頑張れ シャミ 子。 シャミ子が悪いんだよとは (シャミコハワルクナイヨとは) [単語記事]

シャミ子が悪いんだよとは (シャミコハワルクナイヨとは) [単語記事]

頑張れ シャミ 子

シャミ子「うっ、なんか身体が軽い」 シャミ子(私は吉田優子、どこにでもいる15さ...... ) シャミ子「ッッ!!??」 シャミ子(角ッッ!!側頭部から対照に二本生えているッッ!?) シャミ子「おか、おかーさん!」ゴゴゴゴ 清子「騒々しいわよ、優.... 子!??!!?」 シャミ子「なんか鬼みたいなツノ生えた〜!!あと尻尾ッッ!!」 清子「圧倒的威圧感と存在感、ついにこの日が来たのね」 シャミ子「ええ!?一体なんなんですか!?」 清子「優子、実はあなたは普通の人間の子ではありません」 清子「吉田家は古代より闘争を糧とするもの。 封印されし鬼の一族の末裔なのです」 清子「昔、吉田ユージローという世界最強の先祖がいたのですが、彼は更なる強敵を求めて異世界転生してしまいました」 シャミ子「なんなんですかその設定」 清子「最大にして唯一の戦力を失った私達には敗北あるのみでした...... 」 中略 清子「というわけであなたは魔法少女を倒さねばなりません」 シャミ子「でもどうやって倒せば」 清子「ツノが生えたからには力が復活したはずです。 鬼のパワーを感じますか?」 シャミ子「そういうふわっとした概念は感じません!ですが今なら誰にも負ける気がしません!私が地上最強だという確信があります!」 [newpage] シャミ子「魔法少女.... 一体どこでしょうか?」ゴゴゴゴ 桃(なんかヤバそうな人とすれ違った) シャミ子「あ、ダンプが」 桃「危ない!」クルクルピカ-ッヘンシン! シャミ子「噴ッッ!!」ドガアアアン 桃「なっ.... 片手ダンプ.... 」 シャミ子「おや、もしかして私を助けようとしてくれたんですか?」シュイン 桃(いつの間に後ろに!) シャミ子「あれ、その服装.... 貴様、魔法少女かッッ!?」 桃(なんて威圧!) シャミ子「生き血を.... 足が」 シャミ子「大丈夫ですかッッ!?」 桃「えっ」 シャミ子「怪我させるつもりはなかったんです!ただ少し血を頂ければと」 桃(怪我させる気じゃないか) シャミ子「今更ですけどコスプレだったりしますか?」 桃「しないよ、魔法少女だよ」 桃「変身したのなんて何年ぶりだろう。 君もそのツノ.... 」 桃(ていうか筋肉と威圧感がすごい.... 周囲が歪んで見えるんだけど.... ) シャミ子「...... 」ゴゴゴゴゴ 桃(ひ、一つだけわかることがある。 私じゃこの子には勝てない.... ミカンもお姉ちゃんも誰も勝てない.... この街は終わりだ.... ) シャミ子「」グ--ッッ!! 桃(お腹の音!?) 桃「あ、あの、これ食べますか?」スッ シャミ子「これはなんですか?」 桃「ね、ねぎとろデニッシュです」 シャミ子「不可解です」 桃「か、菓子パンでごめんなさい!」 シャミ子「いえ、そういうことではなくて何故このパンをくれたのかと.... 」 桃「お腹が空いてそうだったので.... 後、大きいから?」シリメツレツ シャミ子「なるほど?」 シャミ子「...... 」 桃「...... ?」 シャミ子「貴様ッッ!!施しかッッ!!!??」 桃「」ビクッ シャミ子「このような屈辱的な出来事は初めてですッッ!!!!」ダァン 桃「も、申し訳ありません!」 シャミ子「!」グ---ッッ!! 桃「あの.... 」ヌッ 桃「ひっ.... 」 シャミ子「ふん.... お腹は減ってませんが、これで勝ったと思うなよ?」グニャア- 桃「はい」 シャミ子「しかしこの私に施しを与えるというのは、宣戦布告と同義だと思え」 桃「以後気をつけます」 桃(た、助かった.... ) 頑張れシャミ子!これをバネにしてやさしい魔族になるんだ! 一話完.

次の

TVアニメ「まちカドまぞく」公式ホームページ|TBSテレビ

頑張れ シャミ 子

—— 闇の力に目覚めた女子高生と魔法少女による日常系コメディーですが、この設定を知ったときは、どう思いましたか? 小原:私はオーディションをきっかけにこの作品を拝見したのですが、闇の力とか魔法少女とは言うものの、実際に読んでみたらゆるくて可愛らしいお話だったので、そのギャップが見る人の心を掴むのかなと思いました。 鬼頭:最初に読んだとき、キャラクターたちの性格と世界観がちぐはぐに見えて、少し理解できなかったんです。 でも、そういう設定を理解してからはすごく面白く読めたので、これは新しい作品だ!と思いました。 —— キャラクターを見た印象を教えてください。 小原:シャミ子を最初に見た印象は、やっぱりツノと尻尾に目が行って、「あっ、人間じゃないんだ!」と思ったんです。 しかも隣にいるのが魔法少女だったから、この2人がどこかから地球にやってきたのかな?って、物語を知る前は思っていました。 鬼頭:桃を見たとき、髪の毛はピンクだけど、ジト目で元気という感じではないし、身長が意外と高いのに、魔法少女でかわいい服を着ていたりしたので、そこがちぐはぐに見えたんです。 だから、どこにイメージを合わせればいいんだろうという戸惑いは、最初ありました。 小原:主人公だけではなく周りのキャラクターの個性も様々で、ひとりひとりの良さが出たキャラクターのデザインだと感じました。 このバラバラさがどうまとまるんだろうと思っていたら、良いバランスを保ったまま原作では物語が展開していくので、先生すごいな!って思いました。 —— それぞれ、自身が演じるキャラクターの「ここがかわいい!」というところはありますか? 小原:シャミ子はビジュアルからすると、一見普通の子に見えるんですけど、ツノと尻尾があることによる萌え要素がすごくあると思います! 魔法少女を倒すという目標があるけど、ずっとワタワタしてて、ちょっとおバカなところが、読者や視聴者にとって、かわいいと思うところなのかなと思いました。 ちょっと……じゃないかもしれないですけど(笑)。 私自身演じるときもワタワタしてることがほとんどなので、かわいいなぁと思いながら演じています。 —— 少しアフレコの話が出たので、アフレコはいかがでしたか? 小原:何度かお会いした方がキャストに多かったので、ガチガチの緊張感はなくて、すぐに打ち解けて入れたのはありがたかったです。 それと、桃があかりん(鬼頭さん)だったのですごく安心したんです。 同じ作品のレギュラーだったことはあっても、ずっと一緒とかではなかったので、どこかで一緒になれないかなぁと思っていたから、まさかここで一緒になれるとは!って。 しかもキャストの名前を知ったのも直前だったので、あかりんなんだ!って、本当に嬉しかったです。 鬼頭:私も友達だらけの1話だったので緊張もせずにという感じでした。 私もここちゃん(小原さん)と一緒にやりたいと思っていたから嬉しかったんですけど、ここちゃんが言うように、1話のテンポが速すぎて、そっちに一生懸命だったので、全然会話をするタイミングがなくて……。 小原:そうだったね。 鬼頭:だから、1話は全然しゃべれなかったなぁと思いながら帰ったのを覚えています。 —— では、ストーリーに戻ると、他に気になるキャラクターはいますか? 小原:シャミ子の妹の良子はしっかりしてましたねぇ。 難しいこともさらさら言ってるから、この子が魔法少女を倒しに行ったほうがいいんじゃないかなと思います(笑)。 あと、キャラクターではないですが、ナレーションもぜひ注目していただきたいです。 物語はゆるいものの、そこをきゅっとまとめてくださるし、ナレーションによって、カッコいい感じで終われるというか、すごく特撮っぽく終われるというか(笑)。 鬼頭:あと、ご先祖様も結構アホなところがあったりするので、そこはすごくかわいいです。 —— 『まちカドまぞく』という作品の魅力を一言で表すとしたら? 小原:誰もがこのままであれ!と思える作品だと思います。 倒すという設定ではあるんですけど、倒さずそのまま仲良くなってくれと。 漫画の最終話がどうなるかはわからないですけど、どうかこのままであってほしいです。 でもシャミ子には人として成長してほしいですけどね(笑)。 鬼頭:結局みんな良い人です! 敵味方とかいろいろな設定はあるけど、結局みんな良い人なんだなぁって思います。 —— では最後に、楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いします。 小原:原作を読んでいる方にも、映像化を楽しみにして頂きたいと思いますし、原作を読んだことがない方にも気負わず楽しんで見て頂けると思います。 伊藤先生が大事にされているものを、桜井監督がさらに膨らませて映像化してくださっているので、ぜひ楽しみにしていてください。 まだこの時点では、私たちも完成した映像は見てないですけど、いろいろなところに工夫を凝らしているのはアフレコからも伝わってきます。 それだけ熱量が伝わってくるから、私たちも頑張らなければ!と思ってアフレコをしているので、それが合わさった本編は絶対に素晴らしいものになっているはずです! あととてもカラフルな作品なので、大人からお子さんまで楽しめると思うし、個性豊かなキャラクターの誰かの推しになってくれたら、それも嬉しいなと思います。 鬼頭:原作からすでにかわいいんですけど、アニメになって動くことによって、また違う良さやテンポも生まれているので、アニメはアニメで楽しみにしていただければと思います。 原作を読んでいない方も、読んでいる方も満足していただけるものになっていると思うので、楽しみにしていてください。

次の

シャミ子が悪いんだよとは (シャミコハワルクナイヨとは) [単語記事]

頑張れ シャミ 子

—— 闇の力に目覚めた女子高生と魔法少女による日常系コメディーですが、この設定を知ったときは、どう思いましたか? 小原:私はオーディションをきっかけにこの作品を拝見したのですが、闇の力とか魔法少女とは言うものの、実際に読んでみたらゆるくて可愛らしいお話だったので、そのギャップが見る人の心を掴むのかなと思いました。 鬼頭:最初に読んだとき、キャラクターたちの性格と世界観がちぐはぐに見えて、少し理解できなかったんです。 でも、そういう設定を理解してからはすごく面白く読めたので、これは新しい作品だ!と思いました。 —— キャラクターを見た印象を教えてください。 小原:シャミ子を最初に見た印象は、やっぱりツノと尻尾に目が行って、「あっ、人間じゃないんだ!」と思ったんです。 しかも隣にいるのが魔法少女だったから、この2人がどこかから地球にやってきたのかな?って、物語を知る前は思っていました。 鬼頭:桃を見たとき、髪の毛はピンクだけど、ジト目で元気という感じではないし、身長が意外と高いのに、魔法少女でかわいい服を着ていたりしたので、そこがちぐはぐに見えたんです。 だから、どこにイメージを合わせればいいんだろうという戸惑いは、最初ありました。 小原:主人公だけではなく周りのキャラクターの個性も様々で、ひとりひとりの良さが出たキャラクターのデザインだと感じました。 このバラバラさがどうまとまるんだろうと思っていたら、良いバランスを保ったまま原作では物語が展開していくので、先生すごいな!って思いました。 —— それぞれ、自身が演じるキャラクターの「ここがかわいい!」というところはありますか? 小原:シャミ子はビジュアルからすると、一見普通の子に見えるんですけど、ツノと尻尾があることによる萌え要素がすごくあると思います! 魔法少女を倒すという目標があるけど、ずっとワタワタしてて、ちょっとおバカなところが、読者や視聴者にとって、かわいいと思うところなのかなと思いました。 ちょっと……じゃないかもしれないですけど(笑)。 私自身演じるときもワタワタしてることがほとんどなので、かわいいなぁと思いながら演じています。 —— 少しアフレコの話が出たので、アフレコはいかがでしたか? 小原:何度かお会いした方がキャストに多かったので、ガチガチの緊張感はなくて、すぐに打ち解けて入れたのはありがたかったです。 それと、桃があかりん(鬼頭さん)だったのですごく安心したんです。 同じ作品のレギュラーだったことはあっても、ずっと一緒とかではなかったので、どこかで一緒になれないかなぁと思っていたから、まさかここで一緒になれるとは!って。 しかもキャストの名前を知ったのも直前だったので、あかりんなんだ!って、本当に嬉しかったです。 鬼頭:私も友達だらけの1話だったので緊張もせずにという感じでした。 私もここちゃん(小原さん)と一緒にやりたいと思っていたから嬉しかったんですけど、ここちゃんが言うように、1話のテンポが速すぎて、そっちに一生懸命だったので、全然会話をするタイミングがなくて……。 小原:そうだったね。 鬼頭:だから、1話は全然しゃべれなかったなぁと思いながら帰ったのを覚えています。 —— では、ストーリーに戻ると、他に気になるキャラクターはいますか? 小原:シャミ子の妹の良子はしっかりしてましたねぇ。 難しいこともさらさら言ってるから、この子が魔法少女を倒しに行ったほうがいいんじゃないかなと思います(笑)。 あと、キャラクターではないですが、ナレーションもぜひ注目していただきたいです。 物語はゆるいものの、そこをきゅっとまとめてくださるし、ナレーションによって、カッコいい感じで終われるというか、すごく特撮っぽく終われるというか(笑)。 鬼頭:あと、ご先祖様も結構アホなところがあったりするので、そこはすごくかわいいです。 —— 『まちカドまぞく』という作品の魅力を一言で表すとしたら? 小原:誰もがこのままであれ!と思える作品だと思います。 倒すという設定ではあるんですけど、倒さずそのまま仲良くなってくれと。 漫画の最終話がどうなるかはわからないですけど、どうかこのままであってほしいです。 でもシャミ子には人として成長してほしいですけどね(笑)。 鬼頭:結局みんな良い人です! 敵味方とかいろいろな設定はあるけど、結局みんな良い人なんだなぁって思います。 —— では最後に、楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いします。 小原:原作を読んでいる方にも、映像化を楽しみにして頂きたいと思いますし、原作を読んだことがない方にも気負わず楽しんで見て頂けると思います。 伊藤先生が大事にされているものを、桜井監督がさらに膨らませて映像化してくださっているので、ぜひ楽しみにしていてください。 まだこの時点では、私たちも完成した映像は見てないですけど、いろいろなところに工夫を凝らしているのはアフレコからも伝わってきます。 それだけ熱量が伝わってくるから、私たちも頑張らなければ!と思ってアフレコをしているので、それが合わさった本編は絶対に素晴らしいものになっているはずです! あととてもカラフルな作品なので、大人からお子さんまで楽しめると思うし、個性豊かなキャラクターの誰かの推しになってくれたら、それも嬉しいなと思います。 鬼頭:原作からすでにかわいいんですけど、アニメになって動くことによって、また違う良さやテンポも生まれているので、アニメはアニメで楽しみにしていただければと思います。 原作を読んでいない方も、読んでいる方も満足していただけるものになっていると思うので、楽しみにしていてください。

次の