ポケモンgo フレンド 海外 卵。 【保存版】ポケモンGOで「キラフレンド」と優先的に交換すべきポケモン

ポケモンGO外人フレンド申請所

ポケモンgo フレンド 海外 卵

ポケモンGOで、 海外トレーナーと フレンドになろう! ポケモンGOに フレンド機能が実装され、他のトレーナー方とフレンドとして繋がれるようになりました。 ポケモンGOのフレンド機能のメリット• ギフト交換でアイテムをゲットできます!• フレンドさんがポケ活してる地域の卵を貰えます!• メダルランクを上げられます!• フレンドランクを上げると 経験値を貰えます。 ができます。 フレンドランクを上げると 少ない星の砂の数でポケモン交換ができます。 一緒にレイドバトルをするとパワーアップ&獲得アイテムが増えます。 フレンドランクが親友になると通信対戦でをできるようになります。 ポケモンGOのフレンド機能のメリットとしては上記多々あります。 そんな中、地元のトレーナーとフレンドになってもなかなか 一緒にレイドバトルをする機会が無い。 こんな方は、海外トレーナーとフレンドになって、ギフト交換で 海外産の卵を貰って、孵化していく事をおすすめします! まぁ、フレンドは 最大200人まで登録できるので、地元トレーナー・海外トレーナー・イベントでポケモン交換をしたトレーナーさんなど、色んなトレーナーさんとフレンドになるに越したことはないですが…。 当記事では、 ポケモンGOで海外トレーナーとフレンドになるメリットと方法を紹介します。 スポンサーリンク 海外トレーナーとフレンドになるメリット ポケモンGOのトレーナーとフレンドになるメリットは冒頭でリストアップしましたが、ここでは海外トレーナーとフレンドになるメリットを紹介します。 海外産の7キロ卵をゲットできる! ポケモンGOの海外トレーナーとフレンドになる一番のメリットは、 海外産の7キロ卵をゲットできる事です。 そう私は思ってます。 ブロンズ 1,000キロ(約:東京~博多)• シルバー 100,000キロ(地球2周半)• フランスも約1万キロ。 ブラジル産のポケモンを 約50回交換すればパイロットランクをシルバーからゴールドにできます。 ベルギーはゲントからのギフト。 スペイン、香港、ペルー。 ブラジル、スコットランド、トルコ。 他にもたくさんの国のトレーナーとフレンドになってる私です。 世界のポケストップを見るとまた海外旅行に行きたい気持ちが湧いてきます。 私は基本的にフレンド募集をする側で、 Twitterを使ってフレンド申請をお願いしています。 自分のコードを伝えるだけ! ポケモンGOフレンド募集掲示板もあるようなのでチェックしてみてください。 海外トレーナーからの反応をよくするには、日本時間夜中に配信するのがおすすめです。 国を判別するには、贈られてきたギフトのポケストップの場所が手がかりです。 しかし、ポケストップで場所が分かったとしてもトレーナー名と国を紐付して覚えるのは至難の業! そこで、ポケモンGOのフレンド機能には、フレンドに ニックネームを付けれる設定があります。 ニックネームを付ける設定方法 フレンドにニックネームを付けるには、フレンドリストからフレンドを選んで、画面下部にある 表示名の変更をタップ。 すると、ニックネームの変更ができます。 何度でも変更できます。 フレンドのニックネームに国名を入れたらどこの国のトレーナーかすぐ判別できます。 フレンドがたくさん増えたら誰が誰なのかどこの国のトレーナーなのかわからいないので、ニックネームを付けて管理しましょう。 海外産の 7キロ卵を入手できます。 海外産ポケモンは パイロットメダル(距離)のゴールド化に貢献してくれます。 海外の ポケストップを見て楽しめます。 ポケモンGOのアップデートで、海外トレーナーとフレンドになるメリットはどんどん増えるのではと思います。 参照 以上、ポケモンGOで海外トレーナーとフレンドになるメリットと方法でした。

次の

ポケモンGOのフレンド募集の掲示板に出してる人に申請出して数人とフレンドにな...

ポケモンgo フレンド 海外 卵

フレンド機能が実装されたが、注意点は?(写真:つむぎ/PIXTA) みなさん、は楽しんでいますでしょうか。 この連載の一覧はこちら アプリマーケティング会社「Sensor Tower」の発表(2018年7月)によると、ポケモンGOはリリースしてから2年間の売り上げは全世界で18億ドル(約2000億円)を突破、また、6月のアップデート以降の売り上げは39%増の1日250万ドル(約2億8000万円)を突破と、好調です。 日本国内でもファミ通App調べで8月第3週のプレイヤー人数3位と、国内外でトップレベルのコンテンツに育ってきています。 そんな中、一部不協和音が聞こえています。 新規実装の「フレンド」機能の穴 フレンド機能とは、フレンドとギフトを贈り合ったりすることで、親密度が高まり、ジムバトルやレイドバトルで優遇されるという機能です。 親密度がランクアップすると、ボーナスで経験値も大量に上がります。 フレンド同士でポケモンを交換することで自分の図鑑にいないポケモンを入手することができたりもします。 一見、メリットしかないように見えるこのフレンド機能ですが、ここに落とし穴があります。 ポケモンGOは位置情報を利用したゲームなので、フレンドに送るギフトには、そのギフトをどこで入手したかの情報が含まれています。 ということは、このギフト機能を使えば、相手に自分がどこに行ったかを伝えることもできますし、相手がどこに行ったかを推測することも可能なのです。 さらに、親密度をアップさせるために「毎日ギフトを送るように」などの指示を上司から受けるパターンや、「セレビィ」を入手するためにフレンドになることを頼まれ、断りきれなかった事例も実際に発生しています。 フレンドには最後に捕まえたポケモン情報が筒抜けだ(写真:ポケモンGOより) 以前とある有名MMO(多人数同時参加型オンラインゲーム)で、ゲーム内のギルド(グループ)に部下を参加させ、レアモンスターへの見張りを休日も行わせていた事例を知っていますが、このギフト指示はそれのライトなバージョンといったところでしょうか。 また、フレンド同士ではお互いが最後に捕まえたポケモンとその日付が共有されますが、いつポケモンGOのプレイをしたかどうかを知られることも、上司や同僚との間では避けたいという意見もあります。 たとえば出張先で、その地域でしか出会えないポケモンを時間の合間を見つけてゲットした場合、フレンド状態の上司へ通知がいってしまうのです。 「フレンド」が必須なゲームデザイン フレンドを作りたい人だけが作ればいい仕組みであれば、上記のような問題点もまだ発生しづらいのですが、レアなポケモン「セレビィ」を入手するためのタスククリア条件に「フレンドを3人作る」があったり、直接会うことができるフレンドがいないと達成できないスペシャルリサーチやメダルなどがゲームの目的として設置され、それらには報酬も設けられています。 友人のトレーナーの30歳女性(大手キャラクター会社勤務)によると「ソーシャルでもゲームでも会社の人とはつながらないようにしてます。 つまらなくなるので」「会社の人とはプライベートではつながらないポリシーなので、と伝えてます」とのこと。 このようにスパッと断ることができればいいのですが、必ずしもみなが断れるわけではないでしょう。 筆者はソーシャル上でフレンド機能が原因のプライバシー侵害も目撃し、ちょっとびっくりしました。 ソーシャル上では夏休みで居場所を公言していない人に対して、「いま関西某所にいるんだね」と、ポケモンGOで知ったその人のリアル現在地をSNSで公表している人がいたのです。 これは、プライバシーの侵害と言われても仕方ないでしょう。 もちろん良好な関係もある 一方で、上司や同僚と良好なフレンド関係を築いている例ももちろんあります。 たとえば、フレンド同士のメリットとして「ポケモン交換」があるのですが、海外でしか捕獲できないポケモンを海外出張の多い上司からもらったというような話はポジティブな文脈でよく聞きますし、上司ではないですが僕も経験があります。 離れた距離のポケモンを交換すると一気にポイントがもらえる(写真:ポケモンGOより) また「パイロット」のメダルは、交換したポケモン同士を捕獲した場所の距離の差がポイントで入るのですが、こちらも海外で捕獲したポケモンとの交換が有利ですので、海外出張の多い上司がフレンドですと非常に効率よく入手することができます。 たとえば、プーケットで上司が捕獲してきたポケモンと東京のポケモンを交換すると、約5000キロメートルのポイントが入ります。 また、抽選制の地域イベントで、レアなポケモンやグッズを部下へのお土産に持って帰った上司の話や、上司と一緒にレイドに出掛けて縁が深まった話もネット上で目にします。 「会社の上司が、私の地元でゲットしたギフトをわざわざ送ってきてくれるのカワイイ」といった話も目にしましたが、これに関してはやる人によってはアウトな事例でしょう。 もちろん、上司に対してフレンドになるのを依頼して断られるパターンもあるようです。 さて、会社の同僚や上司からのフレンド申請を断ることができない人も対策をすることで、プライバシー情報を保護することができます。 ポケハラ、自己防衛と注意点 まず、自己防衛のポイントとしては、自宅の近所で入手したギフトは、利用している駅や家を知られてもいい人にしか渡さないようにすることです。 実はギフトは個別に削除できますし、手元にギフトが10個以下の状態で、ポケストップを回すことで容易に新規入手することができます。 実はギフトは個別に削除できる(写真:ポケモンGOより) 自分の行動範囲のギフトは親しい友人だけに渡し、それ以外の人へは把握されてもいいエリアのポケストップで入手したギフトのみを渡すのがよいでしょう。 何にせよ、自分の家のそばや、把握されたくない行動範囲とひも付いたギフトを面識のないフレンドに送付するのはやめておいたほうが賢明です。 また、ツイッターなどのSNSで不特定多数に対してフレンド募集をするのは、そもそもやめておいたほうがよいと思います。 どうしても身の回りでフレンドが作れない場合は、国外の人や、自分の住んでいるエリアから離れたところのトレーナーとフレンドになれば多少は安心なのではないでしょうか。 どちらにせよ、知られたくない行動範囲とひも付いたギフトの取り扱いには気をつけたほうがよいでしょう。 また、先に述べたフレンド機能による最後に捕まえたポケモンの共有機能は、その気になれば相手がプレイ中かどうかもある程度は把握できてしまいますが、この機能は「設定」から「フレンドと最後に捕まえたポケモンの情報を共有する」のチェックを外すことで非表示にできます。 個人情報にも気をつけて、ポケモンGOライフを満喫しましょう。 外部サイト.

次の

ポケモンGO「フレンド」機能の穴 上司の友達申請は断るべき?

ポケモンgo フレンド 海外 卵

こんにちは。 ついにフレンド機能がリリースされましたね! 私もリアルで交流のある数名だけ登録してみました。 賛否両論あったこの機能ですが、使ってみると言われていたほどダメダメではないというか、結構イケてるというのが率直な感想です。 不満点もアップデートでなんとかなりそうなレベルだと思います。 とは言え、 使ってみたいけどプライバシー保護がどこまでされているのか不安という方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな方に向けて、フレンド機能を使うかどうかの判断材料になればと思って書いてみました。 注意すべきことを書くので不安を煽っている文章に読めるかもしれませんが、 フレンド機能を楽しんで欲しいというのが私のスタンスです。 *この記事はフレンド機能リリース当日に書いています。 不明確な部分もある上での見解ですがご容赦ください。 フレンド機能のおさらい フレンドになる方法 フレンドになるのは非常に簡単で、どこの誰かもわからない人とでも可能です。 12桁のトレーナーコードを相手に伝える• 相手がコードを入力してフレンド申請する• 承認する 誰とでも出来るのでフレンド掲示板が賑わっていますし、ツイッターでも募集されている方が多いですね。 フレンドのメリット フレンド機能を使うとどういったメリットがあるかおさらいしておきましょう。 ギフトがもらえる(アイテムや7km卵(アローラポケモン))• レイドバトルとゲットチャレンジでお得• ポケモン交換が出来る 簡単に言うとこの3つですね。 ギフトだけが遠隔でも可能なメリットで、レイドとポケモン交換は近くにいる必要があります。 フレンドになったらどんな行動がバレるの? さて本題です。 まずフレンドになるといくつかの活動状況が共有されます。 バレるというより 一緒にポケモンGOを楽しむ仲間なので、そのために必要な情報という考え方のほうが正しいんでしょうけどね。 ただし いつ取ったのかは表示されません。 また、ポケモンを取った瞬間に情報が更新されるわけではなく、ある一定の間隔で更新されます。 数分といったところでしょうか。 リリース前に心配されてた ポケストップを回した履歴は表示されていません。 今どこを歩いているかはバレないので安心ですね。 しかし、更新タイミングにもよるでしょうが例えば 「ミュウツーを捕まえた!」という表示は時間や場所を特定しやすくなります。 プレイヤーニックネーム• おともポケモン• レベルと現在のXP• バトル勝利数• 歩いた距離• つかまえたポケモンの数 フレンドなので頑張っている内容は共有するのが普通でしょう。 ただし、 アクティビティをずっと見ていればこの数分間にどんな行動をしていたのかはバレてしまいます。 友人なら「おまえ、昨日は夜中にバトルしまくってたなーー!」って楽しい会話にもなりますが、そうでもない人をフレンドにしてしまうと困る場合があるかもしれません。 まあそれはフレンドなのか?ということでもあるんですが。 いずれにせよ、 フレンドになってしまったらポケモンGOを 起動して移動やバトルをしていることはほぼリアルにバレてしまうということです。 もちろんよほど限定されたイベントに参加していない限り、現在位置はバレません。 ギフト機能で何がバレる? 次にギフト機能です。 これが大きな問題になっていますよね。 フレンドはあなたがポケストップをいつ回したのかまではわかりませんが、ある程度の生活範囲であることは想像できます。 1人のフレンドに同じポケストップから取ったギフトを贈ったり、近所のポケストップから取ったギフトを贈り続けていくと、住所を知らなくても「だいたいこの辺に住んでるな」と特定しやすくなります。 エリアまでわかってしまえば、トレーナーニックネームはバレているわけですから、ジムに置いている状況やレイドの参加メンバーなどを現地で追いかければ個人を特定することは難しくはないでしょう。 ギフトは選んで贈れるが捨てられない ここが現時点では非常に残念なのですが、ギフトを捨てることができません。 なおかつギフトの所持数に上限があります。 (情報ではフレンド数に比例) 贈るギフトは選ぶことが出来るので、なるべく生活範囲から遠いものを贈るということは可能です。 でも普通に活動していれば、住んでいる場所に近いところからギフトが埋まるでしょう。 捨てられなければ贈ることの出来るギフトはあなたの生活範囲のものしかありません。 対応方法としては生活範囲を離れてからポケストップを回すか、ギフトを贈らないということになります。 ギフトの開封時刻と内容は相手に通知される ギフトを開封すると、その時刻と内容が相手にもわかるようになっています。 そしてそれは新しく出来た「通知」という画面に履歴として相手にしばらく残ります。 ギフトを受け取れるのはひとり1日1回ですので何か行動の特定要素になるとは思いませんが、正確な時刻が履歴に残るのでご紹介しました。 ギフトを贈り、リアルで会うのがフレンド機能 以上のように、フレンド機能は少なからずあなたの位置情報や行動を伝えてしまう仕組みです。 ギフトは回したポケストップがわかる• レイドの協力やポケモン交換はリアルに会う 住所は特定されないものの、ある程度の範囲はバレる覚悟で使うことになります。 現在ネットでは知らない人どうしがじゃんじゃんフレンドになっていますが、これはネット上での人格をある程度理解しているか、ポケストップの位置がわかったところで危険がないと考えているからでしょう。 逆にフレンドを多くし、ギフト所有数の上限を増やすことでリスクを減らすメリットもあります。 ただ過去にネットでの出会いに嫌な経験をされた方は抵抗があるかもしれませんね。 それでも私はこのフレンド機能に触れてみてから使うかどうかを判断してほしいと思っています。 私もまだほんの少ししかやっていませんが、 「7kmたまごだったよ!ありがとう!」 「レジアイスGETおめでとう!」 なんて会話で盛り上がっています。 楽しいんですよ。 めちゃくちゃ。 安心なのはやっぱりお互いに身バレしているか、お互いに全くどこの誰かがわからないかのどちらかですね。 家族、友人 説明するまでもないですが一番安心です。 ポケモンGOをやっていなかったらやらせてくださいw フレンド機能を見たら始めてくれるかもしれませんよ? ポケ友 声を掛けるのはハードルが高いかもしれませんが、いつも一緒にレイドをしている人たちはお互いに身バレしているようなもので実は安全だったりします。 ご近所さんであることはすでに知っていますし。 贈り合うギフトも同じようなものでしょう。 相手を選ぶことが出来るので個人的にはおすすめです。 一匹狼さんよりグループのほうが安心度は高いと思います。 レイドや交換など、活用の幅も広がりますね。 フレンド掲示板 次におすすめなのはフレンド掲示板です。 「ポケモンGO フレンド掲示板」で検索するとたくさん出てきます。 フレンド掲示板には募集している人の情報が載っているだけで、申請したところであなたの個人情報はバレません。 ポケモンGOのトレーナー名だけでは男女や年齢なんかは全くわかりませんしね。 住んでいる都道府県を書いている場合がほとんどですので遠いところを選べばいいでしょう。 「削除OK」と書いてくれている方もいますので、お試しにはもってこいです。 また、性別に関係なく募集しているほうが安心できると思います。 「女です。 女友達探してます」「私も女です。 よろしくお願いします」 ふたりともおっさんの可能性ありますからねw ツイッターなどで募集もいいのですが心配性の方にはあまりおすすめしません。 ツイッターでは個人情報に近いものが知られているはずだからです。 性別や年齢を偽っている場合はいいのですが、そうでない場合は別目的で近づく人がいるかもしれませんので注意が必要です。 すぐにでも改善して欲しい要望はある いい機能なので、不安になる要素はすぐにでも改善して欲しいと思います。 ギフトを捨てる機能• ギフトの所持数上限UP• アクティビティの更新を1日1回 この辺ならすぐにでも対応できそうです。 さすがにギフトにポケストップ情報を載せたり載せなかったりみたいな複雑なものは無理でしょう。 そもそも方針からズレてしまいますね。 7月24日追記:アップデートでギフト削除可能に。 住所&MAP機能追加に注意! アップデートによりギフトの削除が可能になりました。 これで近所のギフトは贈らずに済みます。 ただし、このアップデートで送ったギフトの住所が表示されるようになり、さらにMAPボタンを押すことで地図で位置が分かるようになっています。 贈るギフトを選びやすくなったものの、贈ったギフトのポケストップの座標は特定しやすくなりましたので注意が必要です。 まあ、ポケストップの名前で調べようと思えばこれまでも調べることが出来ましたけどね。 一度は触れてみて!フレンド機能は今後が楽しみなシステム なんだかんだで注意は必要ですが、今後が楽しみなシステムなんです。 食わず嫌いではもったいないぐらい楽しいですし、私はリアルで会える人からどんどん増やしていこうと思っています。 気にならない人はどんどんフレンドを増やしてますよね。 気になる人はどう説明してもやらないかな。 ・・・誰のために書いてるんだっけ?w ま、まあ、お試しだけでもしてみてくださいな!! それではまた。 2018年8月1日追記:ギフトからMAPで正確な位置の取得が可能に 7月末のアップデートで、MAP機能が追加されました。 フレンドのギフトの写真からそのポケストップがどこか地図でわかる• ニアバイのポケモンがどこのポケストップにいるか地図でわかる ギフトから位置の特定 ニアバイから位置の特定 ニアバイは便利なんですけどね。 近所でプレイしていない場合、ポケストップがわかっても辿り着くことがポケモンGOのフィールド画面だけだと難しいので。 地図アプリと連動してくれたのはありがたいんですが、これがギフトのポケストップにも連動しちゃってるんですよね・・。 なんでこうしたんでしょ・・? フレンドって、肩組んでHaHaHa! でしょ?みたいなフランクな洋ゲーなんでしょうか。 日本人には合わないですよね。 ただ、 本当にストーカー的な危ないヤツは前から特定してますよ? ポケストップ名から座標を調べるサービスなんてとっくにありましたからね。 でもまあ、誰でも簡単に座標が特定出来てしまうので要らなかった機能ですね。 2018年8月9日追記 MAP機能が削除されましたw 運営はトレーナーとの温度感の差、わかってくれたかなあ level999.

次の