茶 トラ。 サバトラってどんな猫?性格や特徴、キジトラとの違いは?|猫の総合情報サイト ペットスマイルニュースforネコちゃん

茶トラさんの話: モコちゃんが行く

茶 トラ

猫の種類、キジトラの性格とラの違いは? 1 キジトラの性格とルーツ 2 ラとは 3 キジトラとラの違いは何? スポンサーリンク 今回の記事では、意外と見分けがつきにくいといわれる、猫の種類で、キジトラとラの違いについて情報をまとめていきます。 毎日沢山のクリックありがとうございます。 猫好き=MIX(雑種)好きが多いといわれていますが、猫の種類で、キジトラとはどんな柄のことを言うのか? キジトラの性格とルーツ もともと猫は野生のヤマネコでしたが、その毛柄は、今回ご紹介する猫の種類のMIXの中の、キジトラ柄が始まりだといわれています。 この毛柄の遺伝子が、世界各地で突然変異していき、さまざまな毛柄や毛色の猫が増えていったと考えられています。 ですから、猫の種類の始まりは、このキジトラから発生していったのです。 最初は、猫の種類や柄などはバリエーションが少なく、4種類ほどしかなかったのです。 明るい色の毛を持つ種類の猫が日本で増えた理由は、外国との交流が活発化していったことだと考えらています。 これらの交流が活性化したことで、海外からも猫がやってきて、日本の猫と繁殖していき、様々な柄や種類の猫が増えていったと考えられています。 受け継ぐ遺伝子が違うと、同じ親から生まれたきょうだいでも違う毛柄になるため、親と同じ毛柄を持つ子や、もっと前の先祖の毛柄が出てくる猫などもいて、様々なバリエーションがある猫が誕生するのです。 トラ柄の基本は、背骨にそって伸びる線を中心に、左右に細いしま模様が入る毛柄のことをいいます。 背骨のラインを、スピンラインと呼び、トラ柄は、マッカレルタビーという正式な呼び名もあります。 トラ柄は3パターンあり、キジトラ、茶トラ、ラで、この中のキジトラは、猫本来の柄であるといわれています。 黒と茶色のしましま柄を持っているのが、キジトラという猫の種類で、特徴は次のようなものがあります。 顔に白い毛色が入ってくると、鼻はピンクやブチになることもあります。 キジトラの模様の濃淡には、もちろん個体差がありますが、猫の種類によっては、しま模様が薄くなっていて、全体的に茶色になっているものも存在しています。 そして、キジトラは別名、ブラウン・マッカレルタビー、ブラック・マッカレルタビーなどとも呼ばれています。 キジトラは、日本にいる猫の種類の中でも、唯一新種の遺伝子の影響を受けていない毛の柄を持った猫です。 ですから、最も野生に近い猫と呼ばれているので、「野生型」と的に呼ばれているのです。 現在も生息している、飼い猫の祖先であるといわれる、とほぼ同じ毛柄であることが分かっています。 このふたつの種類の猫は、両者とも柄や色を作る遺伝子が、同じ構造をしていることが分かっています。 キジトラと同じ遺伝子を持つ、は、現在中近東や、アフリカ大陸に生息している、野生のヤマネコの一種です。 現在、世界中で愛され、飼われている猫の毛柄は、すべてこのの毛柄が起源であると考えられています。 現在使われているキジトラという呼び名は、鳥のキジ メス)の柄と似ている色や模様なので、こう呼ばれるようになったといわれています。 ちなみに、オスのキジは赤や青、緑などカラフルな毛柄をしています。 猫の種類で、キジトラの柄を持つ猫の性格は、野生に近いため、この性質を受け継いでいるので、本能をむき出しにして遊んだり、知らない人に対して、警戒心が強く働くといわれていますが、なつくとかなり甘えん坊で、世話をしてくれる人間に対して警戒心を解いてくれるので、デレデレになる子もいるといわれています。 野生の血が強く、体力もあり、活発なタイプで、この種類の猫は、なんと、病気をしにくく、も高いといわれていて、乱暴な性格をしている部分もあり、かなり猫としては強いタイプであるといえるようです。 キジトラという種類の猫はバリエーションがあり、次のような柄が出てくる子もいます。 ラとは? 黒とシルバーのしましま柄になると、ラと呼ばれます。 ラの特徴は次のようなものとなります。 お腹までしっかりと縞模様が入っていて、猫によってはシルバーの色が強くて、縞が薄い子もいます。 ラもキジトラと同じで、白い毛色が入ると、鼻はピンクやブチになる場合もあります。 歴史を紐解くと、猫の種類でラが日本で増えてきたのは、なんと!戦後だと言われています。 1950年から1970年代の日本が経済成長をしていた時代に、海外から入ってきた洋猫が、日本にいた猫と交配して生まれたのではないかと考えられています。 歴史が浅いため、日本にはラが少なかったのですが、この数十年でグングンとその数を増やしているようです。 なので、今後は日本でラが数多く見かけられる可能性が高いと考えられています。 ラのバリエーションは次のようなものとなります。 猫の種類で、ラの性格は、わりと慎重な子が多く、活発である場合が多いといわれています。 キジトラとラの違いは何? それでは、キジトラとラの違いについて、情報をシェアしていきます! すでに情報をシェアしたとおり、キジトラは、猫の基本型の柄で、キジ柄の大本で、その中に、ラ、茶トラ柄が仲間に入っているのです。 キジトラとラの違いは、キジトラが茶と黒がベースの柄をしているのに対して、ラはシルバーと黒がベースの柄です。 これは、一部に色素の働きが弱くなったため、地色がシルバーとなり、しま模様の黒の色が濃くなったのです。 そして、すでにシェアしていますが、キジトラは鳥のキジ(メス)と柄が似ているのでこう呼ばれていて、ラは魚の鯖に色が似ているので、ラと呼ばれています。 猫の種類によって、いろんな呼び名があり、分けられているので混乱する方もいるかもしれませんが、覚えてしまえば、どちらがキジトラでラなのかは、一目瞭然ですから、よく観察すれば、あれはキジトラ、あっちはラだとすぐに分かるようになるかと思います。 スポンサーリンク mo88mo.

次の

猫の種類!茶トラ、茶白、白茶の性格と柄の違いは?

茶 トラ

猫の毛色や柄はどうやって決まるのだろうか。 『トラねこのトリセツ』(東京書籍)など3冊を監修した動物遺伝学の専門家、大石孝雄さん(元東京農業大学教授)に解説してもらいました。 現在、日本の家庭で飼われているイエネコのルーツは、中東に生息している野生のリビアヤマネコだといわれている。 黒と茶色の縞模様の猫だ。 リビアヤマネコに近い毛柄のキジトラ猫 「風景に身を隠しやすい黒と茶色の縞模様の遺伝子が、家畜化し、愛玩動物として飼われていくうちに、突然変異を起こして、長い年月をかけてさまざまな毛柄を生み出したと考えられます」 このため、現在のキジトラ猫は、もっとも野生のリビアヤマネコに近い毛柄だといわれる。 この基本の縞柄の遺伝子に、茶(オレンジ)の毛色を作る遺伝子が加わると茶トラになり、シルバーの毛色を作る遺伝子が加わるとサバトラになる。 キジトラから茶トラ、サバトラ(東京書籍「トラねこのトリセツ」から) 9種類の遺伝子座で決まる 猫がどんな毛色や柄になるかは、「遺伝子座」という染色体の一部が関与するという。 これに優性、劣性の遺伝子が組み合わさって、どの遺伝子が強く出るかで、猫の毛柄が決まる。 茶トラ、キジトラ、黒、白、黒白、サビ、三毛、茶トラ白など、計16通りにもなる。 猫の毛柄には「背中の上からソースをたらしたように色がついていく」という法則があるそうだ。 たとえば、白黒猫では、黒いブチ(斑点)やマーブルのような模様が出やすいのは背中やわき腹、頭などで、お腹の中心は白くなるという。 さらに親がキジならキジ、親が黒なら黒など、親子で同じ毛色が生まれるとは限らない。 そこが猫の毛の発現の不思議さだ。 「野生型の毛色を持つキジトラからサバトラと茶トラが生まれ、同じくキジトラから黒や白や、サビや三毛が生まれます。 親猫とまったく違う色の子猫が生まれることがあるのは、劣性遺伝子が孫の世代以降に飛び超えて受け継がれるためです」 キジトラから黒、サビ、三毛…(東京書籍「トラねこのトリセツ」から) 三毛猫にオスはまずいない とくに遺伝の仕方がユニークなのが三毛猫だ。 三毛猫は、茶、黒(またはキジトラ)、白の3色の柄が出ている猫。 この三毛猫はオスでは「3万分の1」の確率でしか生まれないという。 「三毛の茶色を決めるO遺伝子だけは、性染色体のX染色体上にあります。 メスはXX染色体で、オスはXY染色体。 オスは茶(O)と、黒あるいは縞(o)の2色を持つことができない。 この結果、オスの三毛が生まれるのは染色体異常の時だけです。 とても珍しいため、航海のお守りとして珍重された時代もあります」 かつて南極観測隊が「タケシ」というオスの三毛猫を同行させ、疲れた隊員を癒したこともあったという。 時代や地域によって、毛柄の好みによる正の人為的選抜があったのだろうと大石さんはいう。 茶色(オレンジ色)を持つ猫は西ヨーロッパでは36%以下、東アジアでは50%以上に達する地域もあるそうだ。 尾が曲がった鍵尻尾の猫 鍵シッポは鎖国時代にやって来た 毛色だけでなく尻尾も遺伝するという。 70%の猫が尾曲りで、典型的なのは先が折れた鍵尻尾。 ボンボンのような短い尾や、尾がないものもいます」 尾曲がりは、今もタイ、マレーシア、インドネシアなどに多いという。 「日本が鎖国をしていた時代、東インド会社の本部があったジャカルタから船が猫を乗せて長崎までやって来ました。 それが尾曲り猫で、長崎に根付いたと考えられています。 さらに、尾曲がりが広まったのは、負の選抜を受けなかったから、つまり地元で愛されたからでしょう。 昔は長い尾は年をとって猫又になると考えられたり、もっとリアルなところでは、尾が長いとお膳の上のお椀を振り払ってしまうので、尾が短くて粗相しない猫は『いいね』と大事にされてきたのかもしれません」 【関連記事】 ・ ・.

次の

猫の模様11選!種類を一挙ご紹介!

茶 トラ

com サバトラってどんな柄? サバトラとは、明るい灰色のベースに、黒っぽいシマ模様が入った毛色のことをいいます。 人気の猫種、アメリカンショートヘアに色あいがよく似ており、猫らしいシマ模様がチャーミングなので、サバトラ柄の猫も昔から根強い人気があります。 一口にサバトラと言っても、クッキリとシマ模様が出ているものから、模様が薄くぼんやりとしたものまで、毛色は様々です。 サバトラ柄の猫のお腹や手足の部分だけが白い場合は「サバトラ白/サバ白」などと呼んだりもします。 これらは雑種の日本猫にもごく普通にみられる柄なので、里親募集サイトなどでも出会うことができます。 アメリカンショートヘアとの違い アメリカンショートヘアの柄の正式名称は「シルバークラシックタビー」と言い、サバトラの柄は「シルバーマッカレルタビー」と言います。 これら2つの柄は、色はかなり似ていますがシマ模様の入り方が少し異なっています。 胴体部分を横から見た時、大きなうずまき模様になっているのがアメリカンショートヘアの「シルバークラシックタビー」、虎のようなシマ模様になっているのがサバトラの「シルバーマッカレルタビー」です。 キジトラや茶トラとの違い そもそもサバトラの「トラ」とは虎の模様のことを意味します。 つまり、サバトラ・キジトラ・茶トラは全て同じ模様の色違いなのです。 これらの柄では、全て胴体の横部分に虎のようにシマ模様が入っています。 それぞれ、サバトラは灰色に黒っぽいシマ、キジトラは茶色に焦げ茶のシマ、茶トラは薄茶色に茶色のシマ模様を指します。 com 猫の模様は遺伝する? 猫の被毛は、色や模様、長さや毛質を決めるための何種類もの遺伝子が複雑に関わり合うことで決まっていきます。 両親からどんな組み合わせの遺伝子を受け取って生まれてくるかは、一匹いっぴきの運次第です。 同じ組み合わせの父猫と母猫から生まれた兄弟猫でも、みんなそれぞれ違う柄をしていることも珍しくありません。 したがって、親猫の柄から生まれてくる仔猫の柄を推測するのはとても難しいことなのです。 サバトラの性格とは はっきりとしたことはわかっていませんが、猫の模様は性格にも関係しているのではないかと言われています。 サバトラ模様の猫は、おっとりして人見知りしないタイプの猫と、やや怖がりで慎重なタイプの猫に大きく二分されるようです。 もちろん個体差はありますし、育った環境によって性格は変わってくるので一概には言えませんが、サバトラの猫を家族に迎える際には少し参考にしてみてはいかがでしょうか。

次の