徳永 英明 最後 の 言い訳。 輝きながら…

最後の言い訳の歌詞

徳永 英明 最後 の 言い訳

19歳の時に大阪から東京へ上京し、アルバイトをしながらミュージシャンになることを目指す。 その後、中々音楽で成功できずに22歳の時に俳優養成学校へ入学。 1985年にロックミュージック《はらじゅくグラフィティ》のオーディションに参加し主演の座を射止めた。 その翌年1986年にデビュー曲「レイニーブルー」でデビュー。 二枚目にリリースした「輝きながら…」は彼自身初めてのオリコンチャートに入るヒット曲となった。 1990年にはドラゴンクエストの主題歌「夢を信じて」をリリースし、この曲は彼の最大シングル売り上げ数を記録した。 CMやドラマの主題歌にもよく使われることも多く「壊れかけのRadio」もドラマの主題歌に起用された。 2006年に初めて「壊れかけのRadio」で紅白に出場してから2015年「時代」まで毎年連続出場している。 徳永英明の曲を多くの方がカバーしているが、彼もまた色んなアーティストの方の曲をカバーしており、カバーアルバムも7枚発売している。 2001年に自身がもやもや病であることを公表しコンサートを中止。 そのあと克服しイベントやコンサート、アルバム制作など音楽活動にも意欲的に取り組むも、2016年にもやもや病による脳梗塞発症予防のために手術。 2018年9月には軽度の脳梗塞を発症し公演を延期。 10月には過換気症候群と診断されている。 今は克服し、自身のペースで音楽活動を行っている。 1986年「レイニー ブルー」でデビュー。 その後、「輝きながら」「風のエオリア」「夢を信じて」「壊れかけのRadio」など数々のヒット曲を世に送り出しヴォーカリストとしての地位を不動のものとした。 2005年に「VOCALIST」をミリオンヒットさせ、後のカヴァーブームの火付け役となったシリーズ。 そのオリジナルシリーズは6作を数え、BOXセットなども合わせたVOCALIST関連シリーズの累計出荷枚数は約635万枚に到達。 そしてオリコンアルバムチャートのVOCALIST関連シリーズの合計通算登場週数が700週を越えている。 シリーズは、05年に発売されたシリーズ第1作『VOCALIST』が登場週数を210週としているのをはじめ、これまでのシリーズ全タイトルがロングセラー化している。

次の

最後の言い訳の歌詞

徳永 英明 最後 の 言い訳

概要 [ ] 『』からの・シングル。 同曲のにより『』と、及び系列『』にもそれぞれ初ランクイン・初出演を果たしている。 また、1987年に放映された『ザ・ベストテン』の「年間ベストテン」では第6位に輝き、徳永は同番組に再び登場し歌唱した。 表題曲は1987年の・スーパーHRの(が出演)として採用される。 また発売から10年以上後になってからも、「DAKARA」のCMソングや・エコウィルのCMソングに使われている。 さらに、からまで、で到着時の車内チャイムとして使用されていた。 の歌手が、の歌手がでカバーしている。 これらのカバーでは、曲名は「Don't Say Goodbye」となっている。 作詞を手がけた大津の出身地であるのに歌碑が建てられている。 エピソード [ ]• 徳永の出世作としてもよく知られている楽曲であるが、当作品はとして自身が制作したものでは無かった。 その為に、当時の徳永本人は「正直複雑で、素直には喜べなかった」と語っている。 1987年放送時の『ザ・ベストテン』で当曲披露の際、途中の部分で徳永の後方に座っていた年配の男性達が揃って野球帽を脱ぎ、禿げた頭髪を曝け出すシーンを映し出していた(但し徳永自身は歌唱時に後ろを振り向いておらず、その仕掛けには全く気づかなかったという)。 収録曲 [ ] 全作詞:• 輝きながら… 作曲:、編曲:• タイトル曲、カップリング曲ともに収録• タイトル曲のみ 脚注 [ ] [].

次の

最後の言い訳(徳永英明) / コード譜 / ギター

徳永 英明 最後 の 言い訳

概要 [ ] 『』からの・シングル。 同曲のにより『』と、及び系列『』にもそれぞれ初ランクイン・初出演を果たしている。 また、1987年に放映された『ザ・ベストテン』の「年間ベストテン」では第6位に輝き、徳永は同番組に再び登場し歌唱した。 表題曲は1987年の・スーパーHRの(が出演)として採用される。 また発売から10年以上後になってからも、「DAKARA」のCMソングや・エコウィルのCMソングに使われている。 さらに、からまで、で到着時の車内チャイムとして使用されていた。 の歌手が、の歌手がでカバーしている。 これらのカバーでは、曲名は「Don't Say Goodbye」となっている。 作詞を手がけた大津の出身地であるのに歌碑が建てられている。 エピソード [ ]• 徳永の出世作としてもよく知られている楽曲であるが、当作品はとして自身が制作したものでは無かった。 その為に、当時の徳永本人は「正直複雑で、素直には喜べなかった」と語っている。 1987年放送時の『ザ・ベストテン』で当曲披露の際、途中の部分で徳永の後方に座っていた年配の男性達が揃って野球帽を脱ぎ、禿げた頭髪を曝け出すシーンを映し出していた(但し徳永自身は歌唱時に後ろを振り向いておらず、その仕掛けには全く気づかなかったという)。 収録曲 [ ] 全作詞:• 輝きながら… 作曲:、編曲:• タイトル曲、カップリング曲ともに収録• タイトル曲のみ 脚注 [ ] [].

次の