柏餅 作り方。 柏餅の葉っぱがくっつかない方法 作り方 食べ方

米粉の柏餅のレシピ(作り方)紹介|料理教室のホームメイドクッキング

柏餅 作り方

作り方• 1耐熱ボウルに米粉、白玉粉、上白糖、塩を入れ、良く混ぜます。 に水を加えてさらに混ぜあわせ、ラップをして電子レンジ(600W)に2分かけます。 をへらで良く混ぜて、更に電子レンジに 1 分 30 秒かけます。 を固く絞った濡れ布巾の上に取り出し、よもぎ(粉末)を加えます。 を濡れ布巾を使いながら、なめらかになるまで練ります。 の生地を8個に分けて丸め、ラップの間で平らにします。 8蒸し器に入れて5分蒸し、柏の葉で巻いて仕上げます。 【砂糖の豆知識】 砂糖にはデンプンをしっとりと、やわらかく保つ働きがあります。 餅菓子が硬くならないのはこのためです。

次の

蒸し器を使った昔ながらの柏餅の作り方

柏餅 作り方

作り方• 1耐熱ボウルに米粉、白玉粉、上白糖、塩を入れ、良く混ぜます。 に水を加えてさらに混ぜあわせ、ラップをして電子レンジ(600W)に2分かけます。 をへらで良く混ぜて、更に電子レンジに 1 分 30 秒かけます。 を固く絞った濡れ布巾の上に取り出し、よもぎ(粉末)を加えます。 を濡れ布巾を使いながら、なめらかになるまで練ります。 の生地を8個に分けて丸め、ラップの間で平らにします。 8蒸し器に入れて5分蒸し、柏の葉で巻いて仕上げます。 【砂糖の豆知識】 砂糖にはデンプンをしっとりと、やわらかく保つ働きがあります。 餅菓子が硬くならないのはこのためです。

次の

柏餅の作り方

柏餅 作り方

そのまま取ろうとしても簡単には取れませんし、指も餅まみれになっちゃいます。 柏餅がベタベタと取れないはなぜ? スーパーなどで売られている柏餅を見ると、葉っぱがきれいな状態で包んでありますよね。 餅だけを別に蒸して冷えてから葉っぱで包んでいるので、どちらかというとくっつきにくいです。 葉っぱは飾りとして使われている状態なので、餅自体から柏の良い香りはあまりしませんね。 しかし元々の柏餅の作り方って、餅を葉っぱで包んでから蒸していました。 あと、 もち米の量が多いとベタベタとくっつきやすくなります。 柏餅のモチの部分は上新粉で作る場合が多いのですが、歯切れや感触を変えるために「白玉粉」「団子粉」「片栗粉」などを加える場合があります。 もち米が原料の米粉の分量が多いと、くっつきやすくなっちゃいますね。 上新粉:うるち米 普段食べているお米 を粉にしたもの 白玉粉:もち米を水挽きにしたもの もち粉:もち米を水挽き以外で粉にしたもの 米粉:上新粉、白玉粉、もち粉、すべてひっくるめて米粉 団子粉:うるち米ともち米のブレンドした粉 片栗粉:最近はカタクリではなくジャガイモのでんぷん 餅とり粉:くっつきをなくするための粉 コンスターチや上新粉など 上新粉、白玉粉、もち粉で、餅や団子を作れます。 固さや食感を変える時に、比率を変えて混ぜて使います。 包む時に使う葉っぱですが、乾燥させた葉だとくっつきやすいです。 乾燥させた柏の葉っぱは、水につけて時間をかけて戻すか、10分~30分ほど茹でてアクを抜き、水洗いして水気を切って使ってくださいね~。 あと、どうしても…と言う場合は、、、 風味が変わるのでおすすめはできないのですが・・・ 柏の葉にサラダ油やオリーブオイルを、うすーーーく塗る方法があります。 和菓子屋さんでも、油を塗っているところ、ありますよ。。。 ㊙ あとは、餅の表面に餅取り粉や片栗粉などでんぷんをうすくまぶして、葉と餅が触れないようにする方法があります。 見た目も風味もすこし変わっちゃいますけどね。。。 柏餅は作り方によって固くなりにくくもできますし、いろいろ試してみてくださいね~.

次の