井上隆史。 三島由紀夫「近代能楽集」の世界

井上隆史 (国文学者)とは

井上隆史

「Thinkstock」より 芸能リポーターの 井上公造氏が、1月28日に放送された『おかべろ』(関西テレビ)に出演し、司会のナインティナイン・ 岡村隆史から芸能人の結婚ネタについて聞かれ、得意のイニシャルトークで「女優N」が6月に結婚するかもしれないと予言をした。 しかし、最近の井上氏の言動をめぐっては、同業者からも批判的な声があがっているようだ。 たとえば、昨年10月31日に放送された『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)内で井上氏は、「明日か明後日に結婚を発表する大物カップルがいる」と宣言。 結局、結婚を発表したのはモデルの押切もえと千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手だったのだが、誰か誰かと待ちわびていた芸能記者からは「押切で大物かよ……」といった声が相次ぎ、結果として2人の結婚をめぐりマスコミは、一様に白けムードとなってしまった。 また、これに先立つ昨年1月中旬、SMAP解散騒動が浮上した際、井上氏はTwitterで「ボクの取材では事態はいい方向に向かっています!」と発言。 これにはファンたちも一度は安堵し、井上氏の投稿へのリツイートもかなりの数を記録した。 しかし、結果として解散となったときには、「本当に適当だな」などと批判を受ける事態となった。 そして、井上氏が強く世間の批判を浴びたのが、ASKAの未発表曲を無断で公表した事件だろう。 昨年11月28日、警視庁は覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、ASKAを逮捕したが、そのASKAと15年12月以降、しばしば個人的に連絡を取り合っていたという井上氏は、逮捕当日放送の『ミヤネ屋』に出演し、15年12月にASKAから送付されたという未発表の楽曲を公開。 この井上氏の行動についてASKA容疑者は、放送後に受けた『ミヤネ屋』の取材において、「公造さん、曲を流しちゃダメだって」と抗議。 プロのミュージシャンであるASKAが作曲した未発表曲を、本人に無断で公開した井上氏の行為に対し、批判の声が上がった。 ちなみに、この井上氏の行為は、「公表権」という権利を侵害する違法行為となる可能性がある。 同業者から苦言 以上のような井上氏の行為について、同業者である芸能リポーターが語る。

次の

井上公造氏、同業者から「同じ芸能リポーターとして恥ずかしい」と批判…行き過ぎ行動連発

井上隆史

内容説明 鋭敏な感覚によって「女性」や「母子」の深淵を穿つ作品群を執筆、また世界的視野のもと歴史や民族の問題を踏まえた充実の長編作品を数多く世に問うた津島佑子。 創作の原点となった若き日々、家族とともにあることの葛藤とよろこび、父親の影、大胆かつ緻密な小説の綾、世界文学へのまなざし、そして作家生活を支えた自由闊達な人柄…。 小説家・批評家・研究者による多彩なエッセイ・評論・座談を収録し、津島佑子の魅力的な文学世界に誘う一冊。 目次 1 津島佑子の世界(津島文学の原点;津島文学の多層性;津島佑子と二十一世紀の世界文学;津島文学の投げかけるもの) 2 津島佑子と白百合学園(白百合学園の日々;回想の白百合学園) 著者等紹介 井上隆史[イノウエタカシ] 1963年生まれ。 白百合女子大学教授(日本近代文学)。 出版社内容情報 生誕70年・没後1年。 生きるための〈夢〉を力強く求め続けた津島佑子の文業を、小説家・批評家らが多角的に検証/顕彰する。 鋭敏な感覚によって「女性」や「母子」の深淵を穿つ作品群を執筆、また世界的視野のもと歴史や民族の問題を踏まえた充実の長編作品を数多く世に問うた津島佑子。 創作の原点となった若き日々、家族とともにあることの葛藤とよろこび、父・太宰治の影、繊細で緻密な小説の綾、世界文学へのまなざし、そして作家生活を支えた自由闊達な人柄……。 小説家・批評家・研究者による多彩なエッセイ・評論・座談を収録し、津島佑子の魅力的な文学世界に誘う一冊。 井上隆史[イノウエタカシ] 編集.

次の

井上赳とは

井上隆史

土地や家屋といった不動産は、登記簿に表示されることで所有権が保全されています。 私たち土地家屋調査士は、皆様の依頼を受けて土地や家屋の調査・測量を行い、図面を作成し、登記申請手続きまでを行う測量と法律の専門家です。 また、私たちは土地の境界の確定測量によって境界標を設置するなどして、境界トラブル解決のお手伝いもしております。 不動産表示登記に関することや、境界問題などでお悩みでしたら、どんな小さなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。 会社名 井上隆史土地家屋調査士事務所 住所 静岡県浜松市西区雄踏町宇布見4929-1 業種 土地家屋調査士 電話番号 053-592-4514 FAX番号 053-592-5400 スポンサード リンク スポンサード リンク• 近くの土地家屋調査士 静岡県浜松市西区雄踏町宇布見9772-1 土地家屋調査士 土地家屋調査士とは、不動産(土地や建物)の物理的状況を調査・測量し、登記簿への記載を行うことを主業務とする、国家資格によって認定された法律と不動産の専門家です。 不動産取引においては、土地や建物の種類・面積といった現況に基き、権利を主張する必要があります。 土地家屋調査士の仕事は、不動産の所有権や財産価値を明確なものとしておくために、土地や建物の現況を調べたり確認することにあります。 不動産の調査・測量・登記をご希望でしたら、是非当事務所までご相談ください。 静岡県浜松市西区西山町2286 土地家屋調査士 土地家屋調査士と聞いても、一般の方にはなじみの薄い業種かと思います。 私たち土地家屋調査士の役割は、皆様の土地や建物がどのような形でどこに位置してるのかなどを高度な測量技術で調査・確認し、さらに登記手続きを行うことで土地家屋の権利を法的な立場で明確なものとすることにあります。 私たちは測量と法律の専門家として、土地や不動産の問題でお困りの皆様に、問題解決のお手伝いをさせていただいております。 どのようなお悩みでも構いませんので、是非お気軽にご相談ください。 静岡県浜松市西区西山町1531-18 土地家屋調査士 不動産登記という言葉は聞いたことがあっても、いざというとき誰に相談すればよいのか分からないという方も大勢いらっしゃると思います。 そんなときは、不動産の法律と測量の専門家である私たち土地家屋調査士にご相談ください。 私たちは、不動産の表示に関する登記および申請をおもな業務としております。 家の新築や増築、相続による土地の分筆、地目変更など、不動産登記が必要となるケースは意外と身近に多くあるものです。 私たちは、皆様の大切な財産である不動産の権利を明確にすることを使命と考え、誠心誠意対応させていただきます。

次の