外壁塗装 耐用年数 横浜。 横浜市で外壁塗装・屋根塗装 塗り替えなら街の外壁塗装やさん

塗り替え時期と耐用年数

外壁塗装 耐用年数 横浜

減価償却(げんかしょうきゃく)とは 企業会計に関する購入費用の認識と計算の方法のひとつである。 長期間にわたって使用される固定資産の取得(設備投資)に要した支出を、その資産が使用できる期間にわたって費用配分する手続きである。 外壁塗装費用を経費計上する場合、 修繕費か資本的支出かどちらで処理するかを判断していかなければいけません。 耐用年数ってどういうことか 耐用年数とは、その建物がどれくらい使用できるのかという寿命を表す場合に使用される言葉です。 ただその言葉の意味合いが用途などによってかなり幅広く解釈されて使用されています。 法定耐用年数 税務申告の際などには、国税庁が発表している法定耐用年数がを用います。 この法定耐用年数とは、実際の 建物の物理的な寿命を考えたうえで法律に基づいて定められた資産の減価償却期間ということです。 この年数に関してはあくまで目安の年数です。 経済的耐用年数 経済的耐用年数とは、その建物に価値またその使用目的を充分に使用目的を満足できうる期間、 つまり建物が新築のときから無価値になるまでの期間を表します。 国税庁が発表している耐用年数とは? 国税庁が発表している建物の法定耐用年数です。 耐用年数と耐久年数は違う 「耐用年数」と「耐久年数」は似たような意味で使われ足りするのですが、 実際にはその意味にちょっと違いがあるのです。 耐久年数は、耐用年数と混同しやすいのですが、 各住宅メーカーなどが独自基準として設けている目安の期間です。 つまり「問題なく住宅として使用できる年数」ということです。 この期間はあくまでも期待値で期間を過ぎても問題ない場合もありますし それ以前に何かしら問題が発生することもあるということもあります。 2.外壁塗装の塗料に関する耐用年数 とは? 外壁塗装に関する耐用年数で塗料に関する耐用年数とはどういうことなのでしょか。 塗料の耐用年数とは、 「 塗装したときから、その塗装が劣化してチョーキング(粉が手につく)、ひび割れなど、様々な劣化症状が発生するまでの期間 」 のことを差します。 外壁塗装の塗料の耐用年数 外壁塗装の耐用年数は外壁塗装に使用する塗料の種類によってかなりの違いがあります。 各塗料メーカー様々な塗料を発売していますが、 塗料のそれぞれの種類ごとに耐用年数やその性質・特徴は全く異なります。 塗料に関しての耐用年数はあくまでも塗料メーカーそれぞれの検証による期待値であって、 法律で定めているわけではありません。 外壁塗装で使われる主な塗料の耐用年数 塗料の種類 耐用年数目安 特性・特徴 アクリル系塗料 3~6年 一昔前にはウレタン全盛期でしたが最近やや減少傾向の種類です。 コスト的にも施工面でも優れているのですが耐久性がシリコンなどに比べて劣ります。 ウレタン系塗料 6~10年 一昔前にはウレタン全盛期でしたが最近やや減少傾向の種類です。 コスト的にも施工面でも優れているのですが耐久性がシリコンなどに比べて劣ります。 シリコン系塗料 8~12年 ここ最近の外壁塗装では最も人気の塗料です。 価格に対する性能のバランスの良い耐久性の高い塗料です。 塗り替える周期にマッチする塗料ともいわれます。 フッ素系塗料 10~16年 一般的なエマルション塗料の中では最高グレードの塗料になります。 長期間、塗膜が持続しますので塗料としての性能も長持ちします。 ただ費用的にコストが高めです。 無機塗料 10~15年(25年) 無機であるガラスを塗料に混ぜ込んだ塗料です。 かなりの長期間、塗装の効果が持続します。 屋根など劣化が激しい部位によく使用されることでその超耐久性を発揮するのですが、コストがとても高いです。 ラジカル塗料 8~15年 耐久度に信頼のある塗料で、2012年に発売された新しい塗料です。 シリコン系塗料のようなコストパフォーマンスでシリコンより少し上位にあります。 光触媒塗料 10~15年 太陽光が当たって雨で汚れが落ちるというセルフクリーニング効果があります。 発売当初は価格が安定せず高騰しているときあったのですが、最近は価格も落ち着いてきました。 耐用年数や機能性が上がるほどに塗料の値段も上がっていくという傾向があります。 そのため、必要以上に高価な塗料を選択するのではなく、 外壁の状態や予算を考慮の上、 最適な塗料を選択するのが良いでしょう。 外壁塗装の塗料選び 耐用年数の考え方 外壁塗装の塗料を選択する際、 塗料期間の耐用期間で考えることができます。 一度だけの外壁塗装工事の費用を、考えるのではなく、 そのお家に住んでいる間の期間に何回も外壁塗装をするのかという、 トータルでの考え方です。 外壁塗装の塗料のことなど一般的な知識を深めたい方に向けて書いてます。 あなたがそのお家に住む間、 「何回外壁塗装が必要ですか?」 ということです。 仮に30年間とした場合、 ウレタン系塗料の場合、4〜5回、無機塗料の場合、2回 という計算になります。 これはあくまでも塗料メーカーの耐用年数だけの計算ですので、実際のお家の状況で変化はあります。 このように考えると現在の塗料の種類全体で見たときに耐用年数と費用のバランスのよい、 シリコン系塗料、 ラジカル塗料、が選ばれることが多いです。 外壁塗装の費用を修繕費か?資本的支出か?どちらの勘定項目で計上すのかの判断には悩まされます。 修繕費で計上する場合は、一括で経費計上できますのでその年の税金の節税になるかのせいもあります。 資本的支出での計上であれば、外壁塗装の工事費用を資産として計上して減価償却の手続きとして国税庁の定める償却期間の間、計上されていきます。 防水に関する国税庁の発表する耐用年数 屋上防水の費用も経費計上できます。 ですが、その際には外壁塗装と同様に修繕費か資本的支出かという判断のところで悩むことが多いです。 屋上の防水工事は通常、 建物を維持するために不可欠となる定期工事費に該当するので、 修繕費とみなされることが多いです。 防水の耐用年数 防水層の種類や防水の工法によって耐用年数は違います。 総合技術開発プロジェクトによって作成された によると、 アスファルト防水押えコンクリート仕上げの場合は17年、 露出アスファルト防水の場合は13年、 シート防水(塩ビシート、ゴムシート)の場合は13年、 ウレタン塗膜防水の場合は10年 と示されています。 屋根に関する国税庁の発表する耐用年数 屋根に関しても屋根の工事費用が修繕費となるか資本的支出となるかという判断に悩まされます。 「その屋根の工事が建物を維持するために不可欠となる定期工事かどうか」というところが判断の分かれ目となります。 屋根の耐用年数 国税庁は屋根自体での耐用年数が設定していません。 屋根にはその屋根の付随する建物の耐用年数が適用されます。 ざっくりとですが、外壁塗装、防水、屋根に関係する国税庁発表の耐用年数と塗料の耐用年数について説明してみました。 工事費用面、税金・経費面のことは、各建物の状況などによってかなり違いが出てきます。 実際に外壁塗装、防水、屋根工事の費用を確定申告などで経費で計上する際には、外壁塗装が修繕費か資本的支出かという問題も出てきます。 この辺の解釈は分かれるところですので、信頼できる業者に相談してみるのが良いでしょう。 これから外壁塗装を始める方へ 「いざ業者に電話!!見積もりだ!!」 の前に・・・ 外壁塗装の工事において、 業者を選択するところから工事は始まっています。 いきなり業者に電話して見積もりを取ってもらうのはちょっと不安…、 という方は、 ネットからでも見積もりが取れる、 無料の一括見積りサイトというサービスもあります。 この一括見積りサイトは、まず完全無料で複数業者の外壁塗装の見積もりが取れるというサービスです。 ただしネット上ででわかる見積もりは、あくまでもざっくりとしたものです。 最終的には実際に業者がお家に来て、見て、測ってからの見積もりになりますが、 手始めにはちょうど良いかもしれません。 無料の一括見積りサイトのメリット・デメリット書いてますので、ぜひ読んでみてください。 外壁塗装を始める前に読んでおきたいこと書いています。

次の

横浜 リフォーム|建築士から見た失敗しない外壁塗装|港南区 アリキリ

外壁塗装 耐用年数 横浜

シリコン塗料の特徴を知ろう! シリコン塗料とはアクリル系の塗料の一種です。 大抵はシリコン塗料と呼ばれている事がほとんどですが、正確にはアクリルシリコン塗料という名称になります。 外壁塗装の際にはウレタン塗料と並んで人気の高い塗料となっています。 外壁塗装でどの塗料を使うか検討する際に、シリコン塗料にするかウレタン塗料にするかと言った二択になる場合も少なくありません。 外壁塗装の際には必要不可欠な塗料の一つであるとも言われ、幅広く好まれている塗料だと言えます。 シリコン塗料とウレタン塗料の違いは「費用対効果」 ウレタン塗料と比べたときにまず目立つのは価格差です。 ウレタン塗料よりもシリコン塗料の方がやや値段設定が高くなっています。 しかしそれであっても性能は良いため、この価格差が大きなデメリットに繋がる事はあまりありません。 コストパフォーマンスに優れた塗料であるとも言われるため、価格に見合った、もしくはそれ以上の高品質であることが保障されています。 ウレタン塗料と比べれば確かに少々高い設定とはなっていますが、高性能であると言われるフッ素系塗料の価格と比べてみた場合に、同じく性能の良いシリコン塗料がどれだけコストパフォーマンスに優れているかが分かります。 また、シリコン塗料は外壁塗装の仕上がりを美しくさせる事でも知られています。 外壁塗装はその耐久性なども重要な観点の一つですが、建物の外観を決める要素ともなるため見栄えも大切です。 シリコン塗料を使う事により、光沢のある外壁塗装をする事ができるようになるのです。 シリコン塗料の特徴は「ちょうどいいバランス」 シリコン塗料の特徴は、外壁塗装において非常に有効に使えると言う点です。 耐用年数が長く、広範囲に使える事からも外壁塗装に向いています。 また、価格はウレタン塗料に比べてやや高くはなりますが、それでもコストパフォーマンスに優れた塗料として人気を集めています。 一般的に、外壁塗装で使われる塗料にはグレードと言うものがあります。 おおよそで五つのグレードに分けられることがほとんどであり、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料、無機塗料の五つです。 他のグレードの塗料との違いは? どちらかと言えばグレードが低いとされるのは、アクリル塗料やウレタン塗料です。 これらは価格が安いと言う特徴がありますが、その反面で耐久性などが低いというデメリットもあります。 その一方でグレードが高いとされるのが、フッ素塗料や無機塗料です。 こちらは料金は高くなるものの、その分耐久性も高いという高性能の特徴を持ち合わせています。 価格という特徴を取るか、それとも性能と言う特徴を取るかの両極端に分かれてしまいます。 しかし、これらに比べて中間に位置するシリコン塗料は、価格と性能の両方を兼ね備えた特徴を持っているとされています。 コストパフォーマンスに優れているとされるのはそのためであり、価格と性能のバランスが丁度良いグレードであると言えるのです。 シリコン塗料を種類から選ぶ シリコン塗料の種類は、水性1液型・溶剤1液型・溶剤2液型の三つに分ける事ができます。 中でも水性1液型か溶剤1液型から選ぶと失敗しづらくておすすめです。 この2つをおすすめする理由はともに扱いやすいことです。 シリコン塗料のタイプ 水性1液型は水で塗料を溶かして外壁塗装する水性タイプのものとなります。 業者でも頻繁に使われるタイプの塗料であり、扱いやすい性質となっています。 溶剤1液型と溶剤2液型については、シンナーで塗料を溶かして使う油性タイプとなります。 溶剤1液型も、水性と同じくホームセンターで販売されているタイプと似たような特徴です。 しかし溶剤2液型は少々扱いにくい性質を持っているので、どちらかと言えばあまり使われる機会の少ない塗料です。 耐久性を取るなら溶剤1液型、臭いの少なさを取るなら水性1液型 外壁塗装の塗料にはほかにもウレタン塗料やフッ素塗料であったり、その他高機能が付いたものまでさまざまな種類があります。 そのため、塗料選びでもお困りの方が多くいるようです。 何に決めればいいか分からないという方にはシリコン塗料を特におすすめしています。 シリコン塗料の中でも耐久性があるものが良いと思う方は「溶剤1液型塗料」を選ぶと良いでしょう。 「水性1液型塗料」は臭いが少なく、工事中のシンナー臭を控えたい方にはおすすめです。 シリコン成分の特徴 シリコン塗料の原材料にはシリコン樹脂が含まれています。 シリコンと言う名前のつくものは塗料のみならず、あらゆる商品の中の成分として使われています。 たとえばシャンプーもシリコンが使われる事のある製品の一つですが、様々な用途に使えるシリコン樹脂は外壁塗装においても幅広い活用方法ができるのです。 耐久性の高さについては、水性でも油性でも変わらず性能が良いものとされています。 水性の強みは高耐久であることと、環境汚染の原因ともなりかねない物質が少ない事です。 そのため地球に優しい塗料として使用する事ができ、外壁塗装をする際には人気となっています。 また、油性の強みは同じく高耐久であることと、水にも強い特徴を備えている事です。 どういった材質であっても外壁塗装ができ、塗料の密着性も高いとされています。 また、これらはどれも光沢性という特徴を持っています。 外壁塗装では建物の外観も重要なところとなるので、綺麗に仕上がると言う点でもシリコン塗料は高く評価されています。 シリコン塗料の耐久性は10年前後で塗り替え シリコン塗料の特徴の一つである耐久性の高さは、沢山の高評価を集めるポイントの一つです。 外壁塗装は手間がかかるうえに料金も安いものではありません。 それを短い期間で何度もしなければならないとなると非常に効率が悪く、コストの面から言っても負担になりやすいものとなります。 しかしコストパフォーマンスに優れたシリコン塗料であれば、10年から13年の耐用年数があるとされています。 他の安価な塗料に比べても耐用年数が長い事が分かります。 建物のある環境などによっては10年程度になる場合もありますが、それでもウレタン塗料などと比べれば大分長く保っている事が可能です。 シリコン塗料自体が耐用年数が比較的長くて耐久性に優れた特徴を持っているため、屋外で雨風にさらされることによる劣化が低くなっています。 そのため外壁塗装にはうってつけの塗料となっているのです。 またこの他にも、汚れにも強いと言う特徴があります。 ちりやほこりなどをはじく性質があり、そのためいつまでも外壁を綺麗な状態で保持させておくことが可能となります。 変形や変色等の劣化が起こりにくいことに加え、汚れに強いと言う付加価値もあるため、一般住宅やその他の建物全てにとってメリットがあると言えます。 シリコン塗料の単価相場は最も費用効果が高い シリコン塗料の価格は、1平米当たり2000円から3000円前後となっています。 外壁塗装で使われる他の塗料に比べてみると、大体中間くらいの価格設定に該当します。 グレード別に価格差を考えてみると、アクリル塗料であれば1500円前後、ウレタン塗料であれば2000円前後である事がほとんどです。 ハイグレードとされるフッ素塗料は3800円から4800円前後、無機塗料であれば4500円から5500円前後です。 耐久性の面から考えてみれば、アクリル塗料やウレタン塗料は10年未満であることがほとんどです。 反対にフッ素塗料や無機塗料は20年前後の耐用年数を可能とさせます。 シリコン塗料は12年から15年の耐用年数であり、その価格が2000円から3000円程度です。 この数字を見れば、シリコン塗料がどれだけ高いコストパフォーマンスを誇っているかが分かるでしょう。 アクリルやウレタンなどと単体で比較してしまえば確かに少々高い相場とはなっています。 しかし耐久性を考慮したうえで他のハイグレート塗料とも比較してみれば、なぜシリコン塗料が外壁塗装の際に選ばれやすいのかが分かります。 少しでも安くしたいなどと言った理由があればグレードの低い塗料を選ぶことも方法の一つですが、将来的な耐久性の高さなどを考慮するのであればシリコン塗料が最も使いやすくなります。 外壁塗装でシリコン塗料のメリット 外壁塗装でシリコン塗料を使うメリットは主に二つあります。 コストパフォーマンス• 耐候性 1. コストパフォーマンス シリコン塗料のメリットは、第一に耐久性の高さにあります。 アクリル塗料やウレタン塗料と比べれば、明らかに長い耐用年数であることが分かります。 通常、耐久性の良さに比例して、どうしても高くなってしまうのが値段です。 しかし耐久性に非常に優れているフッ素塗料などと比べてみると、シリコン塗料の価格はそこまで高いものではありません。 外壁塗装ではウレタン塗料よりは高い耐久性が欲しいが、ハイグレードの塗料にしてしまうと価格が跳ね上がってしまうと言った問題がしばしば起こります。 そこでコストパフォーマンスのよいシリコン塗料を選択する人が多くなるのです。 耐候性 また、高品質でありながら高すぎる訳でもない価格というメリットの他、光沢性があることや汚れにくいと言った特徴がある事もメリットの一つです。 家の外壁をいつまでも綺麗な状態にしておくことは簡単ではありません。 雨や風などに晒されることによって、年々塗装が劣化してしまうのが通常です。 しかしシリコン塗料であれば汚れにくい特徴を持つと同時に光沢性もあるため、何年経っても綺麗なまま保持しておく事ができるのです。 ツヤのある仕上がりをある程度継続させられるため、そういった点も人気の要因となります。 外壁塗装でシリコン塗料のデメリット シリコン塗料の正式名称がアクリルシリコン塗料であるように、シリコン塗料と呼ばれている物はアクリルの中にシリコン塗料を混ぜて作られています。 しかしシリコン塗料のデメリットとしては、シリコンの含有量がどの程度でなければならないという規格がない事です。 シリコン含有量が少ない塗料を使うと耐用年数もそれだけ短くなる そのためアクリルの中にほんの少しシリコンを混ぜただけでもシリコン塗料として販売する事ができてしまいます。 アクリルはシリコン塗料よりもグレードの低い塗料です。 アクリルを外壁塗料として使うことも勿論ありますが、安価な分その耐久性も非常に低くなってしまいます。 つまりシリコン塗料だと思って外壁塗装を施してみた結果、シリコンの含有量が少なかったために将来的には耐久性にも良くない影響が出てしまうという事態になりかねないのです。 外壁塗装をする際には悪質な業者に注意し、シリコン塗料の少ない塗料を使用されないようにする必要があります。 大手のメーカーで販売されているシリコン塗料は、シリコンの含有量が著しく低いと言う事があまりありません。 そのため施工の始まる前にはきちんとメーカーの確認をしたり、可能であればシリコン含有量に関して調べておくことが重要です。 シリコン・ウレタン塗料の比較まとめ シリコン塗料もウレタン塗料も、外壁塗装では頻繁に使用されている塗料です。 どちらも価格はそこまで高くないと言う大きな特徴があり、その一方で性能が下がりすぎていないと言うメリットも得る事ができます。 シリコン塗料とウレタン塗料の最も大きな差異と言えば耐久性です。 数年程度の差異とはなりますが、建物の外壁塗装と言う大掛かりな工事にかかる費用を考えると重要な点であると言えます。 ウレタン塗料の耐用年数が6年から10年程度であるのに対し、シリコン塗料は12年から15年とされています。 価格についてはシリコン塗料が2000円から3000円程度、ウレタン塗料が1500円から1700円程度です。 価格設定に若干の開きはありますが、耐用年数と外壁塗装全体に係る費用とを含めて考えてみれば将来的にはシリコン塗料の方が得であると言えます。 しかし塗料を塗っていく場所や材質によってはウレタン塗料の方が適切である場合もあるため、その時々の状況や環境に合わせて検討していく必要もあります。 最新技術を用いた「ラジカル塗料」もおすすめ! シリコン塗料も普及率も高く、実績もありますので信頼できる良い塗料なのですが、近年非常に人気が出てきた塗料があります。 それは「ラジカル塗料」というものです。 ラジカル塗料とはアクリル樹脂を使用しているのですが、「ラジカル抑制技術」という最新技術を用いているので耐候性能も非常に高い塗料になります。 塗料が劣化する要因となるラジカルの発生を抑える働きのおかげで耐用年数も長く、そしてシリコン塗料と同程度の価格ということから、今後さらに普及が予想されています。 シリコン塗料の耐用年数である10年以上持たせたい方はラジカル塗料を選択してみてはいかがでしょうか?.

次の

外壁塗り替えのタイミングと知っておきたいポイントと相場、耐用年数

外壁塗装 耐用年数 横浜

アクリル塗料• ウレタン塗料• シリコン塗料• フッ素塗料• ラジカル塗料 この5つの塗料の中で、 「費用ランキング」「耐用年数ランキング」「総合ランキング」を紹介していきます。 外壁塗装の塗料「費用ランキング」 外壁塗装における、塗料の費用ランキングはこちら!• 1位「ウレタン塗料」• 2位「シリコン塗料」• しかし、現在ではスタンダードになっている「シリコン塗料」も値段が下がってきて、ウレタン塗料とほとんど値段の差がありません。 あくまで費用のランキングですので、安いから良いというわけではなく、家の状態や状況に応じて塗料を選択しましょう。 なぜ費用ランキングに「アクリル塗料」が入らないの? 外壁塗装の塗料について、ご存知の方は多いと思いますが、「アクリル塗料」が一番安い塗料です。 なぜ費用ランキングに入ってこないのでしょうか? その理由は、「アクリル塗料」で外壁塗装をすることをオススメしないからです。 アクリル塗料は、一昔前にまだ他の塗料が高かった時代に、価格が安いことから外壁塗装にも使用されていました。 しかし、現在は他の塗料も安くなりましたし、アクリル塗料は紫外線や雨などの耐候性に乏しく、耐用年数が短い塗料です。 そのため、現在では外壁塗装でアクリル塗料は、ほとんど使用されていません。 なるべく費用を抑えたい外壁塗装ですが、アクリル塗料での外壁塗装は避けたほうがいいでしょう。 外壁塗装の塗料「耐用年数ランキング」 外壁塗装するなら、耐用年数を重視したい! 耐用年数が長い塗料はこちらになります。 1位:「フッ素塗料」• 2位:「ラジカル塗料」• 3位:「シリコン塗料」 外壁塗装の塗料「耐用年数ランキング」選考理由 「フッ素塗料」「ラジカル塗料」「シリコン塗料」の耐用年数を見てみましょう。 そのため、耐用年数はフッ素塗料がピカイチで長いです。 耐用年数の長さを証明するように、橋・ビル・大型物件のような、一般家庭に比べ外壁塗装が大変な物件には、このフッ素塗料が使われています。 また、2位のラジカル塗料も、外壁塗装を劣化させる「ラジカル」を発生させないこと目的に作られた塗料です。 ラジカル塗料は、ラジカルの発生を抑えて、外壁が劣化しにくい状態を保つことに長けている塗料です。 外壁塗装をする際に、 「耐用年数」をメインに塗料選びをするなら、 「フッ素塗料」と「ラジカル塗料」をオススメします。 外壁塗装の塗料「総合ランキング」 費用と耐用年数のバランスがとれ、費用対効果はもちろんのこと、信頼のおける塗料のランキングです。 1位:「ラジカル塗料」• 2位:「シリコン塗料」• 3位:「フッ素塗料」 外壁塗装の塗料「総合ランキング」選考理由 外壁塗装をするのであれば、費用と耐用年数のバランスがとれた、費用対効果の高い塗料を選択したいと思う人が多いと思います。 それぞれの費用・耐用年数の方を見てみましょう。 また、費用面を考えると「ウレタン塗料」は安いですが、耐用年数の短さや紫外線や汚れに弱い面があります。 そういった現状から、外壁塗装の人気塗料といえば、費用と耐用年数のバランスがよい「シリコン塗料」。 しかし、ここ数年でシリコン塗料より耐用年数が長く、フッ素塗料より安い「 ラジカル塗料」という塗料が出ました。 ラジカル塗料は、まだ世の中に出てきて日が浅い塗料ではありますが、今後は外壁塗装の塗料のメインになる可能性が高いです。 これらのことから、 耐用年数・費用の面を考えた結果、「 ラジカル塗料」が総合ランキング1位という結果になりました。 外壁塗装の塗料の種類を、少しずつ選択肢が絞れてきたところで、次は注意点を紹介します。 外壁塗装の塗料選びの注意点 塗料の種類を選択するのは、外壁塗装をする上でとても重要です。 しかし、ウチは「〇〇塗料」だから安心だ!ということにはならないのが、外壁塗装の注意点です。 塗料を決めてからが難しくて重要! 外壁塗装の注意点を見ていきましょう。 塗料の種類だけではなく塗料のメーカーも気にすること 例えば、「シリコン塗料」で塗装したいといっても、様々なメーカーが「シリコン塗料」を出していて、それぞれ費用や耐用年数も異なります。 そのため、外壁塗装の塗料メーカー選びも重要になってきます。 塗料のメーカー選びの際は、信頼と実績の高い、大手メーカーの塗料を選ぶことが一番です。 特に、 「日本ペイント株式会社」(通称:ニッペ)は、130年以上の歴史を誇り、世界基準の塗料メーカーです。 外壁塗装の際に、塗料メーカー選びで迷ったら、日本ペイントの塗料を選べば間違いはないでしょう。 逆に注意が必要なのは、 「自社開発のオリジナル塗料だから安い」などを謳った、自社製品を推してくることです。 同じ「シリコン塗料」だったとしても、大手の「シリコン塗料」に比べ、シリコンの含有量が少なく、耐用年数・機能性が著しく低い可能性もあります。 大手に比べて開発予算も少なく、実績も少ない 「自社開発塗料」「オリジナル塗料」は、費用が安くてもオススメしません。 外壁塗装の塗料には水性塗料と油性塗料がある 外壁塗装をする際に、塗料の中には「水性塗料」と「油性塗料」があります。 それおぞれのメリット・デメリットを簡単に説明すると、 水性塗料のメリット• 油性塗料と比べ価格が安い• 薬剤のにおいが油性塗料よりきつくない 水性塗料のデメリット• 気温が低いと施工ができない• 油性塗料と比べて耐摩耗性が効くく剥がれやすい 油性塗料のメリット• 水性塗料と比べ耐用年数が長い• 雨水に強い 油性塗料のデメリット• 水性塗料より値段が高い• 薬剤のにおいが強い こうしたメリット・デメリットを踏まえ、家に合った塗料選びをしましょう。 施工会社の資格・実績を確認させてもらうこと 信頼できるメーカーの素晴らしい塗料を使っても、外壁塗装業者の腕が悪くては、塗料の性能も落ちてしまいます。 注意するべき点は、• 塗装工事業の許可・職人が資格を持っているか• 保証やアフターフォローがしっかりしているか• お客様の声や口コミから実績を確認する• 自分がやりたい外壁塗装の塗料の実績があるのか確認 実はあまり知られていませんが、塗装業を行うのに基本的には、許可や資格は必要ありません。 もちろん、資格や許可を取っていなくても腕の良い職人はいらっしゃるかもしれません。 ただ、安心感・信用度を重視するなら、 塗装工事業の許可を取っている会社で、 資格を持った職人さんをオススメします。 また、外壁塗装会社の保障やアフターフォローは確認しましょう。 「保証」とは、塗装がすぐ剥がれたり・色あせた際に、無料で直してくれるかどうかということです。 見積時に、保証内容の確認は、絶対に行いましょう。 塗料の実績確認も外壁塗装をする際は、とても重要です。 特に、外壁塗装において比較的新しい塗料、「フッ素塗料」「ラジカル塗料」は、施工実績が少ない会社も多いです。 自分のやりたい塗料の施工実績の確認は忘れずにしましょう!.

次の