コロナは、いつ終わる。 正直、コロナっていつ終わると予想してる?: GOSSIP速報

コロナ禍はいつ収まるのか、山中教授が出した答え:日経バイオテクONLINE

コロナは、いつ終わる

「基本再生産数」と「集団免疫」 その理解のためにはまず、この感染流行が収束する鍵となる「基本再生産数」と「集団免疫」について知っておく必要があります。 まず「基本再生産数」というのは、1人の感染者から平均何人の免疫のない人にウイルス感染が広がるかを示す指標です。 これまで感染が確認された人のデータをもとに、この数値が推定できるのです。 抗体検査の広がりとともに、知られているよりも遥かに多くの方に感染が広がっている可能性も浮上しています。 この数値は今後変わりうるかもしれませんが、今のところ、2から3程度ではないかと推計されています。 すなわち、1人の感染者から平均2人や3人に感染が広がる、ということです。 1人の感染者から平均1人に感染する。 2人は免疫保有により感染しない。 これが「集団免疫」の考え方です。 ただし、この数値は、あくまで先の数字が3の時です。 これがさらに高くなれば、その分免疫が必要な方の数も増えます。 例えば、極端な例として、基本再生産数を10にして再度シミュレーションしてみましょう。 1人から10人に広がってしまうと仮定すれば、免疫は何人に必要でしょうか。 10人中9人以上に免疫が必要ということになり、9割以上の方に感染が広がらないと、感染症は最終的な収束は見込めないということになります。

次の

コロナ自粛はいつ終わるか【科学的予測】

コロナは、いつ終わる

生産性アップ、賃金アップに消極的な企業を動かすことで、危機からの脱却と財政再建を両立させる方法を解説した前回に続き、今回はコロナ後に激変する日本人の意識について解説する。 「良いものを安く=妄言」だったことが露呈する 新型コロナウィルスの蔓延で、予断の許さない状況が続いています。 しかし、脅威はいつか終わりますので、今回のコロナ禍も、いずれ終息する日を迎えます。 私は、コロナ禍が終息し冷静になったとき、日本人の意識が大きく変わると思っています。 しかし、それは「最先端技術の導入が進む」など、一般的に言われていることではありません。 私が予測するのは、多くの人が「低価格で商品やサービスを提供することが、社会的善だ」という日本の常識が「妄想」にすぎなかったことを、ハッキリと認識するだろうということです。 これまで日本では、多くの企業がコスト削減を経営戦略の中核に据えて、1円でも安く、1人でも多くの人に商品やサービスを提供することを目指してきました。 その代表例が「ワンコインランチ」です。 利益がほとんど出ない、ギリギリで生活ができる程度にまで価格を下げることが、社会のためであると思われてきました。 これが、経済大国・日本が誇る「高品質・低価格」商法というものです。 しかし、今回のコロナ危機で、この考え方の危険性が表面化しています。 当然ですが、高品質・低価格の戦略を実行している企業の生産性は低くなります。 付加価値総額は、大雑把に言うと売上から外部に払うコストを差し引いた金額なので、どうしても売上、すなわち単価が影響します。 日本の国際競争力ランキングは世界でも第5位です。 このランキングには、提供している商品やサービスの質の高さが反映されています。 一方で、価格が不適切に安価に設定されているため、生産性は世界第28位に留まってしまっています。 「高品質・低価格」戦略が間違っている4つの理由 私は、以前から「高品質・低価格」の経営戦略が根本的に間違いであると訴えてきました。 その理由は4つあります。 1:薄利多売ができなくなった まず、高品質・低価格戦略の前提に薄利多売があること、これが問題です。 「多売」が成立するためには、究極的には需要すなわち人口が増加する必要があります。 確かに昔の日本では人口が急増していたので、この戦略にも合理性はありました。 しかし、今、日本はすでに人口減少時代に突入しています。 あたりまえですが、消費者が減っているので、今後の日本では多売は成立しにくくなっているのです。 2:社会インフラの維持コストを負担できない 次に、高品質・低価格は、社会インフラを無視した戦略である点が問題です。 道路、電気、防衛などの社会インフラのコストは、人口が減ったからといって、それに比例して減るわけではありません。 さらに、生産年齢人口と子どもの数は減っても、高齢者の数は減らないことが予想されているので、年金と医療のコストはむしろ増大するとされています。 ということは、納税者1人ひとりが負わねばならない社会インフラのコストは、毎年増えることになります。 事実、労働時間1時間あたりの社会保障負担額を生産年齢人口で割ると、2020年現在では824円ですが、これが2060年には2150円にまで増える計算になるのです。 いまだに薄利多売戦略を良しとしている経営者は、このような社会コストの増加を完全に無視していると言わざるをえません。 単体の企業としては、薄利多売戦略でも収支がトントンであれば、問題はないように思われます。 しかし、社会インフラのコストまで計算に入れると赤字になっているのです。 これは経営者の質の問題です。 諸外国でも、企業の規模が小さくなればなるほど 1 生産性を測定していない、 2 生産性を測定する時間がない、 3 社会にとっても、自分の会社にとっても、生産性の意味・重要性を理解していない、ということが確認されています。 個々の企業の薄利多売戦略のコストを負担しているのは、結局は日本全体です。 法人税も消費税も減ります。 生産性が低いので、社員の給料も低水準で所得税も低くなります。 給料が低ければ消費が減り、それがまた税収に影響をあたえ……負のサイクルが回り続けます。 政府が社会インフラを充実させるほど、支出と収入のバランスが悪くなり、国の借金が増える結果になります。 社会インフラのコストを勘案した薄利多売戦略の赤字は、政府が間接的に補填しているのです。 私は最低賃金の引き上げを主張し続けていますが、その究極的な理由は、こういった実質赤字を出している企業の薄利多売戦略を律することです。 3:平時を前提としている 「高品質・低価格」の経営はギリギリなので、利益率が低く、売上が少しでも減るとすぐに赤字に陥ります。 また、今までの利益が少なかったので、当然蓄えも少ないはずです。 金融機関もなかなか貸してくれないでしょう。 高品質・低価格戦略を実践している企業は、常に平時を前提としていると言えます。 さらに言えば、そもそも高品質・低価格という戦略は、「有事への備え」というコストを有事のときまで先送りしているだけなのです。 先送りしたコストは自分では払えず、将来の日本政府、そして国民に転嫁することになります。 「有事だから、すべての中小企業を助けるべきだ!」という声に応えて政府が支援をすることは、これまで不合理に安く提供されていた商品やサービスのコストを、政府が負担することになります。 冒頭でも書きましたが、高品質・低価格が「社会的善」であるというのは、平時の妄想です。 平時に自慢していた「日本では非常に美味しいランチをワンコインで食べられる」という戯言の請求書は、有事のときに突き付けられるのです。 高齢化が進み、社会保障が充実している欧州先進国の物価がなぜあれほど高いのか、もっと真剣に考えるべきです。 「不健全な企業ほど助けてもらえる」というメッセージ 4:モラルハザードにつながる 今回のコロナ危機で、高品質・低価格はモラルハザードにもつながりかねないことが明らかになりました。 コロナ危機が起きる前までは、主に大企業を中心に、内部留保金を貯め込んできた企業は悪者と見なされてきました。 しかし、こういう企業は今回の危機でも、しばらくは支援を求めてこないでしょうし、支援もされないでしょう。 有事のときには、健全経営をしてきた企業は倒産する可能性が低いので、支援の対象から外されることが多いのです。 不健全な状態で経営されている企業ほど、利益は少なく資本金も小さいので、有事の際には収入が途絶えて倒産する可能性が高くなります。 そこで、「うちが倒産すると失業者が増えるぞ」と訴え、労働者をある意味で人質にして、政府に支援を求めます。 慢性的に赤字を垂れ流し続けてきた企業や、薄利多売で不健全な経営を続けてきた企業を、「弱者を助ける」といって支援し続けることは、政府が「不健全な経営をすればするほど得になる」というメッセージを発信することになります。 どの先進国も多かれ少なかれその傾向はありますが、「中小企業支援」は実質的には「小規模事業者支援」になりがちです。 日本の場合、従業員3~4人の企業が主な支援対象となります。 そのため、有事のたびに中堅企業と大企業が負担を課されます。 しかし、中堅企業は日本の雇用の46. 5%も占めていますので、本来なら中堅企業をこそ守るべきなのです。 日本の経営者はお金目当てで経営しているわけではないという意見も耳にします。 しかしながら、日本の経営者は、経済的にきわめて合理的に行動していることがデータで確認できます。 税金を払っていない企業が増え続けている たとえば、景気変動と関係なく、日本では税金を納めていない企業の比率はほぼ一本調子で右肩上がりしてきました。 これは非常に不自然な現象ですし、資本金を積み増せていないことを意味しますので、産業構造が弱っている証拠だと言えます。 1974年、田中角栄政権時に給与所得控除枠が大幅に引き上げられ、個人事業主の多くがこの税控除を使い、いわゆる「法人成り」したことがその理由と考えられます。 家族全員に給料を払ったことにして会社を赤字にし、各々の所得控除を使う。 日本ではよく知られた「合法的な節税」対策が横行したのです。 これも日本で小規模事業者が大幅に増加した理由の1つです。 会社設立の目的がそもそも節税で、生産性など眼中にないので、どの事業者も生産性を見ると目も当てられません。 日本政府の財政は、有事のたびに悪化しています。 今回のコロナ危機は、人口減少・高齢化時代に求められる生産性の目標を設け、全企業にそれを理解させる絶好のチャンスです。 最低賃金の引き上げも、その手段として組み込むべきです。 今回、高品質・低価格戦略を実践している、生産性の低い企業を支援するのであれば、事態の終息後に、生産性の向上を約束させるべきでしょう。 少なくとも、支援を申請する企業には「自社の生産性」を計測してもらい、申請書に記載させるべきです。 計っていないものは上がるはずがないので、とりあえず、計らせたほうがいいです。 「中小企業を無条件に助けるべきだ」という無責任な政策をやめて、より賢い政策が不可欠です。 有事のときならば、企業経営者も政府の経済政策を真剣に聞き入れざるをえないからです。

次の

「コロナいつ終わる?」救世主になりそうなウシオ電機の222nm

コロナは、いつ終わる

こんにちは、美月です! 2019年12月末に、中国・武漢から発生し世界中で流行している新型コロナウイルス。 2月25日現在では、日本でも感染者数がクルーズ船も含めると851人、死者数は4名になり、毎日どこかの地域で感染者のニュースがある状況となっていますね。 マスクも相変わらず品切れが続いていますし、いつ自分の周囲で感染者が現れてもおかしくない状況なので、心配になっている方も多いと思います。 早く新型コロナウイルスの流行が収束して、流行前の平穏な日々に戻って欲しいですよね。 一体、新型コロナウイルスはいつ収まり、終わるのでしょうか。 ということでこの記事では、コロナウイルスはいつ終わるのか?について書いていこうと思います! ・東京都 … 32人 ・北海道 … 30人 ・神奈川県 … 17人 ・愛知県 … 17人 ・和歌山県 … 13人 ・千葉県 … 10人 ・石川県 … 4人 ・熊本県 … 4人 ・沖縄県 … 3人 ・京都府 … 2人 ・福岡県 … 2人 ・栃木県 … 1人 ・埼玉県 … 1人 ・三重県 … 1人 ・大阪府 … 1人 ・奈良県 … 1人 ・長野県 … 1人 そして上記の他に、厚生労働省の職員や検疫官などが7人いるとのことです。 まだ感染者がいない県もありますが、いつどこで感染者が出てもおかしくない状況になっています。 マスクで予防するのはもちろん最重要ですが、もはやマスクだけでは予防できなくなってきた段階に入ってきた感じですね。 品切れで新たなマスクも入手できませんし、今持っているマスクをして、手洗い・うがい・アルコール消毒などの自分で出来る予防を徹底したり、 しっかりとした睡眠や納豆・ヨーグルトなどの食べ物で自己の免疫を最大限に高めていくしか方法はありません、、、 あとは、自身の運ですね。。。 今から神頼みをしておきましょう。 宇佐神宮で「コロナウイルスが終息しますように」とお願いした。 咄嗟にそれしか思い浮かばなかったし。 とうとう神頼み😅 — まる iB12Au コロナウイルスはいつ終わるのか?収まる時期を徹底調査!! 現在、新型コロナウイルスは、流行の手前の段階である「国内発生の早期」という位置づけになっており、イベントや卒業式などの自粛やJリーグの公式戦を延期するなどの対策に踏み出しています。 時差出勤や在宅ワークを推奨する企業も増えてきているようですね。 国の専門家は、「今後1~2週間が瀬戸際」として、このままだと国内の感染が急速に拡大しかねない状況にあるという見解を示しました。 これからの1~2週間で、急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となっているのです。 つまり、この1~2週間を無事に乗り切ることが出来れば、日本での新型コロナウイルスの流行は終わりに近づいていくのではないでしょうか。 そして、今後の日本の見解ですが、このような記事がありました。 今後の見通しとして、日本では2月末から3月中旬に感染がピークを迎えると考えています。 その後、4月ごろにはいったん落ち着くはずです。 出典: これによると、日本での新型コロナウイルスの流行は、 2月末から3月中旬にピークを迎え、4月頃にはいったん落ち着くと考えられているようです。 ・人が多くて混雑している所には行かない ・不特定多数の人が集まる場所には行かない ・互いに手を伸ばしたら届く距離で不特定多数の人と会話・交流・対面しない ・かぜなどの軽い症状の人は自宅で療養すること ・心配だからといって、すぐに医療機関を受診しない などの行動を合理的に行うことです。 詳しいガイドラインはをご覧ください。 そして、仕事などでこのような状況下にいる方は最大限に注意です。 このウイルスの特徴として、現在、感染を拡大させるリスクが高いのは、対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされる環境だと考えられます。 我々が最も懸念していることは、こうした環境での感染を通じ、一人の人から多数の人に感染するような事態が、様々な場所で、続けて起きることです。 出典: 「互いに手を伸ばしたら届く距離で不特定多数の人と会話・交流・対面すること」が、新型コロナウイルスを拡大させるリスクが高いということなので、接客業をされている方などは最大限に注意してください。 もし、今後の1~2週間で急速な拡大に進んでしまうと、感染者用の病室が足りなくなり、最悪日本も第二の武漢になってしまう可能性もあります。 これ以上、日本で感染者を増やさないためにも、各自が上記のような行動を気をつけていきましょう。 ちなみに、当の中国では2月中下旬にピークに達し、3月には湖北省以外の地域、4月には湖北省(武漢市がある地域)が終息するであろうと予測され、再度の感染拡大は考えられないと公表しているようです。 — ジャネイロ 吟遊詩人 Mandorio0510 まとめ.

次の