イノシシ 駆除 毒。 野良猫を駆除するには?不凍液や毒餌を使うのは法律的に問題なし?|野良猫撃退.com

間違っていませんか?プロが教える殺鼠剤の正しい使い方と注意点 │ みんなのネズミ駆除屋さん

イノシシ 駆除 毒

(同法第44条1項) この「みだりに」という部分が引っ掛かりますよね。 「みだりに」とは「これと言った理由もなく」と言う意味なので、正当な理由があればこの動物殺傷罪には該当しないということです。 どういう状況なら野良猫に毒餌を盛っていいのか 私は法律の専門家ではないのではっきりとは言えませんが、例えば 野良猫による被害が生活に大きな支障をもたらしていて、あれこれ手を尽くしたけどどうしようもない。 もう他にとりえる手段が無くなってしまった。 といった状況なら、正当な理由となる可能性があるのかもしれません。 しかし、こういう状況でも近所の野良猫をむやみやたらに殺してしまうと、動物殺傷罪に引っかかるリスクは大きくなりそうです。 野良猫の駆除に関する違法性は、野良猫の駆除を行った状況や弁護士によっても考え方が分かれるようで、違法だという弁護士もいれば合法という弁護士もいます。 また、状況によっても変わってくるので一概に申し上げることができません。 注意!放し飼いの飼い猫が毒餌を食べてしまった場合 自分はもうどうしようもない状況だから、毒餌を盛っても大丈夫そうだな。 と思っても、一度考えてみてください。 たしかに、正当な理由、状況があれば野良猫を駆除することは動物愛護法でも認められていますが、もしも毒餌を盛った猫が近所で放し飼いされている飼い猫だった場合はどうなると思いますか? 答えは 飼い主に慰謝料や損害賠償が発生するそうです。 より参照 そんなの猫を放し飼いにしている飼い主が悪いと思ってしまいますが、これが法律なのでどうしようもないですね。 もし、近所でうろついている猫に首輪がついていたら、この方法はとても危険です。 また、家の前などに置いてしまうと、散歩中の犬が誤って食べてしまうこともあるので置き場所にも注意が必要です。 誤ってペットを殺してしまい、飼い主に訴えられると器物損壊罪になります。 器物損壊罪になると、3年以下の懲役または30万円以下の罰金若しくは科料が与えられます。 毒餌・不凍液で野良猫を駆除する方法 毒餌や不凍液を使って野良猫を駆除するのは、法律的にはグレーゾーンです。 野良猫を「みだりに」殺す駆除については、2年以下の懲役または200万円以下の罰金という重い罰則があることを忘れないでください。 これから野良猫の駆除に役立つ毒餌のつくり方と不凍液についてご紹介しますが、毒餌による駆除以外にも取りえる方法があるとすれば違法行為に該当する可能性が非常に高くなります。 くれぐれも自己責任でお願いします。 毒餌 ホウ酸団子 の作り方 毒餌をつかうとゴキブリなどの害虫やネズミなども一緒に駆除することができます。 しかし、 近所に放し飼いされている猫や散歩中の犬が誤って食べてしまう危険があります。 毒餌となるホウ酸団子の作り方は以下の通りです。 ホウ酸50gに対して小麦粉30g、すりおろした玉ねぎ35g、砂糖小さじ1杯、牛乳適量を混ぜて団子状にする。 できた団子を2~3日天日干しにして固める ホウ酸団子はたったこれだけの手順で簡単に作れますが、野良猫を十分に殺す効果があります。 しかし、野良猫の駆除はグレーゾーンの扱いであり、毒餌は野良猫を苦しめる殺し方なので推奨できる方法ではありません。 また、ホウ酸団子は野良猫だけでなくゴキブリやネズミも食いつくので同時に駆除できます。 これらの動物に関しては個人で駆除しても違法性はありません。 不凍液を使った野良猫の駆除 不凍液に含まれるエチレングリコールは甘いので、置いておけば野良猫が舐めに来ます。 この成分は有毒なので舐めた猫は腎障害を発症して苦しみながら死亡します。 しかし、日本で販売されている不凍液では野良猫を駆除することはできません。 日本の不凍液は誤飲防止のために苦味成分が添加されているので、野良猫が舐めに来ることがないからです。 ヨーロッパ製の不凍液のみ苦み成分が含まれていないので駆除効果が期待できます。 しかしこちらも毒餌と同様に法律でグレーゾーンの扱いとなっています。 野良猫駆除で法律に触れないための別方法 毒餌や不凍液で野良猫を駆除するのは場合によって違法に扱われる行為です。 野良猫も苦しみながら死んでしまいますので、できれば避けたいですよね。 それに万一にも野良猫駆除のために犯罪者になってしまっては割りに合わないと思いませんか。 そこで、法律的にグレーゾーンな毒餌などの方法以外の、違法性のない駆除の方法もご紹介します。 当サイトではこちらの方法を推奨します。 捕獲機で捕まえて保健所に送る 捕獲機を使って野良猫を捕まえ、保健所に引き取ってもらう方法には違法性がありません この方法を行う場合は、自分の所有する敷地内に捕獲機をセットしましょう。 自分の所有する敷地内であれば、申請を行うことなく捕獲機を設置して野良猫を捕獲することが可能です。 捕まえた野良猫は、順に保健所に送ることで野良猫被害を食い止めることができます。 ただし、保健所にお願いしても役員の方が捕獲してくれることはありません。 自分で捕獲して連れていく必要があります。 毒餌よりも手間のかかる方法ですが、この方法なら法的に問題はありません。 おすすめの捕獲機や捕獲のコツについてはこちらの記事をご覧ください。 保健所に送れば里親が見つかるだろうと思うかも知れませんが、実際は保健所の猫の9割ほどが殺されています。 保健所が受け取り拒否する場合には 送られてくる野良猫の数が多く処理が間に合っていなかったり、駆除目的で野良猫を連れてくる人が多いなどの状況によっては、保健所が受け取りを拒否してくる場合があるそうです。 しかし、動物愛護管理法には 第四章 都道府県等の措置等 (犬及び猫の引取り) 第三十五条 都道府県等(都道府県及び指定都市、地方自治法第二百五十二条の二十二第一項の中核市(以下「中核市」という。 )その他政令で定める市(特別区を含む。 以下同じ。 )をいう。 以下同じ。 )は、 犬又は猫の引取りをその所有者から求められたときは、これを引き取らなければならない。 より引用 と記されているので、保健所は基本的に受け取りを拒否できません。 もしも受け取り拒否されたときには、これを見せてどうするのかもう一度問いただしてみましょう。 業者にお願いして捕まえてもらう 捕獲機で野良猫を捕まえると数によっては数か月かかります。 しかも、その度保健所まで連れていくのは時間も労力もかかって大変ですよね。 そこで、野良猫の捕獲を業者に頼むという方法もあります。 しかし、動物愛護法があるので基本的に害獣駆除業者も野良猫の駆除を引き受けてはくれません。 仮に業者が見つかったとしても、野良猫の駆除を依頼するとあなたも同様に罪に問われるかもしれません。 また、業者に依頼した場合の料金は1匹あたり数万円と、自分で捕まえるのとは比べ物にならないくらいの費用が発生するそうです。 合わせて読みたい• また、一匹一匹捕獲していく手間も考えると、駆除ではなく追い払う方法を取るのが最適です。 野良猫を追い払うには猫よけグッズが必須アイテムです。 猫よけグッズには超音波やスプリンクラー、トゲトゲなどいろんなタイプがあります。 ただ、猫よけにもコツがあるので、全くの素人だという方には難しいかもしれません。 そんな場合には、 猫よけの専門家が猫よけに関するあらゆる疑問に答えてくれる購入特典が付いたという猫よけグッズを選んでみてはどうでしょうか? 私は番人くんを購入して、 野良猫の糞尿被害を受けている場所の写真と共に猫よけの方法を聞いたところ、その通りにするだけで本当に猫がやってこなくなりました。 猫よけグッズにしては値段が高めですが、野良猫を駆除して動物愛護法に抵触するリスクを考えると試す価値は十分にあると思います。 トゲトゲシートや忌避剤、超音波グッズを使っても野良猫を追い払うことができず、困り果てた私は 「番人くん」という超音波グッズを購入しました。 番人くんには、猫よけのあらゆる疑問に専門家が答えてくれる特典が付いています。 野良猫の被害にあっている場所の写真を送ると、専門家がアドバイスしてくれるんです。 そのアドバイスに従ったところ、これまで自分でやってきた猫よけが嘘のように、野良猫がやってこなくなりました。 確実に猫よけを成功させるには、ノウハウの豊富な専門家に頼るのが1番です。 さらに、 万が一、専門家のサポートでも猫よけに成功できなければ、全額返金してもらえるので、お金が無駄になる心配もありません。 野良猫に頭を悩まされている方は、ぜひチェックしてみてください。

次の

ホウ酸団子の作り方・効果と犬猫の誤飲リスクなどまとめ

イノシシ 駆除 毒

害獣は法律で保護されている? 日本に生息する鳥獣は、 「鳥獣保護法」で守られているので許可なく捕獲をすることは 基本的に 禁止されています。 また、許可を得ても、罠を使っての捕獲には 「狩猟免許」が必要になります。 そのため、有害鳥獣の捕獲は 「許可捕獲」と言って、都道府県知事の許可のもと行う必要があり、破った場合は罰則が設けられています。 また、もともと日本にはいなかったアライグマやタイワンリスなどの特定外来生物に関しても 「外来生物法」によって捕獲に許可が必要となっているので注意が必要です。 ただし、自治体によっては、特定外来生物に関する講習会を行っているところもあり、受講することで捕獲従事者として認められ、狩猟免許が無くても特定外来生物の捕獲が可能になることもあります。 com 無許可で害獣を捕獲した場合の罰則は? 1.鳥獣保護法違反• 狩猟鳥獣以外の鳥獣の捕獲等 >>> 1年以下の懲役または100万円以下の罰金• 鳥獣保護区特別保護地区での無許可の行為 >>> 6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金• 占有者の承諾なしの鳥獣の捕獲等 >>> 50万円以下の罰金• 捕獲許可用の不携帯・不提示 >>> 30万円以下の罰金 2.外来生物法違反• 販売等目的のとくつぇい外来生物の飼養等・譲渡し等 >>> 3年以下の懲役または300万円以下の罰金• 特定外来生物の飼養等・譲渡し等 >>> 1年以下の懲役または100万円以下の罰金• 種類名証明書なしの輸入 >>> 50万円以下の罰金• 立会検査協力義務違反 >>> 30万円以下の罰金 モグラのように、簡易捕獲器などがホームセンターで売られているものもあるが、捕獲の際には注意が必要じゃぞ! 別記事「」では、モグラの捕獲器具も紹介していますが、モグラもここで言う「捕獲に許可が必要な鳥獣」に当てはまるので、捕獲器を利用する際には注意をしてください。 害獣を捕獲する許可申請の手順 画像: — 農林水産省HP 害獣の捕獲には許可申請が必要なのですが、申請先は 「都道府県」「市町村」「環境省」「保健所」「農業センター」など各自治体によって違います。 申請にあたっては、 提出書類に害獣の種類、被害の写真、捕まえる方法、狩猟許可証のコピーなどを添付し審査を受ける必要があります。 申請には少なくとも 2週間ほどかかることが多く、窓口での対応が基本になるため直接申請に行けない場合は一度電話でお住まいの地域の役所に相談してみると良いでしょう。 スポンサーリンク まとめ 今回は害獣の捕獲に関する法律や許可申請の必要性についてご紹介いたしました。 害獣は、アライグマやハクビシンなどの中型のものから、イノシシやシカなどの大型のものなど様々です。 万が一、自作の罠などで捕獲できてしまった場合、素人では捕獲後の処理も難しく、許可申請や狩猟免許の有無は、被害に遭われている農林業従事者が困らないためにも必要であると言えるでしょう。 シカなどを捕獲するつもりではった罠に、 特別天然記念物のニホンカモシカなどがかかってしまった場合は直ちに罠を解く必要があります。 もし害獣にお困りの場合は、役所や地域の猟友会、または害獣駆除専門業者にご相談するのが良いでしょう。

次の

新・イノシシ対策。

イノシシ 駆除 毒

イノシシは害獣のため、イノシシ駆除をすれば補助金を出している地域もあります。 金額設定は自治体によって様々です。 市は伏せますが、イノシシ1匹を駆除すると、いくら補助金がもらえるのか? いくつかご紹介します。 ・A市 6,000円 ・B市 15,000円以内 ・C市 5,000円 ・D市 10,000円 ・E市 成獣は8,000円以内 幼獣は1,000円以内 地域によって、イノシシ駆除の補助金は、バラつきがあることがわかったでしょう。 さらに、県からの助成金・国からの助成金があると、駆除金額が増します。 また、イノシシ駆除をする時は、罠を使って駆除することが多いです。 罠の金額も一部負担してくれる地域もあります。 イノシシがエサを狙ってきそうな場所に『エサが見えなくなるように』トタン板を立てます。 イノシシは食べ物が見えないと、エサがないと認識して近寄ろうとしません。 トタン板でイノシシの視界をふさぐ方法は昔からあるため、駆除効果は実感できるでしょう。 イノシシは見かけによらず、約1m程度ジャンプすることができます。 高さが低いトタン板だと意味がありません。 さらにもう一つ、『隙間を作らないように設置する』ことです。 アニメなどに登場するイノシシはどっしり横幅も太くその印象が強く残りがちですが、実際のイノシシは前から見ると厚みは余りなく、20cmの隙間があれば潜って浸入します。 トタン板でイノシシ駆除をする時は、板の高さ・隙間に注意して設置することが重要です。 トタン板よりも楽にイノシシ駆除をしたい場合は、ワイヤーメッシュを使いましょう。 イノシシの視界を遮らなくても駆除できます。 ですが、ワイヤーメッシュはイノシシ駆除専用グッズではありません。 本来は、コンクリートを補強する時に使う資材です。 ワイヤーメッシュは、電気柵・ネット柵よりも強度がある・イノシシに食いちぎられる心配もないため、イノシシ駆除に使われています。 イノシシはジャンプしても無駄とわかれば、土を潜って侵入してきます。 ワイヤーメッシュ設置後の管理も必要です。 イノシシは視界が良い場所が苦手なため、ワイヤーメッシュ周辺の草を刈ります。 イノシシの駆除対策を持続させるなら、『常に視界が良い状態をキープする』ことが重要です。 電気柵は様々な害獣駆除にも使われています。 もちろん、イノシシ駆除にも効果的です。 電気柵にイノシシが接触すると、身体に電流が流れます。 電流が流れると、驚きと同時に不快感も味わうため、イノシシが近寄ってきません。 一般的には電気柵と呼ばれていますが、精神的苦痛を与えることから心理柵とも呼ばれています。 電気柵は、イノシシに不快な経験をさせることができる駆除道具です。 電気柵によるイノシシ駆除は、肉体的・精神的にダメージを与えることができます。 電流が流れない場所は、乾燥している地面・コンクリート・石畳等です。 電流が流れない場所に電気柵を設置する時は、トタン板を地面に敷く等して電気を流します。 電気柵でイノシシ駆除をする時は、『イノシシの鼻先が触れるように設置する』ことです。 電線は2本~3本使いますが、20cm間隔で設置しましょう。 イノシシの身体はとても硬い毛に覆われているため、鼻先に電気柵が触れないと、駆除効果が薄れます。 また、電気柵で囲って、隙間がないように設置するのがポイントです。 傾斜から近い場所に電気柵を設置すると、イノシシがジャンプして超える可能性があります。 傾斜の近くに電気柵を設置する場合は、『傾斜のある場所から約2m離れた場所』に、電気柵を設置することです。 電気柵を設置した後は、草刈りを定期的にしましょう。 草が電気柵に触れると、漏電してイノシシの駆除効果が落ちます。 超音波はイノシシを含む、様々な動物の駆除対策に使われています。 イノシシの被害に遭っている方は、超音波で駆除するのもおすすめです。 大掛かりな作業がないため、楽に設置できるのもメリットです。 しかし同じ周波数だとイノシシは徐々に慣れていきます。 そのため、イノシシが慣れないように、様々な周波数が発生するよう工夫されている製品もあります。 購入時は確認してみるのも良いでしょう。 イノシシにとって超音波の音は不快ですが、よっぽど聴力が良くない限り、人間に超音波の音は聞こえません。 電池式は天気に関係なく、安定してイノシシ駆除ができるのが特徴です。 ただし、電池交換する手間があります。 ソーラータイプは、天気に左右されるのがデメリットです。 悪天候が続いた時のために、電池対応可能なタイプ・充電機能付きを選びましょう。 また、超音波グッズの種類によっては、大きな音が出る・ライト機能付き等もあります。 イノシシは基本的に夜行性のため、夜間も気が抜けません。 夜行性の動物は眩しい光が苦手ですが、イノシシは青い光り・赤い光りを嫌がります。 青い光り・赤い光りを放つライトを設置して、夜間もイノシシ駆除をしましょう。 イノシシの視界に入る場所・イノシシに侵入させたくない場所にライトを設置します。 赤と青が交互に点滅するもの・点灯パターンが複数あるものが主流です。 ですが、全てのイノシシが夜行性とは限りません。 イノシシによっては人間が怖くない・安全な場所と判断する個体もいます。 恐怖を感じないイノシシは、昼間も行動するのが特徴です。 ライトを使ったイノシシ駆除ですが、『夜行性のイノシシだけに効果がある』ことがわかっています。 昼間に行動しているイノシシは光りに慣れているため、赤い光り・青い光りで照らしても駆除効果はありません。 イノシシの被害に遭って困っている場合は、箱罠(はこわな)で駆除しても良いでしょう。 ただし、箱罠でイノシシ駆除を行う時は、『捕獲許可』を取らないといけません。 箱罠のメリットは、1つの箱罠で数頭まとめてイノシシを捕獲できることです。 また、箱罠でイノシシを捕獲した後は、イノシシに逃げられることは少ないでしょう。 箱罠はとても頑丈です。 イノシシは、鼻で約50kg~60kgなら持ち上げることができますが、箱罠の扉を鼻で開けることはできないでしょう。 ただ箱罠を設置しても、イノシシ駆除に失敗する可能性があります。 箱罠でイノシシ駆除をする時は、ポイントを抑えましょう。 箱罠を設置する場所は、『イノシシが通る場所に置く』ことです。 イノシシの足跡・糞・食事をした痕跡等を探しましょう。 痕跡を見つけたら、『平らな地面の上に設置』します。 地面が不安定だと、箱罠の扉がスムーズに落ちてこない場合があるからです。 エサの置き方は、箱罠にイノシシが近づくように置きます。 『箱罠から約10m離れた場所からエサを置いて、箱罠に向って置く』のがポイントです。 箱罠の中にもエサを置きます。 エサは米ぬか・米・サツマイモ・果物等が良いです。 イノシシ駆除を業者に依頼した場合の料金相場はおよそ100,000円~240,000円です。 業者によっては、イノシシの回収料金・運搬料金を別途で回収する場合もあります。 業者がイノシシ駆除を行う時は、箱罠を使うことが多いです。 そのため、箱罠のタイプ 方扉・両扉 ・箱罠の設置台数によっても料金が変わります。 箱罠を設置した後は、イノシシの捕獲確認をしないといけません。 箱罠付近に監視カメラを設置して、イノシシが捕獲されたら依頼主にメールでお知らせします。 その後は、捕獲したイノシシを業者が回収する仕組みです。 自分でイノシシ駆除ができない方は業者にお願いしましょう。 業者なら、よほどの事がない限り確実にイノシシを仕留めてしてくれるでしょう。

次の