も ぺも ぺ 太鼓。 FrontPage

子供が喜ぶ手作り楽器の簡単な作り方は?太鼓/カスタネット/タンバリン

も ぺも ぺ 太鼓

特徴 [ ] 和太鼓は、一般的に残響が非常に良く響き、が残る音を特徴とする。 和太鼓の構造は、胴の中間が膨らんだ形で、両面もしくは片面に皮が張られている。 ドラムなどの他の打楽器と比べて強度は高い。 歴史 [ ] 和太鼓は、縄文時代には既に情報伝達の手段として利用されていたといわれており、日本における太鼓の歴史は非常に長い。 のの場面でも桶を伏せて音を鳴らしたと伝えられている。 にあるでは、皮を張って太鼓として使用されていたのではないかと推定される土器 も出土している。 境町のから「太鼓を打つ人物埴輪」像が出土し、(3世紀末~6世紀)には日本に太鼓が存在していたことがわかっている。 に入ると、などの発達などによってお囃子太鼓が隆盛した。 になると、達が自軍の統率をとるために太鼓を利用した の御諏訪太鼓21人衆等 が興る。 人間ののに太鼓の鼓動がすることによって自らを興奮させる性質があるという説もあり、戦における太鼓の使用はこの説に従えば有効な活用法であったと言える。 近年までは、時刻を知らせる為にも太鼓が使用されていた。 江戸時代には祭礼行事の伴奏としての太鼓演奏のほかに、太鼓好きが集まって太鼓を打つ「のら打ち」なども行なわれ、昭和初期(1930年代)には太鼓の技術や芸を競う太鼓打ち競技会なども現れた。 1943年にはが登場する映画『』がヒットし、クライマックスの太鼓打ちシーンが人々に強い印象を残し、その後何度もリメイクされるほど人気を博した。 また、温泉地などで観光客向けに地元の太鼓を披露するようにもなった。 後の1951年に、に途絶えていたがによって復元された際に、多数の太鼓だけで演奏するスタイルが考案され、1970年代以降、の、といったプロの組太鼓集団の出現と流行をきっかけとして、各地にアマチュアの和太鼓グループが無数に誕生し、の一億円事業や宝くじ助成金などの経済的支援を背景に、町おこしや青少年の育成などに和太鼓が用いられる一方、和太鼓集団の海外公演を通じて欧米をはじめとする世界中に知られるに至った。 今日では、の主役として演奏されたり、神と意思を伝達する手段、としてやに置かれるなどしている。 太鼓という場合広狭二つの理解がある。 何らかの仕方で張った皮を打って音を出すという広義の理解ではアジアのに認められる(例:日蓮宗の打つ太鼓)から能楽に使用する鼓類までを含んでしまう。 しかし通常和太鼓と呼ばれる場合は、筒あるいは椀型のものに皮を張った狭義の理解をする。 どちらも楽器としては膜鳴楽器と分類される。 以下では狭義の太鼓としての和太鼓に限定して述べる。 芸能、音楽としての太鼓 [ ] 舞楽「抜頭」の演奏。 左奥に楽太鼓が見られる 雅楽 [ ] では管弦に用いると、舞楽で用いる大太鼓(だだいこ)とがある。 舞台の正面に構えられる。 楽節の終わりごとに太鼓の一撃が入り、楽曲全体を統率する重要な要素である。 また見た目も支柱の漆塗りをはじめ本体にも色とりどりの装飾が施されている。 外側を朱色の火炎が取り巻いていることから、とも呼ばれる。 では古くから太鼓が多く用いられた。 ()などにその一端が見られる。 単体での演奏の他、などと組み合わせる演奏も多く見られる。 では、・の以外では、真言宗などで、護摩焚きの時の般若心経などの読経時に太鼓を使う(法楽太鼓)他は、もっぱら(法華宗・日蓮宗では)とが使われるが、大規模な行事にはやなどと一緒に太鼓が用いられる。 このほか仏教と神道の境界が曖昧である農村信仰として、やの口寄せ(交霊)にも太鼓が使われることが多い。 歌舞伎 [ ] 、歌舞伎が隆盛すると、に使われ、効果音として取り入れられた。 下座音楽における太鼓の使用方法は、打ち方によって表現する情景が高度に体系化されている。 例えば細めの桴で細かく叩くと雨の音、布を巻いた桴で弱く柔らかい音を低く響かせると雪の音、それらの合間に別の桴を水平に宛て、鼓面の震えを拾ってビリビリという音をたてると雷や雪崩の音を表現するといった具合である。 またの出現など、本来ありえない音響を抽象的に表現する場合にも用いられる。 組太鼓 [ ] 戦後になってから、のがを参考にして、大小の太鼓をのように組み合わせた「組太鼓」形式を開発した。 音程がある楽器を基本的に使わないの組太鼓が誕生した。 新しい和太鼓時代の到来(祭り太鼓から舞台演奏へ) [ ] 創作和太鼓隆盛の時代へ [ ] 詳細は「」を参照 舞台興行太鼓の誕生 [ ] (昭和25年)、日本で初めて舞台興行を目的とした「」(勝見地区)が生まれた。 和太鼓のみならず、芸能的要素を多分に兼ね備え、2009年7月現在、発足時のメンバーが福井市内に2名(斉藤茂雄、岡口一二)健在で、今も現役の太鼓奏者である。 (関連人物:) プロ和太鼓集団の誕生 [ ] 諸説あるが、活動期間が9ヶ月間という短期間で解散してしまった「」が日本初と言われている。 「」は、1966年(昭和41年)2月22日、ので、日本初のプロ和太鼓集団として誕生した。 和太鼓界で初めて大手芸能プロダクションが運営に携わった。 しかし、同年11月に解散、9ヶ月間の活動という幻の太鼓チームで終わった。 同時期にではが結成され、2016年現在も続いている。 1971年に「」(おんでこざ)が発足した。 長距離走をトレーニングに取り入れることを特色としたこの団体は、を完走してそのまま舞台に上がり演奏するというデビューを飾り、注目を集めた。 折からの日本のにおける邦楽器ブーム(1960年代後半〜1970年代前半)もあり、鬼太鼓座のために書かれた作曲の『モノクローム』『モノプリズム』を始め現代音楽と積極的に関わる。 しかし座長の田耕と団員との分裂により、鬼太鼓座と袂を分けた新団体「」が1981年に発足した。 両団体は2016年現在も並立して現存している。 太鼓の種類 [ ] 両面を打つタイプと片面を打つタイプがある。 前者は宮太鼓、桶胴太鼓などで、音量が大きく低音がよく響くのが特徴である。 和太鼓としてはこの種類が大多数をしめる。 後者は、等が該当し、等で用いることがある。 高音、響きは少ない。 胴材 [ ] 締太鼓の胴 が主であったが国産は近年不足しているため・が主流、また海外からは・などの堅い木材をくり抜いたふくらみのある円筒形の胴、もしくは板を寄せて円筒を作りのようにしたものを用いる。 皮面 [ ] 牛の皮(メスは 絹、オスまたはは 木綿に例える)を鋲や紐、や金具等で張りとめてつくられ、(ばち)と呼ばれる木の棒で皮を叩いて演奏される。 皮には基本的に数回の出産を経た雌牛が最良とされるが、大きなものでは、雄牛の皮が利用されることもある。 太鼓の例 [ ] (宮太鼓) 胴は一本の木をくりぬいたものが利用される。 皮は胴に鋲を用いて留められている( 鋲打太鼓)ことが多い。 社寺、公共施設等によくあり、多くの太鼓の団体がこれを演奏する。 一般的によく目にするものである。 を中心とした関東では、より小型な お囃子太鼓が多く用いられた。 桶胴太鼓 縦に割られた板を寄せて円形にして胴をつくったもの。 低音、音響も大。 やなどで胴が作られ、比較的軽いのが特徴である。 紐締めのものが主流である(ページ上部の写真の奥の鼓面が見えている太鼓の右側がこれにあたる)。 附締太鼓 紐や、で皮と胴を接着させ、張っているもの。 締め付け具合によって音質の調節が可能である。 歌舞伎、民謡、三味線等に用いられたり、リズムを取るために利用されることが多い。 円形の枠に1枚の膜を張った太鼓である。 ・でするときに用いる。 平釣太鼓 主になどで下座のとして用いられてきた、全長の短い扁平な太鼓。 木枠に吊って打つのが普通だが、床に置いて打つ場合もあり「座鼓」とも呼ばれる。 もともとは皮面の直径が35から75センチメートル程度の大きさだったが、近年は大型に作られる傾向がある。 大國魂神社の御太鼓の桴(2011年5月3日撮影) 演奏形態 [ ] 置き方による分類 [ ]• 据置形(すえおきがた) 地上に据え置いたまま演奏する形。 についていえば、主にに分布。 抱持形(かかえもちがた) 体に背負ったり、手で持って演奏する形。 舁山形(かつぎやまがた) 山・として担ぐ形。 単式複打法についていえば、沿岸地方に主に分布。 曳山形(ひきやまがた) のように曳行する形。 単式複打法についていえばの側に主に分布。 舁山形や曳山形にはなどがある。 奏者と太鼓の数による分類 [ ]• 単式単打法 1人の奏者が1個の太鼓を演奏する。 単式複打法 1人の奏者が複数の太鼓を演奏する。 大小の太鼓や締太鼓などを使い分けることにより、音色の変化を表現できる。 複式単打法 複数の奏者が1個の太鼓を演奏する。 太鼓の両面、または大型の太鼓が用いられる。 複数の奏者が複数の太鼓を演奏する。 複数の異なる太鼓が複数の奏者で使い分けられることにより、集団で大胆な音色の変化を表現できる。 海外における和太鼓 [ ] ではの多いを中心に1960年代末に日系コミュニティの祭りなどで演奏されるようになった。 人種差別や中の強制収容などによって民族的誇りを傷つけられ、心理的に苦難の道を歩んでいた日系人の若者にとって和太鼓はプライドや自己表現のツールとなったほか、「静かで従順」といったにおけるアジア系女性のステレオタイプに対する対抗的言説や、反人種差別・反同性愛差別などの政治的メッセージを含むこともあった。 北米における和太鼓普及に貢献したとしては、1967年に渡米した戦後移民のがとを組み合わせて始めた「サンフランシスコ太鼓道場」、ロサンゼルス洗心寺が盆太鼓をもとに始めた日系アメリカ人による最初の和太鼓チーム「緊那羅(きんなら)太鼓」、仏教青年会の日系三世を中心に様々な音楽的伝統を加味して始めた「サンノゼ太鼓」があり、いずれも1970年前後に結成され、それぞれ異なった特色を持ち味とした。 サンフランシスコ太鼓の田中は日本人街で踊りだけの静かな祭を見て物足りなく思い、見よう見まねで太鼓を披露したところ日系一世の老人たちが非常に喜んだことに感激し、日米を行き来して太鼓を習い、太鼓を持ち込むなどして和太鼓の普及に尽力した。 1975年にはが完走後ゴールで大太鼓を打つというパフォーマンスで一躍有名になり、1981年に結成されたとともに海外で人気を集め、北米和太鼓シーンに影響を与えた。 1990年代以降和太鼓の人気は北米各地に広がり、グループの数が急激に増えるにつれて日系人コミュニティとは直接関わりを持たないグループも多くなり、1997年にはロサンゼルスで第一回目の「北米太鼓コンファレンス」が開催された。 同会はその後も隔年イベントとして続行し、2005年にはロサンゼルス市の全米日系人博物館で和太鼓に関する展覧会も開催された。 多くの大学で和太鼓チームが結成されはじめ、2007年からは大学太鼓チームの交流大会Intercollegiate Taiko Invitationalも開催されており、2011年時に北米の和太鼓チームは300を超えると言われる。 北米以外でも、和太鼓は南米、ヨーロッパ、アジアの他の国々など、世界の複数の地域で人気を博し始め、各地域で結成される太鼓グループが増えつつある。 では1975年に鬼太鼓座が劇場で初公演した際、観客に衝撃を与えるためにカルダンの助言での姿でを打つことになり、伝統的には褌姿で太鼓を打つ習慣はなかったが、この公演の反響が大きかったことから舞台衣装として褌が着用されるようになった。 脚注 [ ]• _太鼓をたたく男子• 独立行政法人. 2016年4月2日閲覧。 , p. , p. , p. 同志社大学『言語文化 』11 2 ,2008-12. ディスカバー・ニッケイ、2005年1月27日• 神谷浩夫、金沢大学日中無形文化遺産プロジェクト報告書、2011年3月31日• "Taiko Boom: Japanese Drumming in Place and Motion" p91-Shawn Morgan Bender, University of California Press, 2012 参考文献 [ ]• 「たいころじい」編集部『和太鼓がわかる本』十月社、1995年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 慶長14年(1609年)創業の歴史ある和太鼓専門メーカー.

次の

諏訪工芸|和太鼓販売

も ぺも ぺ 太鼓

歴史 [ ] 太鼓は非常に古くから存在する楽器のひとつで、世界各地に広く分布し、地域によって特色ある太鼓が存在している。 という言葉に象徴されるように、人間の腹部を打って楽器とすることは世界中に広く見られ、やがてそれが太鼓に発展したと考えられている。 古代文明においてはすでに、大太鼓 やティンパニ型の鍋型太鼓 が存在していた。 また太鼓は、笛と並んで古代から基本的構造がほとんど変わらなかった楽器である。 日本においても、の天神山古墳から太鼓を打つ人物のが出土しており、にはすでに太鼓が出現していたことが判明している。 構造 [ ] 太鼓は世界に広く分布するが、基本構造として円形の開口部を持った堅い胴に薄い膜を張り、これを振動させて音を出すことが多い。 ただしのように膜を持たず、中空の胴をそのまま叩いて楽器とするものも存在する。 のも同様に、膜を持たず中空の胴をたたいて音を出す太鼓である。 またののように、膜に垂直に棒を取り付け、それを擦ることで音を出すような特殊なものも存在する。 太鼓は胴と膜の枚数によって、のように円形の枠に1枚の膜を張るもの、筒状の胴の片側に膜を張るもの(片面太鼓)、筒状の胴の両側に膜を張るもの(両面太鼓)、のように状の胴に膜を張るもの(鍋型太鼓)に分類される。 太鼓に張る膜はの皮などで作られていたが、技術の進歩によりなども使用されるようになった。 膜を胴に張るには、膜の周囲にを通したり、あるいはで止める、で締めるなどの方法がある。 紐やねじで止めた場合、膜が緩んだ場合に締め直すことができるため調律が容易であり、鋲を打った場合は締め直しができないためあらかじめ限界まで強く締めてから膜を張るため、非常に堅牢に出来上がるのが特徴である。 太鼓はどの部分を叩いても同じ音が出るわけではなく、中心部を叩けば低い音が、胴に近い縁を叩くとより高い音が出る。 太鼓の胴は主にまたはからなる。 太鼓をたたく桴は1本のみ使用するものと2本使用するものがあり、またなどのように手でたたく太鼓も民族楽器を中心に多く存在している。 また、桴の形状も太鼓の音に大きく影響する。 なお、特殊なものとしてのように楽器そのものを振り、紐でくくりつけられた玉で膜を打って音を出すものも存在する。 用途 [ ] ・においてパレードに参加するドラマー 太鼓はそれ自体のみで音楽を演奏するほか、やなどの器楽合奏にも広く用いられ、またや、の演奏に複数のドラムとなどを組み合わせたは欠かせないものである。 オーケストラにおいては17世紀にティンパニが導入され構成楽器として確定した ほか、必要に応じてバスドラムなどほかの楽器が構成に組み入れられる。 においてはと呼ばれるやにおいて中心的に使用される。 やなどのやにも太鼓は多用される。 や芸能への太鼓の使用は日本のみならず、諸国では広く見られる。 太鼓はその大きな音から、しばしば祭器として神事に使用されることがあった。 特ににおいて太鼓は重要な役割を果たすことが多く、この場合シャーマンが太鼓をたたきながらトランス状態に入り神霊を呼び出す。 日本においては鉦や太鼓の音は異界にも届くものと考えられており、にあった子供を探す時などは、大きな音をさせて子供が気付きやすくすることと異界へ音を届けることの両面から、鉦や太鼓をにぎやかに叩いて捜索を行っていた。 太鼓は音が大きくよく通ることから、の指揮のために使用されることも多く、への使用もにまでさかのぼる。 は太鼓とを中心とする軍楽隊を持ち、彼らの奏でるはヨーロッパ諸国の音楽にも大きな影響を与えた。 またヨーロッパ諸国は太鼓とによるを組織して行進のために用いた。 日本においても陣太鼓として近代以前の軍において広く使用された。 同様の理由ででは時刻を告げるためにも使用された。 のでは太鼓で城中に時刻を知らせていたことが知られている。 においても、や各藩の城中においては時刻を伝えるための、いわゆる時の太鼓が使用されており、太鼓を置くための太鼓櫓は多くの城に設置されていた。 民間においても太鼓は使用されていたが、音の伝わる範囲が狭いために寺院に設置されていたに早々にとってかわられたところが多かった。 楽器として使用されるほか、においては太鼓によって遠距離を行う、いわゆるという使用法が広く行われていた。 これは音声言語の音調をなぞって太鼓を打ちメッセージを伝えるもので、ののように長大な歴史をトーキングドラムで行う民族も存在する。 ただし、こうしたトーキングドラムはいくつもの定型句からなっており、この定型句を知らないものは現地に長く居住していても太鼓の音の意味を理解することはできない。 つまり、太鼓によって送っているものは厳密には言語というよりであって、を身につけていないものは理解不能である。 また、定型句以外のメッセージを自由に発信すると受け手はそれを言語化することができない。 このため、トーキングドラムはあくまでも符号を送る手段に過ぎず、言葉を自由に「話す」ことはできないことに注意が必要である。 主な太鼓 [ ]• (つづみ)• ギャラリー [ ]• 「世界の民族楽器文化図鑑 大自然の音から、音を出す道具の誕生まで」p55 リュシー・ロー 別宮貞徳監訳 柊風舎 2013年12月15日第1刷• 「写真で分かる! 楽器の歴史 楽器学入門」p149 守重信郎 時事通信出版局 2015年9月30日発行• 「写真で分かる! 楽器の歴史 楽器学入門」p142 守重信郎 時事通信出版局 2015年9月30日発行• 「世界の民族楽器文化図鑑 大自然の音から、音を出す道具の誕生まで」p152 リュシー・ロー 別宮貞徳監訳 柊風舎 2013年12月15日第1刷• 「太鼓という楽器」p101-102 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行• 「世界の民族楽器文化図鑑 大自然の音から、音を出す道具の誕生まで」p75 リュシー・ロー 別宮貞徳監訳 柊風舎 2013年12月15日第1刷• 「世界の楽器百科図鑑」p38 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行• 「太鼓という楽器」p100-101 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行• 「世界の楽器百科図鑑」p38 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行• 「写真で分かる! 楽器の歴史 楽器学入門」p145 守重信郎 時事通信出版局 2015年9月30日発行• 「太鼓という楽器」p138-139 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行• 「太鼓という楽器」p138-139 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行• 「太鼓の文化誌」p11-12 山本宏子 青弓社 2017年12月30日第1刷• 「世界の楽器百科図鑑」p189 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行• 「世界の民族楽器文化図鑑 大自然の音から、音を出す道具の誕生まで」p100 リュシー・ロー 別宮貞徳監訳 柊風舎 2013年12月15日第1刷• 「楽器概論」p18-19 郡司すみ エイデル研究所 2009年4月30日初版発行• 「中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界」p202-205 笹本正治 講談社学術文庫 2008年4月10日第1刷• 「世界の楽器百科図鑑」p66 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行• 「世界の楽器百科図鑑」p66 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行• 「中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界」p217-220 笹本正治 講談社学術文庫 2008年4月10日第1刷• 「太鼓という楽器」p133-135 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行• 「中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界」p243 笹本正治 講談社学術文庫 2008年4月10日第1刷• 「中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界」p252 笹本正治 講談社学術文庫 2008年4月10日第1刷• 「楽器概論」p15 郡司すみ エイデル研究所 2009年4月30日初版発行• 『アフリカを知る事典』、平凡社、 1989年2月6日 初版第1刷 p. 259• 「アフリカ音楽の正体」p166-169 塚田健一 音楽之友社 2016年6月10日第1刷 この項目は、に関連した です。

次の

FrontPage

も ぺも ぺ 太鼓

歴史 [ ] 太鼓は非常に古くから存在する楽器のひとつで、世界各地に広く分布し、地域によって特色ある太鼓が存在している。 という言葉に象徴されるように、人間の腹部を打って楽器とすることは世界中に広く見られ、やがてそれが太鼓に発展したと考えられている。 古代文明においてはすでに、大太鼓 やティンパニ型の鍋型太鼓 が存在していた。 また太鼓は、笛と並んで古代から基本的構造がほとんど変わらなかった楽器である。 日本においても、の天神山古墳から太鼓を打つ人物のが出土しており、にはすでに太鼓が出現していたことが判明している。 構造 [ ] 太鼓は世界に広く分布するが、基本構造として円形の開口部を持った堅い胴に薄い膜を張り、これを振動させて音を出すことが多い。 ただしのように膜を持たず、中空の胴をそのまま叩いて楽器とするものも存在する。 のも同様に、膜を持たず中空の胴をたたいて音を出す太鼓である。 またののように、膜に垂直に棒を取り付け、それを擦ることで音を出すような特殊なものも存在する。 太鼓は胴と膜の枚数によって、のように円形の枠に1枚の膜を張るもの、筒状の胴の片側に膜を張るもの(片面太鼓)、筒状の胴の両側に膜を張るもの(両面太鼓)、のように状の胴に膜を張るもの(鍋型太鼓)に分類される。 太鼓に張る膜はの皮などで作られていたが、技術の進歩によりなども使用されるようになった。 膜を胴に張るには、膜の周囲にを通したり、あるいはで止める、で締めるなどの方法がある。 紐やねじで止めた場合、膜が緩んだ場合に締め直すことができるため調律が容易であり、鋲を打った場合は締め直しができないためあらかじめ限界まで強く締めてから膜を張るため、非常に堅牢に出来上がるのが特徴である。 太鼓はどの部分を叩いても同じ音が出るわけではなく、中心部を叩けば低い音が、胴に近い縁を叩くとより高い音が出る。 太鼓の胴は主にまたはからなる。 太鼓をたたく桴は1本のみ使用するものと2本使用するものがあり、またなどのように手でたたく太鼓も民族楽器を中心に多く存在している。 また、桴の形状も太鼓の音に大きく影響する。 なお、特殊なものとしてのように楽器そのものを振り、紐でくくりつけられた玉で膜を打って音を出すものも存在する。 用途 [ ] ・においてパレードに参加するドラマー 太鼓はそれ自体のみで音楽を演奏するほか、やなどの器楽合奏にも広く用いられ、またや、の演奏に複数のドラムとなどを組み合わせたは欠かせないものである。 オーケストラにおいては17世紀にティンパニが導入され構成楽器として確定した ほか、必要に応じてバスドラムなどほかの楽器が構成に組み入れられる。 においてはと呼ばれるやにおいて中心的に使用される。 やなどのやにも太鼓は多用される。 や芸能への太鼓の使用は日本のみならず、諸国では広く見られる。 太鼓はその大きな音から、しばしば祭器として神事に使用されることがあった。 特ににおいて太鼓は重要な役割を果たすことが多く、この場合シャーマンが太鼓をたたきながらトランス状態に入り神霊を呼び出す。 日本においては鉦や太鼓の音は異界にも届くものと考えられており、にあった子供を探す時などは、大きな音をさせて子供が気付きやすくすることと異界へ音を届けることの両面から、鉦や太鼓をにぎやかに叩いて捜索を行っていた。 太鼓は音が大きくよく通ることから、の指揮のために使用されることも多く、への使用もにまでさかのぼる。 は太鼓とを中心とする軍楽隊を持ち、彼らの奏でるはヨーロッパ諸国の音楽にも大きな影響を与えた。 またヨーロッパ諸国は太鼓とによるを組織して行進のために用いた。 日本においても陣太鼓として近代以前の軍において広く使用された。 同様の理由ででは時刻を告げるためにも使用された。 のでは太鼓で城中に時刻を知らせていたことが知られている。 においても、や各藩の城中においては時刻を伝えるための、いわゆる時の太鼓が使用されており、太鼓を置くための太鼓櫓は多くの城に設置されていた。 民間においても太鼓は使用されていたが、音の伝わる範囲が狭いために寺院に設置されていたに早々にとってかわられたところが多かった。 楽器として使用されるほか、においては太鼓によって遠距離を行う、いわゆるという使用法が広く行われていた。 これは音声言語の音調をなぞって太鼓を打ちメッセージを伝えるもので、ののように長大な歴史をトーキングドラムで行う民族も存在する。 ただし、こうしたトーキングドラムはいくつもの定型句からなっており、この定型句を知らないものは現地に長く居住していても太鼓の音の意味を理解することはできない。 つまり、太鼓によって送っているものは厳密には言語というよりであって、を身につけていないものは理解不能である。 また、定型句以外のメッセージを自由に発信すると受け手はそれを言語化することができない。 このため、トーキングドラムはあくまでも符号を送る手段に過ぎず、言葉を自由に「話す」ことはできないことに注意が必要である。 主な太鼓 [ ]• (つづみ)• ギャラリー [ ]• 「世界の民族楽器文化図鑑 大自然の音から、音を出す道具の誕生まで」p55 リュシー・ロー 別宮貞徳監訳 柊風舎 2013年12月15日第1刷• 「写真で分かる! 楽器の歴史 楽器学入門」p149 守重信郎 時事通信出版局 2015年9月30日発行• 「写真で分かる! 楽器の歴史 楽器学入門」p142 守重信郎 時事通信出版局 2015年9月30日発行• 「世界の民族楽器文化図鑑 大自然の音から、音を出す道具の誕生まで」p152 リュシー・ロー 別宮貞徳監訳 柊風舎 2013年12月15日第1刷• 「太鼓という楽器」p101-102 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行• 「世界の民族楽器文化図鑑 大自然の音から、音を出す道具の誕生まで」p75 リュシー・ロー 別宮貞徳監訳 柊風舎 2013年12月15日第1刷• 「世界の楽器百科図鑑」p38 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行• 「太鼓という楽器」p100-101 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行• 「世界の楽器百科図鑑」p38 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行• 「写真で分かる! 楽器の歴史 楽器学入門」p145 守重信郎 時事通信出版局 2015年9月30日発行• 「太鼓という楽器」p138-139 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行• 「太鼓という楽器」p138-139 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行• 「太鼓の文化誌」p11-12 山本宏子 青弓社 2017年12月30日第1刷• 「世界の楽器百科図鑑」p189 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行• 「世界の民族楽器文化図鑑 大自然の音から、音を出す道具の誕生まで」p100 リュシー・ロー 別宮貞徳監訳 柊風舎 2013年12月15日第1刷• 「楽器概論」p18-19 郡司すみ エイデル研究所 2009年4月30日初版発行• 「中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界」p202-205 笹本正治 講談社学術文庫 2008年4月10日第1刷• 「世界の楽器百科図鑑」p66 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行• 「世界の楽器百科図鑑」p66 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行• 「中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界」p217-220 笹本正治 講談社学術文庫 2008年4月10日第1刷• 「太鼓という楽器」p133-135 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行• 「中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界」p243 笹本正治 講談社学術文庫 2008年4月10日第1刷• 「中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界」p252 笹本正治 講談社学術文庫 2008年4月10日第1刷• 「楽器概論」p15 郡司すみ エイデル研究所 2009年4月30日初版発行• 『アフリカを知る事典』、平凡社、 1989年2月6日 初版第1刷 p. 259• 「アフリカ音楽の正体」p166-169 塚田健一 音楽之友社 2016年6月10日第1刷 この項目は、に関連した です。

次の