スープ カレー ヒグマ。 スープカレー専門店の中の人に「自宅で作れるスープカレー」の作り方を教わった

料理メニュー : 札幌スープカレーHIGUMA (ヒグマ)

スープ カレー ヒグマ

道産子は羊肉(ラムやマトン)が大好き! 苦手な人も多い食材ではありますが、好きな人はあの「独特の香り」が美味しいと思っているのです。 そんな羊フリークにピッタリなお店が、スープカレー店「しゃば蔵(しゃばぞう)」。 スープのベースは羊の骨だったり、ヒグマやエゾシカなどジビエも取り扱っている超個性派のお店です。 お洒落な店内 入口すぐにはテーブル席、そして靴を脱いであがるカウンター席とテーブル席。 店内は間接照明を多用してお洒落! 和とエスニックが融合しています。 脱いだ靴は靴箱に入れましょう。 カギがかけられるタイプでした。 無料で最大の辛さ6番をチョイス、7番以上は有料です。 ラーメン登場!! 見目麗しいラーメンが着丼。 具材は、ラムたたきの他に、麩・たけのこ・揚げゴボウ・ブロッコリー・岩海苔・梅干し・糸唐辛子。 ラム独特の香りが強いので、煮干し感はそれほど感じませんでした。 たたきというわりには火が入っていたので、もう少しレアめで食べてみたかったかも。 合間に梅干しをかじることによって、味覚がリフレッシュできるので何口食べても飽きがきません。 ミシュランが認めた麺 麺は細くて噛み応えがあり、時間がたっても全然のびません。 麺の断面を見ると正方形。 かなり特殊な麺なので気になって尋ねてみました。 ミシュランガイドにも掲載された白石区の有名ラーメン店、「麺屋菜々兵衛」の自家製麺を使わせてもらっているとのこと。 ミシュランが認めた麺だけあって、美味しさが突き抜けています! 気になるジビエ メニュー表はほぼ全メニューがカラー写真で掲載されており、非常に分かりやすかったです。 その中で目をひくのが「ヒグマ」と「エゾシカ」。 エゾシカは扱っているカレー店が他にもありますが、ヒグマは初めてです! いずれ食べてみたいと思いました。 味よし!雰囲気よし!心配りよし! 味が良い、雰囲気が良いだけではありません。 卓上にあるおしぼりは、厚地で高級感のあるもの、衣類が汚れないよう紙エプロンの用意、 お子様メニューは、大人が頼んでもOKなどなど、あちこちに心配りがあって名店の予感・・・ スープカレーのほか、ルーカレーもありました。 しばらく通い詰めて色んな味を制覇したいと思います! チカホから直結しているビルなので、アクセスも良好。 夜は飲み放題もあるので、お酒とカレーを一緒に楽しめるようです。 かなり個性が強めなので好みが割れそうですが、カレー好き、ラーメン好きの方は是非とも足を運んでみてください!.

次の

札幌スープカレー HIGUMA(ヒグマ)

スープ カレー ヒグマ

スープカレーの名店で、レシピを教わってきた 筆者が子供のころ一番好きだったのは、田舎で食べる祖母のカレーでした。 そして大人になったいま、お気に入りなのがスープカレー。 が発祥とされるスープカレーは、いわゆる普通のカレーとは違って、ルウがスープ状になっているのが特徴。 スパイスがきいたスープにゴロっとした野菜やお肉が入っていて、体の調子を整えたいときや、元気が足りないときなんかに食べると旨味と辛味が五臓六腑に染みわたります。 そんなスープカレーを自宅で簡単に作るコツを、・秋葉原の名店「 スープカレー カムイ」の諸橋(もろはし)さんに聞いてきました。 まずは、食材を極限まで絞り込んだ、家庭でもお気軽に作れるスープカレーです。 【超・簡単スープカレー 材料(4人分)】• 水 500cc• サラダ油 大さじ2• とり肉 300g• 赤唐辛子 2本• ニンニクすりおろし 小さじ2(もしくは市販のニンニクペースト)• ショウガすりおろし 小さじ2(もしくは市販のショウガペースト)• 固形ブイヨン 3g• 市販の和風だし・顆粒タイプ 3g• 玉ねぎ 小2個(もしくは市販の炒め玉ねぎペースト200g程度)• ダイスカットトマト缶 1缶(300g)• バター 50g(無塩・有塩タイプどちらでもお好みで)• カレー粉 大さじ1 【作り方】 玉ねぎをみじん切りにする。 唐辛子は手でちぎり、種を取っておく。 玉ねぎがなければ市販の炒め玉ねぎペーストでもOK。 鍋に油をひき、赤唐辛子、ニンニク、ショウガを入れて弱火で加熱。 焦がさないように注意。 香りが立ったら、玉ねぎを加えきつね色になるまで炒める。 ここでは、市販の炒め玉ねぎペーストを使った。 とり肉、バター、トマト、カレー粉を加え、中火で炒めていきます。 まずはとり肉。 バター 50gをくわえる。 ダイスカットトマト缶 1缶(300g)を投入。 カレー粉 大さじ1を入れて。 中火で炒めよう。 さらに水、固形ブイヨン、市販の和風だし・顆粒タイプを加え、15分ほど加熱していきましょう。 まずは固形ブイヨン 3g。 市販の和風だし(顆粒タイプ)を3g。 諸橋さん:とにかく火加減ですね。 スープカレーは、焦がさないことが大事です。 焦がしてしまうとビターな味がはっきり出てしまうので気を付けてください。 諸橋さん:玉ねぎを焦がしてしまうくらいなら、みじん切りにしてラップをかけて電子レンジで温めてからスープに加えるほうがいいですね。 そのくらい、焦がすのはご法度です。 諸橋さん:もっと手軽にしたいなら、今回もご紹介した市販の炒め玉ねぎペーストを使ってしまうことですね。 みじん切りにする手間も省けますし。 シャープな味のスープカレーに仕上がります。 「超・簡単スープカレー」は極限までシンプルにした簡易版の作り方なのですが、もうちょっと凝ってみたい人向けにお店の味に近いレシピも教えてもらいました。 時間と手間はかかりますが、この方法でやれば本格的なスープカレーができあがります。 スパイスもふんだんに使うので、ぜひ挑戦してみてください。 ちょっと難しい「本格的スープカレー」の作り方 【カムイ風 スープカレー 材料(8人分)】• サラダ油 100cc• 水 1500cc• 塩 大さじ1• ホールクミン 小さじ1• ホールコリアンダー 小さじ1• ホールシナモン 1本• オニオンソテー 100g(もしくは玉ねぎ大1個みじん切り)• ニンニクペースト 小さじ1• ショウガペースト 小さじ1• 有塩バター 30g• パウダーシナモン 小さじ1(もしくは同量のカレー粉)• チリペッパー 小さじ1(もしくは同量の七味)• カレー粉 大さじ2• ヨーグルト 100cc• トマトピューレ 200cc(もしくはトマト大1個をミキサーにかけたもの)• チャツネ 150g• パウダーブイヨン(もしくは粒状中華だし 25g)• とりもも肉 1kg• 人参 2本• ピーマン 4個 【作り方】 1:とりもも肉はひとくち大、人参は皮をむいて食べやすい大きさにカット。 ピーマンは半分にカットしてタネを取る。 チャツネは同量の水とともにミキサーにかける。 2:大きめの鍋に水と塩を入れ、沸騰したらとりもも肉と人参を入れる。 中火でふたをして茹で、20分後、具は抜いて別皿に移しておく。 3:別の鍋にサラダ油をひき、ホールのクミン、コリアンダー、シナモンを入れ、弱火で熱して香りを出す。 4:3にオニオンソテー、ニンニク、ショウガ、バターを加えて炒める。 5:一度火を止めて4にパウダースパイス(パウダークミン、パウダーコリアンダー 、パウダーシナモン、チリペッパー、カレー粉)を加え、良くこねる。 6:弱火で炒め、スパイスの香りが出てきたら、ヨーグルト、チャツネ、ブイヨン、トマトピューレを加えよくまぜる。 7:6に2のスープを加え、20分中火で煮込んだのち、こす。 8:7にとりもも肉と人参を入れ、2時間ほどなじませる。 9:お皿に盛りつけるとき、ピーマンを素揚げしてそえる。 諸橋さん:超・簡単スープカレーと同じく、やっぱり焦がさないことですね。 あと、煮込むときに鍋にフタをするんですが、途中で開けちゃうとアクが一気に噴き出してしまうので、なるべくフタを開けないように。 噴きこぼれそうなときは火加減を調整してからアクを取ってください。 ローズマリーとか、ハーブを入れる場合もあります。 インド風にしてスパイシーさを楽しみたいときは、スパイスだけでも十分です。 あと、バジルは変色しやすいので注意してください。 作った当日食べる分にはいいんですけど、翌日になると青ノリみたいな色になってしまい、笑うと「歯にノリが付いている」状態になるんですよ(笑)。 スープカレーは、香りを味わう料理ですから。 デザート業界でテンパリングと言ったらチョコレートを伸ばす作業ですけど、カレー業界では油の中にスパイスを入れて炒めることを言います。 それによって香りが引き立ちます。 今回の「本格スープカレー」のレシピ3のところですね。 使うスパイスの種類が多いと「大きいものは先、焦げやすいのは後」とかあるんですけど、まずは弱火にしてスパイスを焦がさないことを意識してください。 諸橋さん:そうですね。 スープカレーは普通のルウカレーよりも使うスパイスの量が多めで、小麦粉も使わないので、スパイシーさを感じやすいんです。 スープカレーとルウカレーの違い、今まであまり意識したことなかったです。 諸橋さん:でルウカレーっていうと、家庭で作る固形のルウを使ったカレーなんですけど、スープカレーはまったく別ものですね。 「今日はルウカレーね」って言われて「えー! スープカレーが良かった」みたいな。 給食でもスープカレー、ルウカレーは別のメニューとして出てきます。 諸橋さん:スープカレーが出始めてから20年以上経ちますからね。 1980年代後半くらいから始まって、2000年に広がって、2003年にのスープカレー屋さんの数がラーメン屋さんを超えたって言われてます。 スープカレー・ビッグバン(笑)。 ハンバーグや、そばと同じレベルになっているかも……。 実は、以前はタウン誌の編集をやりながら、いずれは作家になりたいと思っていました。 でも、なかなか道のりが遠くてどうしようかなと迷っているときに、とりあえず自分のできることから始めようと動いたのが「に行ってスープカレーのお店を開く」だったんです。 タウン誌の編集をやったあと、スープカレーのお店を取材した縁での有名店で修業させてもらった経験があったので。 場所が秋葉原に近いということもあって、イラストレーターさんやクリエイターの方にもたくさん来ていただくようになって。 それに刺激されてか、自分でも最近はまた小説を書いたりしています。 お店を開いて10年経ちますが、作家になる夢にも一歩近づきました(笑)。 これまで継続できた秘訣は? 諸橋さん:なんだろう……あまり気負わずにやってきたから……かな? 僕、「スープカレー命!」っていうわけじゃないんですよ。 お客さんから「具材にタコ焼き入れて欲しい」ってリクエストあったら入れちゃうし、「スープカレーのつけ麺が食べたい」って言われたら作るし、「ドライカレーも食べたい」って言われたときもやりましたし。 「あれ? スープはどこへ?」って感じでしたけど(笑)。 肩の力を入れずにやってこられたのが、良かったのかなと思います。 諸橋さん:食べ方も自由です。 よく「スープカレーってどう食べるんですか?」って言われるんですけど「フリーダム」って答えてます。 そしたら、お皿に盛ったライスの上からスープをかけた方がいたんですが、見事にあふれてしまって……さすがにそれは逆でしょ! って言いました(笑)。 諸橋さんの作る、スパイスたっぷりのスープカレーを味わってみたい人はぜひカムイさんに行ってみてください。 カマンベールチーズやチキン、ポークを使ったレギュラーメニューから、イベント限定のコラボメニューまで、さまざまな味が楽しめますよ。 お店情報 スープカレー カムイ 住所:都千代田区神田須田町2-3-24 KT須田ビル 1F 電話番号:03-3258-5858 営業時間:平日・土曜日ランチ11:00~14:30(L. )ディナー17:00~20:30(L. )、 日曜日・祝日・祭日11:00~20:30 定休日:火曜日(変更あり).

次の

札幌スープカレー HIGUMA(ヒグマ)

スープ カレー ヒグマ

スープカレー店検索 地域• 札幌市外:• 本州:• カレー• スープ• テイスト• メイン具材• サービス• 決済方法• ブログ説明 ブログについて スープカレーの食べ歩きブログ。 からの派生です。 ほぼ写真のみの更新となる予定です。 鉄工団地通・札幌競馬場そばにある、スープカレー&カレーライス両方いただける専門店ですよ。 「スープカレー・サクサクとんかつ」をスープ大盛りで注文! 特定のスパイスがかなり立ってる、基本は野菜主体のサラサラあっさりスープ! 脂分もほぼありまけん。 カツラーメンがアリなんだし、こっちはもっとアリだと思う! スパイススープ吸いつつ、サクシャバになった衣の食感とジューシー感!カツの柔らかさ! なんなら普通のルーのカツカレーより良い組み合わせだ! カツスープカレー頼んだ時は、スープインかライスインか聞いてくれると、ありがとい人は多そうだ。 どうやら八百屋さんが運営しているだけあって、野菜はさすがの多品目! どのメニュー頼んでもベジタブルカレー扱いですよ。 揚げたものはなさげで、どれも茹でか蒸し?スープに引き続き、あっさりサッパリいただけます。 卓上の辛味オイル、ネギ油はそのままでごはんのおかずになります~ ライスは無料で雑穀米に変更可能なのがいいっすね〜。 ライス無し、ハーフの割引も良いです。 接客に難ありのレビュー多いし、前行ったときは同感な感じだったけど、 この日担当した方は程よくフレンドリーな店員さんで、全く問題ない感じでした~。

次の