大佐 階級。 階級 (かいきゅう)とは【ピクシブ百科事典】

大佐

大佐 階級

軍階級上では「」に区分され、またはの下、の上に位置する。 のでは、「OF-5」に相当する。 一般に読みは「たいさ」だが、に関してのみ「だいさ」と読ませた。 英語では、は「カーネル Colonel 」、は「キャプテン Captain 」等となる。 本邦では(、、)に該当する。 解説 現場に置ける最高位で、部隊指揮官、艦長といった重要な役職を任される。 では主に等を務める。 では主に、、等の比較的大型のの、或いは(、等)の等を務める。 また「」としてが率いるべきを臨時に率いることもある。 その場合「」を掲げる。 では主に等を務める。 また、実際に大佐でなくても何らかの理由でとして呼ばれることも多い。 歴史 現在の軍隊の階級制度は、ヨーロッパで萌芽し、発達したものを各国の軍隊が取り入れている。 戦国時代の日本に置き換えると大佐は、侍大将ぐらいに当たる。 大名ではないけど、そこそこの知行(領地)を持っていた武将が任されていたぐらいのイメージである。 現在の軍隊でも大佐は、その下の中佐と大きく権限や待遇が離れており、連隊長や基地司令、艦長等は、士官であれば誰もが憧れる「 一国一城の主」とも言われている。 それ故に定員は少なく、誰もが大佐に昇進できる訳ではない高嶺の花である。 大佐が前線における最高位=将軍は戦場に出てこない、と言われることがあるものの近代戦闘でも戦場にあり、戦死した将軍も少なくないことを補足する。 例えば沖縄戦では、アメリカ合衆国陸軍のサイモン・バックナー中将が戦死している。 陸軍での歴史 陸軍では、英語で『Colonel(カーネル)』と呼ばれ、語源はギリシャ語の『Columnella(小さな柱)』に由来する。 これは、近代以前の陸軍において、貴族が自費で連隊を立ち上げて連隊長の階級である大佐に就任し、維持してきたことに関係がある。 当時は、このような、貴族の提供する連隊が国家防衛の柱であったわけである。 なので、当時の連隊長は、連隊を組織できる資金力と、それを国家に認めさせるだけの政治力を併せ持った有力者であった。 このような組織では、連隊長である大佐が軍事面において 家柄だけの能ナシ…、もとい名目上の存在なので、職業軍人が就く『中佐(ルーテナント・カーネル)=連隊長代理』という階級・役職が作られていった。 ここから時代が下り、国家が直接陸軍を保有する形が一般的となり、共和制国家においては将軍、連隊長である大佐も含めて職業軍人から選抜して国家元首が任命する形が採られるようになった。 また、貴族制度を残す国においても将軍は貴族から選抜、連隊長である大佐は職業軍人からの選抜で国家元首が任命する形に変わっていった。 さらに時代が下ると将軍を含めて職業軍人から選抜して任命するようになった。 現在でも伝統を重視し、名誉職としての連隊長である大佐を置いている国がある。 海軍での歴史 海軍では、英語で『Captain(キャプテン)』と呼ばれる。 これは、帆船時代の海軍において、国王等、国家元首からの勅任で、この階級の者が大型艦の艦長を務めていたことに由来する。 イギリス海軍が英語で『Royal Navy(王立海軍)』と名乗るように、多くの国の海軍は、国家によって建設、維持されてきた歴史があり、海洋冒険小説に登場する『勅任艦長』という語の由来は、ここにある。 また、多くの国において、海軍大佐の階級袖章は四条の線で示される。 これは、近代以前の欧米の海軍における佐官、尉官の階級が、『Captain(キャプテン、現在の海軍大佐相当)』、『Commander(コマンダー、現在の海軍中佐相当)』、『Lieutenant(ルーテナント、現在の海軍大尉相当)』、『Ensign(エンスン、現在の海軍少尉相当)』の四階級しかなかったことに由来する。 その証拠に後からできた階級である海軍少佐と海軍中尉の階級袖章が独立して存在する場合、どちらも下から二番目の線が細くなっている。 実在人物• :のな大佐。 ():の、であった。 実は現役軍人時代はどまりだったが、いろいろ事情があって「カダフィ大佐」が通称となっていた。 創作物における主な階級が「大佐」の人物 五十音順• :「(後にするも、半ば愛称として作中、プレイヤー問わずリシャール大佐と呼ばれ続ける)」• :「」(後に中将まで昇進)• :「」• :「」• :「」• :「」• :「」(正確には一等海佐)• :「」• :「」• :「(ガーディアンフォース編でから昇進)」• :「」• :「(第2期最終回でに昇進。 でもはずっと「大佐」と呼んでいる)」• :「」• :「」• :「(2年後編でから昇進)」• :「」• :「機動戦士ガンダム(から大佐へ昇進)」• :「」• :「」• :「」• :「」• ():「(退役軍人)」• :「」• :「」• :「ONEPIECE(編後は、2年後ではに昇進)」• :「機動戦士ガンダム00(第2期。 第1期時点では)」• :「」• :「」• :「ONEPIECE(アラバスタ編までは、2年後ではから昇進)」• :「」• :「ONEPIECE」• :「」• 沼田徳治:「」• :「」• :「機動戦士ガンダム第08MS小隊」• ::「」• :「」(のちにに降格)• バレル:「」• :「ONEPIECE」• :「~(「Z」でから昇進)」• :「機動戦士ガンダムUC」• :「」(本名は)• :「機動戦士ガンダム」• :「」• :「」(正確には一等海佐)• :「など」• :「」• :「」 余談(「ケンタッキー・カーネル」について) ちなみにとは!!つまりということだ!!! 一応念のために、以下解説。 「」こと「」のとは「」というであり、軍隊の階級としてのそれではない。 従って「カーネル・サンダース」が「サンダース大佐である」といっても、彼が合衆国陸軍大佐(もしくはケンタッキー州軍大佐)、というわけではない。 なぜかと言えば、 近代陸軍の勃興期における大佐:Colonel(カーネル)とは、「の所有者」であり、自前で連隊を組織できる資金力と()に連隊所有を認めさせ得るを併せ持った、にわたるであり、社会的に見ればであった。 時代が下るに連れ、軍隊における階級としての大佐の位置づけは、に取り込まれ、として残るのみとなったが、 「大佐:Colonel(カーネル)=社会的名士」であるという図式はにおいて根強く残り、公権力が名士として認めた証として「大佐」の名誉称号を授与する場合がある。 「カーネルおじさん」こと「カーネル・サンダース」の場合、ケンタッキー州が同州の名士として「ケンタッキー州大佐」の名誉称号を彼に授与したためにそう呼ばれることとなったのである。 ちなみには「 ハーランド・デーヴィッド・サンダース」である。 なお、彼の授与理由は、当然の事ながら、「」の開発と販売を称えての事である。 さらに余談ながら「ケンタッキー州大佐」の称号を授与された日本人も存在する。 :「」、「」こと「ハーランド・デーヴィッド・サンダース」についての解説。 :の名誉称号「」についての解説。 関連リンク 関連タグ 階級一覧 :() 〃 大佐 〃 関連記事 親記事.

次の

アメリカ軍の「階級」「基地」「装備」「特殊部隊」「給料」とは?

大佐 階級

階級章 階級とは、組織における上下関係と指揮系統の格付け制度です。 各国の軍隊では「士官」「下士官」「兵」の大きく3つに区分されています。 自衛官の階級は「将」~「2士」まで16階級に分かれます。 各国軍隊の区分に当てはめると、 「士官」:将、佐官、尉官 「准士官」:准尉 「下士官」:曹 「兵」:士 となります。 【陸・海・空自衛隊の階級と外国軍隊、警察、海上保安庁との比較】 陸上自衛隊 海上自衛隊 航空自衛隊 外国軍隊 警察 海上保安庁 陸上幕僚長 海上幕僚長 航空幕僚長 大 将 警視総監 陸 将 海 将 空 将 中 将 警視監 海上保安監 1等保安監・甲 陸将補 海将補 空将補 少 将 警視長 1等保安監・乙 1等陸佐 1等海佐 1等空佐 大佐 警視正 2等保安監 2等陸佐 2等海佐 2等空佐 中佐 警視 3等保安監 3等陸佐 3等海佐 3等空佐 少佐 警視・警部 1等保安正 1等陸尉 1等海尉 1等空尉 大尉 警部・警部補 2等保安正 2等陸尉 2等海尉 2等空尉 中尉 警部補・巡査部長 3等陸尉 3等海尉 3等空尉 少尉 警部補・巡査部長 3等保安正 准陸尉 准海尉 准空尉 准 尉 警部補・巡査部長 3等保安正 陸曹長 海曹長 空曹長 上級曹長 警部補・巡査部長 1等保安士 1等陸曹 1等海曹 1等空曹 曹 長 警部補・巡査部長 1等保安士 2等陸曹 2等海曹 2等空曹 軍 曹 警部補・巡査部長 2等保安士 3等陸曹 3等海曹 3等空曹 伍 長 巡査部長 3等保安士 陸士長 海士長 空士長 上等兵 (巡査長)巡査 1等保安士補 1等陸士 1等海士 1等空士 1等兵 (巡査長)巡査 2等保安士補 2等陸士 2等海士 2等空士 2等兵 (巡査長)巡査 3等保安士補 防衛記念章 防衛記念章とは自衛官がその経歴を記念して制服に着用することができる「き章」です。 防衛記念章は「1号」から「48号」まであり、職務遂行や災害派遣などの功績に応じて付与されます。 第1号 特別賞詞 第2号 第1級賞詞 第3号 第2級賞詞 第4号 第3級賞詞 災害派遣等の行動 第5号 第3級賞詞 航空無事故等 第6号 第3級賞詞 発明考案、業務改善 第7号 第3級賞詞 訓練、演習等 第8号 第4級賞詞 災害派遣等の行動 第9号 第4級賞詞 航空無事故等 第10号 第4級賞詞 発明考案、業務改善 第11号 第4級賞詞 訓練、演習等 第12号 第5級賞詞 災害派遣等の行動 第13号 第5級賞詞 航空無事故等 第14号 第5級賞詞 発明考案、業務改善 第15号 第5級賞詞 訓練、演習等 第16号 安全・防災功労 第17号 特別賞状に係る業務 第18号 1級賞状に係る業務 第19号 将たる指揮官 第20号 将補たる指揮官 第21号 1佐たる指揮官 第22号 2・3佐たる指揮官 第23号 1尉たる指揮官 第24号 将たる指揮官を補佐する上級曹長等 第25号 将補たる指揮官を補佐する上級曹長等 第26号 1佐たる指揮官を補佐する上級曹長等 第27号 2佐・3佐たる指揮官を補佐する上級曹長等 第28号 1尉たる指揮官を補佐する上級曹長等 第29号 本省内部部局勤務者 第30号 統合幕僚監部勤務者 (学校除く) 第31号 陸・海及び空幕勤務者 第32号 H18. 26以前の統幕会議事務局及び旧情報本部勤務者 第33号 情報本部勤務者 第34号 H27. 30以前の技術研究本部勤務者 第35号 H27. 全部で16職種あり制服の襟に装着します。 職種 徽章 主な任務 職種 徽章 主な任務 普通科 近接戦闘 戦闘に決着をつける 通信科 通信の確保 資料自動処理組織構成 電子戦 写真・映画の撮影処理 通信器材補給・整備 特 科 火力戦闘 広域な地域制圧 化学科 汚染された地域の偵察 汚染された人、装備の除染 機甲科 戦車により敵を撃破 偵察による情報収集 武器科 武器の補給・整備 不発弾の処理 施設科 障害構成・処理 陣地構築 渡 河 建 設 警務科 警 護 交通統制 規律違反の防止 秩序の維持 航空科 航空火力戦闘 航空偵察 ヘリボーン 物資輸送 指揮連絡 需品科 需品器材の補給・整備・回収 給水・入浴・洗濯 高射特科 対空戦闘 対空情報活動 衛生科 患者の治療・後送 健康管理 防疫 衛生器材の補給・整備 会計科 予算、資金、給与、調達 輸送科 大型車両で部隊や装備品の輸送 輸送の統制 ターミナル業務 道路使用規制 情報科 情報資料の収集・処理 地図・航空写真の配布 音楽科 隊員士気の高揚 警務科の援助 各種き章等 技能き章とは、課程教育修了者の特技を表すもので制服の胸に装着します。 その他、候補者である地位や職務を表すもの等があります。 航空き章 航空管制き章 空挺き章 格闘き章 レンジャーき章 スキーき章 服務指導准尉き章 営内班長き章 射撃き章 不発弾処理き章 航空き章(操縦士) 航空き章(航空士) 航空管制き章 水上艦艇き章 潜水医官き章 潜水艦き章 幹部候補生き章 潜水員き章 体力き章 体力・水泳能力1級 航空学生き章 航空き章・操縦士 航空き章・航空士 航空学生き章 航空管制き章 不発弾処理き章 高射管制き章 航空医官き章 兵器管制き章 内務班長き章 募集広報き章(陸海空共通) 体力き章(陸海空共通).

次の

自衛隊や軍隊の階級ってどこからが「偉い人」なのか?|YAZIUP[ヤジアップ]

大佐 階級

概要 いわゆる「内での付けの為の名称」なのだが、本項では関係のものをまとめ、解説する。 階級一覧及び解説 詳細な呼称は各国の軍隊で異なるが、ここでは一般的な階級をまとめている。 しかし「准佐」という階級は尉官と佐官の 大尉と少佐の 権限の隔たりがあまりないため、現実の軍事組織において存在・実用されている例は極めて稀である 多分ない。 また「上級~」とする階級は、四階級制によるものを、三階級制に当てはめた表示であるが、本来三階級制の軍隊で用いる場合、准階級として用いられる事もある。 ただしフィクション的表現に近い。 基本的には通常昇進と呼ばれる各種成績や評価、在籍日数等を点数化して規定点数となったら昇進となる事が多いが、昇進試験に合格しての昇進、司令官が持つ裁量により部下を昇進させる権限を用いた昇進もある。 士官以上は大卒相当の学歴等を必要とするなど、軍務以外の成績を必要とすることが多い。 フィクションでの扱い 子供・未成年かつ学歴が不足しているのに早期に上級階級や士官になっていたり(「」など)、個々がかなり強いのに思ったより階級が下で(「」)、場合によっては創作における雰囲気を決めつけた作品(「」)もある。 「私はケロン軍の・隊長、ガルル中尉だ!!」 「私は時空管理局の、八神はやてや!!」 本格的な軍において他作品同士と比べると、世界規模や特殊な事例を除いても、ベテラン軍人同士で未成年・若者が階級勝ちしているのも見られやすい。 その他フィクション上の階級 『』 ・・・「黒木特佐」、詳しくはリンク先参照。 なお、自衛隊関係者からは、特佐や特殊戦略室といった部署は存在しない為、視聴者に誤解を与えかねない、と指摘された事もあるとか無いとか。 『』 当作品は、の階級をモデルとした、宇宙軍の階級が登場している。 将官 佐官 尉官 准士官 曹・士 なお、将官に関しては、に相当する階級は未登場である他、不明確な階級も少なくない。 また艦隊司令長官の役職にある者は、宙将の肩証の階級に「のマーク」が追加されている。 分かりやすい階級講座 日本軍を元にした、大佐までの階級。 協力:ケロン軍。

次の