エクセル 数式 解除。 エクセルでシート保護を解除する方法

数式を削除する

エクセル 数式 解除

数式を保護する シートの保護 :Excel関数の技• 数式を保護する シートの保護 スポンサードリンク 数式が消えた・・・• Excelでの入力は上書きされますので、ひょっとしたことで入力してあった数式が消えたりすることがあります。 すぐに気付けば、元に戻すことで救われるのですが、気付かない場合は悲惨な結果になりかねません。 数式などを入力してあるセルに触れられなくしたり、上書きができないようにすればこのようなことが避けられます。 この手段として用いられるのが「シートの保護」です。 以下に、具体例を示してみます。 なお、ここの例では保護したセルは選択できないようにしています。 シートを保護する• 下図のような入力用のシートを作成しました。 入力する箇所は、B3:B4,B7:B16、D7:D16の3ヵ所です。 C3、C7:C16、E7:F16、F17には数式が入力されています。 操作手順• 入力するセルを選択します。 B3:B4,B7:B16、D7:D16の3ヵ所を[Ctrl]キーを押しながら選択します。 パスワードは必要があれば入力します。 必要が無ければ空欄のままにします。 なお、パスワードを忘れるとシートの保護を解除できなくなりますのでご注意ください。 「ロックされたセル範囲の選択」のチェックを外します。 これで、先ほどロックを外したセル以外は選択できなくなります。 以上で設定は完了です。 数式を入力していたセルなどは「ロック」された状態ですので、選択ができなくなっています。 B3、B4と入力し、[Enter]キーで確定すると、B7セルへアクティブセルは移動します。 B16で[Enter]キーで確定すると、D7セルへ移動します。 つまり、ロックされていないセル間を移動できるようになります。 入力する左上のセル 先頭セル へは[Home]キー、右下のセル 最終セル へは[End]キーで移動できます。 シートを保護を解除する• シートの修正が必要になった場合には、シートの保護を解除してから修正をします。 パスワードを設定してある場合は、パスワードを入力する必要があります。

次の

Excel(エクセル)のセルを編集、変更できないようにロックする方法|入力、数式、データを保護するやり方

エクセル 数式 解除

スポンサーリンク No. 例えば次のような切実なケースです。 ある列を削除したい、ところがその列は数式の引数となっているので、列を削除すると、数式の答えがエラーとなってしまうことがあります。 そこで、エラーを出す数式を抜いて答えだけの状態にしてから、列を削除します。 このような「数式を抜いて値にする」ときに、「値の貼り付け」を行います。 数式を抜くための値の貼り付けは、次のように作業します。 値の貼り付けを行う、列3の数式が入っているセルを選択し、コピーします。 並んでいる3つのボタンはいずれも値の貼り付けですが、今回は貼り付け元と貼り付け先が同じ場所のため、一番左の[値]で構いません。 列3の数式が取れて値のみとなったことを確認し、列2を削除します。 簡単に手順を説明しますと、「数式を抜くセルを選択してコピーし、同じ場所に値の貼り付けをする」ことで、数式を抜いて答えだけの状態にすることができます。 値の貼り付けには、3つのボタンが用意されています。 詳しくは、ヘルプ「」をご参照ください。 ちなみに、今回もともと列3は足し算が設定されていましたので、先に列を削除するとエラーとなりましたが、SUM関数で求められていた場合は、エラーとなりません。 これはご自分でお試しくださいね。

次の

エクセルでシート保護を解除する方法

エクセル 数式 解除

の状態になっているセル範囲。 テーブルを解除したい場合には、この操作をします。 テーブル内のセルならどれでもいいので、どれか1つのセルをします。 [テーブルツール]の[デザイン]タブ、[ツール]グループにある、[範囲に変換]ボタンをクリックすると、 本当にテーブルを解除していいのかメッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。 テーブルを解除することができました! 色もそのままなので、一見違いは分かりにくいですが、解除によってテーブルではなくなっているので、テーブル特有の機能が使えなくなっているんです。 スポンサーリンク テーブルの色も解除したい 上記の方法ではテーブルを解除して、普通のセルの状態にできるものの、どうしてもテーブルの色といったテーブルならではの書式は残ってしまいます。 もし、テーブルを解除することはもちろん、テーブルの色といったテーブルならではの書式も合わせて解除したい場合には、2段階の操作を行います。 まず、 テーブル内のセルならどれでもいいので、どれか1つのセルをします。 [テーブルツール]の[デザイン]タブ、 [テーブルスタイル]グループにある、図のボタンをクリックし、 表示された一覧の一番下にある、[クリア]をクリックします。 こうすることで、テーブルの状態ではあるけれど、テーブルならではの書式が解除されます。 ) あとは、最初にご紹介した操作で、テーブル自体を解除すればいいので、 テーブル内のセルならどれでもいいので、どれか1つのセルがされていることを確認し、 [テーブルツール]の[デザイン]タブ、[ツール]グループにある、[範囲に変換]ボタンをクリックします。 本当にテーブルを解除していいのかメッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。 テーブルならではの書式も、テーブル自体も解除することができました。 この2段階操作の最初に使った、テーブルならではの書式を解除する[クリア]ボタンは、テーブルにしか使えないボタンなので、最初にテーブル自体を解除してしまうと、このボタンは使えなくなってしまいます。 予め、[クリア]ボタンで、テーブルのならではの書式を解除してから、 [範囲に変換]するのがポイントです。

次の