いぬひかり 口コミ。 無添加ドッグフード「いぬひかり」の口コミ・評判・特徴まとめ

国産ドッグフード「いぬひかり」は安全か!?リアルな口コミをシェアします。

いぬひかり 口コミ

今与えているドッグフードの原材料はどうなってる? 愛犬が好むドッグフードがなかなか見つけられず、「どうも食いつきが良くない」「フードを与えてもすぐ体調を崩してしまう」「フードを変えたら毛並みが悪くなった」などなど、悩みがちの飼い主さんもいるかもしれません。 そんなときは、念のため原材料の表示を見直してみてください。 また、香料・着色料・酸化防止剤にも、中には発がん性が認められるなど体に良くないものがあり、これが体調悪化につながることもあります。 関連記事 ・ ・ この点をしっかりクリアしている無添加ドッグフードが「いぬひかり」です。 実際に口コミや評価や評判も良いです。 その原材料すべてが無添加で、人でも食べられるレベル「ヒューマングレード」の食材を選び、体に良くない香料や着色料、保存料などの余分なものは一切入っていません。 いぬひかりはドッグフードなのに雑穀と野菜が多い理由 犬の消化器官は炭水化物類の消化が苦手ということもあり、ドッグフードは、配合量の違いはあれど肉類メインが一般的で、穀類や野菜類の炭水化物は少なめに構成されていることが多いです。 そんな中で「いぬひかり」は、黒米・大麦・玄米・ハトムギなどの穀物類と、ゴボウ・にんじん・キャベツ・白菜・高菜・パセリなどの野菜などを配合し、肉だけでは摂りにくい栄養素を取れるようにしています。 ここで気になるのは、穀物類(炭水化物)を多く摂ったことによる消化器官への負担ですが、「いぬひかり」はそのすべてをパウダー状に加工することで腸に負担をかけないよう配慮されています。 もちろん、遺伝子組み換えでない食材を選び、愛犬の健康の害とならないよう配慮した原材料として配合しています。 いぬひかりのノンオイルコーティングと小麦アレルギー対策 ドライフードの仕上げ法の一つとして、動物性油脂を使った「オイルコーティング」がありますが、これに保存料などが入っていると、皮膚トラブルやアレルギー等の体調に関わるリスクが伴います。 油を使うことからカロリー面においての心配もあります。 そういった点を踏まえ、「いぬひかり」はオイルコーティングをしない製法のドッグフードとすることにこだわりをもって商品開発が行われました。 また、アレルギーになりやすい小麦粉や小麦グルテンは一切使用していないので、小麦アレルギー体質のワンちゃんでも安心して食べることができます。 いぬひかりは少し変わったドッグフードですが・・・ 以上、「いぬひかり」は安全性が高くヘルシーで健康的なドッグフードですが、先述したとおり一般的なドッグフードとは明らかに違う配合率で構成されていることが特徴です。 商品が気になる、愛犬が食べそうだなと思ったら、一度試してみるのもいいかもしれません。

次の

いぬひかりの口コミ評判から分かる評価や成分【回答】

いぬひかり 口コミ

いぬひかりは、愛犬にとって本当に必要な素材だけで作られた 「国産無添加」のドッグフードです。 最近は国産のドッグフードにも「ヒューマングレード」「人工添加物不使用」のスペックをもった商品が増え始め、国産の安全性をウリにしたフードが続々と販売されていますが、このいぬひかりはそんな国産ドッグフードの中でも 「自然派ごはん」というのを意識して作られたフードです。 何が自然派なのかというと、フードの粒を 「ノンオイルコーティング」で仕上げ、使用している原材料すべてが 「遺伝子組み換え原料不使用」と、より野生の食事に近い形で作られています。 いぬひかりはそんな品質の高さが評価され、犬の総合情報誌「愛犬の友」でも紹介されるほど今注目のドッグフードとなっています。 そこで、そんないぬひかりの特徴や原材料、安全性などを詳しく解説していきます。 いぬひかりの特徴 いぬひかりの特徴を語るうえで絶対に外せないことは、使用されている原材料が 「国産 100 %」で構成されているというところです。 一般的にドッグフードは「国産よりも外国産の方が品質が高く安全」という認識が根付いていますが、それは市販で売られている安価なドッグフードに副産物や4Dミート、人工添加物が平気で使用されているからです。 しかし、プレミアムフードのように副産物ではなく新鮮な生肉を使用して、しかもヒューマングレード、添加物不使用の品質をもっていたら、我々日本人にとっては国産がいいと思うはずです。 いぬひかりはそんな プレミアムフードの品質を国産で実現しているドッグフードなんですね。 現に、メインで使用している原材料は 「九州産の若鶏」といったなんとも良質な鶏肉が使用されています。 鶏肉を使用しているドッグフードは数多く存在しますが、若鶏をメインに使っているのはなかなかめずらしいですね。 若鶏は親鶏よりも たんぱく質とビタミンを多く含有していて、柔らかいという特徴をもっているので、栄養価の高さと消化吸収のよさから犬にとって最適な原材料といえるでしょう。 しかもそんな若鶏に「かつお粉」を組み合わせて作られているので、肉と魚の両方の風味を味わうことができ、食いつきのよさも期待できるドッグフードです。 いぬひかりには穀類が使用されているけど安心!? いぬひかりは「ヒューマグレード」「添加物不使用」というスペックをもっていますが、 グレインフリーではありません。 「黒米」「大麦」「玄米」「ハト麦」「あわ」「きび」「とうもろこし」と穀類が使用されていますね。 「消化不良を起こさないか心配・・・」という飼い主さんもいるかもしれませんが、 安心して下さい。 いぬひかりは、ワンちゃんの消化のことを考えて使用している穀類をすべて 「パウダー状」にして配合しています。 そもそも、穀類によって犬が消化不良を起こす原因は、 歯の構造上硬い穀類を上手くすり潰すことができないため、そのまま飲み込んでしまい消化不良が起こります。 人間も生のお米をそのまま食べるとお腹をこわす可能性はありますよね? それと同じです。 そこで、いぬひかりは細かくパウダー状にすることで消化不良の問題を解消し、 ワンちゃんでも上手に穀類が食べられるように加工してあるんですね。 しかも、いぬひかりに入っている穀類は主に麦などの雑穀類なので、穀類の中でも「 水溶性食物繊維」に分類され、体内に入るとゼリー状になる特性をもっているので、消化が早い穀類としても知られています。 犬は肉食動物ではありますが、お肉ばかりを食べさせていては栄養がかたよってしまいますよね。 いぬひかりは穀類を使用していることで、ビタミン、ミネラル、食物繊維、糖質などをきちんと摂り入れることができるので、 非常に栄養バランスが整ったドッグフードといえます。 また、グレインフリーではありませんがアレルギーのことを考えて、小麦や小麦グルテンを使わない 「グルテンフリー」のスペックをもっているドッグフードなので、穀類が配合されていても安全性は高いといえるでしょう。 いぬひかりの安全性 ここまでで、いぬひかりは安全性の高いドッグフードだということが分かったと思います。 公式サイトでは安全性の証明として 「ドッグフードにおける危険素材を不使用」と大々的に公言しています。 実際に原材料を見ても犬にとって危険と思われる食材は使われていないため、品質の高さは本物でしょう。 ただ気になるところは、成分値の たんぱく量が「21. 1 %」とちょっと少ないですね。 もちろん AAFCO が定める成犬用のたんぱく量基準はクリアしているため、それほど気にする必要はないですが、当サイトで人気の「」や「」は 30 %前後のたんぱく量を含有しているため、元気なワンちゃんには少し物足りなさを感じるかもしれません。 定期コースが安い いぬひかりは、内容量が 1 kgで通常価格 2,480 円で販売されています。 同じ国産で人気のある「」や「」は 1 kgと 850 gで 3,000 円するドッグフードなので、この2商品と比べると安く購入することができますね。 また、定期コースで注文すると 500 円引きが適用され 1,980 円で購入することができます。 他の商品と比べても、品質の高いドッグフードが 1 kg 1,000 円代で購入できるのはなかなかありませんので、かなりコスパがよいといえるでしょう。 星評価(必須): コメント 内容に問題なければ、下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。 また、誹謗中傷や商品に関係のないコメントは承認しかねますのでご了承下さい。 このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。。 1%、粗脂肪10. 5%以上、粗繊維0. 7%以下、粗灰分4. 1%以下、水分10.

次の

ドッグフード いぬひかりの口コミや評価【国産&無添加】

いぬひかり 口コミ

グルテンは「穀物の胚乳から生成されるたんぱく質の一種」で、グレインは「穀類そのもの」のことだね。 穀類を敬遠している飼い主さんも多いと思いますが、いぬひかりに使用されている穀類は、「黒米」「大麦」「玄米」「ハト麦」など食物繊維が豊富で、ワンちゃんのお通じを改善してくれる消化のよい穀類ばかりなので、 消化不良やアレルギーのリスクは極めて低いと言えます。 何よりも、腸への負担を軽減するために、穀類をすべて 「パウダー状」に加工してドッグフードに配合しているので、いぬひかりはお腹にやさしい仕上がりになっているんですね。 また、いぬひかりは粒が 「ノンオイルコーテイング」ということもポイントです。 一般的なドッグフードは、粒の酸化防止や風味付けのために動物性油脂でコーティングされていますが、ワンちゃんの体質によっては「涙やけ」や「皮膚トラブル」が起こることも考えられるため、いぬひかりのようにノンオイルコーティングのほうが断然安全性は高いと言えます。 ただ、コーティングされていないぶん、 酸化が早まり賞味期限が短くなってしまうという欠点があるため、いぬひかりの開封後は早めに食べ切ったほうがいいですね。 たんぱく質が少なめだけど、ヘルシー志向のワンちゃんにはおすすめ いぬひかりが良質な国産原材料を使用していることは分かったと思いますが、主に穀類と野菜に主体をおいているドッグフードです。 そのため、いぬひかりは ダイエットをしたいワンちゃんや運動量の少ないワンちゃんにおすすめです。 野菜が多いことで、ビタミンやミネラルを豊富に摂り入れることができ、皮膚や被毛の美しさにも役立てることができますね。 ただ、一番のエネルギー源になるたんぱく質量が 21. 1 %と若干少ないのが気になります。 外国産のプレミアムフードでは、たんぱく質量が少ないものでも 25 %前後、多いものでは 30 %以上含有されているドッグも存在するので、もうちょっとたんぱく質量が欲しかったなというのが正直な感想です。 もちろん、いぬひかりは総合栄養食としてAAFCOの基準は満たしているので、健康に影響がでるというわけではありませんが、もともと肉食動物の犬にとっては物足りなさを感じるワンちゃんもいるかもしれませんね。 いぬひかりのスペックを人気国産フードと比較してみた いぬひかりは、すべての原材料に国産のものを使用していたり、穀類や野菜がふんだんに入っていることから「THE 国産」というイメージが強いドッグフードです。 ほかのプレミアムフードと同様に、無添加、ヒューマングレード、グルテンフリーを実現しているので、安全性はかなり高いドッグフードといえますが、成分値の数値も気になるところですね。 実際にドッグフードを購入するときに、たんぱく質量や脂質量を気にするという飼い主さんも多いと思うので、 当サイトの口コミランキングの上位 3 つのドッグフードを比較してみました。 成分値 いぬひかり ナチュロル 馬肉自然づくり 粗タンパク質 21. 1 % 23~27 % 27. 0 % 粗脂質 10. 5 % 7~9 % 11. 1 % 粗繊維 0. 7 % 2~4 % 5. 2 % 粗灰分 4. 1 % — 2. 2 % 水分 10. 0 % カロリー(100 gあたり) 393 kcal 400 kcal 399 kcal 3 商品ともバラつきはあるものの、どれも総合栄養食の基準内におさまっていて、ワンちゃんの健康管理はしっかりできそうですね。 ただ、いぬひかりは穀類と野菜の配合が多いにも関わらず、粗繊維の数値が低いのが少し疑問です。 特に、黒米、玄米、ごぼう、キャベツ、大根葉は食物繊維が豊富に含まれている食材なので、 もうちょっと粗繊維の数値が高くてもいい気がしますね。 また、粗灰分に関しては 3 商品の中ではダントツに高い数値になっています。 粗灰分は、簡単にいうとミネラル類のことですが、ワンちゃんの歯や骨の形成や、神経の伝達などに必要な栄養素です。 よく、ミネラルを摂りすぎると尿路結石にのリスクが上がるといわれていますが、4. 1 %ぐらいではその可能性も少なく、むしろ ちょうどいい含有量だと思うので、この点はすばらしいですね。 原材料と成分値を見るかぎり、いぬひかりはお肉主体の食いつき重視ではなく、 栄養バランスを第一に考えたドッグフードだということがわかりますね。 いぬひかりの気になる口コミは? では、実際にいぬひかりをワンちゃんに食べさせている人の口コミを見ていきましょう。 良い口コミに関しては、「全部国産素材だから安心して食べさせることができる」「野菜が豊富なので便通がよくなった」など 原材料の良質さを評価している口コミが多いようです。 いぬひかりの公式サイトを見ると、原材料の産地がひとつひとつ掲載されていますし、腸に負担がかからない製法で作られているため、いぬひかりを食べさせることでその品質のよさを実感しているということでしょう。 悪い口コミには、「最初は食いつきがいいけど、飽きるのが早い」「ドッグフードの香りがつよい」などの口コミがありました。 これは、粒がノンオイルコーティングなのが影響していて、食いつきを上げるための不要なコーティングがされていないので、今まで市販のドッグフードを食べていたワンちゃんにとっては違和感を感じていると考えられます。 いぬひかり自体のスペックは非常によいドッグフードですが、 慣れないうちは今までのフードに混ぜながら少しずつ食べさせるのがよいでしょう。 いぬひかりは子犬でも食べることができるのか? プレミアムフードといえば、全犬種全年齢対応になっているドッグフードが多いですが、 いぬひかりは成犬用として作られています。 つまり、子犬にはあまり向いていないということです。 厳密にいうなら、 子犬でも食べることはできますが、毎日の主食として与えるのは控えたほうがいいでしょう。 その理由としては、 粗タンパク量が AAFCO の幼犬基準を満たしていないというところが挙げられます。 AAFCO の幼犬基準において粗タンパク質の数値は 22. 5 %以上と定められていますが、いぬひかりの粗タンパク質は 21. 1 %なので 1. 4 %ほど足りないということになりますね(成犬は 18. 0 %以上なので OK )。 たんぱく質はワンちゃんにとって、体のほとんどの組織を形成する大切な栄養素で、これから成長していく子犬にとっては成犬よりも多く必要になってきます。 そのため、いぬひかりを主食として子犬に食べさせていては、十分な栄養を摂り入れることができないということになりますので、注意が必要です。 いぬひかりは、 成長が安定した生後 10~12 ヶ月のワンちゃんから食べさせるようにしましょう。 いぬひかりはアマゾン、楽天、公式サイトのどこで買うのがいい? いぬひかりは、残念ながら アマゾンや楽天などの通販サイトでは購入できないようですね。 「以前は購入できた」という情報もあるようですが、 現在では取り扱いがされていません。 つまり、いぬひかりは公式サイトでしか購入することができないということですが、基本的にプレミアムフードというのは公式サイトのみの販売になっているので、特に違和感は感じません。 むしろ、アマゾンや楽天などの通販サイトには割引やキャンペーンがついていないので、結果的に 公式サイトで購入したほうがお得ということです。 実際の価格に関しては、いぬひかりは通常価格が 1 kgで 2,480 円(税込)とかなりコスパがいいドッグフードです。 プレミアムフードの中には 1 kgで 3,000 円以上するドッグフードもありますので、2,000 円代で購入できるのはかなり安いといえるでしょう。 しかも、公式サイトでは 定期コースが用意されていて、定期で購入するとなんと 500 円引きが適用され、 送料も無料で購入することができます。 500 引きということは、いぬひかりが 1,980 円(税込)で買えるということですので、この品質のドッグフードをわずか 1,000 円台で購入できることを考えると、愛犬に食べさせてみる価値はありますよ。 3つのおすすめポイント!• 九州産の鶏肉をメインに、厳選した国産原料のみを使用• 穀物はパウダー状に加工しているからお腹に負担をかけない• 1% 【粗脂質】10. 5%以上 【粗繊維】0. 7%以下 【粗灰分】4. 1%以下 【水分】10. 0%以下 対応年齢 全犬種、成犬用 給餌量 1~3kg / 25~65g 3~5kg / 65~95g 5~10kg / 95~160g 10~20kg / 160~270g.

次の