東京 ドーム ホームラン 出 やすい。 ホームランボールをキャッチする確率は? (全文) [野球] All About

ホームランの出やすい球場

東京 ドーム ホームラン 出 やすい

セリーグのホームランバッターがホームランが出にくいと言われている、ナゴヤドームを本拠地とした場合に、どの位、ホームランが減ってしまうのか、試算してみました。 パークファクターとかありますが、パークファクターを参考にしてしまうと、そもそもホームランを打つ力が少ないチームの成績に引っ張られてしまいますし ようは中日が打てないって事ですが 、各選手の弾道等による考慮が抜けてしまいますので、今回は、該当選手の本拠地での試合と、ナゴヤドームでの試合をいれかえて計算を行っています。 例えば、東京ドーム60試合で24本ホームランを打ち、ナゴヤドーム10試合で3本だった場合、ナゴヤドームで60試合、東京ドームで10試合を行った場合として計算を行います。 その結果、元々は、東京ドームとナゴヤドームで合計27ホームランだったものが、ナゴヤドームを本拠地にすると22ホームランになるといった計算を行っています。 - 元の成績 ナゴドホームの場合 球場 試合数 本塁打数 試合数 本塁打数 東京ドーム 60 24 10 4 ナゴヤドーム 10 3 60 18 合計 - 27 - 22 まず、下記の表が、2016年シーズンのセリーグのホームランランキングです。 各選手がナゴヤドームをホーム球場とした場合のホームラン数 No 選手 チーム 本塁打 ナゴドホームでの 本塁打数 差分 1 筒香 嘉智 De 44 32 -12 2 山田 哲人 ヤ 38 31 -7 3 ロペス De 34 33 -1 4 バレンティン ヤ 31 22 -9 5 鈴木 誠也 広 29 30 1 6 村田 修一 巨 25 28 3 7 ギャレット 巨 24 20 -4 8 坂本 勇人 巨 23 14 -9 9 ビシエド 中 22 22 0 9 ゴメス 神 22 14 -8 11 エルドレッド 広 21 15 -6 12 丸 佳浩 広 20 23 3 *他球場のホームラン数はかわらないものとして計算していきます。 *小数点以下は切り捨てています。 44本打っている横浜DeNA・筒香選手が44本から32本と12本ホームランが減ってしまいますが、ナゴヤドームがホームで30本以上打てれば立派なものです。 そして、一番の驚きはヤクルト・山田哲人選手です。 神宮球場だからホームランを量産していると思っていましたが、ナゴドがホームとなってもホームランを30本以上打って、トリプル3を達成できるかもしれないって事になります。 巨人・坂本勇人選手なんかは、東京ドームならではのホームラン ようはドームランですが を打つのが上手いって印象ですが、やはり数字的にもナゴヤドームをホームとすると、ホームラン14本と激減してしまいます。 とは言っても、ナゴヤドームホームで、ショートの選手が14本打てるのは素晴らしいです。 実際にナゴヤドームをホームとしている中日で言えば、日本人トップのホームラン数を誇る平田良介選手と同数です。 ちなみに、全選手がナゴドホームとした場合のランキングを作ると、横浜DeNA・ロペス選手が33本でトップとなります。

次の

最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ|NEWSポストセブン

東京 ドーム ホームラン 出 やすい

8m、91. 4m、2. 55m) 2 明治神宮野球場(120m、90. 9m、3. 5m) 3 横浜スタジアム(117. 7m、94. 2m、5. 0-5. 3m) 4 東京ドーム(122m、100m、4. 0m) 5 甲子園球場(120m、96m、3. 2-4. 3m) 2 京セラドーム(122m、100m、4. 2m) 3 千葉マリンスタジアム(122m、99. 5m、4. 4m) 4 フルキャストスタジアム宮城(122m、101. 5m、2. 8-4. 1m) 5 札幌ドーム(122m、100m、5. 3m) 6 福岡ヤフードーム(122m、100m、5. パ・リーグの場合は本塁からセンターまでの距離は6球場とも122mで本塁から両翼までの 距離も99. 5~101. 5mですが、フェンスの高さが2. 8~5. 8mと差がありますし、ドーム球場で ない千葉マリン等は風の影響が大きいので絶対ということではありませんが、こうして並べ ると広島市民球場の狭さが際立ちます。 新球場の建設計画の進捗状況は、どうなっているのでしょうね。 ご参考まで 参考URL: 広島、神宮、横浜は建設した年代も古く旧サイズの球場なので文句無く狭くホームランは出やすいです。 東京ドームは公式サイズですが、左中間・右中間のふくらみが小さく(110m)、パリーグの球場や名古屋ドームと比較するとかなりホームランが出やすい構造です。 また、グッドウィル以外のドーム全般にいえますが、風が無く湿度も(低めに)一定しているのもホームランが出やすい条件だと思います。 甲子園は両翼とセンターは公式サイズ未満ですが、左中間・右中間のふくらみが大きい(119m)ので、相殺してほぼ公式サイズ球場並みの広さと言っていいでしょう。 フェンスの高さは無視するとして、フェアグランドの面積で比べるのが最も正確な比較だと思いますが、公式に発表されている球場の面積はファールグラウンドも含まれるので比較は難しいですね。 球場の広さとは別に、東京ドームは出やすいという噂があります。 東京ドームは、屋根をふくらませるために内部の気圧を少し高めに設定してあります。 そのため、出入り口である観客席最上階のほうに向かって気流が発声しているためらしいです。 どの程度、打球に影響があるのか、真偽のほどはわかりませんが、 実際、東京ドームの出口には、「風圧でドアに巻き込まれないようにご注意下さい」 という内容の注意書きがあり、出るときに背中から強く押されるような強風を感じます。 あまり巨人のホームランが多かったときには、巨人の攻撃中にこの風圧を調整して強くしているという噂もありました。 実際には無理なんでしょうが、そんなことも言われるほどホームランが多く感じた時期もあったと思います。

次の

プロ野球の本拠地球場の広さランキング!収容人数・外野・フェンス・ホームランの出やすさも!

東京 ドーム ホームラン 出 やすい

東京ドームはホームランが出やすい球場と言われている。 東京ドーム(巨人)=1. 441 神宮(ヤクルト)=1. 434 京セラ+スカイ(オリックス)=1. 327 (京セラ=1. 131 スカイマーク=1. 352) 横浜(横浜)=1. 258 マツダ(広島)=1. 094 西武ドーム(西武)=0. 961 ヤフードーム(ソフトバンク)=0. 939 クリネックス(楽天)=0. 869 甲子園(阪神)=0. 810 札幌ドーム(日本ハム)=0. 731 千葉マリン(ロッテ)=0. 638 ナゴヤドーム(中日)=0. 1より大きい場合は平均よりも本塁打数が出やすい球場となる。 数字、球場名は2010年。

次の