インコ 可愛がり 総合 ニュース。 インコ虐待動画で逮捕された坂野嘉彦容疑者の顔画像や犯行理由がヤバイ!悲惨すぎる投稿動画で犯行発覚

【狂ってる】飼っているインコの「虐待動画」を大量投稿!坂野嘉彦容疑者(34)を逮捕!洗面所で溺れさせ、ライターを押しつけ、ピアッサーで穴を開けるなど…

インコ 可愛がり 総合 ニュース

男は複数のアカウントを持ち、インコを可愛がる様子を見せる表の顔と、虐待する裏の顔、その両面を使い分けていた。 【写真】インコ虐待男のものと見られる、サイテーなツイート 「私のツイッターのフォロワーから、『インコ可愛がり総合ニュース』というアカウントがインコの虐待動画を流しているという連絡を受けたのが6月22日午後4時ごろ。 それがきっかけでした」 インコ虐待男の表と裏の顔 インコの飼い方や情報提供などを行うウェブサイト『インコ生活』を管理する山本さんが憤る動画の数々。 そこに映っていたのは、 「コンドームをかぶせられたインコ、洗面台にためた水の中で溺れそうなインコ、ヒリヒリする薬をヤケドの痕に塗られ、のたうち回るインコの動画や画像でした」(山本さん) それが動かぬ証拠になった。 愛知県警中村署は7月18日、動物愛護法違反の疑いで名古屋市の無職・坂野嘉彦容疑者(34)を逮捕した。 取り調べに対し、 「私が飼育していたインコにコンドームをかぶせて身動きが取れないようにして、点火棒(長いライター)を押しつけ、放り投げるなどの行為をして虐待していたことは間違いありません、と供述しています。 虐待理由は、鳴き声がうるさくて腹を立てたということです」(捜査関係者) 名古屋市内にある自立を支援する寮。 そこが坂野容疑者の住まいだった。 生活困窮者や病院を退院して行き場のない人などさまざまな事情を抱えた人が暮らしているが、ほとんどの入居者が日中は仕事に出かける。 坂野容疑者はそこに今年3月に入所した。 最初は水回りが共同の階に住んでいたが、その後、居室内にトイレや浴室など水回りがそろっている部屋に移ったという。 そこが犯行現場になった。 坂野容疑者を知る関係者は、 「坂野さんはおとなしいタイプ。 動物を虐待するような人には見えなかったのでびっくりしました。 トラブルはなく、スタッフとの関係も良好でしたが、躁鬱がひどく、投薬や通院で治療をしていたようです。 就労にも意欲的でしたが、仕事はしていませんでした」 と近況を明かす。 個室であっても、ペットを飼うことは禁止されていた。 ところが坂野容疑者は4月ごろからインコを飼い始めた。 前出・関係者が続ける。 夜、インコが突然、鳴きだして隣の人にバレるといけないと思い気が動転して殺してしまったのが最初。 ペットショップの小動物担当の店員は、 「セキセイインコはラブバードとも呼ばれ、特になつきやすい生き物です」 前出『インコ生活』の管理人の山本さんは、 「今回、虐待を受けていたのは幼鳥。 自分だけでは生きていけず、飼い主にすがるしかないんです。 坂野(容疑者)になついていたわけではなく、すがっていたんです」 そんな、か弱く愛くるしい動物を、坂野容疑者はもてあそんだ。 そして動画をSNSに投稿するという鬼畜ぶり。 嘘つきのかまってちゃんの自己顕示欲 「自己顕示欲が強い」(前出・山本さん)という坂野容疑者について、 「自分を評価してくれる人がほしかったのでは。 SNSとかでは自分を大きく見せようとしていましたからね」 と見るのは前出の関係者だ。 次のように続ける。 「国立大学の医学部中退とツイッターには書いていますが、嘘です。 生活保護を受けるときは、資産状況を調べられます。 「逮捕後、寮のスタッフが坂野容疑者の部屋に清掃に入ると、床や寝具の上には鳥のえさや羽が散らばっていたそうです」(前出・関係者) わずか体重30グラムのインコの命をもてあそび、その様子を動画で撮影していたという猟奇的愉快犯。 「私も家族も本当にショックで……心を痛めていて……」と、震える声で心境を明かしてくれたのは、坂野容疑者の母親だ。 週刊女性の取材に、 「あんなひどいことをする子どもじゃありませんでした。 小さいころから動物を可愛がる子で、インコも飼っていて可愛がっていました。 いじめるくらいなら、なんで逃がしてあげなかったのか……。 世間のみなさんに申し訳ないです。 インコにも、ごめんなさい。 本当にごめんなさい」 そう何度も何度も謝罪の言葉を口にした。 逮捕前、坂野容疑者はツイッターのアカウントを変え、毎週のようにグロテスクな虐待動画や写真をアップした。 「私たちは痛みを抱えながら見ていました。 『また今週末もアップされるのではないか』とビクビクしていたので、捕まってホッとしました。 ただ、今度は投稿せず、秘密裏に虐待する可能性がある。 そうなると通報できない。 動物愛護法違反の刑罰は軽いので、もっと厳罰化することで虐待の抑止力になるはずです」 と前出・山本さんは訴える。 愛鳥家の中には坂野容疑者の厳罰を求め、嘆願書を提出する動きもあるという。 虐待の末に奪われる小さな命。 インコが逃げ惑う姿は、もう見たくない。 2020年• 07月• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 01月• 02月• 03月•

次の

インコを虐待死させる鬼畜の坂野嘉彦

インコ 可愛がり 総合 ニュース

みなさん、この犯罪者は、預金残高が4桁万円あるのに、費を不正受給していた可能性があります。 中村区にお住いの方、 板野嘉彦のご友人の方、 勇気を出してください😠 役所に通報よろしくお願いいたします。 「」「女児」「臭い」に異常に執着しています。 でたくさんの異常な質問があり、読むに耐えないので2つだけ載せますが、皆さん確認してみてください😠 — s k 0cBe5N9Pt6e6NNu 本名でもツイートしています 見てわかるかと思いますが、犯人は者でもある可能性が高いです。 あちこちでそれを匂わせることを呟いています — 空と月音 9m5WXfudNNOFajL この犯人に、「愛鳥家の精神的苦痛」で、集団で慰謝料請求できないだろうか?軽い罪状ではダメだ。 とにかく、出来る限り大きなダメージを与えたい。 今後、同じ犯罪を生まないためにも。 慰謝料取れたら、動物愛護に役立てたいのです。 — ぴよ姫 torachi8009 インコ虐待の男・ 容疑者 34歳無職 逮捕「うるさくて腹を立てた」 複数の通報で警察動く。 違反 数週間前からネット上で「インコを虐待している」として物議を醸していた動画について、違反の疑いで34歳の男が逮捕されました。 逮捕されたのは愛知県中村区の無職、容疑者。 中京テレビニュースの報道によれば、坂野容疑者は 6月、中村区の自宅で、身動きが取れないようにしたインコ1羽にガスライターを押し付け、放り投げるなどの虐待をした疑い 虐待を疑わせる投稿の数々。 犯行の内容は胸糞悪いので詳しくは掲載しないが、以下のようなことがあった。 ・水をためた洗面台にインコを入れ、さらに蛇口から水をかける ・インコにピアス穴を開けることを示唆 ・羽をむしられたインコがゴミと一緒に捨てられる ・インコに避妊具をかぶせて身動きをとれなくした上で、放り投げる また、別の報道によると、インコの種類はとみられる。 坂野容疑者の供述によると1匹は既に亡くなっており、別の2匹は保護されたとのこと。 動画は多数の批判を浴びていて、ネットユーザーらは警察への通報や犯人特定に動いていた模様だ。 多くのネットユーザーの通報が、検挙につながった形だ。 ################################### この犯人は 「」のしのぶさんに処されてしまってくれ まじでリアルでできるなら犯人にこうしてやりたい・・・・・ 犯人裁かれろ!! 容疑者 34歳無職 の悪行 こいつの悪行画像を残しておきます また同じ罪人が出ませんように 自分の親に裏切られ、虐待され殺害された子供達よ かわいそうすぎて言葉が思い浮かばない 画像を見たらわかるけど、ひどすぎて熱が出てました この犯人が目の前にいたら 私は何するかわかりません それくらい憤りを感じてます インコごときで逮捕するな、という声もありますが 私は「こいつは何を言っているんだ?」と、思いました 人間の2歳の子供に、無理やり食事をつめこめて 吐いたら「せっかく食わせたのに、吐き出すとは許せん」と暴力を ふるうようなことをやった奴だぞ インコというか弱い小動物を虐待死させたことを軽く見ている奴の気が知れない。 動物達が虐待されないためにどうしたらよいか 足りない頭で考えてみた ペットショップは購入者が免許など身分を証明できるものを提示する 購入者を登録する 身分が証明できないお客様には動物を売らない こんなことしか考えれなかった 今はネカフェも身分証明が必要だし、レンタルも身分証明は必要です 命の取引をしているペットショップでも、この制度を考えてみませんか? 動物達の命を守ろう Aves0906.

次の

インコ虐待動画で逮捕された坂野嘉彦容疑者の顔画像や犯行理由がヤバイ!悲惨すぎる投稿動画で犯行発覚

インコ 可愛がり 総合 ニュース

男は複数のアカウントを持ち、インコを可愛がる様子を見せる表の顔と、虐待する裏の顔、その両面を使い分けていた。 【写真】インコ虐待男のものと見られる、サイテーなツイート 「私のツイッターのフォロワーから、『インコ可愛がり総合ニュース』というアカウントがインコの虐待動画を流しているという連絡を受けたのが6月22日午後4時ごろ。 それがきっかけでした」 インコ虐待男の表と裏の顔 インコの飼い方や情報提供などを行うウェブサイト『インコ生活』を管理する山本さんが憤る動画の数々。 そこに映っていたのは、 「コンドームをかぶせられたインコ、洗面台にためた水の中で溺れそうなインコ、ヒリヒリする薬をヤケドの痕に塗られ、のたうち回るインコの動画や画像でした」(山本さん) それが動かぬ証拠になった。 愛知県警中村署は7月18日、動物愛護法違反の疑いで名古屋市の無職・坂野嘉彦容疑者(34)を逮捕した。 取り調べに対し、 「私が飼育していたインコにコンドームをかぶせて身動きが取れないようにして、点火棒(長いライター)を押しつけ、放り投げるなどの行為をして虐待していたことは間違いありません、と供述しています。 虐待理由は、鳴き声がうるさくて腹を立てたということです」(捜査関係者) 名古屋市内にある自立を支援する寮。 そこが坂野容疑者の住まいだった。 生活困窮者や病院を退院して行き場のない人などさまざまな事情を抱えた人が暮らしているが、ほとんどの入居者が日中は仕事に出かける。 坂野容疑者はそこに今年3月に入所した。 最初は水回りが共同の階に住んでいたが、その後、居室内にトイレや浴室など水回りがそろっている部屋に移ったという。 そこが犯行現場になった。 坂野容疑者を知る関係者は、 「坂野さんはおとなしいタイプ。 動物を虐待するような人には見えなかったのでびっくりしました。 トラブルはなく、スタッフとの関係も良好でしたが、躁鬱がひどく、投薬や通院で治療をしていたようです。 就労にも意欲的でしたが、仕事はしていませんでした」 と近況を明かす。 個室であっても、ペットを飼うことは禁止されていた。 ところが坂野容疑者は4月ごろからインコを飼い始めた。 前出・関係者が続ける。 夜、インコが突然、鳴きだして隣の人にバレるといけないと思い気が動転して殺してしまったのが最初。 ペットショップの小動物担当の店員は、 「セキセイインコはラブバードとも呼ばれ、特になつきやすい生き物です」 前出『インコ生活』の管理人の山本さんは、 「今回、虐待を受けていたのは幼鳥。 自分だけでは生きていけず、飼い主にすがるしかないんです。 坂野(容疑者)になついていたわけではなく、すがっていたんです」 そんな、か弱く愛くるしい動物を、坂野容疑者はもてあそんだ。 そして動画をSNSに投稿するという鬼畜ぶり。 嘘つきのかまってちゃんの自己顕示欲 「自己顕示欲が強い」(前出・山本さん)という坂野容疑者について、 「自分を評価してくれる人がほしかったのでは。 SNSとかでは自分を大きく見せようとしていましたからね」 と見るのは前出の関係者だ。 次のように続ける。 「国立大学の医学部中退とツイッターには書いていますが、嘘です。 生活保護を受けるときは、資産状況を調べられます。 「逮捕後、寮のスタッフが坂野容疑者の部屋に清掃に入ると、床や寝具の上には鳥のえさや羽が散らばっていたそうです」(前出・関係者) わずか体重30グラムのインコの命をもてあそび、その様子を動画で撮影していたという猟奇的愉快犯。 「私も家族も本当にショックで……心を痛めていて……」と、震える声で心境を明かしてくれたのは、坂野容疑者の母親だ。 週刊女性の取材に、 「あんなひどいことをする子どもじゃありませんでした。 小さいころから動物を可愛がる子で、インコも飼っていて可愛がっていました。 いじめるくらいなら、なんで逃がしてあげなかったのか……。 世間のみなさんに申し訳ないです。 インコにも、ごめんなさい。 本当にごめんなさい」 そう何度も何度も謝罪の言葉を口にした。 逮捕前、坂野容疑者はツイッターのアカウントを変え、毎週のようにグロテスクな虐待動画や写真をアップした。 「私たちは痛みを抱えながら見ていました。 『また今週末もアップされるのではないか』とビクビクしていたので、捕まってホッとしました。 ただ、今度は投稿せず、秘密裏に虐待する可能性がある。 そうなると通報できない。 動物愛護法違反の刑罰は軽いので、もっと厳罰化することで虐待の抑止力になるはずです」 と前出・山本さんは訴える。 愛鳥家の中には坂野容疑者の厳罰を求め、嘆願書を提出する動きもあるという。 虐待の末に奪われる小さな命。 インコが逃げ惑う姿は、もう見たくない。 2020年• 07月• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 01月• 02月• 03月•

次の