード到着後の設定も数十分ほどで済む簡単なものです。 実際に乗り換えをしてみると、案外あっさり済んでしまったと感じるはずです。 月々のスマホ代を大きく節約したいという人はワイモバイルへの乗り換えを検討してみると良いですね。 ちなみに:契約するならオンラインがお得です ワイモバイルを契約するなら、オンラインでの手続きがお得おすすめです。 ワイモバイルのオンラインショップは• (公式)• (代理店) と分かれていて、まとめると以下のキャッシュバックがもらえます。 割引など ワイモバイル (公式) ヤングモバイル (代理店) 【端末セット】 新規 au・ドコモからの乗り換え 14,500円 15,000円 【端末セット】 ソフトバンクからの乗り換え なし 10,000円 【端末セット】 ワイモバイルから機種変更 7,200円 取り扱いなし 【SIM単体】 au・ドコモからの乗り換え なし 5,000円 【SIM単体】 ソフトバンクからの乗り換え なし 2,000円 その他 事務手数料 3,000円 無料 キャッシュバックの振り込みが早い ということで、機種変更の人以外はヤングモバイルの方がお得です。

次の