ささみ の 由来。 鶏ささみの特徴をおさらい!仕入れてみたい全国銘柄鶏選・四国編も!

「ささみ」の由来って?

ささみ の 由来

概要 [ ] に優れる水稲ウルチ品種。 からにかけてを中心とした東北地方などで栽培されたが、に弱く、現在では一部の農家によって栽培が継続されているのみである。 名称は宮城県の民謡「」に由来する。 「」の交配親の一方である。 歴史 [ ] (15年)に農林省農事試験場鴻巣試験地で「農林8号」と「東北24号」の人工交配が行われた。 「東北24号」は食味の良いことで知られる2大品種「」と「」の子であり、「農林8号」もまた「旭」の子孫である。 食味の改良は目標の一つだった。 この雑種第3代種子を宮城県にあった宮城県立農事試験場が(昭和18年)に貰い受け、(昭和22年)に古川分場が育成を続けた。 この品種は(昭和24年)に「東北54号」として関係各県で系統適応性試験を受け、(昭和27年)に水稲農林73号「 ササシグレ」として命名登録された。 この年にササシグレは、、で奨励品種となり、翌年に宮城県でも奨励品種に指定された。 この他にはとでも奨励品種となった。 ササシグレはいもち病や倒伏に弱いという性質を抱えていたが、食味は優れていた。 また収穫量が当時の普及品種より20パーセント多く、戦後の食糧難の時代である当時の時世の要求に合致するものでもあった。 こうした理由からササシグレは急速に普及した。 (昭和32年)には稲の品種として東北地方の中で作付面積第1位となり、特に宮城県と岩手県南部、山形県庄内地方、福島県会津地方で広く栽培された。 主産地の宮城県では最盛期には水田面積の半数に作付けされたが、(昭和39年)いもち病の大発生を期に後継品種となる「ササニシキ」にその座を譲った。 この時代は旧のために全て混米であり、ササシグレ単品での消費者への供給は無く、その食味はあまり知られる事はなかった。 脚注 [ ] [].

次の

「鴫焼き(しぎ焼き)」 の由来と語源

ささみ の 由来

ささみとは?名前の由来は?鷄のどの部位になるの? ささみは鶏肉(けいにく)の胸肉の一部で、胸肉の内側にある2本の肉のことを指します。 ささみの名前の由来は、ささみの部位が 笹の葉っぱに似ているからという説を支持している人が多いです。 ささみの部位ですが、イラストの図を見ると、むね肉の奥に、緑の部分がささみです。 日本ではささみは独立して売られているのですが、むね肉とささみが付いているまま売られている国があるそうです。 つまり、ささみは、 むね肉に近接している部位(深胸筋)で、むね肉の上質な部分でもあります。 味わいは淡白ですが、食感はやわらかくて、ほとんど脂がないのが特徴です。 タンパク質の含有量が豊富ということで、スポーツ選手やボディービルダーに人気があります。 ささみの価格は、むね肉より高いので、やはり上質なんでしょうね。 ささみのタンパク質やカロリーはどれくらい?栄養成分は? ささみにはさまざまな栄養が含まれていますが、 中でも最も多く含まれているのがタンパク質です。 ささみは1本(約50g)で• タンパク質は約 11gくらい• カロリーは約 50 Kcalです。 つまりささみは100gのカロリーは100kcalくらいで、鶏の他の部位、他の生のお肉100gあたりと比べてみると、• 鶏手羽肉(皮付き):211kcal• 鶏むね肉(皮付き):191kcal• 鶏むね肉(皮なし):108kcal• 鶏もも肉(皮付き):200kcal• 鶏もも肉(皮なし):116kcal• 和牛肩ロース:411kcal• 和牛サーロイン:498kcal• 豚肩ロース:253kcal• 豚もも肉:183kcal ささみは低カロリーな食材ということが分かりますよね。 ささみ100gあたりの栄養成分は、タンパク質23g、脂質0. 8g、炭水化物0gというように、タンパク質がメインとなっています。 また、動脈硬化の予防作用があるナイアシンと亜鉛や、新陳代謝に良いビタミンB1などが含まれています。 さらに、脂質0. 8gで炭水化物0なので、ささみはヘルシーでダイエット向きのお肉ですね。 ダイエットに良い理由は? 高タンパク食品で低脂肪、また炭水化物(糖質)が 0ということで、糖質制限ダイエットのメニューによく用いられます。 また、ささみを食べることによって、ダイエット中でもタンパク質を摂ることができるので、代謝に必要な筋肉の衰えの防止にもなります。 ただ、注意点としてあげられているのは、脂肪を燃焼させる効果があるL-カルチニンはあまり含まれていないので、ささみを食べれば食べるほど、脂肪が燃焼されるということではないです。 L-カルチニンのサプリメントと一緒に摂取すると、よりダイエット効果を得ることができます。 ささみを取り入れるダイエットは、食事制限によるダイエットの苦しいところをカバーできるというのが大きいですよね。 ダイエット中でも、お肉を食べられますからね。 ダイエットに効果的な食べ方 それでは、ささみダイエットをお伝えしながら、効果的な食べ方を確認したいと思います。 規則正しく三食食べて、そのうちの一食をささみに置き換えるのが基本です。 その一食は、ささみ3本を目安に食べます。 置き換える時のポイントは、 「炭水化物を摂らない」「野菜を一緒に食べる」です。 野菜を一緒に食べる理由は、ダイエット中に起こりやすい便秘を防ぐためでもあります。 食事の最初に野菜を食べる「ベジファースト」を実践すると、よりダイエット効果が上がります。 そして、置き換え以外の二食は普通に食べてOKです。 そうすることで、過剰な我慢をすることが防止できます。 また、バランスの良い食事にすることで健康的なダイエットが可能となります。 炭水化物や脂質などの体に必要な栄養素は、他の二食の時に補いましょう。 もちろん、暴飲暴食はNGですよ。 置き換える時間帯(朝昼夜)は、自分の生活サイクルに合わせてくださいね。 まとめ ダイエット食材としてよく用いられるささみですが、その人気の秘密はやっはりタンパク質が豊富で、脂質が少なく、炭水化物が含まれていないというところですね。 高タンパクで低カロリーなので、ダイエットだけじゃない!美肌効果もあるささみは、ぜひ積極的に摂りましょう!.

次の

ささみと胸肉の違いって?部位?味?栄養?価格?

ささみ の 由来

「ことば検定」今日の問題 鶏のささみ、名前の由来は? 青 笹の葉 赤 刺身 緑 ストリート ことば検定の答え 答えは 青 笹の葉 笹身(ささみ)《形が笹の葉に似るところから》鶏の胸にある肉。 上質で柔らかく、たんぱく質を多く含む。 脂肪分はあまりない。 - goo国語辞書より 緑 はというと、「セサミストリート」だそうです。 【ことば検定】答えの解説 ここから林先生の解説です。 ささみの形 ささみの形は、笹の葉に似ていますね。 そのため、ささみを漢字で書くと、「笹身」となります。 「ささ」が語源説も また、小さい竹を表す細小竹(ささだけ)の後ろが省略されたという説や、葉がかすかに触れ合う音を描写した「ささ」が語源という説があります。 「ささやく」や「ささやか」などが同じ語源の言葉となりますね。 前回のことば検定の問題 依田司さん紹介スポット 東京周辺の今日の天気 最高気温 東京の最高気温は 17 度 昨日に比べてプラス6度、春を先取りした陽気となります 全国の天気 週間天気予報 明日は大きく天気の崩れ、土日も天気が崩れます それでは皆様、今日も一日、お元気でお過ごしください! このあとの、「お天気検定」「ニュース検定」の問題と答えはこちらです! 今日の放送後に更新します。

次の