カルバドス コナン。 カルバドス(名探偵コナン) (かるばどす)とは【ピクシブ百科事典】

コナンのカルバドスが登場するのは何巻か?が10秒で分かるまとめ

カルバドス コナン

概要 のメンバーの一人。 やと同じく組織のメンバー内では、優れた狙撃能力の持ち主。 ライフルによる狙撃だけでなく多種多様の銃を使いこなすらしく、愛用の銃はの「レミントン」で、他にも狙撃用のライフルや3丁の拳銃も所持していた為、赤井曰く「武器商人」と称されていた。 また、武器を隠し持つ事が得意なのか赤井の目を誤魔化して、自決用に用いる拳銃を所持する等の技術を見せている。 素顔や性格は原作(アニメ345話『』)では明かされなかったが、アニメ425話『』ではコルンの回想シーンに登場。 黒い帽子を被りサングラスを着用した二枚目風の男として描かれている。 味方であるに撃たれても何も反論しなかった点から見て、かなりの無口な性格である模様。 一方、組織への忠誠心は強い方であり、劇中の様子からも、自らが逃げられないと判断すれば命を絶つ事も厭わない姿勢の持ち主。 狙撃手仲間のコルンによると、どうやらベルモットに惚れていたらしく、それが自身の命取りへと繋がってしまう事になる。 の友人である出島壮平が殺害された事件の後、ベルモットに依頼される形で彼女が独断で行った計画に参加すべく来日する。 ベイエリアにおいて、ベルモットと対峙していたの腹部をライフルで狙撃。 しかし、ジョディの車のトランクに隠れていたを狙撃しようとしたのをベルモットに銃撃する形で遮られ、その直後に潜んでいたに背後を取られて両足を折られ所持していた武器も奪われる。 そして、重傷を負って窮地に陥ったベルモットにも、自身を見捨てる形で一人逃走されてしまい、自力で逃げられなくなったカルバドスは最後、隠し持っていた拳銃で自決する末路を迎えた。 ベルモットは最初からカルバドスを見捨てる算段であったらしく、彼と狙撃手仲間であったキャンティとコルンの二人は、カルバドスの一件からベルモットを激しく恨むようになった。 関連項目 関連記事 親記事.

次の

【名探偵コナン】キャラクター別、使用する拳銃の種類まとめ

カルバドス コナン

また、射撃などで使われる消音のイヤーマフを付けていますね。 原作では素顔が明かされていませんでしたがアニメでは、キャンティとコルンの会話の中で素顔が明かされています。 細身な体型で鼻が高い二枚目のようなイメージですね。 性格も詳細は不明ですが、組織の一員のに好意を抱いていたようです。 しかしはカルバドスの好意を逆手に取ってしまいます。 また登場時に拳銃を4丁も所持しているところから、武器マニアだと推測されます。 愛用の銃はレミントン製だそうです。 はカルバドスと対峙したときに、所持していた武器の多さから「どこかの武器商人だと思った」と発言していますね。 黒の組織は世界規模の犯罪組織で、メンバーが黒い服装を身にまとっていることから、黒の組織と言われていますが、正式な名称は不明です。 主に暗殺や金銭の取引。 薬品開発など様々な活動をしています。 また組織の幹部クラスは、ボスからお酒の名前のコードネームが与えられます。 カルバドスも林檎を使ったブランデーの名称なので、幹部クラスなのでしょう。 カルバドスは暗殺を専門的に扱うメンバーのようで、組織の一員のキャンティやコルンと似たポジションです。 カルバドスの名シーン・名台詞 カルバドスの名シーンはどのようなものがあるのでしょうか。 紹介していきます。 カルバドスは、ベルモットに惚れていたそうですが、ベルモットはそれを逆手に取り、カルバドスを海外から誘い、援護に付けます。 しかし赤井秀一の登場により立場が逆転したベルモットは、負傷したカルバドスを置きざりにして、車で逃走しました。 キャンティとコルンはカルバドスと同じスナイパーだったためか、交友関係があったそうです。 黒の組織は仲間意識が低いイメージで、裏切り者や失態を犯した者は平気で殺害する印象でしたが、カルバドスは仲間から信頼されるキャラクターだったようです。 カルバドスのシルエットが登場する貴重なシーンですね。 カルバドスのまとめ.

次の

【名探偵コナン】カルバドスとベルモットの関係は?登場回や声優を紹介!

カルバドス コナン

シェリー暗殺を狙うベルモットに加担 実際、コナンでは、 カルバドスはベルモットに加担して シェリー(=灰原)の暗殺に動きます。 ただ、それは単に裏切り者の始末だけじゃなくて、、。 実は、カルバドスは、 一人の男としてベルモットに惚れていて、 だからこそ、力を貸すことを決意。 いやー、分かるなー。 だってベルモットって超ーーー美人だもん。 実際、僕だったら ハニートラップに引っかかる自信しかない(笑) だけど、最終的には、 駆けつけたFBIの赤井秀一に足を折られて カルバドスは動けなくなる、、。 ただ、怪我をしたベルモットは、 カルバドスを見捨てることと引き換えに逃亡。 すると、情報が漏れるのを恐れて カルバドスは自決する道を選ぶしかなくなった、、。 うわー、なんか切なすぎる。 でも、さすがの覚悟というか、 黒ずくめの組織から 「コードネーム」が貰えるほどの実力者だなー。 なので、僕はコナンでは結構好きですよ、カルバドス!.

次の