東京 リベンジャー ズ 三ツ谷。 【全網羅】東京卍リベンジャーズの登場人物をwiki並にまとめてみた(サブキャラまで細かく紹介)

【全網羅】東京卍リベンジャーズの登場人物をwiki並にまとめてみた(サブキャラまで細かく紹介)

東京 リベンジャー ズ 三ツ谷

そこで三ツ谷とその妹2人に八戒と柚葉にも出会います。 タケミチは三ツ谷の妹に馬鹿にされて少し怒ります。 三ツ谷も笑いながらそれに突っ込んだりして皆で楽しんでいます。 そんな姿を後ろから見ていた柚葉。 八戒から三ツ谷に惚れたんだろうと話しかけれます。 突然柚葉は家を出ていった大寿の話をします。 大寿は家を出る際「花垣タケミチは何者だ? オレには変えられなかった八戒をアイツは変えた」と柚葉に言い残し去っていきます。 そして柚葉は「アイツはオマエと兄貴の2人を変えた。 あたしはそんな花垣タケミチが・・」とタケミチに想いを寄せていることを八戒に伝えます。 それを聞いた八戒はかなり驚きますが「一方的な想いは罪じゃねえだろ」と柚葉は少し照れながら話すのでした。 絵馬に願い事を書いたタケミチ達でしたが、タケミチは他の人に書いた内容を見せたくありません。 見せることを拒んでる内に手が滑り、絵馬がどこかに落ちてしまいます。 その落ちた絵馬を拾ったのは千冬でした。 ぺーやんも一緒です。 千冬に絵馬を返してと詰め寄っていると千冬は反射的に絵馬を放り投げてしまいます。 そんな姿を同じく初詣に来ていた河田と武藤も発見し近寄ってきます。 そして最終的に落ちた絵馬を拾ったのはドラケンとエマと初詣に来ていたマイキーでした。 何とか無事に絵馬を返してもらえたタケミチ。 そんな内に年が明けるまであと10秒となります。 全員がカウントダウンしていき、マイキーが「みんな飛ぶぞー」と声をかけ全員で「ハッピーニューイヤー」と年越しをします。 宙に浮いたタケミチの絵馬には「みんなを救えるヒーローになれますように」と書かれていました。 そんな中場面は変わり稀咲と半間の2人が会っています。 半間が「まさかタケミッちがこんなにやるとはなあ」と話すと稀咲は「こんなんで終わらせねえよ」と意味深に笑うのでした。 久しぶりに安心して見ていられる回だったと思います。 無事にヒナともよりを戻して、東卍の皆とも仲良く新年を迎えることができたタケミチ。 今のところは未来から戻ってきて少しずつ過去を良い方向に変えられているような雰囲気で順調に進んでいるように感じます。 最後に稀咲と半間が登場し、またまたよからぬ企てを考えているようでしたので、やはりこのまますんなりとは終わりそうにはない雰囲気です。

次の

東京卍リベンジャーズ

東京 リベンジャー ズ 三ツ谷

Contents• 戸惑い 場地の突然の行動に周りは戸惑いを隠せません。 〈東京卍リベンジャーズ61話より〉 千冬は、瀕死状態の場地を抱え 場地さんっ なんで…っ!? 沈痛な面持ちです。 そして、今回の行動を引き起こしてしまった当人である一虎は 〈東京卍リベンジャーズ61話より〉 ボロボロに泣きながら、マイキーに強気な発言をぶつけます。 おい! この期に及んで、まだそんなことを言うのか! と、思いましたが こうやって強気に振舞っていないと耐えられないくらいの精神状態なのでしょう。 一虎の涙が、そのように語っているように思えます。 このときの一虎は 後悔やら情けないやら そして、自分も場地と一緒に逝ってしまいたい… など、いろんな想いが錯綜しているように感じました。 場地語る 瀕死状態の場地 残された体力を振り絞り、タケミチに語ります。 〈東京卍リベンジャーズ61話より〉 やっぱり、場地は知っていた! 稀咲が敵だということに。 パーを出所させる代わりに参番隊隊長に任命してくれ 〈東京卍リベンジャーズ61話より引用〉 そうやって稀咲がマイキーに持ち掛けている場面を見かけてしまったようです。 それが場地には許せなかった。 〈東京卍リベンジャーズ61話より〉 参番隊の隊長はパーだけ! そして 場地は東京卍會のメンバーを思い浮かべます。 〈東京卍リベンジャーズ61話より〉 パーちん… 〈東京卍リベンジャーズ61話より〉 三ツ谷… 〈東京卍リベンジャーズ61話より〉 ドラケン… 〈東京卍リベンジャーズ61話より〉 マイキー… そして 〈東京卍リベンジャーズ61話より〉 一虎! みんな場地にとっては大切な仲間 誰一人、欠けてしまってもダメなんだ。 〈東京卍リベンジャーズ61話より〉 オレの宝だ 場地は 東京卍會、メンバーたちを 誰よりも大切に想っていた。 だからこそ 東京卍會がバラバラになっていまいそうな状況を 1人でなんとかしたかった。 一虎を…パーを… みんなを救いたかった。 だけど オレにはもう無理そうだ。 〈東京卍リベンジャーズ61話より〉 場地の行動は全て 仲間を救うためのモノだったのですね。 そして、タケミチなら東卍を救える。 そう信じた場地は、タケミチに託したのでした。 スポンサーリンク 場地と千冬の絆 場地は千冬に話しかけます。 コンビニの駐車場に座って 2人並んで半分コずつ食べていたのかな そのとき、どんな会話していたのかな 不器用そうな場地のことだから きっと、2人とも黙って食べていたんじゃないかな だけど、そんな時間も2人にとっては 心の通った大切な時間だったのだろうな いろんなことを妄想してしまって 涙が溢れてきました。 場地がどんな行動をとっても 千冬は場地を信じ続けました。 顔面をボコボコに殴られても 厳しい言葉を浴びせられても それでも、場地を信じて ついてきた背景には こうやって心が通い合っていた過去があったからなのでしょう。 〈東京卍リベンジャーズ61話より〉 場地の笑顔には 2人がどれだけ心が繋がっていたか 信頼しあっていたかが込められているように感じます。 そして…場地は 〈東京卍リベンジャーズ61話より〉 静かに眠ります。 そんな場地がいたことで 上手く回っていたことも多いはずです。 実際に、マイキーが一虎を一時的でも許すことができたのは場地のおかげでした。 そんな東卍の心とも言える存在を失おうとしています。 さて、このまま崩壊は止まらないのか。 マイキーはどうする タケミチ止められるか!? 場地の想いを背負って頑張れタケミチ! それにしても 場地と千冬の過去を描いた番外編があれば読みたい! 絶対読みたい!.

次の

東京卍リベンジャーズ117話ネタバレ「再会したタケミチに、マイキーが衝撃の一言を言い放つ!」【今週の1分解説】

東京 リベンジャー ズ 三ツ谷

この記事の目次• 東京卍リベンジャーズの東卍創立メンバー一覧 東卍の創立メンバーは全員で6人います。 たった6人で旗上げして、あそこまでチームをでかくしたなんて、この6人まじですごすぎますよね。 笑 ではメンバーを順番にご紹介しましょう! 1. 総長:マイキー(佐野万次郎) 全員分の想いを背負って総長になったのはマイキーです。 喧嘩の強さ• 仲間想い 何をとってもダントツです。 カリスマ性もあり、東京卍リベンジャーズのストーリーの大半に登場する人物でもあります。 副総長:ドラケン(龍宮寺堅) マイキーに忠誠を誓った副総長はドラケンこと龍宮寺堅です。 おそらくは2mを越えるであろう身長と、冷静沈着で常に客観性を忘れない姿勢はマイキーの心が崩れそうになった時の支えになっています。 マイキーにできた初(?)の友達でもあります。 壱番隊隊長:場地圭介(バジケイスケ) 総長、副総長の下に付く壱番隊隊長な場地圭介(バジケイスケ)です。 チームでは特攻隊としての役割を任されており、その喧嘩の強さも一級品です。 多少、イカれた面もあるもののチームや仲間想いな面はマイキーと同等なほど。 もちろんチームのみんなも場地には信頼を寄せていました。 個人的に好きなセリフは 「ペヤング食う?はんぶんこな」ですね!笑 4. 弐番隊隊長:三ツ谷隆(ミツヤタカシ) 二番隊の隊長につくは、ヤンキーでありながら裁縫部の部長を務めるという異色タイプの男です。 あまり登場シーンはありませんが、主人公のタケミチが喧嘩でびびった時に背中をくっつけてサポートするという後輩想いで優しい一面を持っています。 裁縫部でも後輩に慕われていて、兄貴肌なのがわかりますね。 喧嘩では目立ったシーンはありませんが、仲間想いで兄貴肌ないいヤツです。 参番隊隊長:パーちん(林田春樹) パーちんは東卍の旗持ちであり、力自慢の男です。 頭をつかうのは苦手なので、常に喧嘩が専門。 何度倒されても立ち向かう心の強さも持っていますが、すぐに取り乱してしまうのが玉にキズです。 なにげにストーリー全般に渡って登場している存在でもあります。 不明:羽宮一虎 実は一虎も東卍創立メンバーの一人です。 壱番隊隊長の場地と同じく喧嘩っぱやいタイプで、東卍時代では場地とよくつるんでいました。 みんなヌルいんだよなぁー あんな奴らヤッちまいやいいのに 第6巻より抜粋:羽宮一虎 とある出来事がきっかけで東卍を離れましたが、東京卍リベンジャーズのストーリーの中心人物でもあります。 あと顔が非常にイケメン! マイキーと場地を足して2で割ったような感じです。 笑 メンタルが不安定でもありますが、それも含めて魅力的なキャラクターですね!.

次の