専門看護師 年収。 看護師の年収・給与・収入|大学・学部・資格情報|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

看護師の専門卒と大卒で給料や出世に差が出る?学歴社会の実態とは

専門看護師 年収

看護師として医療機関で同じような働き方をしていても、ある看護師は月収30万円をもらっており、一方である看護師は月収18万円しかもらっていないというようなケースも本当にとても多くあります。 月収27万円が平均と比べてどうかという点ですが、まずは平成29年度の厚生労働省の賃金構造基本統計調査の看護師のデータを紹介しますね。 一応男女別でご紹介します。 0 歳 勤続年数 6. 6 歳 勤続年数 8. 0 年 所定内実労働時間数 160 時間 きまって支給する現金給与額 331,100 円 年間賞与その他特別給与額 797,600 円 労働者数 553,620 人 (出典:「」) 首都圏など規模の大きな都心部、大都市などでは、日勤のみの働き方でも看護師であれば月収20万円以上という条件をクリアできる職場は比較的多いです。 実際に都道府県別の看護師の給料データでも、 東京は「きまって支給する現金給与」約 37万円+「ボーナス」約 87万円で年収が約 531万あり全国の都道府県で 2位なんです 平成 29年データ。 規模のそれほど大きくない地域や、地方の小さな地域などになると、年収が高い求人は希少な求人情報になってくると言えると思います。 それはそうですね(笑)あ、あと、働く都道府県に加えて看護師の年収を左右するのが 「時間外勤務などの手当」ですね。 看護師として働くにあたって支給される各種手当というのは、働く職場・働く地域などによって、その内容も支給額も本当に様々です。 ベースとして看護師の基本給というものは決して高くはありません。 看護師の給料を底上げしているのは各種手当の存在になります。 基本的な手当としては、 住宅手当、夜勤手当、通勤手当、時間外勤務手当、休日勤務手当、年末年始手当などが挙げられます。 その他に、 家族手当や育児手当、資格手当、精勤手当、技術手当、危険業務手当、給食手当、寒冷地手当、地域手当などが挙げられます。 手当は年収アップの側面もありますが、基本的な各種手当以外の手当に挙げた、家族手当や育児手当などでは、家庭を持っていたり子どもがいて子育てをしながら働く看護師の強いサポートともなりますし、それぞれの環境に合わせた手当の支給によって安心して働くことができるということに繋がるでしょう。 資格手当や精勤手当などは仕事のモチベーションを維持するのにも影響しますし、また寒冷地手当や地域手当などでは地域に合わせた手当となり生活のサポートとなります。 危険業務手当などは精神科病棟などで支給されることが多いです。 東京に行け!は少し乱暴な解決方法ですね 笑 独身でフットワークが軽ければいいのでしょうが。。 ですが手当が厚い病院への転職はこれまで多く私も見てきました。 1つ例として夜勤手当を挙げてみます。 夜勤は、看護師にとっては肉体的にも精神的にも非常にきつい業務であるため、これを理由に看護師を辞めてしまう人もいるのが現状です。 それゆえに病院側も相応の夜勤手当で対応しています。 看護師の悩み事相談でも、夜勤に関することが多く寄せられているという現実を見れば、夜勤がどれほど精神的負担になっているのかがわかります。 特に結婚して子供がいる看護師の中には、子育てをしながら夜勤をすることが難しく、2,3交替のある病院への就職を諦め、日勤だけのクリニックに勤めたり、パート看護師として働いているという人もたくさんいます。 一方で「私は夜勤の方が好き!」という看護師さんがいるのも事実なんです。 独身の人に多いんですが、何より手当が夜勤はつくのでそれが嬉しいという人もいます。 二交替であれば夜勤の回数は日勤を除く出勤日になりますが、 いききってしまえば「夜勤専従」という働き方もあります。 「夜勤専従」とは、文字通り、昼間は働かず、夜勤だけを行うことを指します。 「たまの夜勤でもリズムが狂って大変なのに、夜勤ばっかりするなんて冗談じゃない!」…と思う人もいるでしょうが日勤と夜勤を不規則に繰り返すよりも、夜勤だけという働き方の方が生活のリズムがつかみやすいという人もいます。 以下のように大手の転職エージェントには夜勤専従で求人が検索できたりします。 >> そうなんですね、一応1つの選択肢ということでもう少しお話聞いてくださいね。 私の知る夜勤専従の看護師さんは 「決まった時間帯の勤務が続くので、夜間とは言え生活リズムが整いやすい」「昼間に自由な時間ができるため、趣味やレジャーを楽しんだり昼間しかできない用事を済ます事ができる」「夜勤手当が付くため、日勤よりも1勤務あたりの報酬が高い」などが夜勤専従にした理由と言っていました。 お金の面で言っても、夜勤専従は、手当のいい夜勤に重点を絞って働くのですから、当然効率よく収入を得ることができます。 夜勤専従看護師の給与は、勤務時間や勤務先によって違いますが、例えば二交替の1回の夜勤で安くても1万円程度は手当が出ます。 夜勤回数は、ひと月に10回前後のところが一般的です。 手当の話でもう1つ。 資格手当も年収アップにつながりますね。 30代前に比較的取得が現実的な資格では、 認定看護師や専門看護師などがあります。 特定分野の診療科での勤務実績が3年以上と言う条件をクリアすれば、看護師であれば誰でも受験をする事が可能な試験で、看護師としてのキャリアを証明する資格でもあります。 認定看護師とは、 ある特定分野において、熟練された看護技術と知識を有し、水準の高い看護実践を通して、看護師に対する指導・相談を行う事を、日本看護協会により認められた看護師の事を言います。 認定看護師には、大きく3つの役割があります。 看護協会が認定する、高度な知識と技術を持った看護師の認定制度には、もうひとつ 専門看護師があります。 専門看護師の役割には、認定看護師と同じように、実践、指導(教育)、相談以外に、調整、研究、倫理調整があり、さらに多くのスキルが要求されます。 共に日本看護協会が認定する制度ですが、専門看護師はより高度な知識と、より長期間の修学が必要とされています。 そのため、全国に1万人以上いる認定看護師に対し、専門看護師は千人以下です。 こういった資格をとることでも手当につながるので年収アップにはなりますね。 看護管理職の仕事は多岐に渡ります。 豊富な経験と知識、高い技術と向上心が求められるのはもちろん、それ以外に看護業務が滞りなく行われるための勤務管理、人材の育成、職場づくりなど、スタッフを統率する力と人望が求められます。 それゆえにそのポジションに対して手当がでるのが一般的です。 主任の場合は主任手当の月額相場が 約3~5万円、主任クラスはスタッフと同じように夜勤もすることが多いので、夜勤手当も含め年間の収入は看護師の全体平均より大抵は高くなります。 看護師長は手当の月額相場が 5万円前後、看護部長は手当の月額相場がは 10万円以上つくこともあります。 しかし、これはあくまでも平均的な値で雇用先により幅があります。 ですね!あとナースパワーで求人情報を出している 「都市圏応援ナース」などという働き方もあります。 これも離島ナースと同じで看護師不足が深刻な医療機関や職場、地域などに数ヶ月~という単位で期間限定で派遣されるシステムなのですが、「都市圏応援ナース」もかなり高年収で、 月収45万円以上保証です。 実際にこのように組み合わせながら応援ナースとして勤務を続け、全国の医療機関を6~7ヶ所回って働いているという看護師もいて、 月収として毎月50~60万円以上の額を安定してもらっているというケースもあります。 他にも北海道応援ナースなどもあります。 数ヶ月単位という短期間で、様々な医療機関・職場、地域を回りながら看護師として働くとなると、それぞれの職場での業務内容や流れ・看護に対しての考え方を短期で習得しなければいけませんし、使用している物品・器具の使い方を把握して覚えること、また人間関係をその都度その都度築いていかなければならないことなどもあるので、高い適応力や協調性、コミュニケーション能力なども求められ、大変なことももちろんたくさんあります。 ですがこのような働き方が新鮮で楽しい、やりがいも感じられる、様々な職場や地域での医療・看護を学ぶことができて勉強になるという声もあります。 応援ナース、都市圏応援ナースや離島ナースなどになる場合には、ナースパワーの登録者であること、原則3年以上の病院勤務経験者であることなどが条件です。

次の

看護師の年収・給与・収入|大学・学部・資格情報|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

専門看護師 年収

大卒看護師と専門卒看護師の給料の違いは? 少し昔の話では、正看護師、准看護師という言葉がよく聞かれていましたが、昨今では准看護師制度は停滞しつつあり、制度自体を廃止している県も出現しています。 正看護師がメインとなり、看護師の世界でもキャリアの時代が訪れました。 正看護師になるのには専門学校の3年課程や、准看護師の資格を持ちながら専門学校を2、3年課程で卒業したり、短大で3年課程を卒業、大学の4年課程を卒業し、国家試験に合格した時に得られる資格です。 これからの進路をどうしようかと迷う人、卒業課程による様々な違いを知りたい人がいるでしょう。 今回は、大学卒の看護師と専門学校卒の看護師の給料や出世、転職などの違いをお伝えしたいと思います。 その違いの平均は約7000円というデータがあり、病院によってその差の大小は異なります。 ある病院では2000円の差であるのに対し、他の病院では2万円の差が出ています。 月給でも1~2万円の差は出ます。 年収で表すと 大卒看護師の年収の平均は約475万円であるのに対し、 専門学校卒業の看護師では約465万円でその差は15万円程度となります。 その差は、さほど大きくないため専門学校を選択し、大学よりも1年はやく働き始めるという方もいますが、将来的な事を考えると、年収の差は50万~100万円にまで開く事があるため、どちらが良いとは一概には言えません。 専門学校と大学の学費や、カリキュラムなどの違いがあります。 大学と専門学校の違い では、大学と専門学校の違いについてみていきます。 同じ看護を学ぶ事に違いはありませんが、大学と専門学校ではカリキュラムが異なってきます。 大学でのカリキュラムの中心は、患者の状態把握を行い、その対応をするための判断力と実践力を育てます。 また、看護額以外の一般科目を学ぶ事ができます。 何より、看護大学を卒業するということは看護師以外にも助産師や保健師の国家試験の受験資格がもらえます。 一方で専門学校でのカリキュラムの中心は実践を中心としているということです。 もちろん、基本となる看護学を学ぶことは必須となり、すべてが必修科目となります。 大学卒よりも、現場での即戦力という事を重視したカリキュラムとなっています。 学費の面では大学の初年度の入納金は150万~250万と幅がありますが、比較的国公立の大学は学費が安いとされています。 専門学校では安いところでは5万円というところもあり、高くても180万円程度なので、大学と比較すると、かかってくる費用は安いといえます。 実際の現場での新卒の看護師をみていると、 大卒と専門学校卒の看護師で、技術に大きな差を感じたことはありません。 出世や転職に出る影響はあるか 出世についてみてみると、同じ実力を持った看護師2人いて大卒と、専門学校卒であれば、大卒のほうが有利でしょう。 しかし、 看護師の世界が、経験重視や年功序列となっているのが現状です。 専門学校卒業の看護師長さんや部長さんもたくさんいます。 現状では経験重視となっていますが、今後の看護業界はますますキャリアが求められるため、やはり出世に大卒というキーワードは欠かせなくなるかもしれません。 むしろ、転職で影響を与えるのはどこを卒業したかというよりは どんなキャリアを積んだのかということが重視される傾向にあります。 専門だから、大学だからといって悲観したり、安心しているということはできません。 患者さんにとってはどちらも一人の看護師です。 給料や、出世、転職という面で比較しましたが、どちらの道が自分にとって良いのか、どのような将来をイメージしているのかで異なると思います。 大切なのはより高度な専門知識と技術を習得することで、安心できる看護の実践ができるということです。

次の

専門看護師の給料・手取り・初任給や年収について解説!

専門看護師 年収

大卒の看護師は年々増加傾向 看護学部のある大学は増えている傾向にあります。 今後看護大学卒業者の割合も高くなることは間違いないでしょう。 実際、平成25年度には看護師国家試験合格者のうち 約3割が大卒になっているので、大卒の占める割合が増加していることがわかります。 大卒看護師に人気の就職先 では大学卒の看護師には、どのような就職先が人気なのでしょうか。 ほとんどの学生は付属の大学病院で実習を行うので、その大学病院への就職を希望する人が多いです。 なので、大学病院では 大卒の看護師が働いている割合が比較的多いといえます。 他にも都道府県立の公立病院や国立病院などが大卒の看護師の就職先として人気があります。 看護大学を卒業すると保健師や助産師の国家試験受験資格を得られるケースも多いので看護師ではなく、保健師や助産師として活躍する人も多くいます。 専門卒と大卒看護師の給料の違いは? 同じ正看護師という資格を持っていても初任給や年収の点では大卒と専門卒では若干の違いが出てくることは確かです。 給与の差は、 大卒の方が平均月収で7,000円多くなっています。 国公立の病院に看護師は、公務員扱いになります。 公務員の場合は、棒給制度を取っているため大卒であるか専門卒であるかによって初任給や給料の上昇状況も異なります。 ただしこの差がずっと続くというわけではありません。 新卒ではなく既卒で転職をする際は、書類審査や面接の時には「大卒か専門学校卒か」ではなく、「現場でどのような実務を何年経験してきたか」ということの方が重要視されます。 専門学校卒ということから勤務当初収入面で遅れをとったとしても、その後の頑張り次第でいくらでも挽回できるチャンスはあります。 私立の病院でも、同様のシステムで給料を計算しているのであれば、大卒と専門卒の看護師の収入に違いが出てきますが、私立では給料に違いをつけることのない医療機関もあります。 管理職になるにはマネジメント力が大切 管理職の業務は看護の通常業務とは異なり、マネジメント力を必要とします。 ですから、看護師として優れている人が必ずしも管理職に向いているわけではありません。 一般的に大学院では指導者の育成に力を入れています。 なので大学院に進学する可能性のある大卒の看護師を管理職に抜擢することは少なくありません。 しかし、大卒でなければ管理職になれないという規律があるわけではありません。 数でいうと専門卒の看護師の方が大卒よりもはるかに多く、実際に専門卒の管理職の人も多くいます。 仮に専門卒の看護師であっても、後輩の指導に力を入れたり、委員活動を進んでこなしたり、マネジメントに関する研修を受講したりするなど積極的に看護師として活動することで、評価があがり、管理職の道に進むことは十分に可能です。 また、今は一つの病院に一生勤め続ける時代ではありません。 専門卒という理由で不当な扱いを受けていると感じるのであれば、転職も視野に入れてみることをおすすめします。 のびのびと仕事ができる環境で、自分なりのキャリアを伸ばして、進んでいくのが一番ではないでしょうか。 大卒の看護師は実務が全くダメ? 看護師個人によるところが大きいですが、大卒の看護師は病院での看護実務に弱いということがよく言われます。 ではどうして、このような噂をよく耳にするのでしょうか。 それは看護師として国家資格を取得するために勉強してきた内容や方法が大卒と専門卒とでは多少違うからです。 大学では看護を 学問として勉強する傾向にあり、 実習期間が少なめです。 一方、専門学校では卒業後すぐに看護師として働くための訓練に力を入れているので、 実習が多いという特徴があります。 大卒と専門卒の人が新卒で同じ病院に入社したとします。 専門卒の人のほうが実務経験が豊富なので、どうしても差が出てしまうことがあります。 けれども、それは最初だけです。 数年もすればそのような差はなくなるのが一般的です。 実務経験を積んでいても使えない看護師もいますし、大卒でも仕事の覚えが早い看護師もいるので、全ての人に当てはまるわけでもありません。 ただし、仕事ができないと、職場において大きなストレスを感じることは否めません。 仕事ができないことで、残業時間は必然的に増えてしまいます。 また引継ぎにおいて、先輩たちに突っ込まれる点が多く、さらに仕事が増えたり、先輩看護師との関係も良好に保てなくなったりする可能性が出てきます。 しかし、人間関係は自分ではどうしようもできないのも事実です。 ただ、いじめを楽しむような意地の悪い先輩看護師というのも残念ながらいます。 そういう人に出くわしてしまった場合、大卒であろうと、専門卒であろうと関係ありません。 その病棟で学べる最小限のことを学んでから、転職することをおすすめします。 病院から見た大卒看護師と専門卒看護師 病院で一目置かれるには学歴よりスキルが大事 病院によっては大卒の看護師か専門卒の看護師かによって給料に1~2万円差がありますが、生活が大きく変わるような差ではありません。 したがって、看護師と専門卒の違いを常に感じながら仕事をするということはあまりありません。 ただし、大学を卒業しているというだけで社会では一目置かれるという事実があります。 しかし、基本はどれだけ看護師の仕事を問題なくこなすかという スキルが大事だということは誰もが承知しています。 同僚をよく知らないうちには、見かけの印象や卒業校、出身地などによって相手を想像するしかありませんが、実際に一緒に仕事を始めると、そのような肩書きにこだわる人はほとんどいないでしょう。 仕事をそつなくこなしていく人がその病院での地位を作り上げていくことになります。 自分が一緒に仕事をするパートナーを考えてみると、やはり、出身校などよりも、問題なく仕事をこなすかの方が大切なように、仕事ができる人の方が同僚に慕われることになります。 実際の仕事ぶりを目にする人間が判断するのであれば心配はありませんが、そうでない場合は履歴書が重視されることが多いかもしれません。 第一印象と同様に、大卒という肩書きが出世に有利に働くことは否めません。 いずれにせよ、病院側に不当に扱われると感じる場合は転職を視野に入れた方が良いでしょう。 大卒・専門卒に差がない看護師求人の見つけ方 大卒と専門の差をどうしても感じ、転職を視野に入れている人もいるのではないでしょうか。 しかし、同じような病院に再就職しては意味がありません。 ではどのようにして次の病院を見つければ良いのでしょうか。 まずは、 管理職にあたる看護師が大卒であるか専門卒であるかを確かめたほうがよいでしょう。 管理職を大卒ばかりが占めている病院では、専門卒の看護師が昇格を希望しても難しいということが容易に想像できます。 しかし、それぞれの病院の細かな情報は簡単には手に入りません。 看護師専門の転職サイトでは、どの病院がどのような人材を求めているのか、どういった人物が管理職についているかなどの内部事情をよく把握しています。 看護師の転職をサポートしてきた経験をもとにキャリアアップのための転職に関する相談にも乗ってくれます。 ストレスのない自分に合った病院を見つけるために、今の悩みを率直に打ち明け、相談してみるのも1つの方法です。

次の