ファイヤースターターおすすめ。 ファイヤースターターのおすすめ15選まとめ|YAMA HACK

Seria(セリア)ファイヤスターターは使えない!?使用した感想と使い方も紹介!100均の実力は!?│8aGarage

ファイヤースターターおすすめ

Seria セリア ファイヤスターターのスペック まずは Seria セリア ファイヤスターターのスペックを紹介いたします。 カラーは上記の写真の通り3種類で、ブラック、オレンジ、グリーンの中から選ぶことが出来ます。 重量は 16gと軽量で、持ち運びしやすいサイズなので、キャンプなどに持っていっても荷物になりません。 常にカバンに携帯していればいざという時に役立つかもしれません。 使い方はシンプルで、ファイヤスターターのマグネシウム部分を、ストライカーで勢いよく削って火花を飛ばして使用します。 ほぐした麻紐など、燃えやすい物に火を燃え移らせることで着火させます。 Seria セリア ファイヤスターターを実際に使用してみた それではSeria セリア ファイヤスターターを実際に使用して着火を行いました。 様子を紹介すると共に、使い方や着火のコツも紹介いたします。 枯れ葉などでも良いのですが、筆者の一番のおすすめは麻紐です。 写真のように麻紐をほぐし、フワフワにすることで火花を着火させやすくします。 ある程度ほぐれたら薪の下にセッティングします。 スナップをきかせて勢いよく削るのが火花を多く飛ばすコツです。 また、事前にマグネシウムの芯を削って、マグネシウムの粉を麻紐に振りかけておくと着火する確率が上がります。 いきなり薪に着火することは無理なので、しっかりと火花が着火しやすい素材を用意しましょう。 以上がSeria セリア ファイヤスターターの使用方法です。 Seria セリア ファイヤスターターと通常のファイヤスターターの使い勝手を比較 次にSeria セリア ファイヤスターターと通常のファイヤスターターの使い勝手を比較しました。 今回の比較に使用したのはBush Craft ブッシュクラフト オリジナル ファイヤースチール2. 0というモデルです。 リンク Seria セリア ファイヤスターターの芯は明らかに 細いことがわかります。 これは価格に差があるので当たり前のことですが、太さの違いによって使いやすさにどのような影響が出るかが重要となってきます。 実際に両者の火花の量を比較した画像が下記の通りです。 2つの火花の量を比較すると、わずかにBush Craftの方が火花の量が多いことがわかります。 これは、芯が太いため、ストライカーに接する面積が大きく、一度に多く削ることができるからだと考えられます。 しかし、Seria セリア のファイヤスターターも負けず劣らずの火花を飛ばすことが出来ています。 100円の割には 着火能力が高いことがわかります。 Seria セリア ファイヤスターターを使用した感想 次にSeria セリア ファイヤスターターを実際に使用した感想や気づいた点を紹介いたします。 ストライカーで何度か削っていると芯が外れてしまいました。 普通は外れないように出来ているのですが、何度か使用していると緩みが発生して、外れてしまう品物もあるようです。 芯が外れてしまうと思い切り削ることが出来なくなるため、着火しにくくなってしまいます。 構造が脆いのが少し残念な点でした。 芯に関しては、細いですが強度はしっかりしているため、 途中で折れたりすることはほとんどないと思われます。 特に、ファイヤスターターを初めて購入するという方にとってはなかなか難しいと思います。 普段からよくファイヤスターターを使用している筆者も最初は苦戦しました。 ストライカーの引っ掛かりがある場所を上手に使って、削る練習が必要です。 先ほど、通常のファイヤスターターと火花の量を比較したましたが、わずかに少ない程度で、大きな違いがありません。 しっかりと使いこなすことができれば、十分にキャンプでも使用することが出来ます。 Seria セリア ファイヤスターターは100円という格安で購入できて、着火を楽しむことができるという点では非常に優れています。 しかし、キャンプなどで本格的に使用するには、着火のしやすさや耐久性に不安があります。 ファイヤスターター自体がそんなに高いアイテムではないため、1000円以上のモデルを購入することをおすすめします。 リンク 上記の2つのファイヤスターターは2千円以下で、芯も太いので着火しやすいおすすめのモデルとなっています。 本格的に使用したいと考えている方は是非購入を検討してみてください。 売り切れの場合に入手する方法 今回紹介したSeria セリア ファイヤスターターですが、あまりの人気で店頭に並んでもすぐに売り切れてしまうことがほとんどです。 実際に筆者も何店舗も探しましたが出会うことはできませんでした。 探しても見つからないという方におすすめなのが、取り寄せの注文です。 Seria セリア では在庫があれば1つからでも注文して取り寄せることができます。 商品の到着までには数日かかる場合もありますが、確実に入手することができるおすすめの方法です。 これまで探しても見つからなかった方は、店員さんに声をかけてみて、注文できるかどうかを尋ねてみましょう。 【まとめ】慣れていない人には難しいが、着火能力はあり!遊び用での購入にはおすすめ 以上、今回は話題のSeria セリア ファイヤスターターを実際に使用し、その感想を紹介いたしました。 結論としては「 慣れていない人には難しいが、着火能力はしっかりとある。 遊び用での購入はおすすめ」となりました。 使用してみて良かった点は、価格が安い割にしっかりと着火する能力を備えている点です。 一方気になった点としては、火花を飛ばすのが難しかったり、芯が外れるなどの耐久性が弱いという点です。 芯が細いため、初心者の方にとっては通常のファイヤスターターよりも火花を飛ばすのが難しいです。 また、耐久性が弱いため、複数回使用していると芯が外れてしまうことが起こります。 キャンプなどで本格的に使用したい方にとってはやや残念な点でした。 このような方には1000円以上するようなモデルを購入することをおすすめいたします。 Seria セリア ファイヤスターターは格安で気軽にキャンプをさらに楽しむことができるアイテムとなっています。 サバイバル気分を味わいたい方は是非一度購入を検討してみてはいかがでしょうか? タグ 8A GARAGE Alpine DESIGN Anboys BAHCO dietz DOD E.

次の

【ファイヤースターター】のおすすめ10選|山岳写真家が選び方のコツを解説!

ファイヤースターターおすすめ

ファイヤースターターとは、 火打石の原理を使って簡単に火を起こせるアウトドア用のアイテムのこと。 直接火を出すライターとは違い、専用ヘラでマグネシウム棒を削って新聞紙などに載せ、マグネシウム粉末に当てるように火花を散らして着火させるのが上手な使い方のコツです。 ファイヤースターターを使うメリットとしては、以下の通り。 キャンプなどで活躍するので、ぜひ持っておきたい必須アイテムです。 湿気や水分に強くもし雨などで濡れてしまっても拭けば使える• オイルなどを使わないため燃料切れの心配がなくいつでも使える• 1つあれば数千回は火を起こせるためコスパが良い• コンパクトサイズなので持ち運びしやすい ファイヤースターターの「選び方・比較方法」 ファイヤースターターのロッドの素材は、 マグネシウム素材とフェロセリウム素材の2種類があり、着火方法が異なるから、よく比較し検討しましょう。 マグネシウム:ストライカーで削ったマグネシウムの粉に火花を当てて火を起こすタイプ。 持ち運びやすいようコンパクトになっているタイプが多く、着火しやすいため初心者向けです。 フェロセリウム:鉄とセリウムの合金素材でマグネシウム製よりも大きく、 高温の火花が出せるとしてアウトドア上級者から人気が高い素材です。 マグネシウム素材のように粉を落とさないので、燃えやすい火種が必要ですが、一回で大量の火花が出るので、コツさえつかめば簡単に着火できます。 ファイヤースターターの選び方3. 携帯しやすく、紛失しづらいものを選ぶ ファイヤースターターで一から火を起こす場合、 小さく火を起こし徐々に大きくするという段階を踏むのが基本です。 着火はしてもなかなか火が大きくならない場合は、厚紙や割り箸などのごみ、枯れた枝などを投入して火種を大きくしていくと、焚火ができるほどの火になります。 ガスバーナーに火をつける場合 山や森、河川敷など過酷な状況でキャンプを行う場合、消えにくいシングルバーナーを持っていくことも多いですが、ライターだと気圧や気温が下がった時に着火しにくくなります。 いざという時のために、ファイヤースターターを使ったシングルバーナーの点火方法をマスターしておきましょう。 ライターのように炎をストーブ部分に近づけて着火できないため慣れが必要ですが、 マグネシウム粉末を多めに散らしておくと着火しやすいですよ。 便利なファイヤースターターでアウトドアを楽しもう!.

次の

ファイヤースターターのおすすめ15選まとめ|YAMA HACK

ファイヤースターターおすすめ

2020年4月1日 更新• 現代版、火打石として注目を集めています。 火種となる金属がすり減るまで長く使えることから、今やキャンパーの必須アイテムであり、災害に備えて自宅に持っておく人も多いアイテムです。 この記事では、そんなファイヤースターター、メタルマッチのおすすめ商品を紹介。 記事の前半では、ファイヤースターターの使い方も動画と共に紹介しています。 はじめて購入する人や買い替えを検討している人は、ぜひ参考にしてください。 出典: 上級キャンパーを中心に、愛用者の多いファイヤースターター。 マグネシウムやフェロセリウムといった燃えやすい金属を着火剤にして火をつけるアイテムです。 ライターやマッチのように、使用回数に制限がないところが大きな魅力。 見た目は金属製の工具で、ライターのようにガス漏れや発火の心配がなく、雨や水に濡れても拭けば何の影響もありません。 現代版火打石として注目を集めていて、アウトドア好きの人をはじめ、災害用に備えておくという人も増えています。 ですが、使い方を知らないまま火をおこすと火事になる危険性も。 初心者でも安心して使えるように、ファイヤースターターの安全な使い方を紹介します。 出典: ファイヤースターターの使い方は最強にシンプルです。 燃えやすい金属の棒 ロッド がついており、この棒を付属のブレードや手持ちのナイフで少量削り、金属粉をティッシュや紙、木くずなどに落とします。 次に、金属ロッドをナイフやストライカーで強く擦ることで火花を起こし、金属粉に火花を散らして着火。 ストライカーは金属棒にグッと押し付けるようにしながら、焦らず削ることで多くの火花が発生します。 小さいものからだんだんと火を大きくしていくことがコツの一つ。 キャンプで暖をとるとき、調理に使いたいとき、災害時に電気やガスが通らないときなどに簡単に火を起こせるため、非常に便利です。 細かい使い方は、動画を参考にしてください。 出典: ライターやマッチなどに比べて、風や雨、湿気などに影響を受けづらいファイヤースターターやメタルマッチ。 ですが、あくまでも火花を起こして大きな火を作るときに重宝するアイテムです。 そのため、ライターやマッチの感覚でタバコに火をつけてしまうと、火花が飛び散り、火傷や思わぬ怪我、火事などのトラブルの原因になります。 思わぬ火事を防ぐためにも使い方をよく理解し、ファイヤースターターやメタルマッチを活用してください。 出典: ファイヤースターターは、シンプルに金属ロッドのみのもの、ストライカーがセットのものなど色々な製品が売られています。 中には、SOSサインを出したいときに便利なホイッスル付き、調理や薪割りに便利なナイフ付き。 荷物をまとめる際や止血帯、洗濯ロープとして使えるパラシュートコード付きのものなど、機能が充実したサバイバルグッズ仕様もあります。 商品を選ぶ際は、こうした機能面もチェックしてみてください。 ここからは、通販で買えるシンプルなメタルマッチから、多機能なファイヤースターターまで、おすすめの商品を紹介します。 出典: ロスコは1953年に創業した、ミリタリーウェアやアウトドア用品を扱うアメリカのブランドです。 そんな老舗ブランドが手掛けるファイヤースターターは、マッチほどの手のひらサイズでコンパクト。 ボールチェーン付きで鞄などに取り付けできます。 SHAVING EDGEと書かれた部分を削り、SPARKING INSERTと書かれた部分をナイフなどで摩擦し火花を落として使用。 シンプルな使い方、デザインが魅力です。 外形寸法 幅2. 5cm 厚み0. 9cm 長さ7. 5cm 出典: マグネシウムロッドを削る道具が一体化していて、よりコンパクトなファイヤースターターを探している人にはこの商品がおすすめ。 アルミケースの先端に、ステンレス製のブレードが付いており、スムーズにマグネシウムを削れます。 マグネシウムロッドの持ち手には穴が空いているため、チェーンや紐を通して鞄に結び付けられるのも便利です。 外形寸法 直径1. 5cm 長さ9cm 出典: ブラックカラーのアルミ合金ボディが、クールなファイヤースターター。 やや長めのマグネシウムロッドで使いやすいサイズの上、120gと軽量なところも嬉しいポイント。 口コミでも使い方が簡単で、大きな火花が出るため着火しやすいと評判です。 ケースの端に方位磁石がついており、山登りなどのアウトドアでも活躍します。 外形寸法 幅6. 3cm• 機能 方位磁石、5cm定規 出典: リーズナブルで、質の高いアイテムを販売している、アメリカ発のガーバー。 ステンレス製ストライカーが付属した、着火がスムーズなファイヤースターターです。 マグネシウムロッドは濡れても、しっかり拭けばすぐ使用できます。 ホイッスルもついているため、緊急時のSOSサインにも役立ちます。 アウトドアでの活用はもちろん、使わないときは非常用持ち出し袋に収納しておくと安心です。 外形寸法 直径2. 2cm 長さ12cm• 機能 ホイッスル 出典: 約12000回擦れるロッドを採用しているタフなファイヤースターター。 付属のストライカーを使えば、約3000度の火花を散らせます。 初心者でも簡単に火をつけられたという口コミも多数。 雨や雪の中でも発火する実力から、スウェーデン軍も使っているといいます。 実力派のファイヤースターターを探している人におすすめです。 外形寸法 長さ9. 5cm 出典: 比較的簡単に強い火花を飛ばせるとして注目されている、フェロセリウムをロッドに採用したファイヤースターターです。 長さは7cmもあり、約10000回もの火打ちが可能。 寿命が長く、アウトドア用としても、非常時の備えとしてもおすすめ。 北欧風でおしゃれな、持ち手の木材デザインも魅力的。 ボトルオープナーやシグナルミラーとして使える細かい機能性もポイントです。 外形寸法 長さ7cm フェロセリウムロッド部• 機能 ボトルオープナー、5cm定規、シグナルミラー 出典: ステンレスブレードが付属した、マグネシウムロッドのファイヤースターター。 シックなデザインで、キャンプ道具をおしゃれに揃えたい人にもおすすめ。 バーベキューの火おこしや焚火の着火も素早くできるようになります。 SOSに使える救護ホイッスルも付属しているため、山登りやソロキャンプなどに持っていると安心です。 外形寸法 幅2. 9cm 長さ7. 7cm• 機能 ホイッスル 出典: ミリタリーアイテムとして、腕やカバン、ベルトループに装着できるマルチファイヤースターター。 洗濯ロープや、止血帯などにも使えるパラコードでできています。 小さいながら、バックル部分にはロッドと火打ち棒が収納されており、救護ホイッスルも付いているなど、機能が充実。 持ち運びにも便利で、非常時に備えて持っておきたい優れたサバイバルグッズです。 外形寸法 長さ25. 5cm• 機能 パラコード、ホイッスル 出典: 木や紐などを切る際、金属ロッドを削る際、火花を起こす際に使えるナイフを収納した、モーラナイフのネックナイフキット。 デザイン性のある収納ケースにより首から下げても物々しさはなく、おしゃれに身につけられます。 ストラップはパラコードになっているため、ほどけば非常時に便利なロープとしても使えます。 イエローやグリーン、ブルーといった目立つカラーが、アウトドアシーンにぴったりです。 外形寸法 長さ14. 3cm• 機能 ナイフ、パラコード 出典: 丈夫なカーボンスチール製ナイフを収納した、サバイバルグッズ。 ナイフの持ち手はラバー素材のため、滑りにくく、握りやすいデザインです。 小さな火打ち棒や、ロッドが使いにくいという人にもおすすめ。 ファイヤースターターとして火起こしに使えるのはもちろんのこと、調理や薪割り、作業などにも難なく使えて便利です。 外形寸法 長さ23. 2cm• 機能 ナイフ アウトドアシーンや非常時に役立つファイヤースターター・メタルマッチの選び方や、おすすめ商品、使い方などを紹介しました。 マグネシウムなどで作られ、使用回数が非常に多いのが魅力のファイヤースターター・メタルマッチ。 コンパクトなものから、モーラナイフなど本格的なサバイバルグッズまで、さまざまな商品が販売されています。 口コミなども参考にしながら、自分にとって最強のファイヤースターターを見つけてください。 アウトドア、災害時に便利な手回し充電器はこちら。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の