あり方会議2020。 【ニュース】JリーグとNPB合同の第11回新型コロナウイルス対策連絡会議を開催。主な議題について。①感染状況の現時点での見立て②事前検査のあり方について③スポーツにおける濃厚接触者の定義 : Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

共通テスト、あり方検討会議設置、2020年1月からスタート

あり方会議2020

『CRCと臨床試験のあり方を考える会議』(略称:CRCあり方会議)では、CRCの成長やステップアップ、臨床試験を取り巻く環境などの変化に伴って、回を重ねるごとに多種多様なプログラムが企画されています。 近年ではホームページを介して、多くの皆さまとそれら情報を共有してきましたが、会議終了後の一定期間が過ぎるとホームページが閲覧できなくなっています。 そこで、臨床試験支援財団では『これまでの、そして、これからのCRCあり方会議』の情報を集約し、アーカイブという形でホームページを設置することになりました。 臨床研究を遂行する時、支援業務に行き詰まった時、あるいは新しい挑戦を行う時などに、本ホームページの情報がささやかな解決のきっかけになれば幸いです。 2020. 03 は、WEB開催形式に変更となりました。 2020. 10 を掲載しました。 2020. 10 の開催概要を掲載しました。 2020. 09 の写真を掲載しました。 2019. 27 を改定しました。 2019. 30 へのリンクを掲載しました。 2019. 15 の開催概要を掲載しました。 2019. 15 の開催概要を更新しました。 2019. 31 の写真を掲載しました。 2018. 28 の開催概要を掲載しました。 2018. 13 へのリンクを掲載しました。 2018. 06 の開催概要を更新しました。 2018. 06 の写真を掲載しました。 2017. 03 へのリンクを掲載しました。 2017. 28 の写真を掲載しました。 2017. 20 の開催概要を更新しました。 2016. 21 の開催概要を掲載しました。 2016. 21 の開催概要を掲載しました。 2016. 23 へのリンクを掲載しました。 2016. 23 の開催日程を掲載しました。 2016. 21 の写真を掲載しました。 2016. 08 を掲載しました。 2016. 27 の開催概要を掲載しました。 2016. 15 の写真を掲載しました。 2015. 01 の開催概要を掲載しました。 2015. 13 へのリンクを掲載しました。 2015. 25 ページを公開しました。

次の

大学入試のあり方に関する検討会議が発足、内容は原則公開

あり方会議2020

7月6日(月)、JリーグとNPB合同の「第11回 新型コロナウイルス対策連絡会議」が行われ、会議後にWEB上で記者会見が行われた。 感染症専門家(賀来満夫 座長/東北医科薬科大学医学部感染症学教室特任教授、東北大学名誉教授、三鴨廣繁 氏/愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)とNPB(日本プロ野球組織)斉藤惇コミッショナー、村井満Jリーグ チェアマンが出席した。 「専門家の先生の皆様、そして地域アドバイザーの皆様、そして野球界の皆様、ご支援ご指導をいただき、6月28日のJ2・J3、7月4日のJ1を持って再開・開幕を迎えることができました。 この場を借りて熱くお礼を申し上げます。 現状はリモートマッチという形ですが、段階的にお客様をお迎えしていくこれからフェーズになってきます。 東京都等では、まだまだ予断を許さない感染拡大の状況が続いています。 そういった意味で、きめ細かく対応しつつ、皆様のご協力をいただきながら準備を進めてまいりたく思っています。 今日は特に感染状況の現時点での見立てや検査体制の話、そして様々なスポーツ界で重要な濃厚接触の話、いくつかの観点から今日もアドバイスをいただきました。 引き続きよろしくお願いします」 今回は会見での専門家のコメント(抜粋)をお届けしています。 (残り 2936文字/全文: 3568文字) この記事の続きは会員限定です ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

次の

一般財団法人 臨床試験支援財団│CRCと臨床試験のあり方を考える会議アーカイブ

あり方会議2020

金融庁長官が規制の方向性を展望 3月10日にBG2C国際会議が行われ、金融庁長官がこれからのブロックチェーン規制のあり方について見解を示した。 金融庁と日経新聞社が主催するブロックチェーン関連の国際会議「ブロックチェーン・グローバル・ガバナンス・カンファレンス(BG2C)」が、「金融多様化のためのマルチステークホルダープラットフォーム-ガバナンス新時代の到来-」と題したパネル会議を実施。 現在、オンラインで一般公開されている。 ブロックチェーンに関する国際的な協力体制を中心に討論された。 その中から、本記事では、金融庁長官の遠藤俊英氏による、規制のあり方についての発言を紹介する。 イノベーション促進と規制目標のバランスが重要 会議の中で、金融庁長官はイノベーションの促進と規制目標の達成との間でよりよいバランスを実現することを強調した。 長官発言の骨子は次の通りである。 2008年にデリバティブ取引がきっかけとなって流動性が枯渇したように、新しい技術は大きな機会やチャンスをもたらすと同時に、リスクも生み出すということがある。 新しい技術である仮想通貨の取引量は、既存の金融と比べて非常に小さいものの、相互接続性によって、金融システムに大きな影響を与えかねない。 この時に、金融規制当局として金融庁の責任は、金融危機を前もって防止することにある。 同時に、イノベーションが持続可能な、健全な社会の発展に寄与するように仕向けていかなければならない。 新しい技術の変化についていけなければ、規制当局は、その責任を果たしたことにはならない。 またその上で、ブロックチェーンに基づくシステムは、インターネットアーキテクチャと多くの共通点を有するため、インターネットのガバナンスが参照できる。 インターネットにおける現在の標準やプロトコルは、オープンでグローバルな非営利組織であるインターネットエンジニアリングタスクフォース、IETFで開発されている。 IETFのラフコンセンサスと、ランニングコードという理念は、分散化されていく金融システムのガバナンスを設計する際の一つのモデルになるかもしれない。 規制当局もステークホルダーの一員となる 続けて、同長官はマルチステークホルダーによる協働ガバナンスが重要だとして次のように話した。 金融庁は、STOやAMLなどに関する規制の整備を行ってきたが、分散型の金融システムをうまく機能させるには規制当局だけでは十分ではない。 規制当局はテクノロジーコミュニティや学会など他のステークホルダーとの連携を強化し、顧客の安全を守っていかなければいけない。 特に、これまで規制当局とテクノロジーのコミュニティーはあまり対話をしてこなかったが、両者がコラボレーションすることが重要と考えている。 従来型の規制では、銀行や証券会社など金融機関をベースに行われていた。 だがブロックチェーンではそうした仲介機関が存在せずに、プレーヤーが直接繋がり合う。 しかし一つ一つのプレーヤーを規制するのは難しい。 トップダウンのアプローチも困難である。 そこで、規制当局もステークホルダーの一員となることが望ましい。 マルチプルガバナンスに参加をして、良いガバナンスを構築するために、その参加者の一員となり、他のステークホルダー(エンジニア、事業者、学会など)と一緒に、新しい形の規制を作っていく。 以上のように、金融庁長官の遠藤俊英氏は、これからの規制のあり方についてのビジョンを示した。 トップダウン型で規制当局が各機関の上から規則を課すよりは、技術者、仮想通貨・ブロックチェーン事業者、関連学会などの様々なステークホルダーが協働する場所を作り、その中でより良いガバナンスを形作っていくことが理想的だという方針である。 ソースコードが書ける金融庁職員の育成 ジョージタウン大学の松尾真一郎氏からは、「監督当局がBitcoinのソースコードを作ったらどうなるのか」「当局、研究者とエンジニアが協力してギットハブなどを活用して作る」ことも有り得るという意見が出された。 遠藤氏は、金融庁は、他の日本の官庁に比べると多種多様な人材を採用しており、IT、数学を専攻した学生も積極的に採用しており、こうした人材を、アメリカやヨーロッパの大学に派遣をしてブロックチェーンの研究プログラムに参加させていると述べた。 また金融庁の職員が将来、Bitcoinのソースコードを書けるようになり、ガバナンスを構築する国際的なネットワークに参加してもらいたいと展望を語った。 画像はShutterstockのライセンス許諾により使用.

次の