ゼルダ 夢見る 島。 ゼルダの伝説 夢をみる島

ゼルダの伝説夢をみる島スイッチ攻略wiki

ゼルダ 夢見る 島

任天堂から本日(2019年9月20日)発売される「」は,1993年6月に発売された同名ゲームボーイ作品のNintendo Switch版となる 「ゼルダの伝説」シリーズ最新作だ。 ゲームボーイ版(以下,GB版)およびそのゲームボーイカラー対応版である 「ゼルダの伝説 夢をみる島DX」(以下,DX)の持つ独特な世界観と物語はそのままに,26年の時を経て生まれ変わった作品となっている。 ということで,初めての人に 「夢をみる島」で楽しんでほしい点を紹介しつつ,かつてGB版をプレイした人に向けて 「何がどう変わったか。 何に注目してほしいか」にも触れながら本作の魅力をお伝えしていこう。 物語は, リンクが修行の旅を終えてハイラルに帰る航海の途中,突如嵐に巻き込まれてしまい,とある島に流れ着くところから始まる。 その島の名は コホリント。 メーベの村に住む少女 マリンに介抱され目覚めたリンクは,島からの脱出方法を探す中で 不思議なフクロウと出会う。 フクロウから,この島は普通とは違うことわりで成り立っており,この地を治める神である 「かぜのさかな」が眠るかぎり島から出られないことを告げられたリンクは,タマランチ山の頂上のせいなるタマゴで眠るかぜのさかなに目覚めの時を告げるため,全部で8つある セイレーンの楽器を集める冒険へと旅立つのだ。 冒険の舞台となるコホリントは,絵本や童話の世界にいるかのような温かみが感じられる,独特の雰囲気を持つ3Dグラフィックスで描かれている。 視点はGB版と同じく見下ろし型だが,画面は切り替え方式から通常のスクロール方式に変更されている。 鬱蒼とした木々が日の光を遮る森,お化けやカラスがうろつく不気味な墓地といった場所は,足を踏み入れると画面が薄暗くなったり,視界の悪さを表現するかのように少しズームになったりする。 GB版が好きな者にとって嬉しかったのが,地形の高低差の表現が細かくなったこと。 操作している感覚はGB版と変わらないが,「ここってちょっとした坂になっていたんだ」といった発見があるのが面白い。 このように,細かいところまで気を配っていることが分かる地形の描かれ方からも,昔GB版をプレイしながら思い浮かべていた風景が再現されたような喜びを感じられたのだ。 ほんのり坂になっているのがお分かりになるだろうか。 [+]ボタンでメニューを開き,アイテムのセットやマップ確認,セーブなどが行える。 GB版から大きく変わったところが, 剣と盾を使用するボタンが固定されたという点だ。 GB版では剣と盾を含むすべてのアイテムを[A]と[B]ボタンにセットして使用する仕組みで,ボス戦では相手の行動に合わせてその都度アイテムを入れ替える必要があったり,セットしたアイテムによっては攻撃も防御もできなくなったりといったことがあった。 忙しさを感じながらも切り替える楽しさがあったのだ」と思うGB版のプレイヤーは少なくないと思うし,そういった人には嬉しさの反面少し寂しさも感じるかもしれない。 かくいう筆者もちょっぴりそんな気持ちがあった。 そのほかのアイテムをセットできるのは2か所だが,爆弾や弓矢といった主要な武器,ロック鳥の羽根やフックショットなどマップ移動の際に頻繁に必要となるアイテムなど,常にセットしておきたいものでも4つはある。 アクションで注目してほしいのが敵とのバトルだ。 動きや表情はより豊かになり,「いやらしい攻撃をしてくるが妙に憎めない」という敵たちの魅力がさらに大きくなった印象だ また,ボスを含むいくつかの敵がGB版とはちょっと違った戦い方になっているので,久しぶりにコホリントを冒険するという人も新鮮な気持ちで挑めるだろう。 例えば,ふしぎの森に登場する剣と盾を持った モリブリン。 GB版では突っつき合いながら戦ったが,本作でモリブリンと戦う際は,攻撃を盾で弾き,腕が上がったところを斬りつけることで倒せる。 カナレット城に出てくる鎧を着た兵士 タートナックとの戦いは,盾がぶつかり合う音が質感を感じさせるものとなっており,実際の騎士の一騎打ちのような緊張感があるので注目してほしいポイントだ。 手に入れたばかりのものを中心に,さまざまなアイテムを試しながら敵の弱点を突こう。 ……中には自分でヒントを言っちゃう敵も? アクションとともに謎解きやパズル要素が楽しめるのがダンジョンだ。 洞窟,滝つぼ,遺跡,塔など,深部にセイレーンの楽器が置かれているダンジョンは場所によって形状も違い,謎や仕掛け,待ち受ける敵もガラリと変わる。 部屋にいる敵を全部倒す。 隠されたボタンを見つけて押す。 新しく手に入れたアイテムを活用する……謎の解き方はその場所によってさまざまだ。 襲いかかってくる強敵を退けつつ知恵を絞って謎を解きながら奥へと進み,待ち受けるボスを倒してセイレーンの楽器を手に入れよう。 ちょっと変な人たちとの独特の雰囲気ある会話が魅力 物語と演出の両方で重要となる音楽も新アレンジに 島の住人たちはちょっと変な人(?)ばかり。 動物たちが暮らす,その名も「どうぶつ村」。 初めて「夢をみる島」をプレイする人は,変わった世界の不思議な住人たちとの交流を楽しんでほしい。 会話の面白さはそのままに,表情や動きの表現が生き生きとしたものになって,より島の住人たちとの触れ合いが楽しくなった メタ的な要素もあってやりたい放題の楽しい会話だが,筆者はSwitch版制作の発表を知ったときにちょっと不安を感じていた。 「もしかしたら,『今見ると悪ノリしすぎだ』ということで修正されるのでは……」という不安だ。 このあたりは安心して楽しめそうだ。 バナナをねだっているおサル。 これを断ると……。 時代劇調だったり有名漫画のセリフっぽかったり,ともかくその口調もさまざまだ この話題で触れないわけにはいかないのが,ほかの任天堂の作品のキャラクターによく似た(?)住人や敵だろう。 冒険の始まりの場所となるメーベの村のマダムニャンニャンの家に大きな ワンワンがつながれ,物語を進める上で必要なアイテムとして ヨッシーの人形が登場し,そしてダンジョン内にある横スクロールアクション風の場所には クリボーと パックンフラワーらしき敵が出てくるのだ。 ワンワンを連れてお散歩できるという,なかなか体験できない展開もある もっといえば,リンクを介抱したマリンと共に生活する タリンは,大きい鼻と立派な髭,ぽっちゃりした体形でキノコが好きと,なんだかもういろいろ 「皆さんご存知ですよね」という雰囲気のおじさんだ。 この先も「スーパーマリオ」シリーズを中心にさまざまな見覚えあるキャラクターが,あくまでコホリントに生活する人や生きものとして登場する。 おっちょこちょいでいろいろ失敗するタリン。 そんな島の住人たちとの交流が重要となる本作の物語は,ちょっと間の抜けた空気や思わず笑ってしまう出来事が続くが, 物語が進むごとに深みを増し,その雰囲気も変わっていく。 とても丁寧に展開していくので,ぜひ最後まで物語を追いかけてほしい。 こちらは1992年発売のGB用アドベンチャー 「カエルの為に鐘は鳴る」からのゲスト出演である リチャード王子。 同作は「夢をみる島」に似たような空気感を持つ作品だったので,両作品が好きだった子供のころの筆者は,リチャード王子の登場に「世界がつながっているんだろうな」くらいの感じで自然に受け入れていたことを覚えている 本作の大事な要素である音楽の前に,本作未プレイの人には「なんだそれは」と言われるかもしれないが,1つ紹介しておきたい。 それは, 草刈りと穴掘りの感覚だ。 剣で草を刈り,スコップで穴を掘る動作に妙なリズム感があり,心地よく,そしてやめられなくなるのだ。 筆者のようにゲームをスタートし,何をするわけでもなく刈れる草を全部刈り,そしてスコップで穴掘りをして一画面すべてを穴ぼこにして遊んでいたという人は多いと断言してもいい。 極端な話,この草刈りと穴堀り具合が気になって,購入するか否か考えている人もいるのではないかと思う。 草刈りの爽快さはGB版に近く,穴掘りはちょっと変わって「ザック,ザック」というものからもう少し軽めの「サック,サック」といった感じになっているが,繰り返したくなる感覚や心地よさは変わらない。 なにを言っているか分からないという人にも「なんだか分からないがともかくやってみよう」と思ってもらえると嬉しい。 きっと止まらなくなるはずだから。 では 「音楽」に触れよう。 「ゼルダの伝説」シリーズといえばさまざまな楽器が出てくるが,物語のキーが8種類あるセイレーンの楽器であるため,楽器と音楽は本作でとくに重要なものとなっている。 満月のバイオリン, 巻き貝のホルン ,海ゆりのベルといったセイレーンの楽器が奏でる音とメロディはGB版の音源の時点でもとても情緒あるものだったが,本作では実際の楽器に近い音源となっており,GB版とは違う新たな魅力を打ち出していた。 8種類の楽器が揃ったときどのような演奏が楽しめるのか,かなり期待が高まる。 BGMもストーリー展開の演出面で重きを担っている要素だ。 例えば冒頭だと,島に流れ着いてから剣を拾うまでは目覚めたばかりのまどろみの中にあるような曲で,剣を拾いあらためて冒険に向かうとなったときに,その心境を表したような勇ましいイントロからおなじみのテーマ曲をアレンジしたフィールド曲が流れる。 このように,ドラマチックに音楽が使用されているのだ。 メーベの村やどうぶつ村ののどかな曲,ふしぎの森の怪しげな空気が漂う曲,ダンジョンの緊張感ある曲など,ユーモアあるものからシリアスなものまでさまざまな曲風のBGMが楽しめるのが「夢をみる島」の魅力だ。 初めて触れる人は,ぜひ新アレンジの楽曲でそれを堪能してほしい。 また,BGMの新アレンジはかなり大胆なものも多く,GB版のプレイヤーは驚かされることになるだろう。 中には想像できないようなジャンルの楽曲があるが,どれもGB版の楽曲が持つ空気感をしっかり持ったものとなっているので,こちらも期待してほしい。 Nintendo Direct E3 2019の映像で流れた 「タルタル山脈」の新アレンジ版を聴き,そこにGB版らしき音が入っているのに気づいて震えたという筆者のような人は少なくないだろう。 まだすべての曲を聞いたわけではないが,プレイした範囲ではとても楽しく,そして嬉しいアレンジばかりで満足している。 まだまだ紹介しきれない要素は盛りだくさん。 パーツを組み合わせてパズルのようにダンジョン作りが楽しめる 「パネルダンジョン」のほか,コレクションアイテムのフィギュアが商品に加わった 「クレーンゲーム」,アクション性とやり応えが増した 「釣り堀」,タイムアタックも楽しめる 「急流すべり」と,ミニゲームもより楽しめるものとなっているので,冒険を進めながら立ち寄ってみるといいだろう。 急流すべり 各ミニゲームは,目標を達成することで冒険に便利なアイテムがもらえることも。 なんと,「ゼルダの伝説」シリーズおなじみの空きビン(本作では妖精のビン)が「夢をみる島」に登場。 もちろん筆者もいろいろと試したみたが……気になる人にはぜひ自分で確認してほしい。 DXに登場した「ふくのダンジョン」も登場。 とある場所にあるダンジョンをクリアすると,いつもの緑の服に加えて,攻撃力が倍になる赤い服とダメージを半減する青い服が着用できるようになる ヒロインであるマリンとのデート(?)も。 もともと個人的に, 何度も読み返したくなるような,子供のころに好きだった絵本のような魅力がある作品だと感じ,何度も繰り返しプレイしてきたが,ここにきてまた新鮮な気持ちで「夢をみる島」がプレイできるというのはとても感慨深いものがある。 初めて「ゼルダの伝説」シリーズに触れる人はもちろん,GB版をプレイした人にもあらためてこの感覚を味わってほしいと思う。

次の

ゼルダの伝説 夢をみる島 > 装備

ゼルダ 夢見る 島

カメイワへの行き方• 《》 吊り橋の上にいるマリンを助ける• 《》 洞窟に入り「かがみのたて」で炎を防いで先に進む• ヒント• 床を埋める機械「カタカタ」が初登場。 動き出した後は、十字キーで自分の好きな方向に動かせます(その間リンクは動けない)。 しかしバクダン矢を使うと爆破が可能です。 下の攻略ではバクダン矢を使わない方法です。 【C3】の階段を使うと一旦ダンジョンの外《A-01》に、【F3】からは《C-01》に出る事が出来ます。 《B-01》のワープの穴を使えば村などに戻り、回復やアイテムの補給などが出来ます。 ダンジョンマップ マップ上のアイテムや階段にカーソルを合わせると、説明が出ます。 【A2】- ボスの鍵• 【A6】- 小さな鍵• 【A8】- コンパス• 【B4】- 小さな鍵• 【B5】- 小さな鍵• 【B6】- 20ルピー• 【B7】- 50ルピー• 【C3】- 50ルピー• 【C4】- 小さな鍵• 【D6】- 地図• 【F3】- 小さな鍵• 【F7】- ハズレ(敵)• 【G3】- 小さな鍵• 【G7】- 小さな鍵• 【H2】- マジックロッド• 【H3】で中ボスを倒すと入口までのワープポイント( )が出現• カタカタを操作して上図のように道を作る。 ブロックを押して動かし道を開ける。 北に進む。 【G4】の部屋 この部屋にはひび割れているブロックが多数あります。 全て爆破すると床に矢印が現れ、それが指し示している壁を爆破できると言うヒントになっています。 【G6】の部屋 【G6】の部屋にはクリスタルスイッチがあります。 【H1】の部屋にある宝箱から「マジックロッド」を手に入れるために、クリスタルスイッチを叩いて、宝箱前の床の突起を降ろす必要があります。 【A2】の部屋(ボスの鍵の取り方): 図のように床の穴を全て埋めると「ボスの鍵」が入った宝箱が出現します。 氷の溶かし方(上の図で【F6】地下)• 初期状態• 最下段の氷をすべて溶かす• 右から2番目の列の氷をすべて溶かす• 階段上になった氷の上を歩いていけば、部屋を出られる GB GBCマジックロッドを1回使うだけで良い方法:• 初期状態• 氷にピッタリとくっついて上方向に向けて、氷を溶かす• 階段上になった氷の上を歩いていけば、部屋を出られる ボス攻略 【C6】中ボス「 ヒノックス」 遠距離からのブーメラン・フックショット・弓矢・剣ビームなどで楽に倒せます。 【A7】中ボス「 ローラ」 以前と同じでいいのですが、フックショットで4発、マジックロッドは4発、そしてブーメランでは1発で倒せるので試しましょう。 【H7】中ボス「 ジャッキー」 鉄球をぶつけるしかないので連続攻撃で攻撃させないようにしましょう。 【F3】中ボス「 ドドンゴ」 バクダンを食わせるだけでいいのですが、下で倒してしまうと宝箱が取れません。 地上を通って上から戦いましょう。 その際は、バクダンを口めがけて投げつけて倒しましょう。 【H3】中ボス「 マイトパンチ」 必殺「ダッシュアッパー」を喰らうと部屋から飛ばされるので、極力避けて縦方向の攻撃をしましょう。 NSw前面からの攻撃は全く効かないので、相手の頭上をジャンプで飛び越えて背後に回り込んで剣で攻撃しましょう。 【A3】中ボス「 ヒップループホバー」 以前と同じでいいのですがマグマだまりがあるので注意しましょう。 また、部屋の隅にいれば剣を出すと当たるのでハメることもできます。 【D2】ボス「 デグフレム」 部屋の面積のほとんどを占める溶岩の中からボスが飛び出してきて、溶岩に戻る際に4方向にしぶきをまき散らします。 溶岩のしぶきダメージは:• GB GBCハート4個分。 マジックロッドの火の玉を当てると、ボスの体を覆っている炎が消え、空中を高速で飛び回り始めます。 壁にぶつかって方向転換することを何度か繰りかえすと、また溶岩の中に戻ります。 ある程度ダメージを与えると、ボスが割れて中からひと回り小さい本体が姿を現します。 こいつも溶岩から飛び出てきたところを火の玉をあびせるとダメージを与えられます。 この段階では前半の様に飛び回ることはありません。 GB GBCマジックロッドを連射すれば相手に攻撃の隙を与えることもなく倒せます。 またマジックロッドが壁に当たって燃えている炎でもボスはダメージを受けます。

次の

【夢をみる島】妖精の泉の場所一覧【Switch版/ゼルダの伝説】

ゼルダ 夢見る 島

もしかして、この『夢をみる島』が成功したら、新作出してくれるかも知れませんが・・。 というわけで今回は リメイク作の『夢をみる島』の過去作の評価と感想をまとめてみたいと思います! まあ、面白いのはわかってるんですが・・・。 <9月20日更新> いよいよ発売されたスイッチ版『ゼルダの伝説夢をみる島』さっそく評価感想をまとめてみました!原作に忠実なリメイクですが、評価はかなり高いです!• スイッチ版リメイクゼルダの伝説夢をみる島は面白い?過去作の評価と感想まとめ! ニンテンドーswitchで ゼルダの伝説の夢をみる島が 今年リメイクされるとのことなんで ゲームボーイのオリジナルを遊んでみる! 懐かしい! 白黒でもじゅうぶん遊べる。 そもそもは、ニンテンドーの携帯ゲーム機『ゲームボーイ』のソフトとして発売されたのが元。 ! ゲームボーイはコレ! 出典:ウィキペディア なんともレトロな見た目ですが、おじさんたちはこれは「すげえ、未来っぽい!」と思ってよだれを垂らしながら遊んでいたものです。 通信対戦もケーブルで行うという、今からしたら「大アナログ」なハードでしたね。 ゲームのプレイ画面がこんな感じ。 ゲームボーイで発売された『ゼルダの伝説 夢をみる島』 時系列で言うとこの3つがつながっています。 発売されたのは スーパーファミコンで発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』 1991年11月21日 ゲームボーイで発売された『ゼルダの伝説 夢をみる島』 1993年6月6日 ゲームボーイカラーで発売された『ゼルダの伝説 ふしぎの木の実』 2001年2月27日 という順番なので、『ふしぎの木の実』は、後付けで作られた感じですね。 (ちなみに任天堂じゃなくてカプコンがつくっているんですねコレ) 『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』も非常におもしろい名作です。 Wii、Wii U、Newニンテンドー3DSバーチャルコンソールでも遊ぶことができるので、リメイク発売まで待てない方は、やっておいてもいいですね。 非常におすすめです! ゼルダの伝説夢をみる島の評価感想は? では本題ゼルダの伝説夢をみる島の評価感想はどんな風になっているのでしょうか? リメイクされるという時点で「名作」に違いないのですが、今までプレイした人はどのように評価しているんでしょうか? 「Switchリメイクの夢をみる島が初プレイになる人も多いだろうからあんまりネタバレになる事は言わないけど ノーデスクリア時のエンディングで涙腺壊れかけた、ラストでマリンちゃんとのイベントが全て思い出されるんだよ…」 「ゼルダの伝説の夢をみる島がリメイクされるって聞いて真っ先に思ったのが、「Switchでもボスのビームをスコップで跳ね返せるのだろうか」でしたね。 懐かしいな。 エンディングで泣きかけました。 」 「夢をみる島のリメイクは玩具の人形を動かしてるようなグラになってて驚いた。 でもストーリー最後まで知ってると、夢島にはあのグラが相応しいって思う」 さすがにリメイクされるだけあって、 面白いのには間違いないみたいですが、特筆すべきはその「物語」ですね。 ゼルダシリーズの中でも、時系列とは「それほど深い関係のない」物語なのですが(プレイしてみたらわかります) とにかく物語、ストーリーがいい!と絶賛されている作品なんです。 ちょっと触れただけでも「ネタバレ」になってしまうので、触れられませんが、 とにかく「エンディングが泣ける」ゲームとしても有名なんですね。 ゼルダの伝説「夢をみる島」をまだプレイしていない人は、この「エンディング」のネタバレは極力目にしないことをお勧めします! でないと、この物語を十分に楽しむことができなくなると思いますので・・。 発売までまだ間はありますが、純粋な気持ちでプレイしたい場合は、できるだけネタバレを遠ざけておくことをお勧めいたします!.

次の