クラウドバンク cm。 クラウドバンクがTVCMを開始!ソーシャルレンディング業界最新レポート!(2020年06月21日号)

クラウドバンクのCM女優!巨大な赤いハチ公の上に座っているのは誰?

クラウドバンク cm

独自のマッチングシステムで、「企業」「顧問」を飛躍させます。 新しい時代に羽ばたく経営者に、知識とビジネス経験が豊かな顧問をクラウドのマッチングシステムが繋ぎます。 企業:「自社のポテンシャルを最大限に発揮するために、経験豊かな方の知見が必要だ。 」 顧問:「これまでのキャリアと活かせる経験があるのに、社会から孤立してしまっている現実がある。 」 その様な、両者のお悩みを顧問バンクが結び付けます。 一途に培ってきた知見、真撃に紡いできた人脈だからこそ、第一線を退いた後でもしっかりと次の世代へバトンタッチしていきたいものです。 顧問バンクはその橋渡しを、これまでにない画期的な出会いのスペースとしてご提供します。 独自の画期的なマッチングの仕組みを介して、システム内のすべての企業と顧問が互いに企業が相談したい業務内容をまとめた案件票を通してアプローチする事が可能となります。 その事により、従来の提案型顧問紹介サービスにはない出会いの可能性とビジネスチャンスを秘めているといっても過言ではありません。 また、マッチングした企業と顧問は、チャットを介したコミュニケーションにより、迅速な契約締結と実りある顧問活動に進んでいただくことができます。

次の

クラウドバンクのCM女優!巨大な赤いハチ公の上に座っているのは誰?

クラウドバンク cm

Crowd Bank(クラウドバンク)の総評 まずは、クラウドアンサー編集部が独自に行ったの評価を、5段階で紹介します。 Crowd Bank(クラウドバンク)の評価• 利回り:4• 実績:5• 安全性:4• 情報開示:5• 信用力:5• 総評:5 利回り:4 クラウドバンクの平均利回りは7. 09パーセントです(2020年7月時点)。 取り分け高利回りという案件はありませんが、5パーセント超えで手堅い利回りを維持していると言えるでしょう。 実績:5 クラウドバンクの成立ローン総額は、2020年7月6日(月)時点で977億6,752万円であり、ソーシャルレンディング業界第3位の実績を誇ります。 貸し倒れもなく元本回収率100パーセントでこの実績なので、満点評価できるでしょう。 安全性:4 クラウドバンクでは担保・保証付き案件が設定されている案件が多くあります。 ただ、元々案件の種類が豊富なことから、最近の上場企業保証付き案件のような手堅い案件から、不動産担保評価の記載が甘くいまいちという案件までさまざまです。 2020年7月現時点では、案件によって安全性には多少波があるので4という評価にしています。 情報開示:5 クラウドバンクは情報を見やすく整理して提示してくれる事業者です。 運営会社の財務状況や報告は細かくわかりやすいですし、たまに開かれるセミナーではグループの金田氏がさまざまな情報を提供してくれます。 不動産担保の情報で一部不足を感じたり、遅延ファンドの情報掲載で懸念を感じたりすることもありますが、総合的に見ると情報開示に関しては信頼できる事業者と言えるのではないでしょうか。 信用力:5 クラウドバンクは2018年からソーシャルレンディング事業で黒字化を達成しており、ローン成立額も右肩上がりで増えています。 2度の行政処分を乗り越えながらも見事に事業を復活させ黒字化、いまだに貸し倒れを起こしていないという実績もあいまって、信用力は最高評価をつけています。 総評:5 クラウドバンクの総評は5です。 波乱万丈な経歴がありながらもうまく態勢を立て直し事業は黒字、貸し倒れも起こさず順調に資金を獲得できている底力は大きく評価するべきでしょう。 福岡地区限定ですがテレビCMの放映も始め、波に乗っているクラウドバンク。 今後もさまざまなサービス改良を経て、大手事業者として業界を引っ張っていく存在として期待していきたいところです。 Crowd Bank(クラウドバンク) の実績 出典: 続いては、Crowd Bank(クラウドバンク)の実績を詳しく紹介していきましょう。 同社が今まで集めてきた資金の累計金額=成立ローン総額と、遅延や貸し倒れの実績について解説します。 この金額は業界第1位のmaneo(約1,640億円)、第2位のSBIソーシャルレンディング(約1,400億円)に次ぐ業界第3位であり、サービス開始から順調に資金を集めてきていることがわかります。 maneoは2020年7月時点で募集活動を停止しているため、SBIソーシャルレンディングに次ぐ事実上第2位のソーシャルレンディングサイトだと言えるでしょう。 なお、クラウドバンクでは遅延の実績については積極的な情報公開がありません。 クラウドバンク公式サイトでも、遅延中ファンドがあるかどうかの情報はなく、遅延中ファンドに投資している投資家にのみ詳しい情報が通知される仕組みなのです。 そのため、遅延についてはブログやTwitterなどの口コミで「遅延があった」という情報を頼りにするしかなく、規模や遅延の期間について正確性のある情報を得ることができません。 今わかっているのは、「遅延案件はまれに発生しているようだが貸し倒れは一度も起きていない」という事実です。 遅延情報が積極的でない点は気になりますが、2013年の創業以来貸し倒れがなく回収率100パーセントを維持しているのはすごいことです。 Crowd Bank(クラウドバンク) のメリット で投資をするメリットは、案件の種類が豊富で1万円から手軽に投資できること、元本回収率100パーセントという実績があることなど多数あります。 詳しく解説していきましょう。 クラウドバンクのメリット• 案件の種類が豊富• 1万円から投資できる• 出金手数料が無料• 利回りが高め• サイトが使いやすい• 担保・保証付き案件が多い• 最近の募集案件では不動産事業資金や事業性資金ローン、太陽光発電などの再生可能エネルギー案件のローンなどが目立ちます。 案件の種類が豊富なので運用期間も6ヶ月だったり20ヶ月だったりとさまざまで、選択肢が多いことが魅力です。 最低投資額が小さいといろんな案件に複数分散投資できますし、気軽に投資を始めることができます。 もちろん、現在貸し倒れがなくても将来起こるかどうかはわかりません。 それでも、元本を確実に回収できているのは借り手企業の選定を十分に行い、適切な融資をできているからと言えます。 ソーシャルレンディングは元本保証がないので、2013年から今まで一度も貸し倒れがない事実は安心できるポイントではないでしょうか。 米ドルの場合は手数料必要)。 ソーシャルレンディングでは出金の回数が積み重なっていくと出金手数料も無視できない金額になるため、手数料無料のメリットは地味に大きいですよね。 09パーセントです。 利回りの高さがファンドの良さを決めるわけではありませんが、投資である以上トータルリターンに大きく関わる利回りは重要です。 クラウドバンクでは安定して5パーセント超えの案件が用意されているので、程よく高めの利回りが得られるのはうれしいポイントですね。 投資家用の専用ページでは分配金が毎月いくら、総額いくらの収益が出たか直観的にわかります。 最近では、金融庁の匿名化解除方針に伴い、クラウドバンクでも一部借り手企業の情報を公開するようになったのですが、その情報の見せ方も図や表で上手に見せてくれています。 資金の借り手企業とクラウドバンク社との関係性、ビジネススキームなどのグラフも見やすく、ストレスなく情報を得られるのが心地良いですね。 サイトデザインは好みもあるでしょうが、クラウドバンクの情報のまとめ方、見せ方はセンスが良く、使い勝手が良いと思います。 担保と保証がセットになった案件もありますし、保証に関しては個人だけでなく法人の連帯保証が付いている案件もあります。 担保や保証はできるだけついているほうが保全性も高まりますので、あわせて付いているのはうれしいですよね。 その運用は米ドルで行われるため、投資家はまずクラウドバンクの口座内に日本円を入金し、クラウドバンクのサイト内で米ドルに両替します。 そして、アメリカの案件に投資し運用が終了すれば米ドルで返還されます。 その変換のタイミングで円安に動いていれば両替して、為替変動益を得ることができますし、円高に動いて損失が出ていれば両替せずに米ドルのまま持ち続けたり、再投資することができます。 自動的に日本円に変換されないので、為替変動損が出ることを防げるのです。 Crowd Bank(クラウドバンク)のデメリット で投資する際のデメリットは、過去の行政処分歴や目立った超高利回り案件がないことなどがあります。 どんな投資先でもデメリットは付き物ですし、デメリットを理解したうえで投資するかどうかを決めることが大切です。 各デメリットについて詳しく解説していきましょう。 クラウドバンクのデメリット• 過去2回の行政処分歴がある• 早期償還が多い• 入金手数料がかかる• 一度だけならまだしも、2回も受けているソーシャルレンディング事業者はなかなかいませんよね。 まず2015年に受けた行政処分は業務停止命令および業務改善命令で、次のような問題がありました。 顧客の預かり資金をきちんと分別管理できていなかった• 資金管理ができていない状態で取引残高報告書を交付していた つまり、社内の体制整備がきちんとできていなかったということです。 この行政処分を機に当時の代表取締役大前氏が退任し、クラウドバンクでは経営の立て直しが行われました。 2017年に受けた行政処分は、業務停止命令および業務改善命令です。 2017年は、次の2つの問題がありました。 ファンドのスキームやリスク説明に事実と異なる表記があった• サイトで手数料還元キャンペーンの実施があるとしながらも、実際には投資家へ手数料が還元されていなかった 内容だけ見ると悪質ですが2017年の問題は日本クラウド証券株式会社の前社長である大前氏が大きく関わって指示をしていたとされています。 問題が明らかになった時点では経営陣が変わっており、処分で指摘された1、2ともに対応は速やかに行われました(1の投資資金はすべて償還済、2の手数料も返還済)。 2015年も2017年も行政処分後の業務改善や後処理が比較的スムーズだったこと、投資家に実害がなかった点が大きな救いとなりました。 それでも投資家の期待を2度も裏切ったのは大きな問題です。 いくら体制の立て直しをしたとはいえ、心情的に2度の行政処分が許せない、信用に欠けると思う人は多いでしょう。 早期償還とは、予定されていた期間より早く資金の償還が行われることです。 1年間で予定していたのに、10ヶ月で資金が返ってくるということです。 早期償還が起こると、その分受けられる分配金額が少なくなってしまいます。 早く戻ってきた分違う案件にすぐ投資すればリターンを取り戻せますが、予定していた分配金額が少なくなるのは投資におけるデメリットです。 入金手数料を自己負担にしている事業者は多いので、このデメリットはクラウドバンクに限りません。 とはいえ、大手事業者のSBIソーシャルレンディングでは振込手数料が無料になる入金サービスを始めています。 クラウドバンクも大手事業者として、手数料をかけない仕組みを考えて欲しいですよね。 10パーセントを超えるような目立った高利回り案件はないので、利回り重視派の投資家には物足りなく感じるでしょう。 しかし、最近のソーシャルレンディング業界では不動産投資に特化したサイトが注目される傾向にあり、クラウドバンクの注目度はいまいち低くなっています。 2度の行政処分という黒歴史を嫌う投資家も多数いるため、どうしても注目や盛り上がりに欠ける点があります。 Crowd Bank(クラウドバンク)の案件の特徴 の案件は不動産事業資金や再生可能エネルギー案件などが中心です。 ただ、募集時期によっては案件が偏ることがあるので、注意して案件募集を確認しましょう。 クラウドバンクの案件の特徴• 不動産や再生可能エネルギー案件が中心• 募集時期によっては案件が偏ることがある• クラウドバンクの案件例• 不動産事業資金• 太陽光発電などの再生可能エネルギー• 事業性資金 最近では、上場企業が親会社として連帯保証を持つ事業拡大資金の大型ファンドが出て話題になりました。 少し前も再生可能エネルギー案件ばかりが募集されており、分散投資しにくい時期がありました。 ただそれも募集時期によって変わるため、ファンド募集の内容は定期的に確認しておくことをおすすめします。 通常より安い金利3パーセントから4パーセントでの融資を行い、クラウドバンクの営業者報酬はわずか金利0. 1パーセントとなっています。 また、クラウドバンクが融資金額20パーセントの劣後出資を行うことで、投資家資産の保全を図っています。 2020年4月~6月の募集実績・案件紹介 出典: では、直近2020年4月から6月のCrowd Bank(クラウドバンク)募集実績を紹介しましょう。 2020年6月の募集実績 2020年5月のクラウドバンクの募集実績• 案件数:125件• 募集総額:31億円 案件の内容は、上場企業への融資案件や海外不動産投資案件など、国内外に渡るものになっています。 上場企業への融資案件は利回りは低いものの、案件としての信用性があるため好評を得ています。 米ドル建て案件でも40万ドル以上を集めています。 案件名 運用期間 募集金額 利回り 1 スター・マイカ・ホールディングス【東証一部上場】コラボレーションファンド第7号 25ヶ月 30,000,000円 3. 2020年6月のクラウドバンクの募集実績• 案件数:66件• 募集総額: 13億6,100万円• 米ドル建て案件:64万ドル 投資先の分散として、米ドル建ての海外不動産担保案件に投資してみるのも良いでしょう。 案件名 運用期間 募集金額 利回り 1 米ドル建カリフォルニア不動産ローンファンド第197号 19ヶ月 100,000ドル 5. 主な募集案件は次のようになっています。 案件名 運用期間 募集金額 利回り 1 不動産担保型ローンファンド第445号 7ヵ月 30,000,000円 5. ただし、2020年3月の募集実績が57億円であったことと比較すると、大幅に募集規模が小さくなっています。 Crowd Bank(クラウドバンク)のリスクに対する対策 続いて、が投資家保護のために取っているリスク対策を紹介しましょう。 ソーシャルレンディングをやる上で最も大きなリスクが、投資した元本が返って来ないなどの元本割れです。 貸付先の企業がお金を返せなくなると元本割れにつながるため、ソーシャルレンディングの各事業者は独自に対策をしています。 クラウドバンクでは、「保証」と「担保」の2つの仕組みで投資家のお金を守っています。 クラウドバンクのリスクヘッジ• 保証:企業がお金を返せなくなったとき、保証人にお金を返してもらう仕組みのこと• これらの財産を換金するのに一定の時間がかかるため、投資家への返済が遅れることがあります。 クラウドバンクでは、案件ごとに「保証」や「担保」を定め、貸し付けたお金が貸し倒れしにくいように対策を取っています。 貸し付けた金額よりも評価額が高い資産を担保等に設定しているため、貸し倒れするリスクが非常に低くなっています。 このような対策のためか、クラウドバンクはこれまで一度も元本回収できなかったことがなく、投資家のお金はすべて回収できています。 今後も確実に回収できるとまでは言えませんが、元本割れしにくいソーシャルレンディング事業者であると言えるでしょう。 Crowd Bank(クラウドバンク)の口コミ・評判 実際に、を使っている人の口コミや評判も調べてみました。 投資商品について知りたいなら、自分のお金を使って真剣に運用している人の意見を聞くのが一番だからです。 ポジティブな口コミ・評判 クラウドバンクに対するポジティブな意見としては、 「元本割れしたことがないから安心」という意見が圧倒的に多いです。 上述したように、貸し付ける金額よりも高い評価額の資産を担保等として設定しているため、投資家のお金がきちんと回収されやすい仕組みになっているのです。 利回りについての口コミは多くありませんが、普通から高めの評価が多いです。 クラウドバンクの実質平均利回りは7. 09パーセント(2020年7月時点)で非常に高いですが、ソーシャルレンディング業界だと標準的であるため、「普通」という感想もあるようです。 また、 毎月分配金が入ってくるのが嬉しいという口コミもよく見受けられます。 ネガティブな口コミ・評判 クラウドバンクに対するネガティブな意見はとても少ないですが、一部の人は過去に行政処分を受けたことを気にしているようです。 確かに、2017年には手数料返還キャンペーンの手数料が実際は返還されていなかったことなどのため、行政処分を受けました。 2015年には、顧客と会社の資産を分けて管理する分別管理を適切に行っていなかったため、行政処分を受けています。 しかし、これらの問題については既に解決されており、企業体質も改善してきています。 2020年現在のクラウドバンクに過去と同じような不祥事が起こるとは考えにくいため、あまり気にしなくて良い悪評だと言えるでしょう。 Crowd Bank(クラウドバンク)がおすすめの人 は元本割れしたことがない安心感などから、あらゆる投資家におすすめできるソーシャルレンディングサービスです。 その中でも、特に初めてソーシャルレンディングをする初心者や、1万円から投資を始めたい人におすすめです。 ソーシャルレンディングサービスにはさまざまな種類があり、ニッチな不動産に特化したサイトや、まちづくりプロジェクトに特化したサイトなどさまざまなものがあります。 しかし、このような個性的な案件だと、初心者の方は何を投資の判断材料にすれば良いのか迷ってしまうことが多いです。 一方、 クラウドバンクで投資できる案件は、オーソドックスなプロジェクトが多いため、初心者の方でも投資しやすいでしょう。 中小企業支援型ローンファンドや海外の不動産ローンファンドなど、比較的わかりやすい案件が多いのです。 最近はソーシャルレンディング各社が最低申込額を1万円に設定しているため、クラウドバンクだけの長所ではありません。 しかし、 少額でリスクの低いソーシャルレンディング業者は少なく、そのうちの1社がクラウドバンクなのです。 ソーシャルレンディングを試してみたいと思っても、何十万円も必要だと怖くて始められないですよね。 クラウドバンクでは1万円から投資を始めることができるので、少しだけ試してみたいというニーズにもぴったりはまります。 Crowd Bank(クラウドバンク)の口座開設手順 で口座を開設するのに必要なのは、次の4つのステップです。 それぞれのステップで必要な書類や手続きについて、詳しくお伝えしていきましょう。 クラウドバンクの口座開設手順• 口座開設の申し込み• 各種証明書の提示• 口座開設完了の通知書の受け取り• 入力自体は簡単なので、5分もあれば終わらせられるでしょう。 同時に、クラウドバンクの約款にも同意します。 約款は投資家とクラウドバンクの契約書のようなものなので、目を通してから同意しましょう。 基本的には、特に投資家に不利な内容は書かれていませんが、念のため確認しておいてください。 いずれもスマホで写真を撮ってアップロードできるため、その場ですぐに提出できます。 郵送などの手間はかかりません。 本人確認書類として使えるのは、次の7つの書類です。 運転免許証かパスポートの写真を提出する方が多いでしょう。 本人確認書類• 運転免許証• 印鑑登録証明書• 各種健康保険証• パスポ-ト• 住民票の写し• 住民基本台帳カード• 個人番号カード マイナンバー確認書類として使えるのは、次の3つの書類です。 個人番号カードか通知カードの写真を提出する方が多いでしょう。 マイナンバー確認書類• 個人番号カード• 通知カード• 個人番号の記載のある住民票写し 以上の書類をアップロードして提出すれば、口座開設の申し込みは完了です。 審査は最短1営業日で終わるため、申し込みから1週間から2週間ほどで通知書が届くはずです。 通知書が届かない場合、住所の登録間違いなどの可能性があります。 あまりに遅いようであれば、問い合わせてみましょう。 ここまでで口座開設は完了し、クラウドバンクで投資を始めることができます。 クラウドバンクに投資してみたいと思う方は、下のリンクから無料で口座開設できるので、これを機に登録してみることをおすすめします。 【サービスサイト】• Crowd Bank(クラウドバンク)の概要 最後に、の概要を紹介しておきましょう。 証券会社が運営するCrowd Bank(クラウドバンク)は、2度の行政処分を乗り越え、2018年3月には黒字化を達成したソーシャルレンディング事業者です。 波乱万丈な歴史があるクラウドバンクの運営は、日本クラウド証券株式会社が行っています。 日本クラウド証券株式会社の概要や社長の経歴などを見ていきましょう。 概要 日本クラウド証券株式会社は東京都港区にあり、親会社であるクラウドバンク株式会社と同じビル・同じフロアに入居しています。 下記の運営図をご覧ください。 クラウドバンクの運営図 出典:• ファンドの募集・サイト運営:日本クラウド証券株式会社• 借り手企業への融資:クラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社• システムの開発・保守:クラウドバンク・インキュラボ株式会社• 全会社をまとめる持ち株会社(ホールディングス):クラウドバンク株式会社 社長の経歴 日本クラウド証券株式会社の代表取締役社長は橋村 純氏です。 橋村氏はみずほ系インフラファンドや投資ファンドでの経験を経て2015年に日本クラウド証券株式会社に入社、その後2016年6月から同社の代表取締役社長に就任しています。 ただ、日本クラウド証券株式会社の初代社長は前任の大前和徳氏であり、クラウドバンクを作り上げたのは初代社長の大前氏と現クラウドバンク株式会社社長(グループ総帥)の金田創氏です。 直近で開催されたクラウドバンクのセミナーやメディアの取材でも金田氏が出ることが多く、実質的な経営主導権は金田氏にあると言えるでしょう。 橋村氏は大前氏の後任として、雇われ社長のような位置づけなのかもしれません。 行政処分については後述します。 創業 日本クラウド証券の創業は、2013年に当時のクラウドバンク経営陣が旧みどり証券(旧 ディー・ブレイン証券)に対してTOBを実施したことから始まります。 みどり証券は社名を日本クラウド証券に変更し、その後サイト名をクラウドバンクとして、ソーシャルレンディングサービスが2013年12月に開始されました。 主な事業 日本クラウド証券株式会社は金融商品取引業の免許を持ち、クラウドバンクのサイト運営を通じ、ソーシャルレンディングサービスの提供、ファンドの募集などを行っています。 グループの統括はクラウドバンク株式会社ですが、サイト運営は日本クラウド証券株式会社が担っているのです。 登録免許 クラウドバンクのグループでは、• 日本クラウド証券株式会社が第一種金融商品取引業• クラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社が貸金業 の登録免許を、それぞれ保有しています。 ソーシャルレンディングの運営には金融商品取引業と貸金業の登録が不可欠ですが、金融商品取引業に関しては第二種を持てば運営することが可能です。 日本クラウド証券株式会社は証券会社であるため、他の事業者が持つ「第二種」より登録条件が厳しい「第一種」の免許を保有しているのが、他事業者との大きな違いです。 【サービスサイト】•

次の

【評判、口コミ】クラウドバンクは怪しい?700万円投資してリスクを検証!(評価とCrowd Bankの運用実績あり)

クラウドバンク cm

独自のマッチングシステムで、「企業」「顧問」を飛躍させます。 新しい時代に羽ばたく経営者に、知識とビジネス経験が豊かな顧問をクラウドのマッチングシステムが繋ぎます。 企業:「自社のポテンシャルを最大限に発揮するために、経験豊かな方の知見が必要だ。 」 顧問:「これまでのキャリアと活かせる経験があるのに、社会から孤立してしまっている現実がある。 」 その様な、両者のお悩みを顧問バンクが結び付けます。 一途に培ってきた知見、真撃に紡いできた人脈だからこそ、第一線を退いた後でもしっかりと次の世代へバトンタッチしていきたいものです。 顧問バンクはその橋渡しを、これまでにない画期的な出会いのスペースとしてご提供します。 独自の画期的なマッチングの仕組みを介して、システム内のすべての企業と顧問が互いに企業が相談したい業務内容をまとめた案件票を通してアプローチする事が可能となります。 その事により、従来の提案型顧問紹介サービスにはない出会いの可能性とビジネスチャンスを秘めているといっても過言ではありません。 また、マッチングした企業と顧問は、チャットを介したコミュニケーションにより、迅速な契約締結と実りある顧問活動に進んでいただくことができます。

次の