大江山の歌 袖をひかへて。 日本古典文学摘集 古典を読む 古今著聞集 巻第五 第六 和歌 四十二 第一八三段 を読み解く

能『大江山』2 : 咲鬼庵(しょうきあん)−鬼も笑う−

大江山の歌 袖をひかへて

十訓抄「大江山」の現代語訳・原文です。 動詞・形容詞・形容動詞・助動詞の活用形・活用の種類・意味も掲載しています。 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、 和泉式部が、保昌の妻として、丹後の国に下った頃に、 ・ 下り … ラ行四段活用の動詞「下る」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 京に歌合ありけるに、小式部内侍、歌詠みにとられて、 京で歌合があったときに、小式部内待が、歌合の詠み手として選ばれて、 ・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ とら … ラ行四段活用の動詞「とる」の未然形 ・ れ … 受身の助動詞「る」の連用形 詠みけるを、定頼中納言たはぶれて、小式部内侍ありけるに、 詠んだところ、定頼中納言がふざけて、小式部内侍がいたときに、 ・ 詠み … マ行四段活用の動詞「よむ」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ たはぶれ … ラ行下二段活用の動詞「たはぶる」の連用形 ・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 「丹後へ使いに出した人は戻って参りましたか。 ・ 遣はし … サ行四段活用の動詞「遣はす」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ 参り … ラ行四段活用の動詞「参る」の連用形 ・ たり … 完了の助動詞「たり」の終止形 いかに心もとなくおぼすらむ。 」と言ひて、 どれほど待ち遠しく思っておられましょう。 」と言って、 ・ 心もとなく … ク活用の形容詞「心もとなし」の連用形 ・ おぼす … サ行四段活用の動詞「おぼす」の終止形 ・ らむ … 現在推量の助動詞「らむ」の連体形 ・ 言ひ … ラ行下二段活用の動詞「言ふ」の連用形 局の前を過ぎられけるを、御簾より半らばかり出でて、 部屋の前を通り過ぎられたところ、御簾から半分ほどのり出して、 ・ 過ぎ … ガ行上二段活用の動詞「過ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ 出で … ダ行下二段活用の動詞「出づ」の連用形 わづかに直衣の袖をひかへて、 ほんの少し直衣の袖を引き止めて、 ・ わづかに … ナリ活用の形容動詞「わづかなり」の連用形 ・ ひかへ … ハ行下二段活用の動詞「ひかふ」の連用形 大江山いくのの道の遠ければ 大江山から生野を通って行く道が遠いので、 ・ 遠けれ … ク活用の形容詞「遠し」の已然形 まだふみもみず天の橋立 まだ天の橋立を訪れていないし、母からの便りも見ていません。 ・ ふみ … マ行四段活用の助動詞「ふむ」の連用形 ・ み … マ行上一段活用の助動詞「みる」の未然形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の終止形 と詠みかけけり。 と歌を詠んだ。 ・ 詠みかけ … カ行下二段活用の助動詞「詠みかく」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 思はずに、あさましくて、「こはいかに。 思いがけず、驚きあきれて、「これはどうしたことだ。 ・ 思はずに … ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形 ・ あさましく … シク活用の形容詞「あさまし」の連用形 かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、 こんなことがあるだろうか。 」とだけ言って、 ・ かかる … ラ行変格活用の動詞「かかり」の連体形 ・ ある … ラ行変格活用の動詞「あり」の連体形 ・ 言ひ … ハ行四段活用の助動詞「言ふ」の連用形 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 返歌することもできず、袖を振り払って、お逃げになった。 ・ 及ば … バ行四段活用の助動詞「及ぶ」の連用形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形 ・ 引き放ち … タ行四段活用の動詞「引き放つ」の連用形 ・ 逃げ … ガ行下二段活用の動詞「逃ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 小式部、これより歌詠みの世に覚え出で来にけり。 小式部は、この時から歌人としての世の評判が出て来るようになった。 ・ 出で来 … カ行変格活用の動詞「出で来」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 これはうちまかせての理運のことなれども、 このことは、そうなって当然のことなのだが、 ・ うちまかせ … サ行下二段活用の動詞「うちまかす」の連用形 ・ なれ … 断定の助動詞「なり」の已然形 かの卿の心には、これほどの歌、 あの卿の心の中では、これほどの歌を、 ただいま詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。 すぐさま詠み出だすことができるとは、お思いにならなかったのだろうか。 ・ 詠み出だす … サ行四段活用の動詞「詠み出だす」の未然形 ・ べし … 可能の助動詞「べし」の終止形 ・ 知ら … ラ行四段活用の動詞「知る」の未然形 ・ れ … 尊敬の助動詞「る」の未然形 ・ ざり … 打消の助動詞「ず」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ に … 断定の助動詞「なり」の連用形.

次の

能『大江山』2 : 咲鬼庵(しょうきあん)−鬼も笑う−

大江山の歌 袖をひかへて

しかし、和泉式部が代わって作っている噂があった。 歌詠み =名詞 に =格助詞 とら =ラ行四段動詞「とる」の未然形、選ぶ、選び出す れ =受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形 て =接続助詞 歌 =名詞 を =格助詞 詠み =マ行四段動詞「詠む」の連用形 ける =過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 を =接続助詞 定頼中納言 (さだよりのちゅうなごん)=名詞 たはぶれ =ラ行下二段動詞「戯る(たはぶる)」の連用形、ふざける、からかう て =接続助詞 小 こ 式 しき 部 ぶの 内 ない 侍 し 、歌詠みに とら れ て、歌を詠み ける を、 定 さだ 頼 よりの 中 ちゅう 納 な 言 ごん たはぶれ て、 小式部内侍が、歌合せの歌人に選ばれて、歌を詠んだが、定頼中納言がふざけて、 小式部内侍 =名詞 局 つぼね =名詞 に =格助詞 あり =ラ変動詞「あり」の連用形 ける =過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 に =格助詞 丹後 (たんご)=名詞 へ =格助詞 遣はし =サ行四段動詞「遣はす(つかはす)」の連用形、派遣する、使いを送る ける =過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 人 =名詞 は =係助詞 参り =ラ行四段動詞「参る」の連用形、「行く」の謙譲語。 参る、参上する たり =完了の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形 や =疑問の終助詞 いかに =副詞、どんなに、どう。 「いかに」の中には係助詞「か」が含まれていて係り結びが起こる。 心もとなく =ク活用の「心もとなし」の連用形、待ち遠しい、じれったい。 「思ふ」の尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 らん =現在推量の助動詞「らむ」の連体形が音便化したもの、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 係助詞「か」を受けて連体形となっている。 係り結び。 と =格助詞 言ひ =ハ行四段動詞「言ふ」の連用形 て =接続助詞 小式部内侍、 局 つぼね にあり ける に、「丹後へ 遣はし ける 人は 参り たり や。 いかに 心もとなく 思 おぼ すらん。 」と言ひて、 小式部内侍が局(部屋)にいた時に、「(母の和泉式部に代作してもらうために)丹後へ派遣した人は帰って参りましたか。 どんなに待ち遠しく思いなさっているだろうか。 」と言って、 局 =名詞 の =格助詞 前 =名詞 を =格助詞 過ぎ =ガ行上二段動詞「過ぐ」の未然形、通り過ぎる、通過する られ =尊敬の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形 ける =過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 を =接続助詞 御簾 (みす)=名詞 より =格助詞、(起点)~から。 (手段・用法)~で。 (経過点)~を通って。 (即時:直前に連体形がきて)~するやいなや。 半ら (なから)=名詞 ばかり =副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。 (限定)~だけ。 「ふみ」が掛詞となっており、「踏み」と「文」が掛けられている。 「橋」が「踏み」の縁語となっている。 つまり、ある言葉から連想されるような言葉。 (例:「海」の縁語として「沖」や「漕ぐ」、「釣り」など) 大 おお 江 え 山 やま いくのの道の 遠ければ まだふみもみず 天 あま の 橋立 はしだて (母のいる丹後までの)大江山を越えて生野を通って行く道が遠いので、まだ(丹後の名所である)天の橋立に足を踏み入れていませんし、(母からの)文も見ておりません。 と =格助詞 詠みかけ =カ行下二段動詞「詠みかく」の連用形 けり =過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 思はずに =ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形、意外である、思いがけない あさましく =シク活用の形容詞「あさまし」の連用形、驚きあきれるばかりだ、びっくりすることだ て =接続助詞 と詠みかけけり。 思はずにあさましくて、 と詠みかけた。 (定頼は、小式部内侍が即興ですぐれたこの歌を詠んだのを)意外だと驚いて、 こ =代名詞、これ、ここ は =係助詞 いかに =副詞、どのように、なぜ かかる =連体詞、このような、こういう やう (様)=名詞 や =疑問・反語の係助詞、結び(文末)は連体形となる。 係り結び。 ここでの結びは「ある」。 反語 は =強調の係助詞。 現代語でもそうだが、疑問文を強調していうと反語となる。 「~か!(いや、そうじゃないだろう。 なので、「~かは・~やは」とあれば反語の可能性が高い。 ある =ラ変動詞「あり」の連体形。 文末だが、係助詞「や」を受けて連体形となっている。 係り結び。 と =格助詞 ばかり =副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。 (限定)~だけ。 言ひ =ハ行四段動詞「言ふ」の連用形 て =接続助詞 「こはいかに、かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、 「これはどういうことか、こんなことがあるか。 (いや、ない。 )」とだけ言って、 返歌 =名詞 に =格助詞 も =係助詞 及ば =バ行四段動詞「及ぶ」の未然形 ず =打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形 袖 =名詞 を =格助詞 引き放ち =タ行四段動詞「引き放つ」の連用形 て =接続助詞 逃げ =ガ行下二段動詞「逃ぐ」の未然形 られ =尊敬の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形 けり =過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。 もう一つの「けり」も同じ。 小式部 (こしきぶ)=名詞 これ =代名詞 より =格助詞、(起点)~から。 (手段・用法)~で。 (経過点)~を通って。 (即時:直前に連体形がきて)~するやいなや。 歌詠み =名詞、歌人 の =格助詞 世 =名詞 に =格助詞 おぼえ =名詞、世評、良い評判 出で来 (いでき)=カ変動詞「出で来(いでく)」の連用形、出てくる、現れる、起こる。 直後に接続が連用形である助動詞「に」が来ているため、連用形となり「出で来(き)」と読む。 に =完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形 けり =過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。 小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。 返歌もできず、袖を引き払ってお逃げになった。 小式部は、これ以降、歌人の世界でよい評判が出て来た。 しかし、定頼は小式部内侍がこれほどの秀歌をとっさに読むとは思っていなかったため驚き、その秀歌に対してふさわしい返歌を思いつかず、いたたまれなくなって逃げだした。

次の

小式部内侍が大江山の歌の事・ 現代語訳・品詞分解・読み方

大江山の歌 袖をひかへて

」と声をかけて、局の前を通り過ぎなさったところ、小式部内侍は、御簾から半分ほど出て、直衣の袖を引き止めて、 大江山・・・大江山、生野という所を通って行く、丹後への道が遠いの で、まだ天橋立を訪れたことはございません。 そのように、母のいる丹 後は遠いので、まだ便りもございません。 とよみかけた。 思いがけないことであきれて、「これはどういうこと。 」とだけ言って、返歌にも至らず、袖を振りきってお逃げになってしまった。 小式部は、このことから歌人としての世の評判が出て来たそうだ。 別の本によれば(「和歌威徳物語」)当時「小式部が歌のよきは、母の和泉式部によませて、ぬしになる」(小式部の歌の傑作は、母の和泉式部に作らせて、自身の歌としたものだ)という噂が広まっており、小式部は悔しい思いをしていたのです。 そこに中納言が噂を真に受けて「小式部は自分でろくに歌が詠めないし母親の代作を頼もうにも遠い丹後にいるので代作が間に合わないだろうと気が気でないだろう」と邪推してからかったのです。 >これはどういうことといったのは誰なんですか?あ>と袖を振り切ったのは誰ですか? 原文をきちんと読んで下さい。 中納言が「つぼねの前を過ぎられけるを」とあり、さらに「思はずにあさましくて、こはいかに、かかるやうやはあるとばかりいひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられにけり」とあります。 つまりこの文中に尊敬の助動詞「らる」が使われているのは中納言のみ。 従って、「これはどうしたことだ、こんなことがあるものか」とうろたえたのも、逃げたのも中納言です。 >なぜ逃げたのですか? 原文に「思はずにあさましくて、こはいかに、かかるやうやはある」とあります。 つまり小式部が即座に見事な自作の歌を詠んで返したことがあまりに意外だったので驚きあきれていたたまれなくなったということでしょう。 >最終的に小式部は母の代作をそのまま歌ったのではなく自分でアドリブでうたったのですか? その通りです。 これは有名なエピソードですね。 つまり中納言は、小式部内侍は実は歌など詠めず、内侍の作としてある歌はみんな母の和泉式部の代作であろうと勘ぐって「一人で歌合に出るなど心細いことでしょう。 母親を呼ぶ使いを丹後に遣ってその使いは帰ってきましたか?母上に急を告げる手紙の返事は届きましたか?(つまり歌合わせに出す母上の代作の歌は間に合いますか?ということ)」と謎をかけからかったのです。 ところがその場で内侍が即座に見事な歌を詠み、母の代作の疑惑を晴らし、中納言は二の句が告げられなかった、という痛快なエピソードです。 他に「大江山」は「生野」の枕詞。 「生野」は地名と「幾野(幾つもの野を越えて)」の掛詞、「ふみ」は「文」と「踏み」の掛詞も注意して下さいね。 この回答への補足 すいませんがここのところがわからないです…母親を呼ぶ使いを丹後に遣ってその使いは帰ってきましたか?母上に急を告げる手紙の返事は届きましたか?(つまり歌合わせに出す母上の代作の歌は間に合いますか?ということ)」と謎をかけからかったのです。 」とだけ言って、返歌にも至らず、袖を振りきってお逃げになってしまった。 小式部は、このことから歌人としての世の評判が出て来たそうだ。 辞書をひかないと分からないのは、「中ごろ」「御室」「あがり馬」など、固有名詞です。 形容詞などは、いまでも時々使う言葉なので頭を柔らかくして、情景を考えつつ訳してみることをお勧めします。 それほどではないが昔のこと、「六の葦毛」という駻馬(暴れ馬)がいた。 (その駻馬を)進上されたのを、ある房官(僧坊担当官)に下げ渡した。 (房官は)まっさかさまに落ちて、頭を、ゾッとするほどぶつけて切ってしまった。 いぶかしかった(不審な)ことだ。 血が出た程度だろうと思います。 私は、「落馬するなんて、わらっちゃったよ」というよりは、「それまではうまく乗りこなしていたのに事実を知ったら急に乗りこなせなくなるなんて一体どうしたことだ」という気持ちを優先して、いぶかしいと訳してみました。 助詞とか敬語とかを無視すれば、そんなに難しい話ではないのですが。 辞書をひかないと分からないのは、「中ごろ」「御室」「あがり馬」など、固有名詞です。 形容詞などは、いまでも時々使う言葉なので頭を柔らかくして、情景を考えつつ訳してみることをお勧めします。 それほどではないが昔のこと、「六の葦毛」という駻馬(暴れ馬)がいた。 Q 色々なサイトを見たのですが、漢文の訳が多く、あっても意訳だったりと、思ったとおりの現代語訳が見つかりませんでした; 意訳でない現代語訳を教えていただきたいですvv* 唐土に北叟といふ爺ありけり。 かしこく強き馬をなんもちたりける。 これを、人にも貸し、我も使ひつつ、世を渡る便りにしけるほどに、この馬、いかがしたりけん、いづちともなく失せにけり。 聞きわたる人、いかばかり嘆くらんと思ひて訪ひければ、「悔いず。 」とばかり言ひて、つゆも嘆かざりけり。 あやしと思ふほどに、この馬、同じさまなる馬を、あまた具して来にけり。 いとありがたきことなれば、親しき疎き、喜びを言ふ。 かかれど、また、「喜ばず。 」と言ひて、これも驚く気色なし。 かくて、この馬あまたを飼ひて、さまざまに使ふあひだに、爺が子。 今出で来たる馬に乗りて、落ちて、右の腕を突き折りて、聞く人、また驚き訪ふにも、なほ、「悔いず。 」と言ひて、気色変はらず。 さるほどに、きはかに国に戦起こりて、兵を集められけるに、国の内にさもある者、残りなく戦に出でて、皆死にけり。 この爺が子、この中に洩れにければ、片手は折れども、命は全かりけり。 これ、かしこき例に言ひ伝へたり。 唐土のことなれども、いささかこれを記せり。 色々なサイトを見たのですが、漢文の訳が多く、あっても意訳だったりと、思ったとおりの現代語訳が見つかりませんでした; 意訳でない現代語訳を教えていただきたいですvv* 唐土に北叟といふ爺ありけり。 かしこく強き馬をなんもちたりける。 これを、人にも貸し、我も使ひつつ、世を渡る便りにしけるほどに、この馬、いかがしたりけん、いづちともなく失せにけり。 聞きわたる人、いかばかり嘆くらんと思ひて訪ひければ、「悔いず。 」とばかり言ひて、つゆも嘆かざりけり。 あやしと思ふほどに、この馬、同... A ベストアンサー ズバリ、回答そのものです。 「塞翁が馬」は有名な故事ですのでそれもまた時間のあるときに調べて勉強してみて下さい。 本文の訳は以下の通り。 唐土(もろこし)に北叟と言うお爺さんがいた。 そのお爺さんは優れた強い馬を持っていた。 その馬を人にも貸してやり自分でも乗っては使いながら生きていく手段(つまり馬を貸して少しのお金をとる、また馬で荷物の運搬などをして稼ぐことで、生計を立てていたということです)にしていたところ、この馬はどうしたのだろうか、どこへともなくいなくなってしまった。 それを聞いた人は、お爺さんがどれほど嘆いているだろうと思って訪ねていってみると、お爺さんは「惜しくはないよ」とばかり言って、少しも嘆いていなかった。 不思議だなぁと思っていると、この馬が同じような立派な馬をたくさん連れて戻って来た。 たいそう珍しくありがたいことなので、親しい人も疎遠な人もみなおじいさんにお祝いの言葉を言う。 しかしお爺さんはこの時もやはり「うれしくない」と言って、このおめでたい出来事にも心を動かされる様子がない。 こうして、そのたくさんの馬を飼って色々なことに使ううちに、お爺さんの息子が、ちょうど出て来た馬に乗って落ち、右の腕を突き折って、それを聞いた人は、また驚いてお見舞いに訪れたのにも、やっぱり、「かまわないのだ」と言って顔色も変えない。 そうしているうちに、突然、国で戦争が起こって兵隊を召集されたので、国内の若く健康な男子は一人残らず戦争に出て、皆死んでしまった。 ところがこのお爺さんの息子は、怪我をしていたために召集されなかったので、片手は折ったけれども命は失わずに済んだ。 これをすばらしいことのたとえとして中国では語り伝えられている。 よその国のことではあるが、ほんの少しそのことを記した。 ズバリ、回答そのものです。 「塞翁が馬」は有名な故事ですのでそれもまた時間のあるときに調べて勉強してみて下さい。 本文の訳は以下の通り。 唐土(もろこし)に北叟と言うお爺さんがいた。 そのお爺さんは優れた強い馬を持っていた。 その馬を人にも貸してやり自分でも乗っては使いながら生きていく手段(つまり馬を貸して少しのお金をとる、また馬で荷物の運搬などをして稼ぐことで、生計を立てていたということです)にしていたところ、この馬はどうしたのだろうか、どこへともなくいなくなってしまった。

次の