青い彼岸花。 鬼滅の刃の終わりは…本当に近いの?青い彼岸花はどこにある?無限城戦をなんとなく考える。

鬼滅の刃の青い彼岸花の謎とは?伏線を考察してみた

青い彼岸花

青い彼岸花とは?【鬼滅の刃】 青い彼岸花とは 鬼が太陽の光を克服するために必要な薬と言われています。 この薬は病気で20歳までしか生きられないと言われていた鬼舞辻をなんとか助けようとした医者が作成していた薬で、わかっていることは調合に青色の彼岸花が必要ということだけです。 青い彼岸花の存在を知っていたのは医者だけだった この医者は処方された薬を飲んでも病状が一向に良くならないことに腹を立てた 鬼舞辻によって殺されています。 医者を殺した後に鬼舞辻は死なない体(鬼)になっているのに気付くのですがそれと同時に陽の光に当たると死んでしまうことにも気づきました。 そして陽の光を克服するため、この医者が残した情報をもとに青い彼岸花を探し始めます。 しかし原料の場所を知っている者はいくら探してもこの医者しかいなかったようで、 1000年以上仲間を増やしながら探したが見つかることはなかった のです。 何故なら1000年以上もかけて配下の鬼を増やして大人数で探しても見つからないなんてことは普通はありえないからです。 ということは 青い彼岸花とは文字通りの青色の彼岸花が存在している訳ではなく 何かの比喩表現 だと考えられます。 似たような言葉で 青い薔薇というものがありますね これは薔薇は本来赤い物であり、青い薔薇なんてものは作ることが出来ず存在しないことから 「 存在しない」、「 不可能」という意味を持っています。 (現在では品種改良で作ることが出来ます。 ) つまり青い彼岸花も青い薔薇と同じく、本来は赤くて存在しないものであるため存在しないもの、つまり 何か矛盾した存在を表す比喩と考えられます。 禰という文字あまりみなれない漢字ですよね。 これは 形成文字といって既存の文字である 示 しめす と 爾 なんじ の二つの文字を組み合わせてできた文字です。 この二つの漢字は象形文字で何かの形を元にして作られた文字です、その成り立ちを調べると面白そうな展開が想像できます。 示 神にいけにえを捧げる台から形をとって作られた文字• 爾 美しく輝く花から形をとって作られた文字 実は禰豆子の名前には花という意味を持つ漢字が含まれているのです。 さらに禰豆子は鬼でありながら太陽を克服した存在つまり 矛盾した存在です。 太陽を克服するのに太陽を克服した鬼が必要というのも矛盾していて 禰豆子自身が青い彼岸花という可能性があるのではないでしょうか。 そして 禰豆子の名前にはさらに面白い意味があって 禰は単体で「 父のおたまや」わかりやすく言うと 父の霊をまつる場所という意味があります。 つまり全ての鬼の父である鬼舞辻の死に場所となるのではないでしょうか。 そして神にいけにえをささげる台が禰豆子だとしたら生贄は青い彼岸花につられた鬼舞辻無惨ということになりますね。 たびたび鬼舞辻を鬼にした医者こそが黒幕なんじゃないかとも言われていますがもし本当に医者が黒幕だとしたら、この展開を望んでいて鬼舞辻が禰豆子を取り込んだ時に何かが起きるのかもしれないですね。 ちなみに禰豆子の漢字に使われている豆、これは鬼が嫌いなものの代名詞ですね。 鬼が豆を嫌うとされているのは魔(ま)を滅(め)するという当て字からなんですよ。 だから禰豆子に血で鬼を燃やす能力があるのも名前に隠されていたと考えることができますね。 まとめ 今回の考察はいかがだったでしょうか 禰豆子の禰という文字が面白い意味を持ちすぎていてもっといろんな考察パターンがありそうですよね。 炭治郎や他の兄弟に比べて禰豆子一人だけ難しい漢字が使われているので絶対何かしらの意味を持って付けられてる気がします。 この記事を見て別の意見や考察が浮かんだという人がいたらぜひお聞かせください!.

次の

【鬼滅の刃】青い彼岸花とは?中国・伊黒・陽光山説などを考察

青い彼岸花

この記事の目次• 青い彼岸花とは?無惨との関係 無惨を鬼にした薬のこと 青い彼岸花とは、平安時代の善良な医者が 無惨を鬼にした薬のことです。 薬の制作には、実際に青色の彼岸花が使用されていたことが判明しています。 無惨は太陽を克服するために、1000年青い彼岸花を探し続けますが、 日本中どこを探しても存在せず、その医者以外はその存在を知りません。 未だ秘密の多い青い彼岸花は、鬼滅の刃最大の謎と言っても過言ではありません。 明かされていない情報が未だ多く、その存在に関して様々な説が登場しています。 そこで今回は、 青い彼岸花に関する有力な説をまとめて解説・考察していきます。 炭治郎がすでに発見している可能性 那谷蜘蛛山での累との戦いで、死を間際にした炭治郎は走馬灯を見ます。 炭治郎の幼少期の記憶が呼び起こされ、その 走馬灯の中に青い彼岸花らしきものが含まれていました。 炭治郎は東京府の山奥出身であり、幼少期はほとんど山の中で過ごしていた可能性が高いです。 そのため、竈門家が青い彼岸花を管理しているのではないかと考えられています。 無惨が竈門家の場所に鬼を配置しようとしたのも、その場の探索がまだだからだと思われるので、有力な説の1つです。 アニメ版では意図的にカットされている 鬼滅の刃のアニメ版では、 炭治郎の走馬灯から意図的にこの彼岸花がカットされていました。 赤色の彼岸花であれば意図的にカットする必要も無いので、色が青である可能性が高いのではと考えられています。 説2:陽光山にのみ存在している? 太陽の光で鬼が探せない 無惨が1000年をかけて日本中探しても見つからなかった青い彼岸花。 鬼が立ち寄れない場所=1年中日光が差している陽光山にあるのでは無いかという説もあります。 陽光山は1年中日光が差し込むという特殊な環境から、「猩々緋砂鉄」「猩々緋鉱石」という変わった素材が採取できる土地。 猩々緋砂鉄のように、特殊な存在である青い彼岸花も陽光山の特別な環境でなら存在しているのでは無いかと考えられています。 この説の信憑性は低め 陽光山には夜が来る 一年中陽が差している陽光山は、曇らないし雨も降りません。 しかし、もちろん夜は来ます。 夜の間も日光に照らされているように錯覚しますが、 夜が来ないとは作中で言及されていません。 太陽の動きをコントロールするなど不可能であり、夜が来るとなれば鬼が捜索することはできます。 鬼側には元鬼殺隊出身の黒死牟や獪岳がいるので、陽光山を捜索しているのはほぼ確実でしょう。 そのため、この説には少し穴があるように感じます。 説3:青い彼岸花は中国にのみ存在する? 平安時代には日本に彼岸花が存在しない 無惨が1000年をかけて日本中探しても見つからなかった青い彼岸花。 無惨医者から薬として処方してもらっていましたが、そもそも 彼岸花は平安時代の日本に存在しません。 一方中国では、彼岸花は漢方薬として古くから使用されてきました。 また彼岸花は「株分け」という方法でしか繁殖できず、 繁殖するには人為的に日本に持ち込むしかありません。 そのため、青い彼岸花は平安時代中国にのみ存在していた事から、無惨が1000年かけても見つけられなかったと考えられています。 医者は中国からきた可能性が高い では、なぜ平安時代に青い彼岸花が無惨の元に届いたのでしょうか。 それは善良な医者が、中国出身であり中国から日本に持ち込んだからだと考えられています。 そもそも平安時代の日本の病気は怨霊によるものと考えられており、 治療には薬を使うのではなく祈祷が一般的でした。 青い彼岸花という薬を処方するのが、そもそも中国的な医療法であることが分かります。 善良な医者は中国出身であり、中国から薬として青い彼岸花を持ち込んではないかと考えられています。 説4:青い彼岸花の正体は伊黒? 伊黒の出生地が彼岸花を想起させる 伊黒の出生地は、八丈島という東京の離島です。 八丈島には八丈富士という山があり、そこに「 天空の道」という空に繋がったように神秘的な場所があります。 一方で、彼岸花はサンスクリット語で別名「曼珠沙華」と呼ばれ、「 天空の花」という意味を持つ花。 鬼滅の刃では、赤い彼岸花が天国や三途の川のような場所で描かれており、作者が彼岸花を意図的に「天空の花」として描いていることが伺えます。 「天空の道」で生まれた伊黒と「天空の花」という意味を持つ彼岸花。 両者に何か関係があるのではにかと考えられますね。 「蛇花」という別名を持つ 彼岸花には1000以上の別名がありますが、その中に「蛇花」という呼び方があります。 鬼滅の刃で 蛇を想起させるのは、間違いなく伊黒でしょう。 また、彼岸花の開花時期と伊黒の誕生日も重ねっており、両者に関連性を感じます。 「小芭内」が花を連想させる 伊黒の下の名前「小芭内」は、名詞として存在せず造語であることが判明しており、何かしらの意味を持ってつけられた可能性が高いです。 そこで「小芭内」を分解すると、 芭には「花」という意味があることが分かりました。 意味が通るように名前を意訳すると、小芭内=「小さな花をうちに秘めた存在」となります。 彼岸花の存在を意識してしまいますよね。 このように、伊黒と彼岸花には多数の共通点がある事から、青い彼岸花は伊黒本人ではないか?と考えられています。 説5:青い彼岸花の正体は禰豆子? 太陽を克服するために、無惨が追い求め続けた青い彼岸花。 しかし禰豆子がついに太陽を克服したことから、その存在自体が青い彼岸花、もしくは青い彼岸花を摂取している説が出てきています。 炭治郎の走馬灯に青い彼岸花が 下弦の伍「累」との戦いで、幼少期の頃の走馬灯を見た炭治郎。 そこには、青い彼岸花らしき花が描かれていました。 幼少期の炭治郎は山奥からほとんど出られないと考えられるため、 青い彼岸花は竈門家に非常に馴染みの深い花であったと考えられます。 炭治郎と年の近い禰豆子が、青い彼岸花を目にしていたことはほぼ確実。 青い彼岸花を摂取し、その効力をすでに手にしていたのではないでしょうか。 禰豆子が唯一、太陽を克服できたことにも納得がいきます。 禰豆子の「禰」について 当て字のようになっている禰豆子という名前。 作者が意図してこの漢字を割り当てた可能性が考えられます。 実際に名前を分解して意味を調べると、意図して付けられたように思えました。 「禰」という漢字には、廟 ビョウ にまつった父・受け継ぐといった意味があります。 そして「豆」とは、鬼を祓う象徴である食べ物。 つまり、鬼の父である鬼舞辻無惨を倒す存在であることが、禰豆子という名前から暗喩されていたかもしれないのです。 禰豆子について 彼岸花の登場場面について 青い彼岸花は未だ描かれていない 鬼滅の刃15巻で初めてその姿が描かれた青い彼岸花ですが、それはあくまで無惨の想像した形。 存在すらも未だ確認されていません。 しかし、 赤い彼岸花は作中に4度登場しています。 赤い彼岸花の登場シーン ・炭治郎の走馬灯の中 ・善逸と慈悟郎が三途の川?で話をする時 ・しのぶが死に家族と再会する時 ・アニメ1期のエンディング まとめてみると、 赤い彼岸花は「死」に関連するシーンに多く登場していることが分かります。 赤い彼岸花は実際、彼岸の時期に咲く花であり「死」を連想させる花です。 青い彼岸花も、赤い彼岸花と同様に今後「死」に近いシーンで登場するかもしれません。 鬼滅の刃の関連記事.

次の

ネタバレ全開!鬼滅の刃「青い彼岸花」の謎|todomadogiwa|note

青い彼岸花

秋の行事・イベント 2018. 10 2018. 03 Tsuyopon 彼岸花のピンク・青・黒の名前は?画像や花言葉、販売先など紹介 秋に咲く花と言えばコスモスや菊、キンモクセイなどがありますが、誰もが一度は見たことがある花と言えば、 「彼岸花(ひがんばな)」ではないでしょうか。 秋口に特徴のある大きな花をつける彼岸花。 たくさん集まって生えている事も多く、道端などに生えているとすごく目立ちます。 彼岸花の名所などでは、辺り一面が彼岸花で埋めつくされていて、とても美しい光景が広がっています。 そんな彼岸花なんですが、その色は、真っ赤である事が定番です。 しかし、 赤以外にも色があることを知っていますか? 黄色や白など、彼岸花のイメージとは違う色もあるんです。 確かに私も、彼岸花の名所などに行くと、赤にまじって白の彼岸花を見たことがあります。 それなら、 ピンクや青、黒といった全く見たことのない彼岸花もあるのでしょうか? そのあたりを、調べてみましたのでご紹介します。 彼岸花に似ているピンクの花の画像・名前は? まずは、「ピンク」の彼岸花からです。 赤に近い色であるピンクなら、普通にありそうな気がしますよね。 しかし結論から言いますと、 『ピンク色の彼岸花』はありません。 ただし、『ピンク色の彼岸花に似た花』は存在します。 この部分をもう少し詳しく説明しましょう。 私達の知る「彼岸花」とは? まず、私達がよく知る真っ赤な「彼岸花」は、ヒガンバナ科、ヒガンバナ属の植物です。 「科」や「属」は、似た種類をまとめたグループのようなものです。 どれも同じ名前でややこしいですが、「ヒガンバナ科」の中の「ヒガンバナ属」に分類される「彼岸花」という名前の花なんです。 この「彼岸花」に、ピンク色のものはありません。 しかし、同じ「ヒガンバナ属」の中には、様々な色の花があります。 同じ「属」の花なので、「彼岸花」と形が似ているものもあるんですね。 これらは、「色の違う彼岸花」に見えるものもあります。 また、「属」の上の「ヒガンバナ科」のグループはとても大きいので、 「ヒガンバナ科」までグループを広げれば、さらに多様な色の花があります。 ただ、同じ「ヒガンバナ科」でも「属」が違うと、「彼岸花」とはだいぶ見た目も変わってきますので、別の花としか見えないかもしれません。 これが 「彼岸花のピンクはないが、似た花はある」理由です。 ヒガンバナに似ているピンクの花 ピンクのリコリス — 野鳥と花とニャンコ MIRUKUTOMOKA 「ヒガンバナ属」の花は、学名から「リコリス属」とも言います。 だから 欧米では、これらの花は「リコリス」と呼ばれています。 日本において「彼岸花」は、昔から不吉なイメージを持たれていました。 しかし欧米ではそういった認識はなく、「リコリス」は人気があり、園芸品種もたくさん作られています。 ピンク色の彼岸花に似ている花は、このリコリスの中に複数あります。 形も彼岸花に似ているので、 まさに「ピンクの彼岸花」に見えますね。 リコリス・チェリーピンク まだまだヒガンバナ咲いてて、 たのしめるよ〜 クリーム色の品種は リコリス エルジアエ サーモンピンク色の品種は リコリス チェリーピンク ヒガンバナの造形はほんとステキ! — NatsunoAyano NatsunoAyano 上記では右側の写真です。 こちらもリコリスの一種です。 アルビピンクより淡い色合いになります。 形も彼岸花に近いですね。 優しいピンク色の花をつけますが、 形は少し彼岸花とは変わります。 どちらかというと百合の花に似てますね。 これを知っていれば、贈り物の時にも役立ちます。 彼岸花に似ているピンクの花の花言葉も調べてみました。 ピンクのリコリスの花言葉 まず、リコリスのピンク色の花言葉についてですが… どうやら 「リコリスのピンク」に限定された花言葉はないようです。 まだ作られてない、といった方がいいかもしれません。 確かに、世の中に無数にある花の全てに花言葉がある訳ではないですし。 まだまだ「ピンクのリコリス」の認知度が低いから花言葉が無い、ということでしょうか。 残念ですね。 でも、ピンクに限らず「リコリス」としての一般的な花言葉はありました。 「悲しい思い出」 「再開」 「情熱」 「快楽」 「誓い」 「穏やかな美しさ」 なんだか、これだけで物語が作れそうな花言葉達ですね。 現時点では、ピンクのリコリスもこういった花言葉となりそうです。 ナツズイセンの花言葉 「深い思いやり」 「あなたのために何でもします」 リコリスと重複する花言葉は割愛しました。 意味深な花言葉ですね。 贈り物に使えそうですが、よく考えると二つ目は使いどころが難しそうです。 ネリネの花言葉 「また会う日を楽しみに」 「忍耐」 「箱入り娘」 こちらは、花名の由来となっている「水底で不自由な生活を送っていた妖精の名前」から来ている花言葉です。 黒の彼岸花の画像・名前は? 最後に、黒い彼岸花について調べてみました。 黒い花というとイメージがつかなかったり、不吉だと避ける人もいるかと思いますが、実は黒い花は人気があるんですよ。 独特の大人っぽさがあり、ダークな印象もかっこいいですよね。 そこで、「彼岸花」にも黒い種類があるのか調べてみました。 すると 「クロバナヒガンバナ」という名前が見つかりました。 これは単に「ヒガンバナ(黒花種)」とも言うようです。 あったー!と喜んだのもつかの間、 このクロバナヒガンバナ、どうやら花は黒くないようですね…。 普通よりも濃い赤、少し黒味がかった赤色の花が咲くとの事。 つまりは、やっぱり「赤」なんですね。 少し残念です。 ただでさえ、彼岸花は「死人花」「幽霊花」なんて別名あるくらいですから、黒色の彼岸花はさらにミステリアスで素敵だと思うんですよね。 いつか、品種改良なので「黒い彼岸花」が見られる日が来ることを期待します! 黒の彼岸花の花言葉は? 「クロバナヒガンバナ」はありましたが、本当に花が黒い彼岸花はありませんでした。 当然、花言葉もありません。 そこで、彼岸花ではありませんが、「黒い花」の花言葉を調べてみました。 黒薔薇(クロバラ)…「貴方はあくまで私のもの」「憎しみ、恨み」 黒百合(クロユリ)…「恋」「呪い」 うう、怖いですね。 呪いや憎しみといった言葉が当然のようについています。 しかし一方で、恋や愛についての要素も入ってくるんですね。 もしもいつか「黒い彼岸花」ができたら、花言葉はこういった黒い花と似るのかもしれません。 死や憎しみなどの暗い花言葉と、深すぎる愛や恋に関した花言葉。 それら二つの意味のある花言葉になるんじゃないかな、と個人的には思います。 黒の彼岸花はどこで買える? 黒色の花が咲く彼岸花はないので、手に入れる事はできません。 ここでは、濃い赤色の花が咲く「クロバナヒガンバナ」の球根を買えるサイトを紹介いたします。

次の