アセクシュアル 結婚。 恋ってしなきゃダメですか?

アセクシャル(無性愛)診断!当てはまる人が多い10項目|feely(フィーリー)

アセクシュアル 結婚

記事の目次• アセクシャルとは何か アセクシュアルとは、恋愛感情が全くなく、性的な欲求もない人のことです。 見た目はごく普通の人であり、女性にも男性にもいます。 性格も、優しい人も多く存在しています。 恋愛することが一切ない人 アセクシャルは、全く恋愛をしない人のことを言います。 日本では、「無性愛者」と呼ばれることもあります。 ある調査によると、世界のおよそ1~2パーセント程度の方が、このアセクシャルであるとも言われています。 誰かを恋愛対象としてみることができないのはもちろん、性的な関係を求めることもありません。 もちろん、見た目はご普通の方と同じなので、全くそれが分かりません。 容姿を見ても、普通の方もいますし普通よりもかなり上の方もいます。 また、若い方に増えていると聞くこともあります。 恋愛対象として誰かを見ることが難しいと言うと、なんだか冷たい人のように感じる方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。 恋愛感情や性的欲求がないだけで、後は一般的な人と同じです。 思いやりがある人、優しい人もたくさんいます。 アセクシュアルの診断セルフチェック10項目 恋愛に興味がないと思っている人の中には、単にまだ理想の人に出会ってないだけの人もいます。 また、恋愛よりももっと興味がある事があるため、そちらに注目しているだけの人もいます。 ここでは、アセクシュアルの診断セルフチェックについて紹介します。 異性に対する恋愛感情が湧かない 好きなものや好きだなと人はたくさん想像できるかと思いますが、恋愛感情だけは別物です。 心の中は、いつもその人で埋め尽くされてしまいます。 アセクシュアルの場合、誰かを思い胸がキュッとなるようなことがありません。 誰かと特別な関係になりたい、誰かの特別な人になりたいなどの欲求もなし。 誰かを思い、会いたくて会いたくて辛く感じるようなこともありません。 異性に憧れることもありません。 友人の恋愛話に興味がない ある程度の年齢になると、いわゆる「コイバナ」に花を咲かせることが多いものですが、そういった内容の話に全く興味がありません。 コイバナで盛り上がっている友達を目のまえにして、何がそんなに楽しいのか全く理解できません。 好きな人から好きになってもらうために、メイクやヘアスタイルを工夫して綺麗だと思ってほしいなどの気持ちも理解できません。 どうしてそんなに、恋愛の憧れるのか理解することも難しく感じます。 他人に対して性的な興味が芽生えない 魅力的な人を目に前にした時に、キスやハグ、セックスなどをしたいと思ったことが全くありません。 また、好きな人と、肉体関係を結びたいとも思いません。 しかしながら、性的な欲求がなくても、一つの貴重な体験として自分で実際に経験してみたいといった興味を持つ人はいます。 恋愛ドラマや映画に共感できない ロマンチックな場面や、甘く切ないストーリーに涙している仲間を横目に、なぜそんなに感動しているのか全く分かりません。 何が面白いのかさっぱり分からない。 好きな人のために、自分を犠牲して助けたいとか、好きな人の幸せのために、自分が身を引くといった行動のどこに感動するのかさっぱり理解できません。 恋愛ドラマやや映画よりも、他のジャンルのドラマや映画の方が楽しいと思います。 恋愛感情を説明されても理解できない 恋愛感情を上手く説明するのは、誰が話すとしてもなかなか難しいことです。 これは、実際に自分が経験して初めて分かるようになるものです。 しかし、なんとなくならイメージすることができるもの。 ところが、誰かに恋愛感情についての説明をされても、全く理解できません。 四六時中、頭の中に好きな人が存在し、その人をいつも意識してしまうといったことも分からない。 好きな人が他の人と仲良くしているところを見ると、悲しくなったり嫉妬したりするといったことも理解することができません。 LGBTの恋愛観にも違和感がある 恋愛の形は様々です、最近は、LGBTの方が自身のそれについて告白することも多くなってきたように感じます。 アセクシュアルの場合、こういった恋愛観についても違和感があります。 過去に性的なトラウマはない かつて、性的なことで嫌なことを体験したことがある人は、恋愛に対して否定的になったり距離を置きたがったりすることがあります。 また、異性に対して怖いと感じる場合もあります。 しかし、生まれてからこれまで、そういったトラウマになるような経験がありません。 異性に対する恐怖も感じません。 それでも、特別恋愛に憧れるようなことがありません。 恋人がいなくてもつらく感じることはない 恋人がいなくても、全くつらいと感じることがありません。 また、寂しいとか誰でも良いから恋人がほしいといった焦りも感じません。 家族への愛情は理解できる 恋愛感情が今一つ分からなくても、家族への愛情を理解することができます。 自分にとって家族の存在が特別なものであり、大切なものであることをよく理解しています。 恋愛恐怖症と聞かれて違和感があった 恋愛に興味がない人や、恋愛したいと思わない人がいる場合、恋愛に対して嫌な思い出があったり不愉快な経験があったりするのではないかとおもわれることもあります。 その為、中には恋愛恐怖症なのかと聞いてくるような人がいます。 恋愛恐怖症とは、恋愛に興味がないわけではなく、何かしらの理由があって恋愛することに恐怖を感じている状態です。 しかし、質問されても恋愛が怖いと思っているわけではありませんので、答えはノーになります。 恋愛が、怖いとも嬉しい楽しいとも思わないのです。 アセクシャルが快適に過ごす方法 信頼できる相手なら性的マイノリティへの理解を促す 本当は色々なタイプや価値観があって良いはずなのに、どうしても多数決で多い方が常識とされやすい傾向があります。 アセクシャルは、わずか2パーセント程度しかいない為、人に理解されるのがなかなか難しいようです。 しかしながら、最近は様々な性的マイノリティがあることを多くの人が知り始めているので、必ず理解してくれる人がいるはずです。 あなたに、もし心から信頼できるような人がいるのであれば、打ち明けてみても良いかもしれません。 相談が難しい相手なら恋愛話は適当に受け流す 中には、自分の意見や価値観以外の全てを受け入れたり、ありのまま受け入れたりすることができない人もいます。 そして、上からご指導してくることもあります。 相手がこういったタイプであることを知っているのであれば、無理して告白する必要はありません。 話が面倒くさくなるだけだからです。 性的マイノリティについての相談が難しい相手なら、恋愛話は適当に受け流すのが一番です。 肯定も否定もしないで、「そうなんですね」と言って、さらりと流してしまいましょう。 まとめ アセクシュアルは、およそ2パーセントいると言われています。 性的マイノリティについて理解できる人ばかりではありませんので、相手を見てから告白したり相談したりするようにするのがオススメです。 アセクシュアルの特徴は、恋愛感情が理解できなかったり、全く興味がなかったりすること。 性的な欲求もありません。 過去に、恋愛野性的なことで不快なことがあったわけではないのに、恋愛に興味がないのです。 もちろん、恋愛恐怖症でもありません。

次の

アセクシュアルを勘違いしている3つの質問

アセクシュアル 結婚

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 否定され続けた 出版社で働く和泉(いずみ)直さん(31)はアセクシュアルで、自分を男性とも女性とも思わない「Xジェンダー」。 「女性でいなきゃ」と長く苦しみました。 小学生の時から「女子」ではない、かといって男子とは見てもらえないらしい、と感じていました。 「仲良くなりたいけど恋愛感情じゃない」と話しても「それは好きってことだよ」と気持ちを決めつけられる。 恋愛感情を学ぼうと男性とつきあってみた時は何も恋人らしいことができず、周囲に「相手がかわいそう」と言われて別れました。 大学では、男の先輩に交じって夜通し家で飲んだり雑魚寝したりしていると「お前、この状況はうちの部活じゃなかったら襲われてるからな」と言われ、混乱しました。 男友達と気軽に話すとその恋人で私の友達でもある女性から無視されたことも。 世の中は男と女で分かれていて、異性愛が前提で、恋人という肩書が付いたら周りは遠慮するもので。 大変な世界だと思いました。 男女関係のセオリーに自分を合わせようと、交際に踏み切った男性は、「彼女」になった途端キスをしたり体を触ったりしてきました。 「腕の産毛をそれ」と言われたり、料理や掃除といった「彼女らしさ」を求められたり。 苦しくても「これが社会」と言い聞かせましたが、半年が限界でした。

次の

無性愛

アセクシュアル 結婚

は、バルセロナを拠点に活動するアーティストだ。 写真や文章、動画をミックスし、(性と生殖に関する権利)、メンタルヘルス、ボディイメージなど、繊細でときに非常に個人的なテーマを扱った作品を発表している。 現在取り組んでいるプロジェクト「Asexuals Project」で焦点を当てているのが、アセクシュアルと呼ばれるセクシュアリティだ。 恋愛や性的指向を表すスペクトラムの中でも、取り上げられることが少ない概念だといっていいだろう。 アセクシュアルを自認する人は、恋愛感情やプラトニックな愛情を抱くことはあるけれど、相手に対して性的欲求を持つことはない。 どんなセクシュアリティでもそうだが、アセクシュアルも、一人ひとりそれぞれの感情面での欲求というスペクトラム上に存在する。 そのため、単一の定義はあてはまらないし、そうすべきでもない。 ここでは、プロジェクトに参加したアセクシュアルの人々の写真と彼らの言葉を紹介するとともに、立ち上げ以来、プロジェクトがどう進化してきたかについて、アブリル自身に語ってもらった。 最初の目標として、年齢、ジェンダー、背景が多様な人を取り上げたいと考えました。 そしてアセクシュアルのコミュニティに接し、アセクシュアルであるとはどういうことなのかを知るにつれ、同じスペクトラム上でさまざまな違いがあることを示したい、と思うようになりました。 グレーセクシュアル(アセクシュアルと他の性的指向の中間)やデミセクシュアル(感情的に強い結びつきがある相手にのみ性的欲求を抱く)、アロマンティック(恋愛感情を抱かない)等々です。 さらに、一人ひとりがそれまでの人生で背負ってきた、さまざまなスティグマにもふれようと思いました。 被写体になってくれた人の多くは、ネット上で知り合いました。 アセクシュアルのコミュニティがあって、活発な交流があるんです。 よく使われているのが (AVEN)のフォーラムで、ここで人と知り合ってつながったり、話し合ったり問題提起したり、自己紹介したり、ステレオタイプなしにできます。 私もそうやってイタリア、イギリス、フランス、そしてアメリカのアセクシュアルコミュニティと関わっていきました。 スペイン語では、性的指向と身体の状態が混同されている問題があります。 リビドーの、もっとひどい場合は遺伝子の「問題」だ、というとらえ方です。 アセクシュアルに対する一般の人の反応は、まず偏見が背景にあることが多いです。 ゲイか、セックスが怖い人たち、とみなします。 アセクシュアルの人がよく言われるのが、まず「ぴったりくる相手にまだ出会ってないだけだよ」。 それから、本当にばかげた主張なのですが、どんな女性も魅了する「マジックペニス」にいずれめぐり合えば「救われる」はずだ、というんです。 実際には、セクシュアリティとはスペクトラムであり、私たちはそれぞれ自分がどこにあたるのか、自分で見つけていきます。 一人ひとりみんな違っていて、その人が自分のセクシュアリティをどう生きるかに他人が口を出す権利はありません。 「恋愛感情を抱いて魅かれる」ことと「性的に魅かれる」ことを分ける概念について理解を深められて、認識が広がりました。 私自身、現状を踏まえて理解し直す必要があったんです。 アセクシュアルという言葉を最初に聞いたのは8年前で、今より8歳若かったわけです。 性的指向を超え、その有無も超えて、性的に魅かれなくてもパートナーになれるという概念は、私にとってまったく新しいものでした。 ジェンダー・ニュートラル(ジェンダーが中立的)やジェンダー・フルイド(ジェンダーが流動的に揺れ動く)という概念も、今まであまり聞いたことがありませんでした。 これは性的指向と完全に結びつくわけではないですが、今回出会った方にこうした性自認の人がいて、これもはっとさせられる経験でした。

次の