立ち わかれ いなば の 山 の 峰 に お ふる。 猫が行方不明になった時に行った2つのおまじない

古今集巻八 立ちわかれいなばの山の峰におふるまつとしきかば今かへりこむ 在...

立ち わかれ いなば の 山 の 峰 に お ふる

【2001年1月20日配信】[No. 行平は855年に因幡(いなば)国(現在の鳥取 県)の守となりました。 その赴任のための別れを表しています。 【いなばの山】 因幡の国庁近くにある稲羽山のこと。 「往なば(行ってしまったな らの意味)」と掛詞になっています。 【生(お)ふる】 動詞「生ふ」の連体形。 生える、という意味です。 【まつとし聞かば】 「まつ」は「松」と「待つ」の掛詞。 「し」は強調の副助詞、「聞 かば」は仮定を表します。 全体では「待っていると聞いたならば」 の意味となります。 【今帰り来む】 「今」は「すぐに」を意味しており、「む」は意志の助動詞。 「す ぐに帰ってくるよ」という意味です。 818〜893) 平城(へいぜい)天皇の皇子・阿保(あぼ)親王の子で、業平の異 母兄にあたります。 文徳天皇の御代の850年ごろ、過失をおかして 一時期須磨に流されたことがありました。 お別れですが、因幡国・稲羽の山に生える松のように「待ってい るよ」と言われたならば、すぐにでも帰ってきましょうぞ。 都から遠く離れた地方都市へ赴任する自分の身を思い、都への断 ちがたい思慕を詠んだせつない歌です。 別れの名句といえるでしょ う。 ユーモアエッセイの名手、内田百間(門に月の字)の本に「ノラ や」という連作エッセイがあります。 その中でいなくなった愛猫、 ノラが戻って来るように、このおまじないをするシーンがあります。 この歌の切なさが、いなくなった動物へ寄せる思いに通じ、こう したおまじないが生まれたのでしょう。 もし飼い猫がいなくなった時には、試してみてください。 行くときは山陰本線の鳥取駅で下車し、中河原・栃本 方面行きのバスに乗り、宮ノ下で降ります。 宮ノ下バス停からは、稲葉山(標高249m)まで続く4. 8kmの登山 コースがあり、武内宿弥命(たけのうちのすくねのみこと)を祭神 とする「宇倍神社」や、宮下古墳群を通り、最後に在原行平の塚に 到達します。 稲葉山は国守・大伴家持も歌に詠んだ名勝で、新緑や 紅葉時の自然散策を楽しめます。 付近には大伴家持ゆかりの古跡と歌を記念した、「稲葉万葉歴史 館」もありますので、一度訪れられてはいかがでしょうか。

次の

百人一首/中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)

立ち わかれ いなば の 山 の 峰 に お ふる

稲葉山は宇部野山、あるいは上野山とも呼ばれ、その昔多くの歌人に詠まれた山である。 特に因幡の国主であった中納言行平(在原行平)の詠んだ「立ちわかれ いなばの山の 峰におふる まつとしきかば 今かへりこむ(お別れして、因幡の国へ行く私ですが、因幡の稲羽山の峰に生えている松の木のように、私の帰りを待つと聞いたなら、すぐに戻ってまいりましょう)」は、百人一首の16番歌である。 なお、この歌を紙に書き、玄関に貼っておくと、居なくなった猫が帰ってくると言われ、昔から猫返しのおまじないとして知られている。 宮ノ下地区公民館へ駐車 登山口は宇倍神社 稲葉山の登山口は、鳥取市国府町の因幡国一之宮の宇倍神社で、駐車地として宮ノ下地区公民館の駐車場が使えるので、車を置いて登山を開始した。 宇部神社の前に着き、左に神社入口を過ごす。 舗装された車道を折り返しながら、緩やかに高度を上げる。 中国自然歩道の案内 七宝水 やがて進路が北東にまっすぐ向くと、左に宇倍神社から0.5Km、稲葉山へ2.2kmの案内が現れる。 この道は中国自然歩道で、もう少し進むと、右に七宝水があった。 ただし、水量はとても少なく飲める状態ではなかった。 鳥取藩主池田家墓所の案内(クリックで拡大) 作業小屋を過ごす 更に進むと右カーブとなり、この起点には「稲葉山へ2km」の案内と左に向かえば、「池田家墓地へ0.7km」の案内が置かれていた。 この先で「行平塚」の案内を過ごして更に進むと、右に作業小屋を過ごす。 作業小屋先から展望が開けている 頭上を樹林が覆う 作業小屋から少し進んだ地点で背後を振り返れば、樹林の上に市街地が広がっていた。 このコースでは、ほとんど展望は望めそうにないので、つかの間の展望を楽しむ。 舗装道を黙々と進めば、やがて右に稲葉山と宇部神社にそれぞれ1kmの案内を過ごす。 この案内は中国自然歩道の案内とは違う種類のようだ。 稲葉山が見えてくる(クリックで拡大) 鳥取市街の展望(クリックで拡大) 頭上を覆っていた樹林が切れると左右に畑地が現れ、まっすぐな舗装道の先に稲葉山が現れた。 とても明るい雰囲気なので、これまでの舗装道歩きが報われた思いがする。 再び頭上を樹林が覆い、右カーブを描きながら進んでいると、稲葉山の案内が掲示されていた。 登山道の左右に畑地が続く 稲葉山の案内 案内を眺め、更に舗装道を進む。 間もなく舗装道のピークを越えれば左に平坦な場所が現れる。 稲葉山の三角点は右側のピークに置かれており、ピークへ向かう踏み跡は確認したが、展望の無いことは間違いないのでピークを目指すのはやめて展望広がる草原へ向かう。 間もなく稲葉山のピーク 三角点へ向かう踏跡 山頂広場 久松山などの展望(クリックで拡大) 草原からは北西に向かって展望が広がり、久松山やアンテナの置かれた本陣山が見えている。 また、久松山の左側には市街地が広がり、遠く日本海まで眺めることができた。 稲葉山からの展望を確認することができたので下山を開始。 何も心配の無い舗装道を下っていると、山頂下には畑地が多いことに気づく。 平坦な場所を有効利用して野菜を栽培しているのだろう。 宇倍神社へ参拝 山頂から下山後に因幡一之宮の安部神社へ参拝、この神社は古くから福徳長寿、厄除けの神として病気平癒、交通安全や子供の成長を祈り、さらに志を打ち立てる社として広く崇敬されている。 神社の案内によれば、宇倍神社は、孝徳天皇大化4年の創建と伝えられ、平安時代にまとめられた延喜式では鳥取県で唯一の名神大社、また一の宮として信仰を集め、明治4年に定められた制度により国幣中社に列せられた。 現在の社殿は明治31年に完成し、翌32年には全国の神社では初めて、御祭神である武内宿禰命(たけのうちのすくねのみこと)の御尊像と神社拝殿が共に五円紙幣に載せられ、以後大正・昭和と数回宇倍神社が五円・一円紙幣の図柄となっている。 お金に御縁があり、商売繁昌の神様として全国からの参詣が絶えないとのことである。 畑地の先に稲葉山 山頂から鳥取市街 宇倍神社 前の山 を見る 次の山 を見る 歩いた足跡 登山口周辺の地図はこちら 鳥取県鳥取市 稲葉山.

次の

猫が行方不明になった時に行った2つのおまじない

立ち わかれ いなば の 山 の 峰 に お ふる

阿保親王の第二子。 母は一説に。 むすめの文子は清和天皇の更衣となり貞数親王を生む。 九歳のとき臣籍に下り、在原氏を賜る。 仁明天皇の承和七年 840 、蔵人に補せられる。 侍従・右兵衛佐・右近少将などを経て、文徳天皇代の斉衡二年 855 正月七日、従四位下に昇叙される。 同十五日、因幡守を拝命し、間もなく任国に赴任する。 因幡で二年ほどを過ごして帰京。 斉衡四年、兵部大輔。 以後中務大輔・左馬頭・播磨守などを経て、清和天皇の貞観二年 860 、内匠頭。 さらに左京大夫・信濃守・大蔵大輔・左兵衛督などを歴任し、同十二年正月、参議。 同十四年八月、蔵人頭に補せられる。 同十五年、従三位に昇り、大宰権帥を拝して筑紫に赴く。 陽成天皇の元慶元年 877 、治部卿を兼ねる。 同六年、中納言に昇進。 光孝天皇の元慶八年三月、民部卿を兼ねる。 九年二月、按察使を兼ねる。 仁和三年 887 四月、七十歳にして致仕。 最終官位は正三位。 民政に手腕を発揮した有能な官吏であり、また関白藤原基経としばしば対立した硬骨の政治家であった。 元慶八年 884 〜仁和三年 887 頃、自邸で歌合「民部卿行平歌合」(在民部卿家歌合)を主催。 これは現存最古の歌合である。 歌壇の中心的存在として活躍し、また一門の学問所として奨学院を創設した。 歌からは左大臣との交流も窺える。 勅撰入集は計十一首。 1首 1首 1首 2首 6首 計11首 春 題しらず 春のきる霞の衣ぬきをうすみ山風にこそみだるべらなれ (古今23) 【通釈】春が着る霞の衣は、緯糸 ぬきいと が薄いので、山を吹く風に乱れるものらしい。 【補記】山にかかった霞を春の着る衣に喩え、それが風に吹き乱されるさまを、緯糸 ぬきいと が薄いために破れてしまったのに違いない、と見た。 「はる 張る 」「きる 着る・截る 」「ぬき 緯・脱ぎ 」「みだる 衣が破れる 」と、衣に関する縁語を横糸として織り込んだ。 めまぐるしいまでの技巧を駆使している。 【他出】新撰和歌、古今和歌六帖、和歌童蒙抄、定家八代抄、桐火桶、悦目抄 【主な派生歌】 見渡せばこのもかのもにかけてけりまだぬきうすき春の衣を 霞たつ春の衣のぬきをうすみ花ぞ乱るるよもの山風 [続拾遺] 橋姫の霞の衣ぬきをうすみまださむしろの宇治の河風 [新後拾遺] 佐保姫の霞の衣ぬきをうすみ花の錦をたちやかさねむ 暮かたの秋さり衣ぬきをうすみたえぬ夜寒に今ぞうつなる 源家清[玉葉] 恋 題しらず 恋しきに消えかへりつつ朝露の今朝はおきゐむ心ちこそせね (後撰720) 【通釈】恋しさに消え入るような思いがして、朝露が置くように、今朝は起きて座っている気持ちにもなれない。 【補記】後撰集恋三。 行平の残した唯一の恋歌である。 恋人と一夜を過ごし、恋しさに消え入るような思いで朝を迎えた。 朝露は葉の上に「置き」てあるが、私は寝床から「起き」上がって一日の生活を始める気になどなれない、との心。 「きえかへり」「おきゐ」が露の縁語になる。 男が去ったあとの床に残された女の気持で詠んだ歌だろう。 離別 題しらず 立ちわかれいなばの山の峰におふるまつとし聞かば今かへりこむ (古今365) 【通釈】お別れして、 因幡 いなば の国へと 去 い なば、任地の 稲羽 いなば 山の峰に生えている 松ではないが、私の帰りを 待ち遠しく思ってくれるだろうか。 故郷 くに からの便りでそうと聞いたなら、すぐ帰って来よう。 稲羽山、稲葉山とも書く。 国庁跡の東北。 ただし固有名詞でなく「因幡の国の山」と見る説もあり、また『歌枕名寄』などは美濃国の歌枕としている。 「いなば」は、「去なば」(去ったならば、の意)を掛けている。 「まつ」に松・待つを掛ける。 【補記】古今集巻八、離別歌の巻頭。 制作事情は不明であるが、行平は斉衡二年 855 正月、因幡守に任ぜられているので、その頃の作であろう。 赴任先の地名に因む「いなば」に「去なば」を掛け、山の峰に生えている「松」に寄せて、任国へと去った自分を都で「待つ」人がいるならすぐに帰って来よう、と別れの挨拶とした。 掛詞を駆使して古今集の詠風を先駆し、「いなば」と「まつ」を結ぶのに「稲葉の山の峰におふる松」という、一首の主意を離れる異文脈の挿入句をはさんで複雑な曲折を生んでいるのは、遥か新古今の歌風さえ予告している。 関を自由に吹き越えてゆく須磨の浦の風よ。 【補記】京を去り、摂津国の須磨にいた頃に詠んだという歌。 籠居の身を「旅人」になぞらえ、関を吹き越えてゆく秋風に時の経過と都への慕情をおぼえている。 源氏物語に「行平の中納言の関吹きこゆるといひけむ浦波」とあるので、古くから行平の作として伝承されてきた歌なのだろうが、勅撰集には洩れ続け、鎌倉時代の続古今集に初めて採用された。 【他出】歌枕名寄、源平盛衰記 【主な派生歌】 秋風の関吹きこゆる度ごとに声うちそふる須磨の浦波 [新古今] 須磨のうら関吹きこゆる春風に霞みだるる明けぼのの空 須磨の浦や波に面影たちそひて関吹きこゆる風ぞかなしき 須磨の海人のなれにし袖もしほたれぬ関吹きこゆる秋の浦風 〃 逢坂の関吹きこゆる風のうへにゆくへもしらずちる桜かな 題しらず いくたびかおなじ寝覚めになれぬらむ苫屋にかかる須磨の浦波 (玉葉1222) 【通釈】幾度同じような寝覚めを経験して、それに慣れてしまったのだろうか。 苫屋にかかる須磨の浦波よ。 【補記】玉葉集巻八、旅歌。 これも鎌倉時代以後の歌集にしか見えない歌で、新編国歌大観で検索する限りでは鎌倉初期の私撰集『雲葉集』が初出である。 須磨を詠んだ歌と言えば行平を連想するのが常識だったから、それらしい古歌を行平作と見なして入れたのだろうか。 古今集・後撰集の行平の詠風とは異なるものである。 涙に暮れる意の「しほたれ」と掛詞になる。 【補記】源氏物語須磨の巻に引かれて名高い作。 「田むらの御時」、すなわち文徳天皇の時代 850〜858 、事件にかかわって摂津の須磨に籠居させられた際、宮廷の人に書き送った歌という。 流謫の原因はまったく不明である。 流人を海人 あま に擬える趣向は万葉集のの島流しを詠んだ歌「うちそを麻続 をみ のおほきみ海人なれや伊良虞が島の玉藻苅ります」など古い伝承に淵源を持つ。 【他出】業平集、新撰和歌、古今和歌六帖、麗花集、奥義抄、五代集歌枕、万葉集時代難事、和歌色葉、定家十体(幽玄様)、定家八代抄、詠歌大概、近代秀歌、八代集秀逸、別本八代集秀逸(後鳥羽院・家隆撰)、時代不同歌合、色葉和難集、歌枕名寄、桐火桶、歌林良材 【主な派生歌】 我が如く我を尋ねば海士を舟人もなぎさの跡と答へよ [新古今] 故郷にとふ人あらば紅葉ばのちりなむ後をまてとこたへよ 素意[千載] 恋しさに死ぬる命を思ひ出て問ふ人あらばなしと答へよ 読人不知[新古今] 面影の君にしられぬ音をぞなく問ふ人あらば月にこたへよ 藻塩たれひるまもなきをわくらばにとへどもまたじすまの波風 〃 帰りきて問ふ人あらば見すばかり絵島をこれに写せとぞ思ふ 藤原惟方[玉葉] すまの浦や藻塩たれけむ昔まで煙に残る夕ぐれの空 布引の滝にてよめる こきちらす滝の白玉ひろひおきて世の憂き時の涙にぞかる (古今922) 【通釈】しごき散らす滝の白玉を拾っておいて、人生の辛い時の涙に借りるのだ。 【補記】滝の飛沫を白い宝玉に喩え、数珠からしごいて散らしたようだと見立てている。 それを拾っておいて、辛い時流す涙の代用にしよう。 それほど私には「世の憂き時」が多いのだ、と言っているわけだが、世間への恨みは水しぶきの美しいイメージによってじゅうぶん償われているのである。 古今集ではこの次に弟の業平が同所で詠んだ歌を載せる。 布引の滝は摂津国の歌枕。 現在も同名の滝が新神戸駅の裏山にある。 伊勢物語によれば芦屋には在原一族の所領があった。 布引の滝に立ち寄る機会はたびたびあったことだろう。 陽の当たる身となる時世。 【補記】出典は伊勢物語八十七段。 行平は「衛府の督 かみ 」として登場している。 【他出】伊勢物語、六百番陳状、定家八代抄、正徹物語 家に行平朝臣まうで来たりけるに、月のおもしろかりけるに、酒などたうべて、まかりたたむとしけるほどに 照る月をまさきの綱によりかけてあかず別るる人をつながむ 【通釈】まさきの葛 かずら を綱に撚 よ って月に繋いで、帰ろうとする人を引き留めよう。 返し 限りなき思ひの綱のなくはこそまさきの 葛 かづら よりもなやまめ (後撰1082) 【通釈】「まさきのかづら」は限りなく長いそうですが、そんなふうに限りのない思いがあなたにあるでしょうか。 キョウチクトウ科の蔓植物。 またツルマサキの古名とも。 【補記】左大臣源融の家に遊びに行って、月を眺め酒を飲んだ。 行平が辞去しようとすると、左大臣はまさきの葛に寄せて引き留めようと歌を詠み、それに行平が返した。 月に届く程の気持はあるまい、と左大臣の大仰さをからかったのである。 【他出】業平集、古今和歌六帖、定家八代抄 仁和のみかど、嵯峨の御時の例にて、芹河に行幸したまひける日 嵯峨の山みゆきたえにし芹河の千世のふるみち跡はありけり (後撰1075) 【通釈】嵯峨天皇以来、行幸が絶えてしまっていた芹川ですが、遥かな代の古道は跡が残っていました。 行幸の場所を言っているのではない。 京都市伏見区下鳥羽に芹川町の名が残る。 【補記】後撰集雑一の巻頭。 詞書は「がの例にならって芹河行幸をなさった日」の意。 『類聚国史』によれば仁和二年 886 十二月十四日のことである。 「ふるみち」は英帝の誉れ高い嵯峨天皇の政道を暗示し、光孝天皇による行幸復活ひいてはすぐれた政道の復活を讃えた。 【他出】後撰集、五代集歌枕、古来風躰抄、定家八代抄、近代秀歌、秀歌大躰、八代集秀逸、時代不同歌合、歌枕名寄 【主な派生歌】 嵯峨の山千代のふるみち跡とめてまた露わくる望月の駒 [新古今] 大井川まれのみゆきに年へぬる紅葉の舟路跡はありけり [続後撰] 春くれば千世のふる道ふみわけてたれ芹河の若菜つむらん [新続古今] 芹河の波も昔にたちかへりみゆきたえせぬ嵯峨の山風 [続古今] さびしさは秋の嵯峨野の野辺の露月に跡とふ千代のふる道 いにしへの千世のふるみち年へてもなほ跡ありや嵯峨の山風 〃 芹河の千代の古道すなほなる昔の跡は今や見ゆらむ 千世ふべき君がすみかの嵯峨の山今も昔の跡ぞかしこき 良覚[続千載] 嵯峨の山今もかさなる跡みえて行末遠し代々のふる道 法印定為[続後拾遺] 思はずよ花をかたみの嵯峨の山雪に跡とふ千世の古道 源満元[新続古今] 嵯峨山の松も君にしとはれずは誰に語らむ千世のふるごと おなじ日、鷹飼ひにて、 狩衣 かりぎぬ のたもとに鶴の 形 かた を縫ひて、書きつけたりける 翁 おきな さび人なとがめそ 狩衣 かりごろも けふばかりとぞ 鶴 たづ も鳴くなる (後撰1076) 行幸の又の日なむ致仕の表たてまつりける。 【通釈】老いて狩衣など着た出で立ちを、皆さん咎めないでほしい。 こんな姿でお供するのも、今日が最後の狩だと、この鶴も鳴いている。 七十歳近い身を自嘲しての物言いである。 【補記】「おなじ日」は、仁和二年 886 十二月十四日。 嵯峨天皇以来途絶えていた芹河行幸を、光孝天皇が復活させて挙行した日である。 行平は当日の鷹狩にお供する際、狩衣の袂に鶴の刺繍をして、この歌を書き付けたという。 左注には行幸の翌日致仕の表(辞職引退願)を出したとあるが、致仕が許されたのは翌年の仁和三年 887 四月十三日である。 その六年後の寛平五年 893 七月十九日、行平は七十六歳で亡くなった。 伊勢物語百十四段には行平の名を出さずにこの歌を引き、自身の老いを言われたかと勘違いした光孝天皇が機嫌を損じたとの話になっている。 【他出】業平集、伊勢物語、古今和歌六帖、俊頼髄脳、奥義抄、和歌童蒙抄、万葉集時代難事、袖中抄、宝物集、和歌色葉、定家八代抄、色葉和難集、六華集、歌林良材 更新日:平成15年03月21日 最終更新日:平成21年02月28日.

次の