帯状 疱疹 仕事 休む。 帯状疱疹の体験談です。患う直前の体調や前兆、つらい痛みなど。

帯状疱疹になったら仕事は休むべき?対処法を解説

帯状 疱疹 仕事 休む

ゴマ夫・会社のストレスで体に異変が 2017年3月のことです。 ゴマ夫の職場環境は天下りの部長が超絶仕事ができなくて、その煽りを受けて ストレスを非常に感じていました。 しかし、この時点ではまだ1人だけ先輩社員がいて、実質リーダーの仕事を受け持ってくれていたため、まだ良かったんですが・・ その先輩社員の異動が決まってしまいました・・ ゴマ夫は リーダーに昇格です。 さらに、天下り部長が退職して新しい天下り部長が来ることになりました (専門知識皆無) オーノー!また仕事教えるのかーい! うぅ・・ しかもまた仕事できない人だったらどうしよう ガクブル そんな不安がゴマ夫にドスンと降りかかりました。 翌日の朝、家のベッドから起きたら なんかお腹の右側の内側が チクチクするような気がするな 変なもん食べたかな? その日は仕事中もたまにふとした時にお腹のチクチクが気になりました。 痛いというほどではありませんでした。 家に帰って風呂に入る前に鏡をみたら背中の右側がミミズ腫れのようになっていました。 ゴマ夫は、体を掻きむしる癖があるので あれっ?知らないうちに掻いちゃってたかな? くらいに思ってました。 それから2日間の間はお腹のチクチクは治らず酷くなる一方 仕事の手を止めて3分くらいうずくまることもありました。 背中のミミズ腫れのところも体の内側に痛みを感じるようになってきました。 これはまずい。 ちょっとマジでこの痛み辛い・・ その翌日は会社を休み病院で診てもらうことにしました。 まずは皮膚科を受診 まずは皮膚科に通されました。 先生に症状を説明して腫れを見てもらいました。 すると第一声で出てきた言葉が 「 帯状疱疹の疑いがあります」 ほう、初耳な病気だな ゴマ夫「どんな病気なんですか?」 先生「大人版の水疱瘡ですね、子供の時に水疱瘡になりましたか?」 ゴマ夫「はい、なったことあります。 」 先生「子供の頃に水疱瘡になった人は治っていても、 そのウィルスが神経に根付いている状態なんです。 そして大人になって何かのキッカケ(例えばストレスなど)で免疫力が下がった状態になると潜んでいたウィルスが活発になります。 神経を伝って皮膚に疱疹が発症します。 神経は横に帯状に存在しているので、帯状疱疹という名称になります。 」 ゴマ夫「なるほど(超納得)、仕事で超絶ストレスありました。 」 先生「そうですか、仕事が原因の可能性は高いですね。 1週間分の塗り薬と飲み薬を出しておきましょう。 」 次に内科を受診 帯状疱疹でほぼ確定でしたが、一応内科も受診しました。 事前に皮膚科を受診した旨を伝えると内科の先生も同様な診断でした。 先生「帯状疱疹ですね、お腹も背中も痛みがあるのは右半身ですよね。 神経系の病気は同じ側の半身に異常がでるのが特徴です」 ゴマ夫「なるほど、よくわかりました」 先生「皮膚科で薬が出ていますので、しっかり休んでください。 」 帯状疱疹てどんな病気? わかりやすい図がありますので引用いたします。 出典: 出典: 帯状疱疹の性質をまとめました。 ・幼少期に水疱瘡(みずぼうそう)を発症している場合に発症する ・水疱瘡が治っていてもウィルスが神経に根付いている。 ・ストレスなどの原因で免疫力が低下するとウィルスが活発になる。 ・神経を伝うように発症するため帯状の疱疹が発現することがある。 ・神経を蝕むので体の内側に痛みが伴う。 ・おおむね身体の左右どちらかに偏って発症する。 ・頭部から足まで神経が通う部分ならどこでも発症する ・上半身に発症する事例が多い ・帯状疱疹は大人に感染することはないが、子供には感染して水疱瘡を発症する場合がある。 ・60歳以上で発症率は高いが、過労やストレスにより若い人の発症例も多くなっている。 帯状疱疹が発症したらすぐに心療内科も受診しよう ゴマ夫は病院に行った日が金曜日だったので、土日は家で薬を飲んで休養しました。 薬の効果か痛みはすぐに引きました。 腫れはすぐには消えませんでしたが、薬を塗ることでだんだん目立たなくなりました。 そして月曜日になり、痛みも気にならなかったので普通に会社に出社しました。 一応、同僚には帯状疱疹の事は説明しました。 あまりピンとは来ていないようでしたが、その後も出社し続けたのでたぶん大した病気ではなかったと気にされなくなっていたと思います。 この9カ月後にうつ病で休職することになるのですが、今思えば、この時にすぐに心療内科も受診すべきだったと思います。 明らかに体が「もう無理」のサインをだしていたわけですから 薬でごまかして出社を続けて根本的な解決をしなかったのは良くありませんでした。 この9カ月間は、いつまたあの耐えがたい神経痛が発症するんじゃないか?という不安を抱えながら仕事をする日々だったのです。 仕事のストレス + 痛みの不安 なんかもうかなりヤバい精神状態だった気がします。 この時に心療内科も受診していればこの辛い期間を味合わなくすんだと思いますので 仕事が辛い + 帯状疱疹の発症 = 心療内科も受診 これはマストだと思います。 もしあなたが当てはまるなら実行してください。 帯状疱疹についてのまとめ.

次の

帯状疱疹の体験談です。患う直前の体調や前兆、つらい痛みなど。

帯状 疱疹 仕事 休む

帯状疱疹の症状 帯状疱疹の症状は人それぞれですが、一般的には皮膚に赤い疱疹が表れ、痛みを伴うことの多い辛い病気とされています。 完全に回復するまでには3週間~4週間、ひどいとそれ以上の期間がかかる人も多いため、仕事をしている人にとっては深刻な問題となってきます。 仕事が忙しい人は「どうにかして休まない方法はないのか」と考えてしまう人もいるでしょう。 帯状疱疹になったら仕事は休むべき? 帯状疱疹と診断されたら、 1週間ほどは仕事を休み、早く回復するためにもゆっくり身体を休ませることが大切です。 しかし、症状によっては痛みも我慢できる程度で、身体もそれほど辛くない場合は、普段通り仕事を続ける人も多いようです。 こんな症状の場合、絶対休むべき! しかし、どんなに仕事が忙しく休めない状況であっても、帯状疱疹の症状次第では休まざるを得ないことが多くあります。 次に挙げる症状がある時は、絶対に休むべきです。 (病院や、職場でもそう指示があることが普通ですが・・・) 顔など、目立つ部分に疱疹ができた場合 帯状疱疹の表れる箇所は様々で、 顔や腕の目立つ部分に疱疹ができる人も多くいます。 接客業や営業など、人前に出る職業の人は、目立つ部分に疱疹が出た場合、仕事への影響も出てしまうでしょう。 なのでその場合は、疱疹が目立たなくなるまでは、仕事を休んで治すことが一番です。 職場の上司もそのような姿を見れば「休みなさい」と言うのではないでしょうか。 痛みがひどい場合 帯状疱疹の症状によっては、 ひどい痛みを伴い、歩くことも困難になる場合があります。 痛み止めを使うことで多少はよくなりますが、そんな痛みに耐えてまで、仕事をしてしまっては危険です。 後に述べますが、帯状疱疹は悪化してしまうと後遺症などの危険もありますので、しっかりと休養し、治すことが必要なのです。 小さな子供と関わる仕事の場合 帯状疱疹の元となるウイルスは、 水疱瘡のウイルスです。 そのため、まだ水疱瘡にかかっていない小さな子供には、水疱瘡としてうつしてしまうケースがあります。 なので、保育士さんや小児科で働く看護士さんなどは、帯状疱疹にかかったことを伝えると、症状が軽くても休むように言われることが多いようです。 逆に、子供の水疱瘡から、帯所疱疹にかかってしまう保育士さん達も多いようですよ・・・。 帯状疱疹になったら「休むこと」が一番の治療 インフルエンザのように、感染力の非常に強い病気にかかった場合は、医師の診断書をもとに、1週間ほどは仕事を休まなくてはならなくなります。 帯状疱疹にはそう言った決まりがありませんので、かかってしまった人はどうするべきかとても迷いますよね。 そして、帯状疱疹について理解のない人の多い職場では、休みにくい状況の人も多いでしょう。 しかし、 帯状疱疹の治療において1番大切なのは、「休む」ことだと頭に入れておいてください。 帯状疱疹のきっかけは、疲れやストレスが多い 帯状疱疹の原因として多く挙げられるのは、 疲れやストレスなどから来る「免疫力の低下」です。 免疫力を上げるためには、十分な休養と睡眠がとても大切ですので、お話した通り、1週間ほどはゆっくりと身体を休ませた方が確実によいですね。 帯状疱疹の後の、帯状疱疹後神経痛に注意 帯状疱疹自体も痛みを伴うとても怖い病気なのですが、治療を怠ったり無理をして身体を動かし続けてしまうことで、「 帯状疱疹後神経痛」になってしまうことがあります。 帯状疱疹後神経痛とは、「 帯状疱疹の皮膚の症状が治り、3ヶ月以上経っても痛みが続くこと」を言い、激痛に一生苦しむことも珍しくはありません・・・。 治療法もありますが、「完全に治せる方法」はまだ見つかっておらず、痛みが続いてうつ状態になることもあります。 後遺症を防ぐためにも、仕事は休んでしっかりと治すべき 帯状疱疹後神経痛により、痛みに苦しんでうつ状態になってしまっては、続けたい仕事も思うようにできなくなるでしょう。 だからこそ帯状疱疹にかかったら、まず仕事は少なくとも1週間はなるべく休み、身体も心も休養し、完全に治すようにしてください。 まとめ 帯状疱疹の場合、症状がそれほどひどくない場合でも、後遺症など後の病気を防ぐために、症状が表れたら1週間は仕事を休むようにしてください。 無理して仕事をしても、いいことはありませんからね。 早期治療も大切になっていますので、気になる症状が表れたら早めに病院へ行きましょう。 また、 その他帯状疱疹に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますのでチェックしてみてくださいね。

次の

帯状疱疹

帯状 疱疹 仕事 休む

このページの目次• 帯状疱疹をうつさないためにも仕事を休むべき? 「帯状疱疹=水ぼうそう」というイメージで、人にうつると考えがちです。 たしかに帯状疱疹はウイルス感染症のひとつですから絶対にうつらないとは言えません。 しかし帯状疱疹が「帯状疱疹として」うつることはありません。 これはどういうことかというと、帯状疱疹のウイルスは水ぼうそうと同じものです。 水ぼうそうも帯状疱疹もふつう人生で一度しかかからないので、一度水ぼうそうや帯状疱疹にかかった人にウイルスが感染することはないのです。 したがって、「みずぼうそうにかかったことのない人に水ぼうそうとして」うつる可能性はあります。 ですから帯状疱疹にかかったとき周囲に水ぼうそうにかかったことがない赤ちゃんや子どもがいる場合には注意が必要です。 よって、「帯状疱疹だから会社でうつしてしまうかもしれないので休む」のはあまり確実な理由とは言えません。 帯状疱疹は仕事を休むくらいしんどい? 基本的にうつらないと知って一安心…ちょっと痛いのを我慢すれば仕事に行ける!と思っていませんか?実は帯状疱疹はそんなに甘い病気ではありません。 経験したことのある人なら分かるかと思いますが、帯状疱疹は水泡とともに「チクチクした痛み」や「ピリピリした痛み」を感じます。 これは帯状疱疹が神経の病気だからです。 症状がひどくなってくると水泡は帯状に広がっていき痛みも次第に強くなってきます。 水泡がかさぶたになって完治するまで1か月かかると言われていますが、水泡があらわれず神経の痛みのみで症状にあらわれるなど、症状の強さやかたちは人それぞれです。 皮膚の症状が治まっても神経の痛みが続く場合 帯状疱疹後神経痛 や、水泡に触れただけで激痛が走り夜も眠れない、重症化すると入院加療が必要になってくる場合もあります。 動作のひとつひとつに痛みを感じてしまう状態では、まず仕事を休まずにはいられないでしょう。 帯状疱疹と分かったら初期のうちに仕事は休むべき 帯状疱疹の初期症状としては、チクチクした痛みが発生します。 その痛みが強くなっていき痛みの発生している場所に水泡ができます。 帯状疱疹かもしれないと思ったら、まず病院に行ってみましょう。 そして医師に帯状疱疹だと診断されたら痛みの強さ等に関わらず休むべきです。 感染の問題や仕事に取り掛かれるかなどは重要ではありません。 風邪を引いたときと同じように治癒に必要なのは「体を休めること」です。 帯状疱疹はストレスなどが原因となって発症する病気ですから、無理に仕事を続けて悪化してしまっては結果的に長期間休むことにもなりかねません。 最悪の場合、痛みを我慢して仕事を頑張ったがために「帯状疱疹後神経痛」により後遺症に苦しまなければいけなくなってしまうかもしれないのです。 数日間続けて仕事を休むのは抵抗があるかもしれませんが、その後のことも考えて思い切って一週間ほど休みをもらって充分に体を休ませてあげましょう。 「そんなことで?」と思われない? 「帯状疱疹と言われたので仕事を休みます」と言うと同僚や上司に「そんなことで休むの?」と思われるかも…と不安になっている人もいるかもしれません。 しかし帯状疱疹は水ぼうそうみたいなものだとイメージできれば、その辛さや休むことの重要さを分かってもらえるはずです。 痛みが強くて仕事なんて到底無理だと感じるときはそう伝えればいいですが、初期症状となると「初期なんだから仕事できるでしょ」と自分が感じていることをそのまま周りに思われてるんじゃないかと不安になってしまいますよね。 ですが先ほども言ったように初期症状のうちにしっかり休むことが大切ですので、その旨を分かってもらえるよう説明しましょう。 また、医師に一週間程度休めるよう診断書を書いてもらうと納得してもらいやすいですし、休んでいる期間の気持ちも楽に保てるでしょう。 帯状疱疹は怖い病気!受診して体を休めましょう 水ぼうそうが大人になって再び症状としてあらわれる帯状疱疹。 その痛みや症状の現れ方は人によって差があります。 ストレス等による免疫力の低下が原因となっていますから、帯状疱疹にかからないためには「ストレスを溜めない」ことが重要と言えます。 しかし日頃から仕事に追われる大人たちにとって確実に予防することは困難でしょう。 だからこそ帯状疱疹について知識を深め、疑わしい症状があればすぐに受診するべきですし、帯状疱疹だと分かれば体や頭を休ませてあげる必要があります。 「このくらい大丈夫」と免疫力が弱っている状態で体に負担をかけてしまうと症状が悪化し、後々非常に辛い思いをすることになってしまいます。 仕事の内容や職場の人員不足などで急に仕事に休むことができないという人は、なるべく早く、悪化しないうちに休みをもらえるよう相談してみましょう。

次の