アメブロ カテゴリー。 アメブロアクセスアップはこの4つを行えば超簡単!

アメブロの公式ジャンルの選び方!2つのポイントとは?

アメブロ カテゴリー

その考えがそもそもお客さん目線じゃないよね。 メニューや料金表• スケジュールや空き状況• お客様の声 など、必要に応じてプロフィールやアクセス記事も書きましょう。 色んな人のブログを見て研究するのがオススメです。 テーマ編集の方法 まずは事前準備 まずはテーマを紙に書いてどんな順番にするのか並べ替えてみます。 この時ふせんを使うと便利! 大カテゴリーと小カテゴリーに分けるとさらに見やすいので、あわせて考えてみましょう。 私のテーマはこんな感じになっています。 新しく作るときには一番上の「テーマ名」に新規入力しましょう。 テーマに順番をつける 「順番」と書かれた数字を変えると並び順が変わります。 数字は0~100まで設定することが出来るため、特に見てもらいたい項目を上に設置しましょう。 この時にオススメなのが数字にある程度余裕を持たせること。 テーマが20個で1~20と番号をつけた場合、8と9の間に新しいテーマを入れたいと全部をずらさないと行けなくなります。 それを避けるためにテーマの内容ごとに数字を少しはなします。 この時の順番はお仕事によっても違うので正解はありません。 同業者のブログを研究したり、実際に並べ替えてわかりやすくなればオッケーです。 格段にそれっぽくなります! *もともとアメブロでは大カテゴリーや小カテゴリーを設定できるわけではないのですが、みんなこのような方法でカテゴリー分け風にしているのですよ。 記事を移動させる テーマを決めたら、すでに書いてある記事を動かしていきます。 パソコンではこのテーマ別の記事が1ヶ月分しか一覧で出せないのですが、スマホではテーマ内の全ての記事を見ることが出来るため、テーマ編集にはスマホが便利!なのです。 消したいテーマはどうしたらいい? 記事が1つでも残っているとテーマを消せません。 (下書き含む) 全てのテーマを移動させてから消去するか、テーマ名を変更しましょう。 まとめ ここまで読んで、「まだ私には必要ないかも」って思っていませんか? このテーマ整理、後回しにせずにとにかく早めにやっておく方が絶対にラク! よくあるのが、ブログを始めてからほとんどの記事を「ブログ」というテーマに入れている方。 ブログ(239)みたいな記事数になってしまっていると、その200記事を全部分け直すのは大変! まだ記事数が少ないうちからしっかりわけて、見やすいブログを作っていきましょうね! ぜひやってみてください! 内では作業もサポートしています。

次の

アメーバブログ(アメブロ)|Amebaで無料ブログを始めよう

アメブロ カテゴリー

アメブロのメリットとは Facebook,TwitterなどのSNS、メルマガやLINE などなど、個人で使いやすい集客メディアの中で、アメブロメリットはどんなメリットがあるのか?それについてお伝えします。 アメブロのメリットは、 情報を整理することができる。 これが一番のメリットですね。 他の集客メディアでは、情報が整理されておらず、わかりにくいです。 具体的にいうと、タイムラインで情報が流れてしまうからです。 新しい情報が入ると、どんどん後ろの方に流れてしまいます。 過去に書いたものをすぐに出すことができない。 図書館をイメージしてください。 読みたい本を「小説」、「教育」、「語学」といったように、ジャンルをわかりやすく、分類している。 これと一緒で、アメブロでも、カテゴリー(テーマ)を分類をしておくことで、相手の興味に当てはまる情報をすぐに見つけることができるのです。 カテゴリーは、アメブロでの見せ方を意識する アメブロのメリット、それは情報を分類してわかりやすく伝えることができるでした。 そこで、大事になってくるのがカテゴリわけです。 アメブロ初期の段階ですと、カテゴリー(テーマ)が、「ブログ」とだけ表示されている状態。 この「ブログ」というかカテゴリー(テーマ)の中に記事がどんどん貯まっていきます。 しかし、これでは、情報が整理されておらず、読みたい情報にすぐにたどり着けないことになってしまいます。 例えば、本屋さんで、漫画を買いたいと思ったら、漫画コーナーにいくのと一緒ですね。 漫画コーナーがないことで、読み手が本屋の中を隅々まで探さないといけないことになります。 そうなると、探しているうちに買う気持ちが薄れてしまい、帰ってしまうかもしれません。 情報をわかりやすくしていないということは、読み手は、気持ちが冷めてしまう効果があります。 ですので、伝えたい情報はカテゴリ(テーマ)に分けて、伝わりやすくしてあげましょう。 カテゴリーを分けるコツ アメブロのカテゴリを分けるコツですが、どのように分けたらいいのかお伝えします。 例えば、ラーメンをイメージしてください。 ラーメンといっても、 種類が色々ありますよね。 「ラーメン」 ラーメンの種類 ・醤油ラーメン、塩ラーメン、みそラーメン、豚骨ラーメン さらに、この中の「みそラーメン」は ・辛味噌ラーメン ・みそチャーシュー麺 ・ごまみそラーメン というように分けることができます。 お客さんが、「今日は、みそラーメン」食べたいって思ったら、みそラーメンのページを見ればわかりやすいわけです。 というように、ブログ全体で何を伝えたいのか?それを細かく分けると何になるのか?を考えてを分類すること、伝わりやすいアメブロに変わってきます。 分け方のポイントは アメブロで集客を考えた場合、カテゴリーを分けるポイントは「サービス」と「伝えたいこと」で分けることがポイントです。 まず、サービスで分けてみる。 ただ、見るのではなく、意識してみることで、改善するポイントが見えてきます。 そして、すぐに行動してカテゴリーを修正していきましょう。 まとめ アメブロで集客に悩む人の多くが、アメブロを読んだ時に、サービスや伝えたいことがわかりにくくなっている傾向にあります。 まずは、どんなサービスを行なっているのか、どんなことをアメブロで伝えたいのかをブログでわかるようにしましょう。 そこができてから、SNSを活用したり、アメーバキングを使ったりして認知活動をして、アメブロを広げていくことで、アメブロから集客できるようになっていきます。

次の

アメブロでも最低限やっておきたい、7つのSEO対策ポイントはコレ!

アメブロ カテゴリー

どうしてテーマを整えるの? そもそもアメブロのテーマとは、カテゴリ分けのためにあるもので、ブログのサイドバーに表示されています。 見ただけで、何が書いてあるブログなのかわかる テーマの見やすさで、ブログの見た目は激変します。 テーマ名をきちんと考える事で、「テーマを見ただけで何が書いてあるブログなのか」がわかるようになります。 サービスのお知らせや、読みたい記事が探しやすい 人によって、• お役立ち記事だけ読みたい• 感想記事だけ読みたい• セミナーの告知を探したい など、ブログを読む目的が違う場合も多いです。 テーマがきちんと整理されていると、読みたい記事をすぐに見つける記事ができて、読者にとっても親切になります。 SEO対策になる テーマ整理はSEO対策にも関わってくるところ! テーマに設定しているワードで検索されやすくなります。 また、「このテーマの記事を読みたい!」と訪問してくれた読者に、テーマ内の他の記事を読んでもらいやすく、滞在時間が長くなり直帰率が低くなり、結果SEO向上につながります。 「SEO?滞在時間?直帰率?」という方は、こちらの記事をご覧くださいね! 私がブログ管理のお仕事をしていた時は、「テーマ整理」のサービスがめちゃ人気だったのよ! という事で、これまでたくさんのお客様のテーマ整理を手掛けてきた私が、ブログ開設初期の方から記事数が膨大になっている方まで! テーマを整理する、簡単な方法をお伝えしたいと思います! テーマの整え方 では、具体的に、テーマを見やすく整理する方法をお伝えします。 大テーマと小テーマに分けよう! テーマは、「大テーマ」と「小テーマ」に分ける事で、カテゴリ分けができて記事の分類がしやすくなります! こちらは私のアメブロのテーマなのですが、 赤い枠が大テーマ、青い枠が小テーマです。 見やすくないですかー? これ、どうやっているのかというと• 大テーマに【 】をつける• なので、お仕事につながるテーマを上に配置した方が、集客につながりやすくなります。 プライベート関連などは下に下げて、告知記事・お役立ち記事・感想記事などを上に配置しましょうね! SEO対策でやりたい事 「テーマ名が検索でヒットする」って、実は結構あるんです。 「アメブロ講座 売上」で検索すると、私のアメブロ講座の告知記事と、「アメブロ講座」のテーマが検索上位に上がってきます。 なので、 「ご提供中のメニュー」の中に告知記事をまとめてしまうのはもったいなーーーーい!!! 【ご提供中のメニュー】の大テーマの中に、提供メニューのメニュー名を入れていってくださいね! あと、テーマを見て「この人コンサルだけじゃなくて講座もやってるんだ!」って気付く事もあったりするわ、確かに! あとからテーマを簡単に追加するためにやっておきたい事 テーマは100個まで設定できます。 で、番号を入れるところがあるのですが、 ここに入れた番号の、若い順に、上から表示されます。 ここで、ブログ初期にぜひやっていただきたい小技があります。 それは・・・ 大テーマと大テーマの間の数字に間を空けること!! わかります? ご予約可能日程は「11」で終わっていますが、次の大テーマの【お仕事】は「15」から始まっています。 こちらも、イベントのテーマは「43」ですが、次の大テーマの【日常】は「48」から始まっています。 サービスを始めてみると、途中でメニューって増えていったりするもの。 その時にね、50個テーマがあったとして・・・ 連番で番号を詰めている場合、3個目に新しいテーマを追加したら、4個目から50個目まで、全ての番号を変えなくてはいけなくなります。 既にテーマが50個ある!• 記事も1000記事超えてる! という場合が一番大変なんです・・・ そんなお客様のテーマ整理もやってきた私が一番間違いなく、簡単にできたお勧めの方法をご紹介しますね!• 自分のブログのテーマを全部コピーします。 テキストメモやワードなどにペーストします そして、増やしたいテーマを追加したり、順番を並べ替えたり、整理します。 整理できたらプリントアウトしましょう。 プリントアウトする時は、1行ずつ間を空けるのがお勧め!• プリントアウトしたテーマに、番号を振っていきます。 私はいつも鉛筆で番号を振っています!• というか、地味にこれが一番めんどくさいっす。 笑 パソコンで作業すると、テーマ移動をしたい記事を探し出して、【記事の編集・削除】からその日に遡って、該当記事を探して編集を開いてテーマを変えて・・・という果てしなくめんどくさい作業が続きます。

次の