記名被保険者。 記名被保険者とは一体誰のこと?選び方も大切?

自動車保険の記名被保険者とは?誰にするかによって保険料が変わる?

記名被保険者

記名被保険者は契約の車を主に運転する人です。 主に運転する人というのは、運転する頻度が最も高い人と考えておけばよいでしょう。 そして自動車保険の補償は、この記名被保険者を基準に設定されるということです。 記名被保険者は• 自動車保険の被保険者(補償対象となる人)の範囲• 等級や事故有係数適用期間の継承範囲• 年齢別料率区分 などが決まる重要な要素だということを覚えておいてください。 自動車保険の契約の際は、記名被保険者が決まったら、記名被保険者の生年月日、居住地、運転免許証の色などを入力します。 年齢、運転免許証の色によって保険料は変わります。 つまり、保険料は記名被保険者によって変わるのです。 では、なぜ記名被保険者を変更すると、保険料が変わるのか、詳しく見てみましょう。 自動車保険の保険料は、損害保険料率算出機構が提示している「参考純率」をもとに保険会社が料率を計算し、さまざまな要因によって決定されますが、記名被保険者にかかわるのは、次の3つです。 免許の色• 等級 保険料は、記名被保険者の年齢、免許証の色、等級によって変わります。 詳しく見てみましょう。 (1)年齢 記名被保険者の年齢を保険料の算出要素に適用しています。 年齢については記名被保険者が個人の場合に限ります。 (2)免許証の色 ゴールド免許の人は、事故にあう危険性が低いと判断され、保険料が安くなります。 契約締結時の記名被保険者の免許証の色が通年適用されますので、契約途中で免許証の色が変わっても保険料の変更はありません。 チューリッヒでは、ゴールド・ブルー・グリーンの区分を設け、ゴールド免許の人は「ゴールド免許割引」が適用され、特に割安となります。 (3)等級 事故にあう危険性は、等級でも判断され、保険料にも反映されます。 等級とは、事故 =保険金請求 歴に応じて保険料の割引・割増をするしくみです。 等級は、1等級から20等級まであり、等級が高い人ほど事故にあう危険性が低いと判断され保険料が安くなり、等級が低い人ほど事故にあう危険性が高いと判断されて保険料が高くなります。 その等級は契約の車や保険契約者ではなく、保険契約における記名被保険者(主な運転者)に適用されます。 このように自動車保険は、記名被保険者を中心にして、補償や特約の範囲が決まります。 記名被保険者を変更すると、記名被保険者と被保険者との「関係」も変化し、上記のケースのように補償を受けられない人が出てくる場合があるのです。 記名被保険者を変更する際には、被保険者=補償を受けられる人・保険の対象となる人の「範囲」や「関係」をしっかりと確認しておきましょう。 (3)等級の引き継ぎ範囲 自動車保険では記名被保険者の等級を、新しい記名被保険者に引き継ぐことが可能です。 ただし引継ぎできる範囲が決められています。 範囲は、以下のとおりです。 記名被保険者の配偶者• 記名被保険者の同居の親族• 配偶者の同居の親族 チューリッヒの場合、記名被保険者の配偶者に関しては、内縁関係でも認められていますが、手続き上で内縁を証明する書類が必要なことがありますのでご注意ください。

次の

自動車保険は記名被保険者を誰にするかで保険料を節約できる

記名被保険者

(この記事は約 8 分で読めます。 ) 自動車保険を契約する時に「記名被保険者」を誰にするか慎重に検討すれば、自動車保険料を節約出来る可能性が有ります。 なぜなら、 自動車保険の基本保険料は「記名被保険者」の年齢や免許の色などによって決められるからです。 「 妻がゴールド免許なのに、ブルー免許の夫が記名被保険者になっている・・・」 「 夫の方が年齢が上なのに、年下の妻を記名被保険者にしている・・・」 このような「記名被保険者」の設定をしている場合には、無駄に保険料を支払っている可能性があります。 そこで今回は、自動車保険の記名被保険者に関する保険料節約術とそれによる保険料への影響、そして記名被保険者を決定・変更する際の注意点などについて紹介します。 ブルー免許とグリーン免許の事故リスク及び保険料については、保険会社によって差を設けている所と設けていない所があります。 具体的には「」を適用する事によって、保険料に差を付けています。 保険会社によって割引率に違いはあるものの、 数%~十数%の割引を受けられます。 そのため、車の使用実態にもよりますが、ゴールド免許を所持している人を記名被保険者にする事で保険料を大きく節約する事ができます。 【年齢】年代が上の記名被保険者の方が保険料は安くなる もう1つの記名被保険者の事故リスクを判断する基準が「年齢・年代」です。 これについては、年代別の事故統計を見てもらった方が分かりやすいと思います。 以下のグラフは、10万人当たりの年代別の事故発生件数を表したものです。 (出典:) 10代が最も事故率が高く、年齢を重ねるほど事故率が低くなっている事がわかります。 そして、60代辺りからまた事故率が上昇している事もわかります。 自動車保険では、こうした年齢・年代による事故のリスクを保険料に反映しています。 年齢・年代と保険料の関係を表したグラフがこちらです(あくまでイメージです)。 グラフのように、10代が最も保険料が高く、50代まで保険料が安くなっていき、60代を境に上昇し始めます(保険会社によっては、40代から保険料が上昇する事もあります)。 このような年齢・年代に応じた保険料を算出する為の制度が「 年齢条件」と「 年齢別料率」です。 このうち記名被保険者の年齢と関わりが深いのが「年齢別料率」です。 まず「21歳以上補償」や「26歳以上補償」などの年齢条件についてですが、これは契約車両を運転する最も若い人の年齢に合わせて設定します。 記名被保険者を軸に考えるものではありません。 そのため、誤解をおそれずに言うと、記名被保険者を誰にしようが年齢条件による保険料への影響はない、という事になります。 合わせて読みたい 一方、年齢別料率では記名被保険者の年齢に応じて保険料を計算します。 つまり、記名被保険者を誰にするかによって保険料が変わってきます。 年齢別料率とは、年齢条件を「26歳以上補償」「30歳以上補償あるいは35歳以上補償」と設定した場合に、記名被保険者の年齢に応じて10歳刻みで保険料に差をつける制度です(保険会社によっては1歳刻みなどのように細かく設定している場合があります)。 基本的には年代が上の人を記名被保険者に設定した方が保険料は安くなりますが、高齢の人を選んでしまうと逆に保険料が高くなってしまいますし、また保険会社によって年齢別料率区分の設定の仕方が違います。 そのため、誰を記名被保険者にすれば保険料が一番安くなるのかを見積・比較する事が大事になります。 記名被保険者によって保険料はどれだけ変わる? では、実際に記名被保険者を変更した場合にどれだけ保険料が変わるのかを見積もってみましょう。 イーデザイン損保では保険料が2,050円高くなり、セゾン自動車火災保険では490円安くなる結果に。 この結果からも、年齢別料率による保険料への影響は保険会社によって異なる事が分かります。 このように記名被保険者を誰にするかによって保険料が変わってきます。 ただし、今回紹介した保険料への影響額は、あくまで1つの事例です。 保険会社や契約条件、補償内容などによって大きく違ってきます。 特に年齢別料率に関しては、年齢・保険会社によって保険料が高くなる事もあれば、安くなる事もあります。 そのため、保険料が安くなるのか、それとも高くなるのか、そしてどれだけ保険料が変化するのか、についてご自身の条件で見積もりを取るようにしてください。 記名被保険者を決定・変更する際の注意点 ここまでは「記名被保険者」と「保険料」の関係について説明してきました。 保険料が安くなるなら、記名被保険者を変更しよう!と思った人も多いと思います。 ただし、記名被保険者を決定・変更する際にはいくつか注意点があります。 それらを理解した上で、記名被保険者の変更手続きを行うようにしてください。 なお、記名被保険者の変更手続きは、電話又は窓口で行います(インターネットでは不可)。 契約している自動車保険のカスタマーセンターなどに問い合わせてください。 記名被保険者は誰でも良いわけではない 記名被保険者とは、 契約車両を主に運転する人の事を指します。 運転する時間が一番長い人や 運転頻度の高い人の事ですね。 契約車両を全く運転していない人を記名被保険者にする事は出来ません。 変更時に保険会社から細かく聞かれる事は無いと思いますが、事故を起こした時に使用実態に合っていない事が発覚すると、最悪の場合、補償されない可能性もあります。 そのため、 記名被保険者にしようとする人が定義に該当するかを確認する事が重要になります。 もし該当しないのであれば、記名被保険者にしようとしている人が定義に該当するように車の使い方を変える必要があります。 ただし、保険会社によっては、記名被保険者を「主に車を運転する人」又は「車検証上の車の所有者又は使用者」と定義しているところもあります。 契約している保険会社がどのように定義付けしているかを確認するようにしましょう。 なお、記名被保険者と契約者及び所有者はバラバラでも構いません。 合わせて読みたい 変更後の補償範囲は要確認 記名被保険者を変更する場合、変更の前後で補償される人が変わる事があります。 というのも、自動車保険の補償範囲は記名被保険者を中心に考えるためです。 たとえば「親」から「親と同居している子供」に記名被保険者を変更する場合は、「別居している子供」が補償範囲から外れます。 記名被保険者を変更する時は、それだけに集中しがちなので、 変更前後での補償範囲の変化の有無は必ず確認するようにしてください。 等級が引継可能かどうか確認 ご存知の通り、自動車保険には大きな割引を受けられるノンフリート等級制度が採用されています。 この等級ですが、記名被保険者を誰にするかによって、引き継がれる場合と引き継がれない場合があります。 等級を引き継ぐことができる家族は以下のとおりです。

次の

記名被保険者|保険用語集|自動車保険のアクサダイレクト

記名被保険者

そもそも記名被保険者とは? 「被保険者」とは保険を被る(こうむる)人のことで保険を受ける人、つまりは「保険の対象」となる人のことをさします。 その中でも「記名被保険者」は被保険者を決める中心的な存在であり、補償範囲を決定付ける人になるというわけです。 記名被保険者以外に被保険者となれるのは以下の人になります。 被保険者 被保険者の内訳 記名被保険者(被保険者の中心的存在) 記名被保険者の配偶者 記名被保険者の同居親族 記名被保険者の別居の子供(未婚) 記名被保険者を中心に補償の対象が決まるため、上記の関係者が契約した車両を運転して事故を起こしても、補償の対象となり保険金が支払われるというわけです。 1台の車を家族で使いまわすという家庭も少なくないと思いますが、わざわざ個人個人で保険に加入する必要がないというわけですね。 これが記名被保険者の基本的な知識といったところですが、記名被保険者となるには大切な条件があります。 記名被保険者の条件とは? 記名被保険者には誰を選んでもいいというわけではありません。 保険会社からすればその保険契約のリスクや保険料を決める重要な存在となるため、「契約した車両を主に使用する人」を記載しなければいけません。 大切なことですがこれを忘れがちな人は多いようです。 実態のともなわない虚偽内容で契約できたとしても、告知義務に反したとみなされれば、保険金が支払われないことや、こういったことが明らかになった時点で解約される可能性もあるため注意しましょう。 また、意図していない場合でも契約と実態が合わない状況になった場合は、すみやかに保険会社に連絡することが必要となります。 補償の範囲を限定することも? 記名被保険者を中心に補償対象が決まるという話をしましたが、基本となる補償対象を夫婦や本人、年齢を21歳以上など限定することで保険料を安く抑えることもできます。 当然ながら運転する人の年齢などが、補償範囲から外れてしまわないように注意して設定する必要はありますが。 年齢条件 21歳以上、26歳以上、30歳以上など年齢条件を、比較的リスクの低い年齢層まで高めることで、保険料を抑えることができます。 運転者限定 本人限定、夫婦限定、家族限定など補償範囲を限定することで、保険料を安く抑えることができます。 関連記事: 被保険者、契約者、所有者の違い 自動車保険を契約する際に混同しがちになるのが、今回の記事のテーマでもある記名被保険者名、保険契約者名、車両所有者名かと。 名称だけ見ると似通った印象もありますがその違いを簡単にまとめました。 記名被保険者 被保険者(保険の対象)の中心となる存在で、記名保険者を基本にその配偶者、同居親族などが補償対象に。 また、契約車両を主に使用する人のことにもなります。 被保険者 記名被保険者を含む被保険者、つまり保険の対象となる人のこと。 保険契約者 保険の契約をした人であり保険料の支払いをする人のことで、記名被保険者と同じにすることも別にすることもできます。 保険契約者については次の項目で詳しく解説。 車両所有者 車両所有者は車検証(自動車検査証)に記載されている人。 記名被保険者、保険契約者名、車両所有者名は異なっていても、自動車保険を契約する上で守らなければいけないルールを守っていれば問題ありません。 …車を主に使用する人が記名被保険者になっているかとかですね。 例えば母親名義となっている車を父親がメインで使用していたが、18歳になった子供が免許を取得した際、その車を子供がメインで使うことになったという場合。 車両所有者は母親のまま、保険契約者が父親、記名被保険者が子供という感じでバラバラになりますが問題ないというわけです。 保険契約者との違いは? 記名被保険者と保険契約者は同じ人にすることも別の人にすることも可能です。 混同するかもしれませんが契約をした人が保険契約者、その保険の対象となっている人が被保険者となります。 まとめると以下の一覧のような感じに。 契約者と被保険者を同じにしている場合 契約者 保険会社への保険料の支払い 保険会社より保険金の受け取り 契約者と被保険者が違う場合 契約者 保険会社への保険料の支払い 被保険者 保険会社より保険金の受け取り たぶん混同してしまう人は「契約者=被保険者」と覚えているのかもしれませんが、これはあらためて「そもそも契約者と被保険者は別の人にできる」と覚えてしまえば、今後は混同しなくなるかなと思います。 未成年者の自動車保険契約 未成年者が単独で契約(法律行為)をすることは原則としてできないことになっており、もちろん自動車保険の加入も契約なのでこれに含まれます。 以下はその法律の条文です。 未成年者の法律行為 民法 第5条 第1項 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。 ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。 民法 第5条 第2項 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。 例えば18歳で免許取得後、即運転、即自動車保険への加入を…というパターンは多いかと思いますが、自動車保険の加入も法律行為なので、単独で保険契約者となることはできないというわけです。 未成年者が保険の契約をするには? 未成年者が契約者となるためには、一般的には親(親権者)、もしくは後見人などの法定代理人の同意書(署名、捺印のあるもの)が必要となります。 つまり、未成年者だけでという単独の契約はNGとなりますが、親の同意を得て同意書を用意できれば契約できるということ。 同意書があっても契約不可の場合 保険会社によっては親の同意書の有無に関係なく、未成年者を契約者にすることをNGとしているところもあるので事前に確認しておきましょう。 未成年者が直接保険契約者となれない場合には、親に保険契約者になってもらい、未成年者の人は記名被保険者になることで契約することが可能になります。 関連記事: 記名被保険者の等級の引継ぎ 記名被保険者は該当者に「等級を引き継ぐ」ことができます。 とはいえ、全くの他人に引き継ぐことはできず該当者となるのは…• ・記名被保険者の配偶者• ・記名被保険者の同居親族• ・配偶者の同居親族 …となります。 これに該当する人であれば自分がこつこつと育て上げた等級を、子供や配偶者などに引き継ぐことができるというわけです。 「同居親族」という条件にもある通り、子供が就職などで別居予定なら別居前に引き継がないと、別居した後の状態では引継ぎができなくなります。 また、引き継がれる等級は10等級や20等級などのお得な状態ばかりではなく、「事故有係数」や「デメリット等級」も引き継がれますので注意が必要です。 「記名被保険者の変更」を利用してデメリット等級のリセットを考える人もいるようですが、そのこと自体で起こるデメリットが大きいのでおすすめはできません。 関連記事: デメリット等級の引継ぎとは? デメリット等級は交通事故などによって1~5等級になってしまった等級のこと。 等級が下がるほど保険料が高くなるというデメリットだけでなく、あまりにも等級が低い、つまりリスクの高い人は自動車保険の更新や加入を断られる可能性が高まります。 記名被保険者を変更しても… 等級引継ぎを利用してこのデメリット等級をどうにかできないかと考える人もいるようですが、記名被保険者を変更しても変更後の記名被保険者にデメリット等級が引き継がれてしまいます。 そもそも記名被保険者は個人で自由に選べるものではなく、あくまで「契約車両を主に運転する人」でなければいけません。 保険会社を変更しても… また、こういったデータは会社間で共有されているため、保険会社を変更して新規契約してもデメリット等級は引き継がれます。 新車を購入しても… 新たに車両を購入して「増車」とすれば新規で6等級スタートの自動車保険は契約できますが、後日に前の車の廃車、自動車保険の解約など車両入替をすればすぐにばれます。 本人的に入れ替えの意図がなく純粋な増車のつもりで行なっていても、保険会社側が実質の車両入替と判断すれば契約を継続できなくなる可能性もないとはいえません。 契約が成立できてもデメリット? こういったことに対処するため契約におけるチェックは厳しいですし、例え保険契約が一旦成立できたとしても、不正が明らかになった場合はいざというときに保険金が支払われないこともあります。 当てにしていた備えが使えなければ大変なことになるのは明白。 いわゆる「デメ等級逃れ」は常にリスクが付きまとうため、将来事故を起こしたときの補償を考えると、デメリットのほうが大きくおすすめできないというわけです。 こういったことを踏まえて考えると、結局のところ13ヶ月間保険に加入しなければ等級はリセットされるので、任意保険には加入せず車の運転も極力控えることがすすめられます。 独自のオークションシステムで買取サービスを開始したのが「ユーカーパック」。 6万円で売却成立。 電話のやり取り&実査定は1回だけ!独自オークションで 買取業者との直接交渉をする必要はなく、売り手が少ない手間で高く売りやすいという革新的なシステムが特長。 4件、トヨタ アルファードが29. 1件、ホンダ ステップワゴンスパーダが29. 0件という結果に。 ) 出張査定手数料、オークション出品料、成約手数料など 完全無料で利用できるなどユーザーにありがたいサービス。

次の