マスカレード ホテル 宝塚。 マスカレード・ホテル

マスカレード・ホテル 2度目読了&キャスト

マスカレード ホテル 宝塚

概要 [ ] 12月から9月までの月刊誌『』に掲載されのち、に集英社よりが発刊された。 東野の作家生活25周年記念作品第3弾の作品 で、タイトルの「マスカレード」が英語でを意味することであることから、表紙にはが描かれている。 には、版が刊行された。 なお、舞台となった架空のホテルは、巻末に取材協力団体として紹介されているの「」がモデルになったと推察される。 1月18日に化され全国公開された。 1月に、によりシアタードラマシティとホールで舞台化された。 あらすじ [ ] 内で3件の予告殺人事件が起きた。 事件現場に残された不可解な暗号から、3つの事件は連続殺人事件として捜査される。 のは、のが次の犯行現場を予告するものであるとし、第4の殺人は高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」で起こると推測する。 数名のが、第4の事件を未然に防ぐ為フロントスタッフやに扮してホテルに配置され、不慣れなホテルマンとしてのホテル業務に悪戦苦闘しつつ、不審な宿泊客を監視する事を強いられる。 捜査一課の刑事・ 新田浩介は、英語ができるであることから、同ホテルのフロントスタッフに扮することになり、新田の補佐・教育係には、優秀なフロントクラークの 山岸尚美が任命された。 立場も職業倫理も異なることから、潜入捜査が始まった段階では衝突の多い2人だったが、共にホテルマンとして、時には捜査員としての目線を互いに共有しながら、日常起こるホテル内での悲喜交々の出来事に対峙していくうち、二人の間には信頼と共闘意識が生まれる。 そして、捜査本部がこれまでにない厳戒体制を敷いた、ある特別な1日が始まった。 登場人物 [ ] 詳細は「」を参照 警視庁 [ ] 新田浩介(にった こうすけ) 主人公で捜査一課の警部補。 フロントスタッフとして潜入する。 稲垣(いながき) 捜査一課係長。 新田の上司。 尾崎(おざき) 捜査一課管理官。 潜入計画の立案・責任者。 本宮(もとみや) 捜査一課。 新田の先輩。 客を装ってホテルの監視に当たる。 関根(せきね) 捜査一課。 ベルボーイとして潜入する。 能勢(のせ) 品川警察署の刑事。 一見愚鈍だが、バディを組んだ刑事は、皆一目置いている。 ホテル・コルテシア東京のスタッフ [ ] 山岸尚美(やまぎし なおみ) 主人公でフロントクラーク。 新田の教育係の担当を任命される。 藤木(ふじき) 総支配人。 尚美の初上京時の副支配人。 尚美にホテル就職を決意させた温厚な人物。 田倉(たくら) 宿泊部長。 尚美の直接の上司。 久我(くが) フロントオフィス・マネージャー。 川本(かわもと) 若手のフロントクラーク。 杉下(すぎした) ベルキャプテン。 町田(まちだ) 入社1年目のベルボーイ。 仁科理恵(にしな りえ) 宴会部ブライダル課。 目の不自由な老婦人を装う。 新田はかすかな違和感を覚える。 古橋(ふるはし) 宿泊客。 以前宿泊した際、チェックアウト後にバスローブが紛失していた。 安野絵里子(あんの えりこ) 宿泊客。 館林の写真を示し、決して近づかせないでほしいと依頼する。 館林光弘(たてばやし みつひろ) 宿泊客。 スイートルームで一泊する予約を入れてある。 栗原健治(くりはら けんじ) 宿泊客。 新田に不自然なほど絡み、理不尽な要求を繰り返す。 実は過去に新田と因縁があった。 高山佳子(たかやま けいこ) ホテル・コルテシア東京で 渡辺紀之(わたなべ のりゆき)と挙式をする予定。 自宅の郵便物が紛失するなど、ストーカーに狙われている疑いがある。 森川寛子(もりかわ ひろこ) 宿泊客。 二十代半ばの和風美人。 殺人事件の関係者 [ ] 岡部哲晴(おかべ てつはる) 第1の事件の被害者。 プレイボーイ気質の会社員。 自身が所有するボルボの中から絞殺体として発見された。 手嶋正樹(てしま まさき) 岡部哲晴と同じ職場の先輩。 本多千鶴(ほんだ ちづる) 手島正樹の元恋人。 井上浩代(いのうえ ひろよ) 本多千鶴の友人で、飲食店経営者の妻。 野口史子(のぐち ふみこ) 第2の事件の被害者。 ビルの建設現場で扼殺体として発見された。 野口靖彦(のぐち やすひこ) 史子の夫。 自動車部品メーカーの下請け工場の経営者。 畑中和之(はたなか かずゆき) 第3の事件の被害者。 高校教師。 毎夜ジョギングで走る道路上で撲殺体として発見された。 松岡高志(まつおか たかし) 役者志望のモデル。 物語開始時点で既に故人。 高取清香(たかとり きよか)のヒモでもある。 映画 [ ] マスカレード・ホテル MASQUERADE HOTEL 監督 脚本 岡田道尚 原作 『マスカレード・ホテル』 製作 和田倉和利 製作総指揮 出演者 音楽 撮影 () 編集 制作会社 シネバザール 製作会社 配給 公開 上映時間 133分 製作国 言語 興行収入 46. 4億円 主演は。 キャスト [ ]• 新田浩介:• 山岸尚美:• 能勢:• 本宮:• 関根:• 久我:• 川本:• 綾部貴彦:• 高山佳子:• 大野浩一:• 古橋:• 安野絵里子:• 館林光弘:• 森川寛子:• 政治評論家:• 女装した男:• 栗原健治:• 杉下:• 町田:• 渡辺紀之:• 松岡高志:• 岡部哲晴:• 古橋の愛人:• 館林の愛人:• 仁科理恵:• 野口史子:千咲としえ• 畑中和之:白畑真逸• 大竹:• 田倉:• 尾崎:• 藤木:• 稲垣: スタッフ [ ]• 原作:『マスカレード・ホテル』(刊)• 監督:• 脚本:岡田道尚• 音楽:• 製作:、木下暢起、、• エグゼクティブプロデューサー:• プロデューサー:、和田倉和利• アソシエイトプロデューサー:日高峻• ラインプロデューサー:森賢正• 撮影:()• 照明:吉角荘介• 美術:棈木陽次• 録音:武進• 衣装デザイン:• 美術進行:杉山貴直• 美術デザイン:小林久之• 装飾:野本隆行• 美術プロデュース:三竹寛典• 編集:• 選曲:藤村義孝• 音響効果:壁谷貴弘• スクリプター:山縣有希子• VFXスーパーバイザー:小坂一順• カラーグレーダー:齋藤精二• キャスティング:緒方慶子• 助監督:吉村達矢• 製作担当:鍋島章浩• 配給:• 制作プロダクション:シネバザール• 製作:映画「マスカレード・ホテル」製作委員会(、、、東宝) テレビ放送 [ ] 回 放送日 放送時間 放送局 放送枠 視聴率 備考 1 2020年1月3日 金曜 21:00 - 23:45 (なし) 12. 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 脚注 [ ] [].

次の

宝塚歌劇花組「マスカレードホテル」キャスト別観劇レポ

マスカレード ホテル 宝塚

けれど、あきらさんはこういう、少し口が悪くて、自己中で、でもそこが格好いいという新田のような役がよく似合います。 終始、めちゃくちゃ格好良かったです。 久しぶりに花組に戻ってきたひらめちゃんは、お化粧が変わって、この間観た雪組の全ツよりも可愛らしくなったと同時に、活舌が凄く良くて、高級ホテルのフロント係がぴったりでした。 台詞が聞き取りやすいって、素晴らしい才能ですよね。 2人のかけあいもお上手で、お話の中では恋愛のパートナーというより相棒感強めなところがとても良かったです。 ナイスコンビでした。 今回、驚いたことにデュエットダンスがあったのですが、そこではもう相棒というより運命の相手のようにお似合いのお2人。 お話の最後、良い感じになった2人が結ばれた先を描いてくれたかのようなデュェットダンスに、幸福感でいっぱいになりました。 飛龍つかさ 能勢役の 飛龍つかさくんは、まさに当たり役をつかみ取っていました。 本公演などでもなかなか目立つ役が出来ていなかったつかさくんに、 実力を発揮するビックチャンス到来と言っても過言ではありません。 そして、 それを形にしてくれたつかさくんには盛大な拍手を送りたいです。 だって、出てきただけでお客さんの笑い声が聞こえてくるなんてそんなのなかなかないですよね。 凄くチャーミングで、空気が読めなくて、腰が低いのに図々しい役を楽しそうに演じてくれるので、観ているこっちまで楽しくなってしまうのです。 瀬戸かずやと 飛龍つかさのコンビも楽しくて、やっぱり掛け合いっていうのは大事だなとしみじみ思いました。 フィナーレで、つかさくんが真ん中に立ち歌ってくれるシーンがあったのですが、組子からもお客様からも見守られる、 とても暖かな良い場面でした。 音くり寿 そして、本作品で絶対に欠かせない役を務めてくれたのは 音くり寿ちゃん。 今回、 音くり寿ちゃんは2役をこなしているのですが、もう言葉にできない圧巻の迫力でした。 音くりちゃんがお上手なことなど『金色の砂漠』の影ソロの頃から当たり前だったのですが、本当に泣くほど上手かったのです。 まず、「声帯はどうなっているの? 」と声の変化に驚かされ、『花より男子』で見せた桜子さん以上の怪演をしてくださり。 お芝居と歌が凄すぎて、凄すぎる人を観たら人間は勝手に涙を流してしまうものなのだと初めて知りました。 彼女の見せ場のシーンにチケット代すべてを払いたくなる。 そんな圧倒的な彼女の存在はまさに宝塚の中の宝でした。 その場を支配する狂気じみた役をやらせるのなら右に出るものはいないと思います。 でも彼女のすごいところは、とても可愛らしい声も出るところ。 裏のある準ヒロインだけではなく、正式なヒロインをしている彼女の姿もこれから先、たくさん観ることができればとますます願いたくなりました。 まとめ ミステリー作品だし、どんな感じで舞台化されるのだろうとそわそわ、若干ドキドキしながら待ちわびていた本作ですが、 ミステリー要素でもきちんと楽しませ、個性的なキャラクターたちでも楽しませ、宝塚らしい歌やダンスでも楽しませるという、 3拍子揃った作品となっておりました。 これは、宝塚初見の原作ファンでも楽しめたのではないかと安堵しています。 1幕は少し地味目に原作通りに、2幕は音くりちゃんの圧巻な演技と主人公2人の距離感で盛り上げ、幸せな退団公演とばかりの幸福なフィナーレで宝塚感を存分に味わえるというパーフェクトな構成だったと思います。 1月11日の14時公演にはカメラも入っていたので、生で観劇できない方も、1度は映像でいつか楽しんでいただけたらと思います。

次の

宝塚花組 『マスカレード・ホテル』のチケット譲ります

マスカレード ホテル 宝塚

こんにちは、くららです。 今日は花組「マスカレード・ホテル」を観劇してきました。 まだ始まったばかりなので、ネタバレしないように書きます。 スポンサーリンク 正統派男役の 瀬戸かずやさんの主演は大正解! 演技が安定していて、歌もお上手になり、花組らしいダンス。 雪組から成長して戻ってきた 朝月希和ちゃんも安定した存在感。 あきらさんときわちゃんは、非常にセリフが多くて大変だったと思いますが、上級生として締めていました。 この安定感がお正月に理事長が仰っていた「上級生のクオリティ」ですね。 二人のデュエットダンスも素敵で、リフトもありましたよ。 本当に安心して見れるコンビでした。 セリフや出番は少ないけど、半端ない圧巻の存在感でかっさらったのは、 音くり寿ちゃん。 怪演と言っていいかも。 歌も圧巻。 すごい実力者であることをさらに証明された感じでした。 そして陽な人柄がいかされて、出てくるたびにホッとする 飛龍つかさくん。 良い持ち味です。 2番手の役で、群舞でも衣装が2番手。 歌える人なのに、これから歌うぞという所で終わってしまうのが残念でした。 フィナーレで少しだけ歌うところがありましたが。 花組の歌ウマさんたちが多く出演されているのに、和海しょうくんや羽立光来くんをはじめ、歌のシーンが無かったのは勿体なかったような。 『Dream On! 』のメンバーの多くがこちらに振り分けられていました。 注目しているイケメン 侑輝大弥くんが「客の男」でやはり格好良かったです。 フロント係の 詩希すみれちゃんは、品があって可愛かったです。 ウェイトレスの 愛蘭みこちゃんも。 夏葉ことりちゃんがこの公演で退団されるのは残念です。 お芝居の中で 汝鳥さんがセンターでダンスを踊られます。 汝鳥さんのダンスを見たのは初めてのような。 貴重なシーン。 そして 谷正純先生の脚本がとても良かったです。 宝塚とミステリー小説の組み合わせはどうかな?と思っていましたが、テンポある展開で事件の真相に迫っていって、宝塚らしい終わり方で素敵でした。 1幕ラストには仮面舞踏会もあって、それも宝塚らしい! また曲がよく、 「全曲を若手作曲家・植田浩徳氏に委ねた」と谷先生がプログラムで紹介されていました。 植田浩徳氏について調べてみると、宝塚歌劇団専属ピアニストとして「演出家プリズム~未来への扉~#4「小柳奈穂子」」に出演されていました。 2013年12月初回放送 宝塚らしい耳なじみの良い曲の数々でした。 これからもご活躍されていくことでしょう。 2幕はスーツにハットの花組らしいダンスから始まります。 フィナーレのダンスも、花組らしさが充満!明日海さんの残り香がしました。 あきらさんの東上主演公演というのは、はじめに聞いた時は意外でしたが、とても主演が似合っていて素敵でした。 今回の新田浩介役は、ほとんど舞台に立っていて、セリフの量も膨大で、さらには文庫本の表紙にまでなって、「一気に大スター」となってしまった感じですが、それをきちんとこなされていたのは流石だと思いました。 宝塚のスターさんたちは、「場が与えられたら」結果を残せる実力者揃い。 宝塚の人材の厚さ豊富さ素晴らしさを改めて感じた公演でした。 ここまで読んでくださってありがとうございます。 ランキングに参加しています。 スポンサーリンク•

次の