ウツ 病 診断。 うつ病診断・チェック

植木理恵著『ウツになりたいという病』の要約と感想

ウツ 病 診断

ベーチェット病とは 厚生労働省ベーチェット病診断基準(2016年小改訂) 1.主要項目 (1)主症状• 口腔粘膜の再発性アフタ性潰瘍• 皮膚症状• 結節性紅斑様皮疹• 皮下の血栓性静脈炎• 毛嚢炎様皮疹、痤瘡様皮疹 参考所見:皮膚の被刺激性亢進• 眼症状• 虹彩毛様体炎• 網膜ぶどう膜炎(網脈絡膜炎)• 以下の所見があれば a b に準じる a b を経過したと思われる虹彩後癒着、水晶体上色素沈着、網脈絡膜萎縮、視神経萎縮、併発白内障、続発緑内障、眼球癆• 外陰部潰瘍 (2)副症状• 変形や硬直を伴わない関節炎• 精巣上体炎(副睾丸炎)• 回盲部潰瘍で代表される消化器病変• 血管病変• 中等度以上の中枢神経病変 (3)病型診断の基準• 完全型:経過中に4主症状が出現したもの• 不全型:• 経過中に3主症状、あるいは2主症状と2副症状が出現したもの• 経過中に定型的眼症状とその他の1主症状、あるいは2副症状が出現したもの• 疑い:主症状の一部が出現するが、不全型の条件を満たさないもの、及び定型的な副症状が反復あるいは増悪するもの• 特殊病変:完全型または不全型の基準を満たし、下のいずれかの病変を伴う場合を特殊型と定義し、以下のように分類する。 2.検査所見 参考となる検査所見(必須ではない)• 皮膚の針反応の陰・陽性 20~22Gの比較的太い注射針を用いること• 炎症反応 赤沈値の亢進、血清CRPの陽性化、末梢血白血球数の増加、補体価の上昇• HLA-B51の陽性(約60%)、A26(約30%)。 病理所見 急性期の結節性紅斑様皮疹では中隔性脂肪組織炎で浸潤細胞は多核白血球と単核球の浸潤による。 初期に多核球が多いが、単核球の浸潤が中心で、いわゆるリンパ球性血管炎の像をとる。 全身的血管炎の可能性を示唆する壊死性血管炎を伴うこともあるので、その有無をみる。 神経型の診断においては髄液検査における細胞増多、IL-6増加、MRIの画像所見(フレア画像での高信号域や脳幹の萎縮像)を参考とする。 3.参考事項• 主症状、副症状とも、非典型例は取り上げない。 皮膚症状の a b c はいずれでも多発すれば1項目でもよく、眼症状も a b どちらでもよい。 眼症状について 虹彩毛様体炎、網膜ぶどう膜炎を経過したことが確実である虹彩後癒着、水晶体上色素沈着、網脈絡膜萎縮、視神経萎縮、併発白内障、続発緑内障、眼球癆は主症状として取り上げてよいが、病変の由来が不確実であれば参考所見とする。 副症状について 副症状には鑑別すべき対象疾患が非常に多いことに留意せねばならない(鑑別診断の項参照)。 鑑別診断が不十分な場合は参考所見とする。 炎症反応の全くないものは、ベーチェット病として疑わしい。 主要鑑別対象疾患• 粘膜、皮膚、眼を侵す疾患 多型滲出性紅斑、急性薬物中毒、Reiter病• ベーチェット病の主症状の1つをもつ疾患 口腔粘膜症状 慢性再発性アフタ症、Lipschutz陰部潰瘍 皮膚症状 化膿性毛嚢炎、尋常性痤瘡、結節性紅斑、遊走性血栓性静脈炎、単発性血栓性静脈炎、Sweet病 眼症状 サルコイドーシス、細菌性および真菌性眼内炎、急性網膜壊死、サイトメガロウイルス網膜炎、HTLV-1関連ぶどう膜炎、トキソプラズマ網膜炎、結核性ぶどう膜炎、梅毒性ぶどう膜炎、ヘルペス性虹彩炎、糖尿病虹彩炎、HLA-B27関連ぶどう膜炎、仮面症候群• ベーチェット病の主症状および副症状とまぎらわしい疾患 口腔粘膜症状 ヘルペス口唇・口内炎(単純ヘルペスウイルス1型感染症) 外陰部潰瘍 単純ヘルペスウイルス2型感染症 結節性紅斑様皮疹 結節性紅斑、バザン硬結性紅斑、サルコイドーシス、Sweet病 関節炎症状 関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、 強皮症などの膠原病、痛風、乾癬性関節症 消化器症状 急性虫垂炎、感染性腸炎、クローン病、薬剤性腸炎、腸結核 精巣上体炎(副睾丸炎) 結核 血管系症状 高安動脈炎、Buerger病、動脈硬化性動脈瘤 中枢神経症状 感染症・アレルギー性の髄膜・脳・脊髄炎、 全身性エリテマトーデス、脳・脊髄の腫瘍、 血管障害、梅毒、多発性硬化症、精神疾患、 サルコイドーシス.

次の

厚生労働省ベーチェット病診断基準

ウツ 病 診断

日本動脈硬化学会による脂質異常症の診断基準が2012年に改訂され、次のようになりました。 たとえば善玉(HDL)コレステロールが多いことは良いことなのですが、その場合でも総コレステロール値が高くなるため、脂質異常症と診断される可能性があったのです。 そこで新しい診断基準では、「悪玉(LDL)コレステロールが多い場合」、「善玉(HDL)コレステロールが少ない場合」、「中性脂肪が多い場合」という3つのタイプを明確にし、いずれも脂質異常であることをはっきりさせたといえます。 また、さまざまなリスクの高さに応じて判断できるように、「境界域」を悪玉コレステロールに設け、治療に対応できるようにしています。 危険因子が多いと高リスクに 診断基準にある数値が基本となりますが、悪玉(LDL)コレステロール値については、ほかに危険因子がある場合には、さらに厳しい数値(管理目標値)が設定され、治療方針が決定されます。 危険因子というのは、年齢や喫煙習慣の有無、高血圧や糖尿病があるかどうか、家族の病歴はどうか…といった要因です。 たとえば肥満などが原因で高血圧や糖尿病などを併発している場合(メタボリックシンドローム)や、家族に心筋梗塞や狭心症などの病歴がある場合などには、リスクが高いと判断されます。 反対に、危険因子がない場合には、悪玉(LDL)コレステロール値が少し高めでもリスクが低いと判断され、食事などの生活指導を中心とした治療がおこなわれます。 実際の治療方針は患者さんごとのリスクを細かく考慮しながら医師が判断しますので、よく話を聞くようにしましょう。 「LH比」も目安に 最近、診断の目安として「LH比」も重視されています。 0となります。 LDLコレステロール値が正常であっても、HDLコレステロール値が低いと心筋梗塞を起こす例が多いため、予防には両方のバランスを示す数値(LH比)が参考となります。 LH比が2. 5以上だと動脈硬化や血栓のリスクが高いため、「ほかの病気がない場合は2. 0以下に」、「高血圧や糖尿病がある場合、あるいは心筋梗塞などの病歴がある場合には1. 5以下に」を目安とする病院が増えています。

次の

脂質異常症の新しい診断基準|脂質異常症|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア

ウツ 病 診断

その後、この原発性慢性副腎皮質機能低下症の病因として、 副腎皮質ステロイド合成酵素欠損症による先天性副腎皮質過形成症、先天性副腎低形成(X連鎖性、常染色体性)、ACTH不応症などが同定され、責任遺伝子も明らかにされ、先天性のものはアジソン病とは独立した疾患単位として扱われるようになった。 このため、アジソン病は後天性の成因による病態を総称する用語として用いられている。 2.原因 病因として原因不明の特発性と、感染症あるいはその他原因によるものとがある。 特発性アジソン病は自己免疫性副腎皮質炎による副腎皮質低下症であり、しばしば他の自己免疫性内分泌異常を合併し、多腺性自己免疫症候群と呼ばれている。 これには、特発性副甲状腺機能低下症、皮膚カンジダ症を合併するI型(HAM症候群)と、橋本病などを合併するII型(シュミット(Schmidt)症候群)がある。 特発性アジソン病では、抗副腎抗体陽性のことが多く(60~70%)、ステロイド合成酵素のP450c21, P450c17などが標的自己抗原とされている。 感染症に続発するものでは、結核性が代表的であるが、真菌性や後天性免疫不全症候群(AIDS)に合併するものが増えている。 しかし、感染の後に全員に発生するわけではなく、発症の機序も不明である。 3.症状 副腎皮質ホルモンの欠落により、易疲労感、全身倦怠感、脱力感、筋力低下、体重減少、低血圧などがみられる。 食欲不振、悪心・嘔吐、下痢などの消化器症状、精神症状(無気力、不安、うつ)など様々な症状を訴える。 いずれも非特異的な症状である。 色素沈着は皮膚、肘や膝などの関節部、爪床、口腔内にみられる。 4.治療法 急性副腎不全の発症時には、グルココルチコイドとミネラルコルチコイドの速やかな補充と、水分・塩分・糖分の補給が必要であり、 治療が遅れれば生命にかかわる。 その後も生涯にわたりグルココルチコイドとミネラルコルチコイドの補充が必要である。 新生児期・乳児期には食塩の補充も必要となる。 治療が軌道に乗った後も、発熱などのストレスにさらされた際には副腎不全を起こして重篤な状態に陥ることがあるため、ストレス時にはグルココルチコイドの内服量を通常の2~3倍服用する。 適切な治療が行われれば予後は比較的良好である。 5.予後 副腎機能の回復は期待できないので、グルココルチコイドによる補充療法を生涯にわたって続けることにより、症状もなく良好な一生を過ごすことができる。 グルココルチコイドをストレス時に増量しなかったり、服用を忘れたりすると、ショックを起こし、生命の危険となる。 適切な治療が行われれば、予後は比較的良好である。 ) 3.効果的な治療方法 未確立(根本的治療法なし。 ) 4.長期の療養 必要(生涯にわたりグルココルチコイドとミネラルコルチコイドの補充が必要となる。 ) 5.診断基準 あり(研究班による診断基準等あり。 ) 6.重症度分類 研究班による重症度分類を使用し、「血中コルチゾールの低下を認める」、「負荷試験への反応性低下」、「何らかの副腎不全症状がある」、「ステロイドを定期的に補充している者」を対象とする。 血漿コルチゾールは正常下限でも、ACTH負荷に対して血漿コルチゾールの反応性が欠如、あるいは低下しているものを部分的アジソン病と呼ぶ。 ときに高カルシウム血症、代謝性アシドーシス、水利尿の低下。 <重症度分類> 以下の4項目のうち、少なくとも1項目以上を満たすものを対象とする。 2.治療開始後における重症度分類については、適切な医学的管理の下で治療が行われている状態であって、直近6か月間で最も悪い状態を医師が判断することとする。 3.なお、症状の程度が上記の重症度分類等で一定以上に該当しない者であるが、高額な医療を継続することが必要なものについては、医療費助成の対象とする。 本疾患に関連資料・リンク.

次の