テニス アンダー サーブ。 テニスにおいてアンダーサーブが効果的な理由とは!?打ち方とコツもね

「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスのアンダーサーブを見直してみよう

テニス アンダー サーブ

カットサーブ禁止の真相 カットサーブが禁止になる理由は? 実はカットサーブ禁止には 「ダブル前衛」の存在が大きく関係しています。 勘のいい方ならお分かりですよね? カットサーブからのダブル前衛により、ソフトテニスの醍醐味であった「ラリー」がなくなってしまうことを、日本ソフトテニス連盟は危惧しているということです。 確かに日本トップクラスのペアがダブル前衛をすると本当に強く、カットサーブからのボレーやスマッシュで、ラリーになる前にポイントが終わってしまうことが多いです。 そのためソフトテニスを知らない人がダブル前衛の試合ばかり見ると「ソフトテニスはラリーが続かないし、低いサーブからのボレーの繰り返しで見応えがないな…」と勘違いしてしまいます。 なぜならカットサーブの難しさや凄さがわからないからです。 確かにソフトテニスが退屈なスポーツと思われてしまうと、競技人口を増やすことができず、オリンピック種目にすることも難しくなってしまいます…。 さらに28年度事業計画 案 でも「肩から下でのカットサービスの禁止についての検討を引き続き行う」と記載されています。 2年続けて書いてあるということは、禁止になる可能性が高いのか…と思われましたが、 29年、30年度の事業計画 案 ではなんと…カットサーブ禁止に関する記載がなくなっていました! つまり現段階(平成30年)でカットサーブが禁止になることはないということです! 強い雁行陣のペアが増えてきたことも関係あるかもしれないですが、とりあえず今のところは安心ということで良さそうですね! カットサーブ禁止について思うこと 確かに私自身、ソフトテニスをもっと世に広めたいという気持ちは強いです。 しかしそのためにカットサーブを禁止にしてしまうのは、あまりにも勝手すぎるのではないかと感じてしまいました。 今までカットサーブをひたすら練習し、それを武器に戦ってきた選手も数多くいると思います。 その選手達の今までの努力が水の泡…というのはさすがに可哀想です。 中には肩が悪くて上からサーブが打てなかったり、背が低いためカットで勝負したりしている選手もいるはずですからね。 カットサーブを禁止して、今ソフトテニスをやっている選手達が辞めてしまったら元も子もないです。 さらにカットサーブは硬式テニスではできない、柔らかいボールを生かしたソフトテニスならではの 「技」であり、ソフトテニスの多様性に富んだプレーの象徴でもあると思います。 そのカットサーブを禁止にしてしまうのは何よりもったいないですよね。 ソフトテニスをいつかオリンピック種目にしたいという想いは、ソフトテニス選手なら皆が望むことだと思います。 だからといってプレーに制限をかけることなく、他の方法でどうにかソフトテニスを普及していきたいものですよね。 私もこのブログを通して少しでもソフトテニス界に貢献できるよう頑張るので、皆さんもソフトテニスについて思うことがあれば積極的に発信していきましょう! 最後までありがとうございました。 SNSで拡散してもらえると嬉しいです! 関連記事は下からご覧下さい。 ツバサでした!.

次の

テニスのアンダーサーブの打ち方とコツ

テニス アンダー サーブ

こんにちは、にっちけです。 今回はアンダーサーブから学ぶべきことについてお話しします。 たびたびプロテニス選手がアンダーサーブを打つことについて話題になります。 賛否両論がありますが、私は賛成派です。 とはいえ否定派の意見もわかりますし、言いたい気持ちもわかります。 ここでは議論しないのでご了承ください。 本題にはいる前に私が考える否定的な意見の理由ですが、 これを言ったら怒られるかもしれないですが、たぶん嫉妬かなと思います。 何にたいしての嫉妬かというと、アンダーサーブでポイントを取られることです。 一般的にはアンダーサーブは遅いしチャンスボールになってもおかしくないボールなのにポイント取られる。。。 今回はここが話したいことです。 タイトルにもあるとおり、アンダーサーブで学ぶことに繋がります それでは、なにを学ぶのか結論から言います。 予想外のプレーはスピードが遅くても反応ができない。 ということです。 テニスをしていれば予想外のプレーはいくらでもありますが、アンダーサーブは予想外どころか想定もしていないと思います。 ようするに、『アンダーサーブは打たない』という思い込みです。 質問ですがあなたは、アンダーサーブを打ったことはありますか?。。。 打ったことがない場合はなにも問題ありません。 打ったことがあっても数えるほどでしょう。 打たないことの方が普通だし正常の考え方です。 そもそも、アンダーサーブっていう選択がないんではないでしょうか。 やはり、打つものじゃないという思い込みが強いからです。 わたしもほとんど打ちませんし。。。 わたしはアマチュアにこそアンダーサーブを打ってもらいたいです。 なぜかというと、打たれる方は慣れていないからです。 ちなみに私は学生時代に試合中アンダーサーブから崩され負けたことがあります。 これはについては、わたしが未熟だったこともありますので誰にでも当てはまるとは限りません。 なぜアンダーサーブで崩されかというと、どうやって攻めて良いかわからなかったから。 今考えると攻めるという選択も『遅いボールは攻める』と思い込んでいたことがいけなかったです。 アンダーサーブから打つ練習はしていないし、想定もしていないから未熟なわたしは試合の中でうまく調整ができず悔しい思いをしました。 ぜひ練習でアンダーサーブを打ってみて下さい。 打ったことで相手がどんな対応をするのか検証してみると面白い結果になると思います。 逆に練習でアンダーサーブを打ってもらうのもアリです。 実際に受けることでわかることがありますので、今までの思い込みをなくすきっかけになります。 これで以上になります。 今回わたしが伝えたいことは、『テニスで思い込みをなくそう』ということです。 思い込みをなくすためのわかりやすいプレーで、今回はアンダーサーブを例に出しました。 練習で取り入れることでいざという時に冷静に対応できるようになります。 最後に、アンダーサーブのコツはファーストサーブで打つことで、より効果が期待できます。 1試合でも打ちすぎないようにしましょう。 (1試合で4球以内くらい) ここまで読んでいただきありがとうございました。

次の

【テニス】サーブの練習のとき意識したいポイント【安定が最最優先】

テニス アンダー サーブ

カットサーブ禁止の真相 カットサーブが禁止になる理由は? 実はカットサーブ禁止には 「ダブル前衛」の存在が大きく関係しています。 勘のいい方ならお分かりですよね? カットサーブからのダブル前衛により、ソフトテニスの醍醐味であった「ラリー」がなくなってしまうことを、日本ソフトテニス連盟は危惧しているということです。 確かに日本トップクラスのペアがダブル前衛をすると本当に強く、カットサーブからのボレーやスマッシュで、ラリーになる前にポイントが終わってしまうことが多いです。 そのためソフトテニスを知らない人がダブル前衛の試合ばかり見ると「ソフトテニスはラリーが続かないし、低いサーブからのボレーの繰り返しで見応えがないな…」と勘違いしてしまいます。 なぜならカットサーブの難しさや凄さがわからないからです。 確かにソフトテニスが退屈なスポーツと思われてしまうと、競技人口を増やすことができず、オリンピック種目にすることも難しくなってしまいます…。 さらに28年度事業計画 案 でも「肩から下でのカットサービスの禁止についての検討を引き続き行う」と記載されています。 2年続けて書いてあるということは、禁止になる可能性が高いのか…と思われましたが、 29年、30年度の事業計画 案 ではなんと…カットサーブ禁止に関する記載がなくなっていました! つまり現段階(平成30年)でカットサーブが禁止になることはないということです! 強い雁行陣のペアが増えてきたことも関係あるかもしれないですが、とりあえず今のところは安心ということで良さそうですね! カットサーブ禁止について思うこと 確かに私自身、ソフトテニスをもっと世に広めたいという気持ちは強いです。 しかしそのためにカットサーブを禁止にしてしまうのは、あまりにも勝手すぎるのではないかと感じてしまいました。 今までカットサーブをひたすら練習し、それを武器に戦ってきた選手も数多くいると思います。 その選手達の今までの努力が水の泡…というのはさすがに可哀想です。 中には肩が悪くて上からサーブが打てなかったり、背が低いためカットで勝負したりしている選手もいるはずですからね。 カットサーブを禁止して、今ソフトテニスをやっている選手達が辞めてしまったら元も子もないです。 さらにカットサーブは硬式テニスではできない、柔らかいボールを生かしたソフトテニスならではの 「技」であり、ソフトテニスの多様性に富んだプレーの象徴でもあると思います。 そのカットサーブを禁止にしてしまうのは何よりもったいないですよね。 ソフトテニスをいつかオリンピック種目にしたいという想いは、ソフトテニス選手なら皆が望むことだと思います。 だからといってプレーに制限をかけることなく、他の方法でどうにかソフトテニスを普及していきたいものですよね。 私もこのブログを通して少しでもソフトテニス界に貢献できるよう頑張るので、皆さんもソフトテニスについて思うことがあれば積極的に発信していきましょう! 最後までありがとうございました。 SNSで拡散してもらえると嬉しいです! 関連記事は下からご覧下さい。 ツバサでした!.

次の