オンライン 飲み 会 アプリ。 「ZOOM飲み会」のやり方を解説!オンライン飲み会が大人数でできる♥

オンライン飲み会!宅飲みにおすすめオンラインサービスとアプリ5選!と使用方法

オンライン 飲み 会 アプリ

コスパの良いオンライン飲み会、でもリアルな飲み会ならではのメリットも…(写真はイメージです) Photo:PIXTA コロナによる影響で外出自粛が叫ばれる中、流行しているのが「オンライン飲み会」である。 オンライン飲み会に参加した人たちの声を聞くと、良しあしがあるようだ。 実際に店で飲む「リアル飲み会」と何が違うのか、取材した。 (フリーライター 武藤弘樹) オンライン飲み会は「悪くない」 実態はいかに!? 外出自粛を受けて、オンライン飲み会(LINEやZoomなどのオンライン通話システムを使って自宅にいながら飲み会を開催すること)が一気に世に広まった。 飲みは文化であり、単なるアルコールの摂取活動ではないのである。 「飲み会へ行きたいけど無理だし、仕方ないからオンラインで飲み会しよう」という人たちが増えてきて、実際やってみたら悪くなく、むしろメリットも複数ある。 定着度合いはまだ測れていないが、市井の声を聞いている印象だとコロナ禍以前より確実に浸透したようだ。 飲み会の記事を書こうとしておいてなんだが、実は筆者は下戸である。 飲み会に参加することはあるが頻度は少なく、従ってオンライン飲み会の経験もない。 とはいえ、コロナ禍によって、やむなく広まったこの最先端のカルチャーは非常に興味深く、その実態をのぞき見たいと思う。 コスパ良し、リラックス効果高し オンライン飲み会のメリット まず、オンライン飲み会のメリットから取り上げていきたい。 「飲み屋さんに行くより断然安上がり。 女子会だとおいしいものが食べられて雰囲気のいいお店に行くから、一回行くだけで結構かかる。 オンライン飲みは自分が飲み食いしたいものをコンビニかスーパーで買ってくるだけ」(33歳女性) 「割り勘の不公平感がない。 自分は小食で、量もそんなに飲まないので、オンライン飲みはその点ありがたい。

次の

オンライン飲み会や帰省のやり方!LINE、Zoomアプリなどのツール、ゲームも紹介

オンライン 飲み 会 アプリ

オンライン飲み会とは? オンライン飲み会とは、スマホやタブレットを利用した飲み会のことです。 オンライン上に参加者が集まり、ビデオ通話をしながら飲み会をします。 思っている以上に簡単に開催でき、外出する必要もないことから、Twitterを中心に需要が上がっています。 オンライン飲み会のメリット オンライン飲み会のメリットは、何といっても「他人を気にしなくても大丈夫」な点です。 会社の飲み会では上司にお酌し、友人との飲み会では料理を注文する係になり、「もっと自由に楽しみたい」という人は多いと思います。 オンライン飲み会なら、他人を気にする必要がなくなるので、自分の好きな料理やお酒を好きなタイミングで味わえます。 また、普段は一人で宅飲みしている人も、オンライン飲み会を利用すれば、離れた場所にいる友人や家族と会話を楽しむことも可能です。 さらに、通常の飲み会と違い、他人と接触する機会を減らせるので、猛威をふるっている新型コロナウイルス対策にもなります。 【メリット】 料理の準備ができたら、ビデオ通話アプリの準備をしましょう。 LINEやSkype(スカイプ)などたくさん種類がありますが、個人的なおすすめは「Zoom」です。 安全性が確認できるまでは、「たくのむ」をメインに利用しましょう。 「Zoom」とは、もともとベンチャー企業の会議などに活用されていたビデオ通話サービス。 他社との違いは何といっても手軽さで、URLをクリックするだけでビデオ通話を開始できます。 イメージ的には、1つの会議室をオンライン上に作成し、そこに各々のデバイスで接続してから集合するという感じです。 【Zoomでビデオ通話を始める流れ】• 出前や宅配サービスを利用• グッズを利用した手料理もおすすめ• ビデオ通話アプリやサービスを活用 つまり、自宅にいることが前提なので、「宅飲み」好きの人にはピッタリです。 また、外を出歩かず、人混みを避けられるので、最近流行りの新型コロナウイルス対策にもなります。 何よりも、自分の好きな料理を好きなタイミングで食べられるので、ストレスがたまらないのが魅力的です。 もちろん、上司にお酌したり、次の注文を気にしたりする必要もありません。 直接会っての飲み会も楽しいですが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにも、しばらくはオンライン飲み会を試してみてはいかがでしょうか。 ファッションやグルメを中心にトレンド記事も手がける。

次の

オンライン飲み会におすすめなアプリを紹介【多人数で参加も可能】

オンライン 飲み 会 アプリ

この記事の目次• 【無料】オンライン飲み会におすすめのビデオ通話ツール6選 たくのむ・LINE・Zoomなど、オンライン飲み会におすすめのツールについて解説します。 たくのむ 出典元: 「たくのむ」は、2020年にスタートしたオンライン飲み会に特化したサービス。 アカウント登録不要で作成したルームのURLを参加者に送れば、すぐにオンライン飲み会ができて便利 です。 通常ですと7人以上は有料ですが、2020年4月現在は最大人数の12人まで無料のキャンペーンが行われています。 好きな画像や動画が設定できるバーチャル背景や、顔にエフェクトをかけられるSnap Cameraにも対応しているので、対面とは趣の違った飲み会も可能です。 たくのむを使ったオンライン飲み会のポイント• 簡単にオンライン飲み会ができる• アカウント作成が不要• 7人まで無料• 最大12人まで利用できる• 参加者にルームのURLを共有してすぐにオンライン飲み会ができる• チャット機能もある• バーチャル背景やカメラのエフェクトに対応• 出前機能が実装予定 この記事もオススメ LINE 出典元: 定番のコミュニケーションツール「LINE」。 LINEのビデオ通話もオンライン飲み会に使えます。 ビデオ通話はiOSが4人、Androidは6人、パソコンだと16人まで利用可能。 上記の人数を超えても200人まで参加できますが、アイコン表示のみになります。 LINEのオンライン飲み会のやり方はとても簡単で、LINEグループを作ってビデオ通話をすればOK。 LINEを使ったオンライン飲み会の魅力は手軽さです。 他のアプリやサービスを使わずに、普段使っているLINEのみでオンライン飲み会ができます。 LINEを使ったオンライン飲み会のポイント• オンライン飲み会の開催が簡単• 人数、時間に関わらず無料• iOS4人、Android6人、パソコン16人までビデオ通話可能• 参加者はLINEのアカウントが必要• 音声・映像の品質は高くない Zoom 出典元: Zoomは、世界的に人気の高いWebミーティングツール。 音声・映像が高品質でオンライン飲み会におすすめです。 バーチャル背景や顔のエフェクトも利用できます。 オンライン飲み会の主催者となるホストがアカウントを作成し、ルームのURLを共有してオンライン飲み会を開催します。 アプリのインストールを促されますが、インストールせずにWebブラウザからでも利用可能です。 無料プランは3人以上の利用は40分までの時間制限あり。 また、脆弱性などの問題が指摘されている点にも注意が必要です。 Zoomを使ったオンライン飲み会のポイント• 主催者(ホスト)はアカウント作成が必要• 参加者はURLをクリックするだけでOK• 3人以上は40分の時間制限あり• チャット機能もある• バーチャル背景やカメラのエフェクトに対応• 音声・映像が高品質 この記事もオススメ Skype 出典元: ビジネスコミュニケーションツールとして定番のSkypeもオンライン飲み会に使えます。 2020年3月から、ビデオ通話への参加可能人数が25人から50人に増えました。 通話可能な時間も無制限です。 オンライン飲み会でSkypeを選ぶメリットは、 時間や人数を気にせずに気軽に利用できること。 Skypeでのオンライン飲み会は、LINEのようにグループを作成して行います。 参加者にURLを共有して、グループに入ってもらうことも可能です。 Skypeを使ったオンライン飲み会のポイント• Skypeのアカウントが必要• 人数、時間に関わらず無料• オンライン飲み会の開催が簡単• 最大で50人まで参加できる• 音声・映像の品質は高くない Whereby 出典元: Webミーティングに便利なツール「Whereby」。 Wherebyはアカウントを作成して、URLを共有すれば簡単にオンライン飲み会ができます。 Googleアカウントを利用すると、サクッと始められて便利です。 ただし、Wherebyは4人を超えると有料になります。 4人までは無料で使えるので、少人数のオンライン飲み会に向いています。 無料プランでも固定のルームが作成可能。 定期的にオンライン飲み会を行う場合に、その都度ルームのURLを共有せずに済むので楽です。 面白いのは、YouTubeの画面を簡単に共有できる機能がある点です。 YouTubeの動画を一緒に見ながら、感想を言い合って飲み会をするのも楽しいでしょう。 Wherebyを使ったオンライン飲み会のポイント• 主催者のみアカウント作成が必要(Googleアカウント利用可)• オンライン飲み会の開催が簡単• 無料プランで参加できるのは4人まで• YouTubeを見ながら飲める• カメラのエフェクトに対応• 音声・映像の品質は高くない Houseparty 出典元: Housepartyは、海外で人気の無料グループビデオチャットアプリ。 最大8人とライブ動画配信感覚でビデオ通話が楽しめます。 オンライン飲み会にもぴったりです。 Housepartyは、2016年にローンチし、10代に人気を集めました。 利用者は減少傾向にありましたが、コロナウィルスの感染拡大により自宅にいる人が増えたことで2020年2月頃から利用者が急増。 Zoomに変わるビデオ通話アプリとして、世界的に注目されています。 Housepartyを使う時は、まずアプリをダウンロード。 Facebookなどと連携して友だちとつながります。 あとは、ビデオ通話をすればOK。 気軽に友だちが呼べるのもポイント。 すでに立ち上がっているルームに入室することもできます。 URLでの参加ではないので、ルームを見ると誰が話しているかわかるところがポイント。 「今日、誰か飲んでないかなー」という時にサクッと一緒に飲めるのです。 また、オンライン飲み会用のゲームが用意されているので、他のアプリなどがなくても友だちと一緒に遊べます。 2020年4月現在はmacOSアプリからのサインインができないので注意してください。 スマホアプリでアカウントを作成すると、Macからでもログインは可能です。 Housepartyのポイント — アカウントの作成とアプリのインストールが必要 — 人数、時間に関わらず無料 — オンライン飲み会の開催が簡単 — 好きなルームに気軽に参加できる — URLのシェアが不要 — ゲームが用意されている — macOS版はサインアップに不具合がある(2020年4月現在) ちょっと変わったオンライン飲み会におすすめのサービス・ツール ちょっと変わったオンライン飲み会をやりたい人におすすめのサービスやツールを紹介します。 ゆんたくやイエノミを使えば、誘う人がいなくてオンライン飲み会ができないという悩みも解消可能です。 ゆんたく 出典元: オンライン居酒屋サービス「ゆんたく」は、 友だちだけでなく知らない人ともオンライン飲み会が開催できるサービス。 友だちとオンライン飲み会を行う時は、貸切プランを利用。 知らない人との出会いを求める場合には、相席プランを利用します。 相席プランは90分1人1000円、貸切プランは90分1人500円です。 イエノミ 出典元: Zoomを使って、 いろいろな人とつながって家飲みができるプラットフォームが「イエノミ」です。 公式サイトから参加したいイベントに申し込み、スタートの日時になったら招待URLをクリックして参加します。 申し込みを行うと、開催日までにクラフトビールが家に届き、参加者みんなで同じお酒で乾杯ができるなどのユニークなイベントを行っています。 知らない人とつながってオンライン飲み会がしたい人におすすめのサービスです。 Netflix Party 出典元: Netflix Partyは、 オンラインで友だちとNetflixを見ながらチャットができるGoogle Chromeの拡張機能です。 ビデオ通話でオンライン飲み会はできません。 ただし、チャットは利用可能。 Netflix Partyを使うと、映画やアニメが好きな人が集まって、動画を見ながらチャットをするちょっと変わったオンライン飲み会ができます。 は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。 テックキャンプは、 オンラインでプログラミング学習が可能。 「 徹底したサポート」と「 やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。 転職成功率は 99. 学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率 キャリアに悩んだら、テックキャンプの を受けてみませんか? あなただけのキャリアプランが作れます。 は簡単なので、ぜひご利用ください。 オンライン飲み会で自宅での時間を楽しく過ごそう 自宅で過ごす時間はとても気楽。 とはいっても、ずっと自宅にいるとさみしくなったり、ストレスが溜まったりします。 Web会議ツールなどを使ってオンライン飲み会を行うことで、そのようなストレスを発散しましょう。 紹介したツールやサービスを活用して、自宅での時間をより楽しいものに変えてください。

次の