クランベリー パーク。 南町田グランベリーパーク エリアガイドマップ

南町田グランベリーパーク エリアガイドマップ

クランベリー パーク

広告 延床面積15万平米のショッピングモール 「南町田グランベリーパーク」は、東急田園都市線南町田駅周辺に建設される新しい商業施設や公園です。 東京都町田市、東京急行電鉄などが、一体開発しています。 その概要が明らかになりました。 開発総面積は駅周辺の約22万平米。 商業施設として誕生する「グランベリーパーク」は、かつての「グランベリーモール」跡地の約8万3000平米に建設されます。 延床面積約15万1000平米、店舗面積約5万3000平米という大規模なショッピングモールで、施設と直結する南町田駅は、「南町田グランベリーパーク」駅に改称します。 画像:東急電鉄 画像:東急電鉄 国内最大級のモンベル テナントですが、出店する約230店舗のうち、197店舗が発表されました。 4割がアウトレット、3割が飲食・食品販売店で構成します。 旅好きに注目は、グランベリーモールにも出店していたモンベルが、国内最大級となる2,250平米の店舗で戻ってくることでしょうか。 クライミング体験用のウォールや、カヤック試乗の人工池も併設。 アウトレット商品も取り扱います。 画像:東急電鉄 そのほか、スノーピーク、トイファクトリーといったアウトドア系の店舗が充実。 アウトレットでは、エーグル、コロンビア、ナイキ、ニューバランス、フルラ、コーチ、ギャップ、ゾフ、ユナイテッドアローズ、リーバイスなども登場します。 広告 飲食店も充実 飲食店ではスターバックスやタリーズコーヒーといった大手カフェチェーンや、マクドナルド、KFCといった定番のファストフードがオープン。 パンダエクスプレス、築地銀だこ、とんかつ新宿さぼてん、丸亀製麺、ウマミバーガー、あふり、クリスプ・サラダワークスなど、幅広い店舗が出店します。 東急ストアや成城石井、カルディといった日常的な店舗もきちんと入っています。 このほか、グランベリーモール営業時からあるシネマコンプレックスは改装して「109シネマズ」として再登場。 10スクリーンを備えます。 NHKの幼児番組が楽しめる キッズ向けのアミューズメント施設としては、NHK Eテレの幼児向け番組の世界観を体験できる「FUN VILLAGE with NHKキャラクターズ」が注目でしょうか。 Eテレの人気番組『いないいないばあっ!』『おかあさんといっしょ』『みいつけた!』の世界を体験できる日本最大級の施設です。 小さなお子様のいる家庭では注目でしょう。 そのほか、店舗リストは以下の通りです。 Ku YELLOW体操教室 109シネマズグランベリーパーク 広告 スヌーピーミュージアムも 駅周辺には7つの屋外広場が設けられます。 アウトドアやグルメ、エンターテイメントなど多様なコンセプトを持った広場で、自然に触れられる空間を活かし、イベントも行われます。 画像:東急電鉄 隣接する町田市有地7. 6ヘクタールには鶴間公園があり、2019年11月にリニューアルオープン。 南町田グランベリーパークと一体化されます。 また、公園と商業施設をつなぐ区域「パークライフ・サイト」では、ソニー・クリエイティブプロダクツが「スヌーピーミュージアム」を12月に移転開業します。 南町田近辺のみならず、東急田園都市線沿線からお出かけして1日楽しむのによさそうな、一大施設になりそうです。

次の

南町田グランベリーパーク エリアガイドマップ

クランベリー パーク

広告 延床面積15万平米のショッピングモール 「南町田グランベリーパーク」は、東急田園都市線南町田駅周辺に建設される新しい商業施設や公園です。 東京都町田市、東京急行電鉄などが、一体開発しています。 その概要が明らかになりました。 開発総面積は駅周辺の約22万平米。 商業施設として誕生する「グランベリーパーク」は、かつての「グランベリーモール」跡地の約8万3000平米に建設されます。 延床面積約15万1000平米、店舗面積約5万3000平米という大規模なショッピングモールで、施設と直結する南町田駅は、「南町田グランベリーパーク」駅に改称します。 画像:東急電鉄 画像:東急電鉄 国内最大級のモンベル テナントですが、出店する約230店舗のうち、197店舗が発表されました。 4割がアウトレット、3割が飲食・食品販売店で構成します。 旅好きに注目は、グランベリーモールにも出店していたモンベルが、国内最大級となる2,250平米の店舗で戻ってくることでしょうか。 クライミング体験用のウォールや、カヤック試乗の人工池も併設。 アウトレット商品も取り扱います。 画像:東急電鉄 そのほか、スノーピーク、トイファクトリーといったアウトドア系の店舗が充実。 アウトレットでは、エーグル、コロンビア、ナイキ、ニューバランス、フルラ、コーチ、ギャップ、ゾフ、ユナイテッドアローズ、リーバイスなども登場します。 広告 飲食店も充実 飲食店ではスターバックスやタリーズコーヒーといった大手カフェチェーンや、マクドナルド、KFCといった定番のファストフードがオープン。 パンダエクスプレス、築地銀だこ、とんかつ新宿さぼてん、丸亀製麺、ウマミバーガー、あふり、クリスプ・サラダワークスなど、幅広い店舗が出店します。 東急ストアや成城石井、カルディといった日常的な店舗もきちんと入っています。 このほか、グランベリーモール営業時からあるシネマコンプレックスは改装して「109シネマズ」として再登場。 10スクリーンを備えます。 NHKの幼児番組が楽しめる キッズ向けのアミューズメント施設としては、NHK Eテレの幼児向け番組の世界観を体験できる「FUN VILLAGE with NHKキャラクターズ」が注目でしょうか。 Eテレの人気番組『いないいないばあっ!』『おかあさんといっしょ』『みいつけた!』の世界を体験できる日本最大級の施設です。 小さなお子様のいる家庭では注目でしょう。 そのほか、店舗リストは以下の通りです。 Ku YELLOW体操教室 109シネマズグランベリーパーク 広告 スヌーピーミュージアムも 駅周辺には7つの屋外広場が設けられます。 アウトドアやグルメ、エンターテイメントなど多様なコンセプトを持った広場で、自然に触れられる空間を活かし、イベントも行われます。 画像:東急電鉄 隣接する町田市有地7. 6ヘクタールには鶴間公園があり、2019年11月にリニューアルオープン。 南町田グランベリーパークと一体化されます。 また、公園と商業施設をつなぐ区域「パークライフ・サイト」では、ソニー・クリエイティブプロダクツが「スヌーピーミュージアム」を12月に移転開業します。 南町田近辺のみならず、東急田園都市線沿線からお出かけして1日楽しむのによさそうな、一大施設になりそうです。

次の

南町田グランベリーパークのテナント【ジャンル別・レア店舗情報など】どんなお店か解説

クランベリー パーク

広告 延床面積15万平米のショッピングモール 「南町田グランベリーパーク」は、東急田園都市線南町田駅周辺に建設される新しい商業施設や公園です。 東京都町田市、東京急行電鉄などが、一体開発しています。 その概要が明らかになりました。 開発総面積は駅周辺の約22万平米。 商業施設として誕生する「グランベリーパーク」は、かつての「グランベリーモール」跡地の約8万3000平米に建設されます。 延床面積約15万1000平米、店舗面積約5万3000平米という大規模なショッピングモールで、施設と直結する南町田駅は、「南町田グランベリーパーク」駅に改称します。 画像:東急電鉄 画像:東急電鉄 国内最大級のモンベル テナントですが、出店する約230店舗のうち、197店舗が発表されました。 4割がアウトレット、3割が飲食・食品販売店で構成します。 旅好きに注目は、グランベリーモールにも出店していたモンベルが、国内最大級となる2,250平米の店舗で戻ってくることでしょうか。 クライミング体験用のウォールや、カヤック試乗の人工池も併設。 アウトレット商品も取り扱います。 画像:東急電鉄 そのほか、スノーピーク、トイファクトリーといったアウトドア系の店舗が充実。 アウトレットでは、エーグル、コロンビア、ナイキ、ニューバランス、フルラ、コーチ、ギャップ、ゾフ、ユナイテッドアローズ、リーバイスなども登場します。 広告 飲食店も充実 飲食店ではスターバックスやタリーズコーヒーといった大手カフェチェーンや、マクドナルド、KFCといった定番のファストフードがオープン。 パンダエクスプレス、築地銀だこ、とんかつ新宿さぼてん、丸亀製麺、ウマミバーガー、あふり、クリスプ・サラダワークスなど、幅広い店舗が出店します。 東急ストアや成城石井、カルディといった日常的な店舗もきちんと入っています。 このほか、グランベリーモール営業時からあるシネマコンプレックスは改装して「109シネマズ」として再登場。 10スクリーンを備えます。 NHKの幼児番組が楽しめる キッズ向けのアミューズメント施設としては、NHK Eテレの幼児向け番組の世界観を体験できる「FUN VILLAGE with NHKキャラクターズ」が注目でしょうか。 Eテレの人気番組『いないいないばあっ!』『おかあさんといっしょ』『みいつけた!』の世界を体験できる日本最大級の施設です。 小さなお子様のいる家庭では注目でしょう。 そのほか、店舗リストは以下の通りです。 Ku YELLOW体操教室 109シネマズグランベリーパーク 広告 スヌーピーミュージアムも 駅周辺には7つの屋外広場が設けられます。 アウトドアやグルメ、エンターテイメントなど多様なコンセプトを持った広場で、自然に触れられる空間を活かし、イベントも行われます。 画像:東急電鉄 隣接する町田市有地7. 6ヘクタールには鶴間公園があり、2019年11月にリニューアルオープン。 南町田グランベリーパークと一体化されます。 また、公園と商業施設をつなぐ区域「パークライフ・サイト」では、ソニー・クリエイティブプロダクツが「スヌーピーミュージアム」を12月に移転開業します。 南町田近辺のみならず、東急田園都市線沿線からお出かけして1日楽しむのによさそうな、一大施設になりそうです。

次の