応用生命科学部。 生命応用化学科・生命応用化学専攻

応用生命科学科|静岡大学農学部

応用生命科学部

応用生物科学部 応用生物科学部 学部基本情報 生物学と化学をもって生物の生命現象を追究し、農学の最先端を進む応用生物科学部。 最新の理論と技術で生物の基本反応を理解し、これをわたしたち人類の生活の向上と、大気・水質・土壌といった環境問題の解決につなげていくのが本学部のねらいです。 教育システムは、基礎から応用への積み上げ方式で構築されたカリキュラムに特徴があり、最新鋭の高度な機器、施設・設備環境のもとで、有機化学、生物化学、微生物学、分子生物学の実験・実習を多彩に展開することができます。 また、学生と教員スタッフが密接に連携した研究活動を通じ、知識・技術を確実に自分のものとして身につけることができます。 本学部は教育方針として、次の4点を掲げています。 応用生物科学や先端生命科学の研究技術の修得。 生物関連産業や地域社会における、生物資源・生物機能の高度利用、食料の持続的生産。 健康と栄養に関する広い知識を基にした、食の高度利用や栄養指導の促進。 世界の教育研究機関と交流し、新規生物関連産業の高度化や教育研究に貢献。 本学部の各教育研究分野は、食品、医薬品、化粧品や農薬用薬剤などといった多彩な化学産業界からも多くの注目を受けています。 管理栄養士に代表される各種資格の取得と、大学院教育まで視野に入れた高度技術者の育成体制を整え、みなさんをお待ちしています。 学科一覧 消費者のより健康で豊かな生活に資する農産物の安定生産のための理論を構築するとともに、それらを基にした技術を開発して、農業の発展に資することを目的としている。 そのために、農作物の特質、栽培技術等の学理を追求することを通して、持続可能な次世代型農業の創造に貢献できる教育・研究を行う。 また、実学的な教育の実践ほか、課外活動への参加も推進することによって、国内はもとより世界の農業や、それを取り巻く広範囲な分野で羽ばたくことのできる人材を養成する。 動物の生命現象や機能の理解とその制御を追究する生命・制御分野と、動物の行動と生産性を追及する機能・生産分野の2 領域を包含し、これらの特性を活かした応用技術開発を目指す。 課程を通じて生命の尊厳や倫理を学び、豊かな心を持ち、医・薬・理学の領域まで広がりを見せる生命科学関連及び良質で安全な食料を生産する生産科学領域で活躍できる人材を養成する。 これが「デザイン農学」です。 環境・医療・福祉などの場においても動植物の恩恵を受ける機会が増えています。 このような人と生き物のかかわりを多面的に研究し、より良い共生社会と、生き物の新たな活用方法の構築をめざしています。 そのため、現代の高度に細分化された生物・化学の専門知識を横断的に学び、生命活動に関わる化学反応を深く理解することで、それを制御・応用する技術を構築する能力を養います。 さらに近年、この微生物の機能は環境の浄化やエネルギー開発の世界でも広く応用されようとしています。 小さな微生物が、人々を大きな未来に導いているのです。 食の流通のグローバル化によって、市場には新たな食材や加工食品があふれ、人々は豊かな食文化を楽しむ一方で、在来・外来の食材が食の安全を脅かす危険から自分たちを守る必要が生じています。 こうした「食の安全・安心」をはじめ「食の機能と健康」を科学的に解明する研究拠点に、社会の期待が高まっています。 「管理栄養士」は傷病者の療養や、乳幼児をはじめ高齢者、スポーツ選手など、様々な人々の健康づくりのため、高度な専門的知識及び技術を要する栄養の指導および、学校や病院、事業所などの給食管理をおこないます。 「管理栄養士」によるヒューマンサービスが今最も求められています。 遺伝子は生命の設計図。 最先端のバイオ技術を駆使して、遺伝子の働きを解き明かし、遺伝子の力を最大限に引き出すことで、人類が抱えている食料、健康、環境保全の諸問題の解決をめざします。 ボーダーレスの時代である今こそ、農学の枠を超えて、医学、薬学、工学に至る応用にチャレンジする。 これがバイオサイエンスです。 この原子・分子の働きを化学的な視点で解明していくことで、これからの生命科学の可能性をより広めていくことをめざしています。 精密有機合成、天然物化学を中心に、高分子化学、分析化学を基盤とした教育・研究を通じて医薬・農薬・動物薬およびバイオプラスチックの開発への道を拓きます。 微生物は我々の目に見えないミクロの世界で活動し、動・植物の健康や地球環境の維持に多大な影響をおよぼしています。 しかし人類がこれまでに発見できた微生物はその総数のほんの数%と言われています。 本学科は微生物が関与する未知の生命現象を生命科学の力で解明する「微生物学」のエキスパートを育成します。 古くから人間は森林と密接な関係を保ってきた一方で、近代以降には乱開発による森林破壊が社会問題にもなっています。 森林が人類に与えてきた恵みの大きさ は計り知れません。 解決すべき地球規模の環境問題が残るいまこそ、人と森林が共生できる社会を早急に実現する必要があるのです。 環境にやさしい農業生産技術を発展させるには、工学的な視野からのアプローチも重要です。 ロボットなど機械工学を用いた生産支援や、土木工学を応用した用水や排水技術の開発など、ロスがなく環境保全にも幅広く対応できるエコ・テクノロジーの開発が強く求められています。 ベランダの草花、公園や緑地、都市や農村から地球環境まで。 私たちをとりまく、人と自然がつくるさまざまなシーンのすべてが造園学のフィールドです。 快適で美しい環境を創成するための専門知識や技術の一つ一つが、地域に貢献する力となります。 地域が抱える問題を総合的にとらえ、生物多様性や生態系に配慮した実学型教育を通じて、地域づくりの担い手やリーダーになりうる人材の育成をめざしています。 国と国との間に大きな経済格差がある現代。 開発途上国の発展を農業の開発を通じて支援し、環境に配慮した持続性のある生産によって地球規模の環境保全を視野に入れた、現代に適応した国際協力の先駆的な人材への期待が高まっています。 私たちの毎日の食料は、農林水産業で生産・収穫されたものが、卸売市場や食品工業を経由し、さらには外食産業や食品小売業を介して消費者にわたっています。 この食料の流れのシステムを国際的な経済の視点から研究することで、これらに関連する諸問題の解決策を追究します。 食料に関わるビジネスの現場で活躍するには、国内外の食料生産や加工・流通システムを理解し、世界各地の食料の生産と供給の状況、国際市場における流通の現状を常に把握したうえで、それらの情報を分析し活用できる臨機応変で柔軟な総合力が求められます。 「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されたことで、世界からも脚光を浴びている日本の食文化。 食文化を支えている日本の農業にも、注目が集まっています。 国際食農科学科は、日本の「食」と「農」を継承し、世界に発信していく新領域です。 実験や実習、現地でのフィールドワークを中心にした実践的な学びで、生産科学、食品科学、人文・社会科学の領域から総合的にアプローチします。 北海道北東部、オホーツク地域は、日本屈指とも言える大規模な畑作や畜産が営まれています。 また、世界自然遺産の知床をはじめとする豊かな自然環境に恵まれ、エゾシカやオオワシといった野生動物が数多く生息するなど、生物生産と環境に関するあらゆる研究のための資源がそろっています。 「環オホーツク地域」には、水圏のサイエンスを学ぶ者にとって魅力的な研究テーマと、それを実践・検証できる場があふれています。 その多くは「生物資源」という共通の素材から作られています。 この生物資源の特性や、人体への効果を探求し、その機能性を活用した製品を開発することで、私たちの生活を質の高い、充実したものへと進化させてゆくことが、食香粧化学科の目標です。 しかし、地域社会にはまだ眠っている資源があるのではないでしょうか。 その可能性を見出し、都市とは異なるアプローチでの社会発展を探究すべく、オホーツク地域の様々な産業と連携した学びを展開しています。 各学科で取得可能な免許状の種類は表の通りです。 本課程を履修する学生は所属学科の専門教育を受けながら定められた単位を取得することにより、卒業時に教育職員免許状が授与されます。 卒業までに受講する科目が多くなり、また夕方からの講義や学外での実習も多く、卒業までの負担は他の学生よりは大きくなりますが、その分充実した学生生活となることでしょう。 本課程修了者の多くが全国各地の中学校・高等学校、その他の教育機関で教員として活躍しています。 平成26年度は256人(515件の免許状)を取得しました(大学院修了者の専修免許状を含む)。 教員採用試験合格は難関ですが、例年100名弱(卒業生を含む)の本学出身者が教育職に就いています。 本課程は、公共機関としての博物館、科学館、児童館、公共図書館及び企業の情報部、研究開発部門等において科学技術に関する情報の調査、収集、整理、保管、検索、提供(展示を含む)等にあたる技術者となる基礎(コンピュータを利用した情報利用教育を含む)を修得させ、自然科学系司書・学芸員を養成することを目的としています。 情報化時代といわれる今日、これらの技術を担う人材の養成は、文科系の大学において図書館司書あるいは博物館学芸員養成のためのコースで従来から行われてきました。 しかし、理科系の大学においてはほとんど行われていません。 その結果、企業や公共機関において科学技術情報を取り扱う人材の確保に困難を生じています。 本課程は、社会のこの要求に答えるために開設され、学部では司書、学芸員の資格が、短期大学部では司書の資格が与えられます。 学芸員は、博物館法によって登録または相当施設に指定された博物館等において業務を担当する専門教員であり、博物館には学芸員をおくことが法律で義務づけられています。 司書は、図書館法によって定められた「図書館」は図書、記録その他必要な資料を収集、整理、保存して利用に供し、教養、調査研究等に資することを目的とする施設です。 法律による図書館には司書の有資格者を置くことが義務づけられています。 それぞれの有資格者の就職先としては、近年多くなっている前述の博物館、社会教育施設、展示企業などがあり、また図書館は勿論のこと官公庁及び企業の研究開発部門、資料室などに進出が顕著になっています。

次の

応用生命科学科

応用生命科学部

特徴・キーワード 生命現象を分子のレベルで 科学する。 バイオの力を駆使して、人類の食と健康に貢献する 応用生命科学科では、最新のバイオサイエンス(生命科学)やバイオテクノロジー(生命工学)についての専門知識と技術を学びます。 そして、微生物、植物、動物細胞などを対象として、遺伝子、タンパク質、生理活性物質など生命を支える分子の構造、機能について研究し、食と健康など人類が直面する諸問題の解決に貢献できる人材の育成をめざします。 たとえば、応用生命科学科では、生物が食物を分解し活動のエネルギーを得るとともに、体をつくるさまざまな分子に変換する過程を分子レベルで研究し学びます。 これは、私たちが病気を予防し、健康な生活を維持していく上で極めて大切です。 また物質を変換するという生物の力は、環境にやさしい新しい生産方法や新素材の開発へ応用できます。 これも私たちの重要なテーマの一つです。 応用生命科学科では、有機化学、生物化学、分子生物学などを基盤として、生命現象とそのしくみを分子、細胞、組織レベルで理解するための体系的な知識を身につけます。 生物が持つ機能の多面的な利用と技術開発に関する専門的な知識や技術を体得し、化学・生物系産業や食品関連産業などにおける技術職や総合職として必要とされる能力を習得します。 遺伝子(DNA).

次の

応用生命化学専攻

応用生命科学部

応用生物科学部 応用生物科学部 学部基本情報 生物学と化学をもって生物の生命現象を追究し、農学の最先端を進む応用生物科学部。 最新の理論と技術で生物の基本反応を理解し、これをわたしたち人類の生活の向上と、大気・水質・土壌といった環境問題の解決につなげていくのが本学部のねらいです。 教育システムは、基礎から応用への積み上げ方式で構築されたカリキュラムに特徴があり、最新鋭の高度な機器、施設・設備環境のもとで、有機化学、生物化学、微生物学、分子生物学の実験・実習を多彩に展開することができます。 また、学生と教員スタッフが密接に連携した研究活動を通じ、知識・技術を確実に自分のものとして身につけることができます。 本学部は教育方針として、次の4点を掲げています。 応用生物科学や先端生命科学の研究技術の修得。 生物関連産業や地域社会における、生物資源・生物機能の高度利用、食料の持続的生産。 健康と栄養に関する広い知識を基にした、食の高度利用や栄養指導の促進。 世界の教育研究機関と交流し、新規生物関連産業の高度化や教育研究に貢献。 本学部の各教育研究分野は、食品、医薬品、化粧品や農薬用薬剤などといった多彩な化学産業界からも多くの注目を受けています。 管理栄養士に代表される各種資格の取得と、大学院教育まで視野に入れた高度技術者の育成体制を整え、みなさんをお待ちしています。 学科一覧 消費者のより健康で豊かな生活に資する農産物の安定生産のための理論を構築するとともに、それらを基にした技術を開発して、農業の発展に資することを目的としている。 そのために、農作物の特質、栽培技術等の学理を追求することを通して、持続可能な次世代型農業の創造に貢献できる教育・研究を行う。 また、実学的な教育の実践ほか、課外活動への参加も推進することによって、国内はもとより世界の農業や、それを取り巻く広範囲な分野で羽ばたくことのできる人材を養成する。 動物の生命現象や機能の理解とその制御を追究する生命・制御分野と、動物の行動と生産性を追及する機能・生産分野の2 領域を包含し、これらの特性を活かした応用技術開発を目指す。 課程を通じて生命の尊厳や倫理を学び、豊かな心を持ち、医・薬・理学の領域まで広がりを見せる生命科学関連及び良質で安全な食料を生産する生産科学領域で活躍できる人材を養成する。 これが「デザイン農学」です。 環境・医療・福祉などの場においても動植物の恩恵を受ける機会が増えています。 このような人と生き物のかかわりを多面的に研究し、より良い共生社会と、生き物の新たな活用方法の構築をめざしています。 そのため、現代の高度に細分化された生物・化学の専門知識を横断的に学び、生命活動に関わる化学反応を深く理解することで、それを制御・応用する技術を構築する能力を養います。 さらに近年、この微生物の機能は環境の浄化やエネルギー開発の世界でも広く応用されようとしています。 小さな微生物が、人々を大きな未来に導いているのです。 食の流通のグローバル化によって、市場には新たな食材や加工食品があふれ、人々は豊かな食文化を楽しむ一方で、在来・外来の食材が食の安全を脅かす危険から自分たちを守る必要が生じています。 こうした「食の安全・安心」をはじめ「食の機能と健康」を科学的に解明する研究拠点に、社会の期待が高まっています。 「管理栄養士」は傷病者の療養や、乳幼児をはじめ高齢者、スポーツ選手など、様々な人々の健康づくりのため、高度な専門的知識及び技術を要する栄養の指導および、学校や病院、事業所などの給食管理をおこないます。 「管理栄養士」によるヒューマンサービスが今最も求められています。 遺伝子は生命の設計図。 最先端のバイオ技術を駆使して、遺伝子の働きを解き明かし、遺伝子の力を最大限に引き出すことで、人類が抱えている食料、健康、環境保全の諸問題の解決をめざします。 ボーダーレスの時代である今こそ、農学の枠を超えて、医学、薬学、工学に至る応用にチャレンジする。 これがバイオサイエンスです。 この原子・分子の働きを化学的な視点で解明していくことで、これからの生命科学の可能性をより広めていくことをめざしています。 精密有機合成、天然物化学を中心に、高分子化学、分析化学を基盤とした教育・研究を通じて医薬・農薬・動物薬およびバイオプラスチックの開発への道を拓きます。 微生物は我々の目に見えないミクロの世界で活動し、動・植物の健康や地球環境の維持に多大な影響をおよぼしています。 しかし人類がこれまでに発見できた微生物はその総数のほんの数%と言われています。 本学科は微生物が関与する未知の生命現象を生命科学の力で解明する「微生物学」のエキスパートを育成します。 古くから人間は森林と密接な関係を保ってきた一方で、近代以降には乱開発による森林破壊が社会問題にもなっています。 森林が人類に与えてきた恵みの大きさ は計り知れません。 解決すべき地球規模の環境問題が残るいまこそ、人と森林が共生できる社会を早急に実現する必要があるのです。 環境にやさしい農業生産技術を発展させるには、工学的な視野からのアプローチも重要です。 ロボットなど機械工学を用いた生産支援や、土木工学を応用した用水や排水技術の開発など、ロスがなく環境保全にも幅広く対応できるエコ・テクノロジーの開発が強く求められています。 ベランダの草花、公園や緑地、都市や農村から地球環境まで。 私たちをとりまく、人と自然がつくるさまざまなシーンのすべてが造園学のフィールドです。 快適で美しい環境を創成するための専門知識や技術の一つ一つが、地域に貢献する力となります。 地域が抱える問題を総合的にとらえ、生物多様性や生態系に配慮した実学型教育を通じて、地域づくりの担い手やリーダーになりうる人材の育成をめざしています。 国と国との間に大きな経済格差がある現代。 開発途上国の発展を農業の開発を通じて支援し、環境に配慮した持続性のある生産によって地球規模の環境保全を視野に入れた、現代に適応した国際協力の先駆的な人材への期待が高まっています。 私たちの毎日の食料は、農林水産業で生産・収穫されたものが、卸売市場や食品工業を経由し、さらには外食産業や食品小売業を介して消費者にわたっています。 この食料の流れのシステムを国際的な経済の視点から研究することで、これらに関連する諸問題の解決策を追究します。 食料に関わるビジネスの現場で活躍するには、国内外の食料生産や加工・流通システムを理解し、世界各地の食料の生産と供給の状況、国際市場における流通の現状を常に把握したうえで、それらの情報を分析し活用できる臨機応変で柔軟な総合力が求められます。 「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されたことで、世界からも脚光を浴びている日本の食文化。 食文化を支えている日本の農業にも、注目が集まっています。 国際食農科学科は、日本の「食」と「農」を継承し、世界に発信していく新領域です。 実験や実習、現地でのフィールドワークを中心にした実践的な学びで、生産科学、食品科学、人文・社会科学の領域から総合的にアプローチします。 北海道北東部、オホーツク地域は、日本屈指とも言える大規模な畑作や畜産が営まれています。 また、世界自然遺産の知床をはじめとする豊かな自然環境に恵まれ、エゾシカやオオワシといった野生動物が数多く生息するなど、生物生産と環境に関するあらゆる研究のための資源がそろっています。 「環オホーツク地域」には、水圏のサイエンスを学ぶ者にとって魅力的な研究テーマと、それを実践・検証できる場があふれています。 その多くは「生物資源」という共通の素材から作られています。 この生物資源の特性や、人体への効果を探求し、その機能性を活用した製品を開発することで、私たちの生活を質の高い、充実したものへと進化させてゆくことが、食香粧化学科の目標です。 しかし、地域社会にはまだ眠っている資源があるのではないでしょうか。 その可能性を見出し、都市とは異なるアプローチでの社会発展を探究すべく、オホーツク地域の様々な産業と連携した学びを展開しています。 各学科で取得可能な免許状の種類は表の通りです。 本課程を履修する学生は所属学科の専門教育を受けながら定められた単位を取得することにより、卒業時に教育職員免許状が授与されます。 卒業までに受講する科目が多くなり、また夕方からの講義や学外での実習も多く、卒業までの負担は他の学生よりは大きくなりますが、その分充実した学生生活となることでしょう。 本課程修了者の多くが全国各地の中学校・高等学校、その他の教育機関で教員として活躍しています。 平成26年度は256人(515件の免許状)を取得しました(大学院修了者の専修免許状を含む)。 教員採用試験合格は難関ですが、例年100名弱(卒業生を含む)の本学出身者が教育職に就いています。 本課程は、公共機関としての博物館、科学館、児童館、公共図書館及び企業の情報部、研究開発部門等において科学技術に関する情報の調査、収集、整理、保管、検索、提供(展示を含む)等にあたる技術者となる基礎(コンピュータを利用した情報利用教育を含む)を修得させ、自然科学系司書・学芸員を養成することを目的としています。 情報化時代といわれる今日、これらの技術を担う人材の養成は、文科系の大学において図書館司書あるいは博物館学芸員養成のためのコースで従来から行われてきました。 しかし、理科系の大学においてはほとんど行われていません。 その結果、企業や公共機関において科学技術情報を取り扱う人材の確保に困難を生じています。 本課程は、社会のこの要求に答えるために開設され、学部では司書、学芸員の資格が、短期大学部では司書の資格が与えられます。 学芸員は、博物館法によって登録または相当施設に指定された博物館等において業務を担当する専門教員であり、博物館には学芸員をおくことが法律で義務づけられています。 司書は、図書館法によって定められた「図書館」は図書、記録その他必要な資料を収集、整理、保存して利用に供し、教養、調査研究等に資することを目的とする施設です。 法律による図書館には司書の有資格者を置くことが義務づけられています。 それぞれの有資格者の就職先としては、近年多くなっている前述の博物館、社会教育施設、展示企業などがあり、また図書館は勿論のこと官公庁及び企業の研究開発部門、資料室などに進出が顕著になっています。

次の