フォカッチャ サンド。 【レシピ】小さくて食べやすい!フォカッチャ&サンド

アレンジ自在で超優秀!「超熟フォカッチャ」で前菜からメインまで

フォカッチャ サンド

イタリアの定番パンと言えばフォカッチャ。 古代ローマ時代から伝わる、イタリアの平焼きパンです。 イタリアンレストランに行くと出てくることも多いですよね。 パン屋さんに行かないとなかなか買えないフォカッチャが、実は手軽に買えるようになったのをご存知ですか?ごはんのようなもっちり&しっとり感と、サラッとした口どけの良さで人気の『超熟』シリーズからフォカッチャが登場!今回はこの「超熟フォカッチャ」を使ったパーティシーズンにもオススメのレシピをご紹介します。 日本の食卓にもマッチするイタリアの定番パン フォカッチャはオリーブオイルを混ぜた生地をのばして、表面にオリーブオイルと塩をまぶし、 焼き上がりが平らになるようくぼみをつけて焼くのが特徴。 また、小麦本来の香りが楽しめるように、香りが控えめで、まろやかな風味のオリーブオイルを使用しています。 だからこそ、どんな食材と組み合わせても相性がいいんです! もちろん、この「超熟フォカッチャ」も他の『超熟』シリーズと同じく、イーストフードと乳化剤を使用していません。 「超熟フォカッチャ」で作るパーティレシピ そのままトーストして普段の料理と組み合わせてもおいしい「超熟フォカッチャ」ですが、せっかくならさまざまなアレンジを加えて楽しみたい!ということで、料理研究家の口尾麻美さんにPARISmagオリジナルのメニューを作ってもらいました。 レシピ1:フォカッチャのブロシェット• 【材料】2〜3人分• 超熟フォカッチャ…2個• <具材>• プロシュート…適量• ブラック&グリーンオリーブ…適量• セミドライトマト…適量• ミニトマト…適量• バジル…数枚• ブリー(ひと口大のチーズ)…数個• オリーブオイル…適量 【作り方】 1. フォカッチャを8等分の角切りにします 2. 具材を竹串に刺します 好きな順序で具材を竹串に刺したら完成。 オリーブオイルをつけて食べてもおいしいです。 <具材:さつまいもとソーセージの揚げ焼き> 今回はさらにアレンジを加えて、旬の食材でも具材を作ってもらいました。 【材料】• さつまいも(小)…1本• ソーセージ(3等分に切る)…3本• 皮ごとにんにく…3かけ• ローズマリー枝…1本(あれば)• 塩…適量• オリーブオイル…大さじ2~3• 【作り方】 1. サツマイモを2cm角くらいに切ります 2. さっとオリーブオイルをまわしかけ、フタをしたら中火で揚げ焼きにしましょう。 (時々フライパンを揺する) 3. ソーセージを焼きます さつまいもの火が通る寸前にソーセージを入れます。 全体的に焼き色がついたら、油を切って、塩をふりかけたらできあがり! こちらも同様に、具材を交互に串に刺せばOK。 アペロのお供にもぴったりなフィンガーフードは、シーズンごとに具材を変えて1年中楽しめますね。 レシピ2:フォカッチャクルトンのマッシュルームサラダ• 【材料】2〜3人分• <クルトン>• 超熟フォカッチャ(10等分に切る)…1個• オリーブオイル…大さじ2• ミックスサラダリーフ…1袋• マッシュルーム(薄切り)…2~3個• ミニトマト(半分に切る)…適量• パルミジャーノチーズ(薄く削る)…大さじ2• <ドレッシング(A)>• レモン汁…大さじ1• オリーブオイル…大さじ2(エクストラヴァージンオイルがおすすめ)• 【作り方】 1. フォカッチャを炒めます フライパンにオリーブオイル、10等分に切ったフォカッチャを入れ、カリッとなるまで炒めます。 ドレッシングであえます 食べる直前に<A>を入れ、あえたらできあがりです。 フォカッチャで作る大き目クルトンは食べ応え抜群。 これだけで大満足なお食事サラダです! レシピ3:フォカッチャサンド• 【材料】2人分• 超熟フォカッチャ…2個• バジル…2枚• <ドレッシング(A)>• オリーブオイル…大さじ1• 塩…少々 【作り方】 1. フォカッチャをトースターで温めます 上の部分を薄めに切ったらトースターで90秒温めます。 野菜をマリネします ボウルにトマトと赤玉ねぎ、<A>を入れよく混ぜましょう。 上の部分のパンをのせたら、できあがりです。 【材料】• トンカツ用豚肉(ロース、もも)…1枚• 塩・こしょう…適量• 小麦粉…適量• パン粉…適量• 揚げ油…適量 【作り方】 1. 豚肉は2~3等分して肉叩きなどで薄く伸ばします。 【材料】• 卵…3個• じゃがいも(薄めのいちょう切り)…1個• パルミジャーノチーズ(すりおろし)…大さじ1• オリーブオイル…大さじ2~3 【作り方】 1. 卵はボウルに溶いておきます。 フライパンにオリーブオイルを大さじ1を入れ、じゃがいもを炒めます。 別の小さいフライパン(直径15cmほど)に残りのオリーブオイルを入れ熱します。 半熟になるまで混ぜながら焼き、弱火にしてフタをします。 はさむ具材はお好みで!今回紹介した具材以外にもサバの塩焼きなどもおすすめの具材。 休日のブランチに食べたくなる1品です。 プロシュートを巻いてグリッシーニ風にしたり、フムスをディップしたり、クリームチーズをのせてカナッペにしたりと、使い方は無限大! もちろん細かく割って、サラダやスープに浮かべてもおいしいですよ。 では、このほかにも「超熟フォカッチャ」と相性のよいレシピが紹介されています。 料理を引き立ててくれる「超熟フォカッチャ」で、すてきなパーティタイムを楽しんでみてはいかがですか?•

次の

フォカッチャサンド

フォカッチャ サンド

イタリアの定番パンと言えばフォカッチャ。 古代ローマ時代から伝わる、イタリアの平焼きパンです。 イタリアンレストランに行くと出てくることも多いですよね。 パン屋さんに行かないとなかなか買えないフォカッチャが、実は手軽に買えるようになったのをご存知ですか?ごはんのようなもっちり&しっとり感と、サラッとした口どけの良さで人気の『超熟』シリーズからフォカッチャが登場!今回はこの「超熟フォカッチャ」を使ったパーティシーズンにもオススメのレシピをご紹介します。 日本の食卓にもマッチするイタリアの定番パン フォカッチャはオリーブオイルを混ぜた生地をのばして、表面にオリーブオイルと塩をまぶし、 焼き上がりが平らになるようくぼみをつけて焼くのが特徴。 また、小麦本来の香りが楽しめるように、香りが控えめで、まろやかな風味のオリーブオイルを使用しています。 だからこそ、どんな食材と組み合わせても相性がいいんです! もちろん、この「超熟フォカッチャ」も他の『超熟』シリーズと同じく、イーストフードと乳化剤を使用していません。 「超熟フォカッチャ」で作るパーティレシピ そのままトーストして普段の料理と組み合わせてもおいしい「超熟フォカッチャ」ですが、せっかくならさまざまなアレンジを加えて楽しみたい!ということで、料理研究家の口尾麻美さんにPARISmagオリジナルのメニューを作ってもらいました。 レシピ1:フォカッチャのブロシェット• 【材料】2〜3人分• 超熟フォカッチャ…2個• <具材>• プロシュート…適量• ブラック&グリーンオリーブ…適量• セミドライトマト…適量• ミニトマト…適量• バジル…数枚• ブリー(ひと口大のチーズ)…数個• オリーブオイル…適量 【作り方】 1. フォカッチャを8等分の角切りにします 2. 具材を竹串に刺します 好きな順序で具材を竹串に刺したら完成。 オリーブオイルをつけて食べてもおいしいです。 <具材:さつまいもとソーセージの揚げ焼き> 今回はさらにアレンジを加えて、旬の食材でも具材を作ってもらいました。 【材料】• さつまいも(小)…1本• ソーセージ(3等分に切る)…3本• 皮ごとにんにく…3かけ• ローズマリー枝…1本(あれば)• 塩…適量• オリーブオイル…大さじ2~3• 【作り方】 1. サツマイモを2cm角くらいに切ります 2. さっとオリーブオイルをまわしかけ、フタをしたら中火で揚げ焼きにしましょう。 (時々フライパンを揺する) 3. ソーセージを焼きます さつまいもの火が通る寸前にソーセージを入れます。 全体的に焼き色がついたら、油を切って、塩をふりかけたらできあがり! こちらも同様に、具材を交互に串に刺せばOK。 アペロのお供にもぴったりなフィンガーフードは、シーズンごとに具材を変えて1年中楽しめますね。 レシピ2:フォカッチャクルトンのマッシュルームサラダ• 【材料】2〜3人分• <クルトン>• 超熟フォカッチャ(10等分に切る)…1個• オリーブオイル…大さじ2• ミックスサラダリーフ…1袋• マッシュルーム(薄切り)…2~3個• ミニトマト(半分に切る)…適量• パルミジャーノチーズ(薄く削る)…大さじ2• <ドレッシング(A)>• レモン汁…大さじ1• オリーブオイル…大さじ2(エクストラヴァージンオイルがおすすめ)• 【作り方】 1. フォカッチャを炒めます フライパンにオリーブオイル、10等分に切ったフォカッチャを入れ、カリッとなるまで炒めます。 ドレッシングであえます 食べる直前に<A>を入れ、あえたらできあがりです。 フォカッチャで作る大き目クルトンは食べ応え抜群。 これだけで大満足なお食事サラダです! レシピ3:フォカッチャサンド• 【材料】2人分• 超熟フォカッチャ…2個• バジル…2枚• <ドレッシング(A)>• オリーブオイル…大さじ1• 塩…少々 【作り方】 1. フォカッチャをトースターで温めます 上の部分を薄めに切ったらトースターで90秒温めます。 野菜をマリネします ボウルにトマトと赤玉ねぎ、<A>を入れよく混ぜましょう。 上の部分のパンをのせたら、できあがりです。 【材料】• トンカツ用豚肉(ロース、もも)…1枚• 塩・こしょう…適量• 小麦粉…適量• パン粉…適量• 揚げ油…適量 【作り方】 1. 豚肉は2~3等分して肉叩きなどで薄く伸ばします。 【材料】• 卵…3個• じゃがいも(薄めのいちょう切り)…1個• パルミジャーノチーズ(すりおろし)…大さじ1• オリーブオイル…大さじ2~3 【作り方】 1. 卵はボウルに溶いておきます。 フライパンにオリーブオイルを大さじ1を入れ、じゃがいもを炒めます。 別の小さいフライパン(直径15cmほど)に残りのオリーブオイルを入れ熱します。 半熟になるまで混ぜながら焼き、弱火にしてフタをします。 はさむ具材はお好みで!今回紹介した具材以外にもサバの塩焼きなどもおすすめの具材。 休日のブランチに食べたくなる1品です。 プロシュートを巻いてグリッシーニ風にしたり、フムスをディップしたり、クリームチーズをのせてカナッペにしたりと、使い方は無限大! もちろん細かく割って、サラダやスープに浮かべてもおいしいですよ。 では、このほかにも「超熟フォカッチャ」と相性のよいレシピが紹介されています。 料理を引き立ててくれる「超熟フォカッチャ」で、すてきなパーティタイムを楽しんでみてはいかがですか?•

次の

【11月のレシピ】超熟フォカッチャのスパニッシュオムレツサンド ‹ パスコ・サポーターズ・クラブ Pascoとおいしい時間

フォカッチャ サンド

こんにちは。 街路樹の葉も日ごとに赤や黄色に彩りを増していますね。 11月のPasco公認レシピも 担当します、です。 1回目のレシピは「超熟フォカッチャのスパニッシュオムレツサンド」です。 ジャガイモは皮を剥き、1cm角くらいに角切りにする。 ほうれん草は一度茹で、2〜3cmに切る。 卵は溶きほぐしておく。 超熟フォカッチャは、はさめるように横面から半分にスライスしておく。 玉子焼き器にオリーブオイルと(1)のジャガイモをいれ、こげない様に弱火で3〜4分炒める。 そこに(3)の卵を加えて、上から(2 のほうれん草も入れて、よく混ぜ合わせ、じっくりと10分くらい弱火で焼く。 表側が固まってきたくらいになったら、ひっくり返す。 (すべて弱火) フライ返しでひっくり返すのがうまくいかない方は、フライパンの上にお皿を上に置き、フライパンをひっくり返して、一度とりだします。 お皿からスライドさせて、上になっていた面をフライパンの下にすると崩れずに焼けます。 しっかり焼けたらスパニッシュオムレツの完成。 8 のスパニッシュオムレツを3等分に切って、 4 の超熟フォカッチャのスライス部分にお好みでバターやケチャップをぬり、スパニッシュオムレツを挟んだら完成! ーー なんとこの「超熟フォカッチャ」は、 長方形の玉子焼き用フライパン(一番オーソドックスな形の玉子焼き器だと思います)にすっぽり収まるというか、サイズがピッタリなんですよ! なので、長方形の玉子焼き用フライパンを使えば、「超熟フォカッチャ」のサイズと同じスパニッシュオムレツも作ることができます!そして、スパニッシュオムレツを3等分にすれば、そのまま挟む事ができるなと考え、今回「超熟フォカッチャのスパニッシュオムレツサンド」を作ろうと思ったんです。 今回のスパニッシュオムレツはオーソドックなジャガイモで作りましたが、具材はウインナーなど好きな具材を色々いれても全然OKなので、ぜひアレンジして作ってみてください。

次の