蛇喰 夢子 イラスト。 【コスプレメイク】賭ケグルイの蛇喰夢子になってみた!!【コスプレイヤー】

賭ケグルイ|蛇喰夢子は嫉妬深い?恋愛対象として鈴井が好きか性格を考察!

蛇喰 夢子 イラスト

この記事の目次• 「賭ケグルイ」蛇喰夢子 性格と人柄 蛇喰夢子は普段は大人しい性格であり、ギャンブル要素がない状態だと社交性を感じさせます。 高校2年生時に転入をしてきた設定ですが、その時も礼儀正しい挨拶をしています。 皆様はじめまして! 蛇喰夢子と申します。 ふつつか者ですが、皆様の仲間に入れて頂けると幸いです。 その挨拶にクラスでは「おっ・・・・カワイイ」という声も飛び出します。 礼儀正しい理由もあり、作中では夢子は蛇喰家という、社会的に地位の高い一族の一員であり、かなり高所得者という点です。 最初に学園に持ち込んだお金は一千万円と作中では低い金額でしたが、現実的にはサラリーマンの年収の2倍以上です。 礼儀と所得の関係性に因果関係はありませんが、高所得者ほど社会との関わりが密接になるため、自然と礼儀や作法が身につくという傾向があるといわれています。 しかし、ギャンブルになれば話は別であり、自ら「さぁ、賭け狂いましょう」と数多くの狂気的なセリフを放っていきます。 今回のMVP顔芸大賞は蛇喰夢子さんです!。 受賞おめでとうございます!。 それは作中で出てくる「嫉妬心」「嫉妬深い」という面です。 嫉妬とは、人との比較により生まれる感情です。 人はどうしても誰かと比較しないと生きていけない生き物です。 そして、比較した結果、相手に負けているところがあったり、相手に対してうらやましいと感じるところがあったりすると、それが妬むという感情になります。 これが嫉妬です。 文字にすると難しいですが、簡単にいえば「ヤキモチ」です。 作中の夢子は、ギャンブルが人生、あるいは、ギャンブルが恋人なのではと思うほどのギャンブル狂です。 しかし、同じクラスの鈴井涼太が絡むと静かに嫉妬心をあらわにしています。 嫉妬シーン 生徒会役員の1人でアイドルとしても活動する夢見弖ユメミが登場したシーンです。 鈴井涼太はユメミのファンであり、学内でスマートフォンを使い、歌っている動画配信をデレデレと見ています。 そんな時に、蛇喰夢子が後ろから、 「何を見ていらっしゃるのですか?」 と、静かに一言。 冷静で無表情な顔であり、さらに、漫画では背景画が黒であるため、そのまま夢子の感情を表しているのでないかと思われます。 握り合うのは恋愛という要素は絡んでおらず、ファンとアイドルのような立ち位置でしたね。 しかし、様子を目撃した夢子は、苛立ちを隠すように不自然なほどニコニコしており、心ではドス黒い感情を抱いているのではと推測できます。 男性が浮気をすることで自分や子どもを守ってくれる存在を失うことにつながるため、必死につなぎ止めようとするからだと考えることができるのです。 夢子は自分の命がかかった生志摩妄とのESPゲームでディーラーを鈴井に任せています。 命をかけたギャンブルということを考えても、鈴井に大きなの信頼を置いていると推測です。 ディーラーとなった鈴井はパニック状態になりますが、夢子は動じることなくゲームを進めていきます。 他にも、場面はわずかですが、夢子と鈴井の好意的な関係のシーンがあります。 ・最初の学校案内では、夢子は鈴井からのエスコートをリクエスト ・「友達だから夢子でいいですよ」とほおを赤らめ、上目づかいで距離を縮める ・ケーキバイキングを賭けた勝負では鈴井に勝ちを譲る 顔を赤らめるシーン アニメの12話でも鈴井のセリフに夢子が顔を赤らめるシーンがあります。 このシーンだけをみれば、鈴井も夢子に仲間以上の好意を抱いているのではないか、と勘ぐりたくなりますね。 アニメではクライマックスのシーンにあたり、視聴者からもかなり興奮気味に感想が届いていましたね、 「どうぞ、お気軽にひいてください。 たとえ負けても学園を去るのは私です。 これは私だけのリスク、私だけの痛みなのですから。 私はただ、粛々と結果を受け入れるのみ」 「夢子・・・それは違うよ」 「えっ・・」 「僕は一番近くで夢子を見ていたい!夢子と一緒にいたい! これは僕のリスクでもあるんだ! 一番大事なところを人に任せて良いわけはない!」 そして、決め台詞といっていいほど、鈴井の表情が力強くなり、 選ぶのは僕だ! 自分で負うリスクは自分で決める! これが僕のギャンブルだ! 「すっごーーーーい!!!!」 このような流れになります。 原作にはないオリジナルの要素ですが、かなりドキッとした人も多いでしょう。 「鈴井って臆病だけど、スゲーイケメンだよなぁ。 付き合えよ」 「夢子これはガチの顔だよなぁ」 「イッたな(確信」 「(このシーンは)これをやりたかっただけだろ!」 ギャンブル話と見せかけて、もはや告白に近いセリフであり、夢子もこれを聞いてかなり気持ちが高揚しているシーンでした。 しかし、これは鈴井が相手というより、ギャンブルに対しての意気込みに対して、胸をときめかせているようにも思えます。 根っからのギャンブル狂であり、夢子は賭けごとに全力で立ち向かうという人間性に魅力を感じたのではないでしょうか。 「賭ケグルイ」恋愛の展開 今後の賭ケグルイで恋愛要素は気になるポイントですね。 作中では夢子と鈴井、また、早乙女芽亜里と鈴井とそれぞれで良好な関係を気づいており、実際には恋愛というよりも仲間、良き友人としての関係です。 ヤキモチを焼くシーンもありますが、それは恋愛ではなく、友人が離れていくことに対する嫉妬心の方が強いと思われます。 夢子は早乙女芽亜里にも友人として好意を抱いており、キスを迫るシーンもありましたね。 また、物語そのものは、ギャンブルの漫画であり、ゲーム中の駆け引きをメインにしていますので、あまり恋愛要素を入れて内容を複雑にするのはマイナスでしょう。 実写ドラマ、映画と展開されていますので、持ち味のギャンブルシーンを満載にして賭ケグルイを続けて欲しいですね。 まとめ 今回は賭ケグルイの蛇喰夢子の嫉妬心について、今後の恋愛要素も含めて考察して見ました。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次の

【コスプレメイク】賭ケグルイの蛇喰夢子になってみた!!【コスプレイヤー】

蛇喰 夢子 イラスト

この記事の目次• 「賭ケグルイ」蛇喰夢子 性格と人柄 蛇喰夢子は普段は大人しい性格であり、ギャンブル要素がない状態だと社交性を感じさせます。 高校2年生時に転入をしてきた設定ですが、その時も礼儀正しい挨拶をしています。 皆様はじめまして! 蛇喰夢子と申します。 ふつつか者ですが、皆様の仲間に入れて頂けると幸いです。 その挨拶にクラスでは「おっ・・・・カワイイ」という声も飛び出します。 礼儀正しい理由もあり、作中では夢子は蛇喰家という、社会的に地位の高い一族の一員であり、かなり高所得者という点です。 最初に学園に持ち込んだお金は一千万円と作中では低い金額でしたが、現実的にはサラリーマンの年収の2倍以上です。 礼儀と所得の関係性に因果関係はありませんが、高所得者ほど社会との関わりが密接になるため、自然と礼儀や作法が身につくという傾向があるといわれています。 しかし、ギャンブルになれば話は別であり、自ら「さぁ、賭け狂いましょう」と数多くの狂気的なセリフを放っていきます。 今回のMVP顔芸大賞は蛇喰夢子さんです!。 受賞おめでとうございます!。 それは作中で出てくる「嫉妬心」「嫉妬深い」という面です。 嫉妬とは、人との比較により生まれる感情です。 人はどうしても誰かと比較しないと生きていけない生き物です。 そして、比較した結果、相手に負けているところがあったり、相手に対してうらやましいと感じるところがあったりすると、それが妬むという感情になります。 これが嫉妬です。 文字にすると難しいですが、簡単にいえば「ヤキモチ」です。 作中の夢子は、ギャンブルが人生、あるいは、ギャンブルが恋人なのではと思うほどのギャンブル狂です。 しかし、同じクラスの鈴井涼太が絡むと静かに嫉妬心をあらわにしています。 嫉妬シーン 生徒会役員の1人でアイドルとしても活動する夢見弖ユメミが登場したシーンです。 鈴井涼太はユメミのファンであり、学内でスマートフォンを使い、歌っている動画配信をデレデレと見ています。 そんな時に、蛇喰夢子が後ろから、 「何を見ていらっしゃるのですか?」 と、静かに一言。 冷静で無表情な顔であり、さらに、漫画では背景画が黒であるため、そのまま夢子の感情を表しているのでないかと思われます。 握り合うのは恋愛という要素は絡んでおらず、ファンとアイドルのような立ち位置でしたね。 しかし、様子を目撃した夢子は、苛立ちを隠すように不自然なほどニコニコしており、心ではドス黒い感情を抱いているのではと推測できます。 男性が浮気をすることで自分や子どもを守ってくれる存在を失うことにつながるため、必死につなぎ止めようとするからだと考えることができるのです。 夢子は自分の命がかかった生志摩妄とのESPゲームでディーラーを鈴井に任せています。 命をかけたギャンブルということを考えても、鈴井に大きなの信頼を置いていると推測です。 ディーラーとなった鈴井はパニック状態になりますが、夢子は動じることなくゲームを進めていきます。 他にも、場面はわずかですが、夢子と鈴井の好意的な関係のシーンがあります。 ・最初の学校案内では、夢子は鈴井からのエスコートをリクエスト ・「友達だから夢子でいいですよ」とほおを赤らめ、上目づかいで距離を縮める ・ケーキバイキングを賭けた勝負では鈴井に勝ちを譲る 顔を赤らめるシーン アニメの12話でも鈴井のセリフに夢子が顔を赤らめるシーンがあります。 このシーンだけをみれば、鈴井も夢子に仲間以上の好意を抱いているのではないか、と勘ぐりたくなりますね。 アニメではクライマックスのシーンにあたり、視聴者からもかなり興奮気味に感想が届いていましたね、 「どうぞ、お気軽にひいてください。 たとえ負けても学園を去るのは私です。 これは私だけのリスク、私だけの痛みなのですから。 私はただ、粛々と結果を受け入れるのみ」 「夢子・・・それは違うよ」 「えっ・・」 「僕は一番近くで夢子を見ていたい!夢子と一緒にいたい! これは僕のリスクでもあるんだ! 一番大事なところを人に任せて良いわけはない!」 そして、決め台詞といっていいほど、鈴井の表情が力強くなり、 選ぶのは僕だ! 自分で負うリスクは自分で決める! これが僕のギャンブルだ! 「すっごーーーーい!!!!」 このような流れになります。 原作にはないオリジナルの要素ですが、かなりドキッとした人も多いでしょう。 「鈴井って臆病だけど、スゲーイケメンだよなぁ。 付き合えよ」 「夢子これはガチの顔だよなぁ」 「イッたな(確信」 「(このシーンは)これをやりたかっただけだろ!」 ギャンブル話と見せかけて、もはや告白に近いセリフであり、夢子もこれを聞いてかなり気持ちが高揚しているシーンでした。 しかし、これは鈴井が相手というより、ギャンブルに対しての意気込みに対して、胸をときめかせているようにも思えます。 根っからのギャンブル狂であり、夢子は賭けごとに全力で立ち向かうという人間性に魅力を感じたのではないでしょうか。 「賭ケグルイ」恋愛の展開 今後の賭ケグルイで恋愛要素は気になるポイントですね。 作中では夢子と鈴井、また、早乙女芽亜里と鈴井とそれぞれで良好な関係を気づいており、実際には恋愛というよりも仲間、良き友人としての関係です。 ヤキモチを焼くシーンもありますが、それは恋愛ではなく、友人が離れていくことに対する嫉妬心の方が強いと思われます。 夢子は早乙女芽亜里にも友人として好意を抱いており、キスを迫るシーンもありましたね。 また、物語そのものは、ギャンブルの漫画であり、ゲーム中の駆け引きをメインにしていますので、あまり恋愛要素を入れて内容を複雑にするのはマイナスでしょう。 実写ドラマ、映画と展開されていますので、持ち味のギャンブルシーンを満載にして賭ケグルイを続けて欲しいですね。 まとめ 今回は賭ケグルイの蛇喰夢子の嫉妬心について、今後の恋愛要素も含めて考察して見ました。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次の

賭ケグルイ|蛇喰夢子は嫉妬深い?恋愛対象として鈴井が好きか性格を考察!

蛇喰 夢子 イラスト

この記事の目次• 「賭ケグルイ」蛇喰夢子 性格と人柄 蛇喰夢子は普段は大人しい性格であり、ギャンブル要素がない状態だと社交性を感じさせます。 高校2年生時に転入をしてきた設定ですが、その時も礼儀正しい挨拶をしています。 皆様はじめまして! 蛇喰夢子と申します。 ふつつか者ですが、皆様の仲間に入れて頂けると幸いです。 その挨拶にクラスでは「おっ・・・・カワイイ」という声も飛び出します。 礼儀正しい理由もあり、作中では夢子は蛇喰家という、社会的に地位の高い一族の一員であり、かなり高所得者という点です。 最初に学園に持ち込んだお金は一千万円と作中では低い金額でしたが、現実的にはサラリーマンの年収の2倍以上です。 礼儀と所得の関係性に因果関係はありませんが、高所得者ほど社会との関わりが密接になるため、自然と礼儀や作法が身につくという傾向があるといわれています。 しかし、ギャンブルになれば話は別であり、自ら「さぁ、賭け狂いましょう」と数多くの狂気的なセリフを放っていきます。 今回のMVP顔芸大賞は蛇喰夢子さんです!。 受賞おめでとうございます!。 それは作中で出てくる「嫉妬心」「嫉妬深い」という面です。 嫉妬とは、人との比較により生まれる感情です。 人はどうしても誰かと比較しないと生きていけない生き物です。 そして、比較した結果、相手に負けているところがあったり、相手に対してうらやましいと感じるところがあったりすると、それが妬むという感情になります。 これが嫉妬です。 文字にすると難しいですが、簡単にいえば「ヤキモチ」です。 作中の夢子は、ギャンブルが人生、あるいは、ギャンブルが恋人なのではと思うほどのギャンブル狂です。 しかし、同じクラスの鈴井涼太が絡むと静かに嫉妬心をあらわにしています。 嫉妬シーン 生徒会役員の1人でアイドルとしても活動する夢見弖ユメミが登場したシーンです。 鈴井涼太はユメミのファンであり、学内でスマートフォンを使い、歌っている動画配信をデレデレと見ています。 そんな時に、蛇喰夢子が後ろから、 「何を見ていらっしゃるのですか?」 と、静かに一言。 冷静で無表情な顔であり、さらに、漫画では背景画が黒であるため、そのまま夢子の感情を表しているのでないかと思われます。 握り合うのは恋愛という要素は絡んでおらず、ファンとアイドルのような立ち位置でしたね。 しかし、様子を目撃した夢子は、苛立ちを隠すように不自然なほどニコニコしており、心ではドス黒い感情を抱いているのではと推測できます。 男性が浮気をすることで自分や子どもを守ってくれる存在を失うことにつながるため、必死につなぎ止めようとするからだと考えることができるのです。 夢子は自分の命がかかった生志摩妄とのESPゲームでディーラーを鈴井に任せています。 命をかけたギャンブルということを考えても、鈴井に大きなの信頼を置いていると推測です。 ディーラーとなった鈴井はパニック状態になりますが、夢子は動じることなくゲームを進めていきます。 他にも、場面はわずかですが、夢子と鈴井の好意的な関係のシーンがあります。 ・最初の学校案内では、夢子は鈴井からのエスコートをリクエスト ・「友達だから夢子でいいですよ」とほおを赤らめ、上目づかいで距離を縮める ・ケーキバイキングを賭けた勝負では鈴井に勝ちを譲る 顔を赤らめるシーン アニメの12話でも鈴井のセリフに夢子が顔を赤らめるシーンがあります。 このシーンだけをみれば、鈴井も夢子に仲間以上の好意を抱いているのではないか、と勘ぐりたくなりますね。 アニメではクライマックスのシーンにあたり、視聴者からもかなり興奮気味に感想が届いていましたね、 「どうぞ、お気軽にひいてください。 たとえ負けても学園を去るのは私です。 これは私だけのリスク、私だけの痛みなのですから。 私はただ、粛々と結果を受け入れるのみ」 「夢子・・・それは違うよ」 「えっ・・」 「僕は一番近くで夢子を見ていたい!夢子と一緒にいたい! これは僕のリスクでもあるんだ! 一番大事なところを人に任せて良いわけはない!」 そして、決め台詞といっていいほど、鈴井の表情が力強くなり、 選ぶのは僕だ! 自分で負うリスクは自分で決める! これが僕のギャンブルだ! 「すっごーーーーい!!!!」 このような流れになります。 原作にはないオリジナルの要素ですが、かなりドキッとした人も多いでしょう。 「鈴井って臆病だけど、スゲーイケメンだよなぁ。 付き合えよ」 「夢子これはガチの顔だよなぁ」 「イッたな(確信」 「(このシーンは)これをやりたかっただけだろ!」 ギャンブル話と見せかけて、もはや告白に近いセリフであり、夢子もこれを聞いてかなり気持ちが高揚しているシーンでした。 しかし、これは鈴井が相手というより、ギャンブルに対しての意気込みに対して、胸をときめかせているようにも思えます。 根っからのギャンブル狂であり、夢子は賭けごとに全力で立ち向かうという人間性に魅力を感じたのではないでしょうか。 「賭ケグルイ」恋愛の展開 今後の賭ケグルイで恋愛要素は気になるポイントですね。 作中では夢子と鈴井、また、早乙女芽亜里と鈴井とそれぞれで良好な関係を気づいており、実際には恋愛というよりも仲間、良き友人としての関係です。 ヤキモチを焼くシーンもありますが、それは恋愛ではなく、友人が離れていくことに対する嫉妬心の方が強いと思われます。 夢子は早乙女芽亜里にも友人として好意を抱いており、キスを迫るシーンもありましたね。 また、物語そのものは、ギャンブルの漫画であり、ゲーム中の駆け引きをメインにしていますので、あまり恋愛要素を入れて内容を複雑にするのはマイナスでしょう。 実写ドラマ、映画と展開されていますので、持ち味のギャンブルシーンを満載にして賭ケグルイを続けて欲しいですね。 まとめ 今回は賭ケグルイの蛇喰夢子の嫉妬心について、今後の恋愛要素も含めて考察して見ました。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次の