牡蠣 あたる 期間。 牡蠣にあたる症状や時間で判別!知らなきゃ怖い食中毒とアレルギーの違い

牡蠣にあたるとこんな症状です!治療の経過も詳しく解説!!

牡蠣 あたる 期間

冬の味覚と言えば、脂が乗る魚介類が思い浮かびますね。 カニや寒ブリ、あんこうなど想像するだけでお腹が空いてきます。 中でも 牡蠣はカニや寒ブリなどと違って比較的安く手に入るので カキフライ、牡蠣鍋、焼き牡蠣などいろんな食べ方で楽しめます。 新鮮な生牡蠣にポン酢をかけて食べる酢牡蠣なんて最高です。 だけど、 牡蠣はあたるのが心配ですね。 私は牡蠣にあたったことはないんですが 義父が牡蠣を食べ、最初は何ともなかったのですが 二日後にひどい下痢と嘔吐の症状が出てフラフラになり それからは牡蠣は食べなくなりました。 牡蠣にあたるときって食べてからどれくらい時間が経ってからなんでしょう? また、牡蠣にあたったらどう対処すればいいんでしょう? 牡蠣であたって症状が出る時間は原因によって違う 牡蠣にあたる原因はひとつだけと思っていましたが どうもそうではないようです。 牡蠣にあたる原因は大きく分けて• ウイルス この三つがあり、細菌とウイルスの中で代表的なものが 腸炎ビブリオと ノロウイルスです。 これらについて、潜伏期間と症状、対処法を順に見てみましょう。 貝毒 牡蠣は海水中のプランクトンを餌として食べています。 そのプランクトンが毒性のあるものだと 毒が牡蠣の中に蓄積され、その牡蠣を食べるとあたってしまいます。 これは牡蠣に限ったことではなく、他の貝でも起こり得ます。 牡蠣が食べる貝毒は海水温が上がり始める3月から5月に発生し 下痢性貝毒、麻痺性貝毒、アサリ毒などの種類があり 加熱によっても無毒にならない厄介な毒です。 腸炎ビブリオ 潜伏期間:食後2~20時間 症状:腹痛・下痢・嘔吐・発熱 対処方法:水分補給・自然治癒 ノロウイルス 寒い時期の食中毒予防にノロウイルス対策というのは 市町村の広報でもさかんに報じられてますね。 ノロウイルスが活躍する時期は11月から3月にかけてで これは牡蠣の旬の時期と重なります。 牡蠣がノロウイルスを元から持っているわけではなく ノロウイルスに感染した人間の糞尿に含まれるウイルスが 下水や生活排水を介して海に流れ、それが牡蠣の体内に蓄積され その牡蠣を食べると感染するというわけです。 ノロウイルスは加熱すると死滅するので しっかり加熱してから食べればあたることはありません。 また、あたっても2~3日で症状は軽くなっていくのが普通です。 ノロウイルス 潜伏期間:24時間~72時間 症状:吐き気・嘔吐・下痢・腹痛・発熱 対処方法:水分補給・自然治癒 牡蠣にあたっても、下痢や嘔吐など消化器系の障害なら 死んでしまうようなことはありませんが、お年寄りや乳幼児など 免疫力が低い状態だと重症化するので注意が必要です。 牡蠣は危ない? 貝毒への対処 貝毒は加熱しても無毒化できないなら 何をしても食べられないんじゃないの?と思ってしまいますよね。 各都道府県の水産担当部局はプランクトンや牡蠣を検査して 基準値を上回る貝毒が認められると、牡蠣を出荷停止にします。 それでも貝毒にあたってしまうのは 病気などで抵抗力が落ちている人が食べたのが 原因のひとつと考えられています。 生食用牡蠣と加熱用牡蠣 新鮮な牡蠣なら生で食べても大丈夫、と思っていませんか? 貝毒であろうとノロウイルスであろうと新鮮さは関係ありません。 綺麗な海で穫れた牡蠣は生で食べても大丈夫だけど 汚れた海で穫れた牡蠣は生では食べられないということです。 これが生食用牡蠣と加熱用牡蠣の違いです。 もちろん貝毒の検査はしてますよ。 生食用牡蠣には消費期限や加工者はもちろん 加熱用牡蠣にはない 採取海域まで表示義務があり 万が一、生牡蠣の食中毒が疑われる場合には 採取海域まで遡って調査を行います。 まとめ 一口に「牡蠣にあたる」と言っても、その原因は様々で 発症するまでの時間や症状も原因ごとに様々であることが分かりました。 発症するまでの時間(潜伏期間)の目安は• 食後早い時間に症状が出始めたら貝毒• 食後2時間から20時間くらいで症状が出たら腸炎ビブリオ• 食後1日から3日で症状が出たらアサリ毒かノロウイルス こんなところではないでしょうか? アサリ毒は皮下出血班という他とは違った特徴があるので 分かりやすかも知れません。 とにかく、牡蠣を食べてあたったと思えるような症状が出たら すぐに医療機関での診察を受けるようにしましょう。 下痢や嘔吐のときに自分でできることは 水分補給をしっかりして栄養補給をすることくらいです。 このとき、下痢止め薬を服用することはおすすめできません。 下痢や嘔吐をするということは、身体がウイルスや菌を 体外に排出しようとしているからです。 この働きを抑えてしまうと、かえって症状が長引くことになります。 症状が治まってきたら医師の指示で使用することもありますが 素人判断で下痢止め薬を勝手に服用するのはやめましょう。 ノロウイルスは食品を食べるだけでなく、調理器具を介しても感染します。 生の魚介類を調理した包丁やまな板は その都度、洗剤で洗ったり熱湯をかけたりして消毒するようにしましょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

牡蠣にあたったら治療の薬や対処法は?治るまでの期間は何日かかる?

牡蠣 あたる 期間

牡蠣にあたったときの治療の薬や対処法は? あたったら恐いけど牡蠣には魅力も満載 食中毒の心配が取り沙汰されがちな牡蠣ですが、 一方で栄養成分も豊富で健康や美肌にも効果的なとてもおいしい食材でもあります。 気になる「牡蠣の食あたり」ですが、 牡蠣の食中毒のほとんどのケースがノロウイルスによるものだと言われています。 そこで気になるのがノロウイルスに感染した場合の 治療法や 効果的な薬。 ですが、これだけ現代医学が進歩しているにもかかわらず、残念なことに 現在のところノロウイルスへの特効薬はありません。 有効な薬がない。 つまり、飲み薬や注射で体内にいるノロウイルスをすぐに退治するということ自体できないというわけです。 そのため、病院に行ったとしても 自己治癒力による病状の回復を目指す 対症療法を行う。 これがノロウイルスに対する有効なと対処法となるのです。 実際にどういった治療法かと言えば、 脱水症状の疑いがあれ場合は点滴を打つ、あまりにひどい吐き気が治まらない場合は吐き気止めの投与…などといった治療です。 ノロウイルスに感染したときの症状は経験者にしかわからないほどつらいものですが、 通常1~2日程度で症状は落ち着いてきますので、しばらくの間の辛抱だと思ってがんばりましょう。 ただし、症状を悪化させないために注意すべき点がいくつかあります。 自然に逆らわない!出るものは出す ノロウイルスの場合、下痢や嘔吐は激しくとてもつらいですが、これは体内からウイルスを排出するための整理反応と呼ばれる現象です。 少しでも早く体内のウイルスを排出し早期回復しようと体が反応してくれているので逆らわずに出るものは出してしまうよう心掛けましょう。 激しい下痢が止まらないからといって、安易に下痢止めを飲むことはおすすめできません。 薬で強制的に下痢を止めてしまうのは逆効果です。 かえってウイルスが体内に長くとどまることになってしまい回復を遅らせてしまいます。 市販の下痢止めなどの服用は控え、出るものは出して、状態がある程度落ち着くまでは安静にしておきましょう。 脱水症状に注意 ただし下痢や嘔吐と戦っている間、 気をつけなければならないのは脱水症状です。 脱水症状は、めまいや頭痛だけでなく血圧の低下や倦怠感、さらには体力の低下を招きます。 最悪の場合、体にとって非常に危険な状況を招いてしまうことすらあります。 下痢や嘔吐、さらには発汗により相当な水分が身体から失われますので、こまめな水分補給を心掛けましょう。 吐き気がつらいときは、たとえ一口ずつでも良いので水分を取るようにしましょう! 水分補給も体力を要するので冷えたものは避け、できるだけ温かいものを口にするのが望ましいです。 二次感染にご用心! ノロウイルスは非常に強力な感染力を持っています。 患者への接触感染だけでなく、患者のくしゃみなどからの飛沫感染でも拡散の危険があります。 特に多いのが患者を介抱する際の嘔吐物や排出物からの二次感染です。 嘔吐物を処理するときなどは、ビニール手袋やマスクを着用し、処理後は手洗いうがいの徹底が必須です。 ノロウイルスは食中毒患者が完治後も1~2週間程度、場合によっては1ヶ月程度は感染力を保っています。 完治後しばらくの間は移さない!移らない!ように、お互いの注意が必要です。 念のため早めに病院へ! ノロウイルスは特効薬がなく自己治癒力に頼るしかないとは言え、念のため、できるだけ早い時期に病院で診察してもらいましょう。 メインは自己治癒力ですが、病院では症状に応じて点滴や整腸剤などを必要に応じて処方してくれます。 体に状態によっては早めに点滴を投与したほうが良い場合など最適な判断をしてもらえるので安心です。 また、ノロウイルスや食あたりだと思っていたのが実は全く別の病気だったなんてことにならないように、早めに病院で正しく見極めておいてもらいましょう。 牡蠣アレルギーにも要注意 「牡蠣に一回あたると、その後もあたりやすくなる」 あなたはそんな話を聞いたことがありませんか? 諸説ありますが、必ずしもそういうことではないようです。 ただ、牡蠣を食べて毎回のように食あたりを起こす方がいるのも事実。 こういった方は「牡蠣アレルギー」の可能性が高いと見受けられます。 牡蠣アレルギーは、牡蠣を食べることで生じるアレルギー反応で嘔吐や下痢・腹痛ばかりでなく、呼吸器障害やじんましん、さらには命に関わる症状を起こす可能性もあるため細心の注意が必要です。 そういった面でも、早期に病院に足を運んでおくことをおすすめします。 スポンサーリンク 牡蠣にあたってから治るまでの期間は? もちろん個人差はあるものの、 ノロウイルスは感染してからおよそ1~2日の潜伏期間があります。 大変なのが下痢との戦い。 個人差はありますが、1日に2~3回、多い方は1日10回以上も下痢を繰り返します。 下痢の症状が治まるまでには早くて10数時間、大抵の場合、2~3日と言われています。 下痢が治まるのとウイルスが完全に消滅するのは別の話しで、長い人の場合、症状が改善してから2~3週間後も、ウイルスが体内で生き続けているケースもあります。 この期間に油断していると、周囲の人に二次感染を引き起こしてしまう原因にもなりますので注意してください。 症状が治まっても最低1週間は、体内でウイルスが生き続けていることを忘れないようにしたいですね。 お医者さんから完治の証明をもらわないと出勤できない会社がほとんど。 職場で一定の人数が嘔吐や下痢などの症状を訴えた場合は保健所に報告してノロウイルスの疑いを持たれ、検査が義務づけられるほどの強い感染力を持つ、私達の強敵です。 これを機会に「牡蠣にあたったら…」に関する正しい知識を身に着けておいて、安心して牡蠣の魅力を満喫されることを祈っています! スポンサーリンク.

次の

牡蠣で食中毒にあたる原因にも旬がある!症状が出る時間?対処法は?

牡蠣 あたる 期間

近頃では都内を中心にオイスターバーが登場し始め、今までよりもずっと気軽に牡蠣が食べられるようになりました。 しかし牡蠣と言えば気になるのが食あたりです。 以前に友人と旅先で牡蠣を食べた時に、私は大丈夫だったのですが、友人は同じ牡蠣を食べてひどいあたり方をしていました。 その時はどうしたら良いか分からずテンヤワンヤになったことがありました。 今、この記事を読んでいるあなたや周囲の御家族は、もしかしたら牡蠣に当たって下痢や腹痛などでお辛い状況かもしれません。 私のように、どうしたら良いか困ることがないよう、• 牡蠣にあたるとでる症状ってどんなの?• 症状が続く期間は?• どうやって対処すれば良いの? という内容についてご紹介します。 まずは今現在、自分が出ている症状と症状が出始めた期間から、原因菌を特定しましょう。 そうすることで、いつまで症状が続くのかの目安が分かります。 牡蠣による食あたりの原因菌は3種類に分けられます。 食後すぐに症状が見られた場合 食事中に症状が出た場合は貝毒によるものと考えられます。 特に、痺れの症状がでた場合は深刻ですので、すぐに病院に行って下さい。 貝毒による食あたりは、 体が痺れる麻痺性のものと、下痢、腹痛、嘔吐などの症状が見られる下痢性の2種類あります。 麻痺性貝毒は唇や喉から痺れ始め、手や足まで痺れが広がることもあり症状が重い場合は死に至るケースもあります。 下痢性貝毒は腸炎ビブリオによる食あたりと症状が似ていますが、発熱がないことと、潜伏期間が短くすぐに発症することが特徴です。 下痢性貝毒の場合、死亡例はありません。 麻痺性の貝毒であれば、1~2日で治まると言われています。 下痢性の貝毒であれば3日以内に治まると言われています。 食後半日ほどで症状がでた場合 細菌(腸炎ビブリオ)が原因菌と考えられます。 この菌の特徴は下記の通りです。 主な症状:強い腹痛、下痢• 他の症状:発熱、嘔吐を伴うこともある• 最初は少しお腹が痛い程度なのが、時間とともに激しい腹痛に変わります。 また、最初は下痢が止まらず、トイレから離れられなくなりますが、しばらくすると下痢も治まってきます。 発熱がでた場合は38度くらいまででることがあります。 牡蠣の食あたりの中では比較的軽症となります。 牡蠣を食べてすぐに腹痛や下痢の症状が出た場合は腸炎ビブリオによる食あたりを疑いましょう。 症状が続く期間は2日程度と言われていますが、長い人だと1週間程続くことがあります。 食後2日程経過してから症状がでた場合 食後2日ほど経ってから症状がでた場合はノロウイルスの可能性が高いです。 ノロウイルスの特徴は下記の通りです。 主な症状:激しい下痢、嘔吐、吐き気、腹痛• 他の症状:発熱を伴う場合もある。 (高熱にはならない)• 食後しばらく(2日ほど)してから症状がでた場合はノロウイルスの可能性が高いです。 とにかく激しい下痢と嘔吐・吐き気に襲われます。 吐き気に関しては、胃がムカムカして吐いてしまうという感じではなく、 急な吐き気に襲われて、嘔吐してしまうことが特徴ですので、常に嘔吐用のバケツなどを用意しておきましょう。 個人差がありますが、 症状は1週間ほど続くとされています。 対処方法は? 薬による症状の緩和ですが、残念ながら使用できる市販薬はありません。 発症した時の対処方法は以下の通りです。 安静にする• 水をしっかり飲む• 下痢はしっかり出す(下痢止めを飲まないこと!) 脱水症状を回避しよう! 嘔吐・下痢が続くと脱水症状を引き起こす場合があります。 そうならないよう、水分をよくとり、無理に動き回らず安静にしていることが一番の良策です。 症状がでている間は食事も摂りづらいでしょうから、 水分摂取には栄養補給も兼ねてスポーツ飲料水が適しています。 ゴクゴクと大量に飲まず、吐き気・下痢が悪化しない程度に少量ずつ飲むのがコツです。 自己判断で服薬しない! 嘔吐や下痢がつらい症状なのはよくわかりますが、 自己判断での服薬は絶対に避けるべきです! 嘔吐や下痢には体内に貯まった悪い菌を外に出す働きがあります。 吐き気止めや下痢止めを服薬してしまうと、菌が体内にとどまり、症状が長引いてしまう可能性があります。 病院に行くことも検討する 症状が耐えられない場合は病院の胃腸科を受診しましょう。 また、ノロウイルス以外、3日以内に回復することがほとんどです。 これ以上の期間が経過しても症状が持続する場合は病院に行った方が良いかと思います。 あと、 痺れがでた場合はとにかく救急車で病院へ!これは急を要する症状ですので、通常の食あたりと考えないでください。 空気感染の可能性は極めて低いのですが、飛沫感染のリスクは充分にあります。 咳が出る症状ではありませんが、嘔吐や下痢をした際の汚物に大量のノロウイルスが含まれます。 そのため、周りに飛び散った汚物に触れた人が感染……という可能性があります。 汚物を処理する際は必ずマスク・使い捨てのビニール手袋をして、使用したペーパータオルなどはビニール袋に入れて処分をするようにしましょう。 処理をした際は、必ず石鹸で手洗いし、アルコール消毒もしておきましょう。 まとめ• 牡蠣にあたると腹痛、下痢、嘔吐、発熱、痺れの症状が出る可能性がある• 下痢止め、吐き気止めの市販薬は使用せず、耐え難い場合は病院へ• 回復するまでの期間は3日以内(ノロウイルスは1週間)で、その間は安静にして過ごす• ノロウイルスの場合は感染力が高いので汚物処理は感染予防をしてから行う 牡蠣の食あたりというとノロウイルスが有名かもしれませんが、腸炎ビブリオや貝毒による3種類の原因菌があるとご紹介しました。 現在、牡蠣にあたっている場合、相当お辛いと思いますが、自己判断での服薬は必ず避けてください。 薬を飲まなくてはつらいほどの症状でしたら、近隣の胃腸科を受診ください。 (胃腸科がなければ内科へ) 少しでも早く快復されることをお祈り申し上げます。

次の