中国 マスク n95。 N95マスクとは?新型コロナウイルスに効果がない?ある?

マスク生産世界最多「中国BYD」返金騒動の真因

中国 マスク n95

2 契約から返金問題までの経緯 新型コロナの拡大で医療物資不足に直面したカリフォルニア州は4月、BYDとマスク調達契約を結んだ。 契約内容によると、BYDとはN95マスク3億枚を1枚3. 3ドル、サージカルマスク1億枚を1枚0. 55ドルで購入することで合意。 1枚3. 3ドルという価格は、他の州の調達価格に比べかなり安いという。 ところがカリフォルニア州は5月6日、BYDから期日通りにN95マスクが納品されないため、既に支払った4. 75億ドルの半額の返金を求めると明らかにした。 そもそも、ウイルスを含んだ飛沫の侵入を防ぐ効果が高い「N95マスク」は、NIOSHの規格に合格したマスクを指す。 カリフォルニア州が契約したBYDのマスクは、実際には中国の同様の基準をクリアした「KN95マスク」であり、NIOSHの認証を受けていなかった。 同州は契約で、BYDにNIOSHのN95認証を5月8日までに取得した上で、納品することを求めていたが、期日通りに認証・納品されなかったため、騒動になっていた。 背景には「N95」と同等のはずの「KN95マスク」に、基準を満たさない製品が相当数紛れていたことがある。 米食品医薬品局(FDA)は従来、感染症対策におけるKN95マスクの有用性を認めていなかったが、N95マスクが圧倒的に不足している現状も考慮し、4月3日に従来の方針を変更し、中国で承認された「KN95マスク」が「N95」と同等の効果を持つとして、医療現場での使用を認めた。 そこから多くの中国企業が、KN95マスクを米国に輸出するようになった。 ところが、米国に輸出されたKN95マスクから、基準を満たしていないマスクが大量に見つかり、FDAは5月7日までに再び方針を変更。 米国に医療用マスクを輸出する中国企業80社のうち8割の輸出許可を取り消した。 BYDのマスクは輸出許可を取り消されなかったが、契約先のカリフォルニア州から「N95同等」でなく「N95 取得」を求められたため、認証の遅れとともに、納品が遅延していたというわけだ。 当初の期日までにNIOSH認証を取れなかったBYDとカリフォルニア州は5月中旬、契約内容を「カルフォルニア州が先に支払った4. 95億ドルの半分を返金」「認証を5月31日までに取得し、納品日を5月22日までに確定する」と修正した。 だが、5月末時点でも認証を取れず、期限を再延長していた。 バフェット氏もBYDマスクを愛用 BYDは中国EVメーカーのリーディング企業で、投資家であるウォーレン・バフェット氏の出資も受けているが、この数年は政府のEV購入への補助金削減の影響を受け、業績が低迷している。 EV市場の失速とコロナ禍のダブルパンチで、同社の2020年1-3月期の純利益は、9割近く落ち込んだ。 マスク生産は緊急対策的に始めたものだったが、世界に新型コロナウイルスが広がる中で需要が急拡大し、BYDに投資するウォーレン・バフェット氏も同社のマスクをつけた写真を公開するなど、ブランド力向上に一役買っている。 中国の2018年のマスク生産量は約45万枚だったが、BYDは現在、1カ月で15億枚を生産できるまでになった。 2020年は自動車市場も縮小すると見られ、今年度のBYDの業績はマスク次第になると言われている。 BYDの18年度の売上高は1300億5500万元(約180億ドル)で、カリフォルニア州との契約10億ドルは、年間売上高と比較しても小さくない。 同州とのトラブルはBYDにとって大きな試金石だったが、世界に通用する米国のN95規格を取れたことで、事業の大きな弾みとなりそうだ。 関連記事• 日本では開発の遅れが取り沙汰される新型コロナウイルスの「接触確認アプリ」だが、中国では2月初旬から運用が開始されている。 ここでは中国アプリのこれまでと現状、第2波に備えた拡充構想とそれに対する市民の反応をレポートする。 新型コロナ感染が世界で最初に爆発した中国も現在はほぼ収束。 筆者は、中国の感染拡大期に多くの中国在住者を取材し、拡大防止策などを著書で紹介した。 ここでは同書に登場する「中国で働く日本人」たちに聞いた、5月末現在の中国各地の状況をお伝えする。 中国では営業を再開する飲食店が増えてきた。 深セン市などで複数の焼き肉店を展開する日本人経営者は倒産を覚悟していた。 しかし、再開後、過去最高の売り上げを記録するほどまでに復活した。 新型コロナ騒動で外出制限掛かった中国人。 「引きこもり消費」とも言うべき不思議なスタイルが発生している。 中国語系SNSのつぶやきビッグデータから迫る。 武漢市をはじめ各都市が封鎖され、工場の操業停止が続くなか、中国撤退を決断したり代替生産を検討に入る日系企業も出てきた。

次の

孫正義も調達の中国BYDマスク、米「N95」認証で形勢逆転 本業EVの救世主に前進(ITmedia ビジネスオンライン)

中国 マスク n95

N95マスクとは? N95マスクとは、 米国労働安全衛生研究所(NIOSH)のN95規格を満たし、認可されたマスクを指します。 米国労働安全衛生研究所(NIOSH)のN95規格とは、フィルターで最も捕集しづらい「0. 粒子状の物質の吸入防止のために用いられており、元々は製造現場等で使用されていたマスクです。 しかし、 結核やSARSの感染防止に効果が認められ、現在ではN95マスクは医療従事者にも積極的に用いられています。 N95マスクとDS2マスクの違いは? N95マスクは前述した通り、フィルターで最も捕集しづらい 「0. この他にも、呼気の抵抗やフィット感もチェックされます。 この規格を定めているのが「米国労働安全衛生研究所(NIOSH)」です。 米国労働安全衛生研究所(NIOSH)にはN95規格以外にも、微粒子を99%以上捕集する「 N99規格」や微粒子を99. 97%以上捕集する「 N100規格」という規格もあります。 対する DS2マスクとは、日本の厚生労働省が定めた規格です。 厚生労働省が定めた国家検定をパスした防塵マスクは12区分に分けられますが、その1つの規格がDS2です。 DS2は日本の規格の中でも最もN95マスクに近い物であり、 性能的にはほぼ同等と考えて問題ありません。 きちんと着用すれば、インフルエンザや結核、PM2. 5の感染予防に優れた効果を期待できます。 そのため、日本政府が公布した「 新型インフルエンザ対策ガイドライン」にも、「新型インフルエンザの患者への接触が多いと考えられる医療従事者については、N95マスクのような密閉性の高いマスクの着用が勧められる」とN95マスクの着用を推奨しています。 また、アメリカにおいてもN95マスクは「 医療施設における結核菌感染対策のための ガイドライン」で定められた「呼吸器感染防護器具」に認められており、医療従事者への感染予防のために装着を推奨されています。 このように、 各国でN95マスクの結核やインフルエンザの予防効果が認められており、装着が推奨されています。 しかし、注意しておきたいのは、N95マスクで感染を100%予防することは出来ないという点です。 N95マスクはフィルターの性能を規格によって定められていますが、顔とマスクの 密閉性は定められていません。 ですので、装着方法やサイズが間違っておれば、隙間が生まれます。 また正しく着用していても、完全に密閉することは困難であり、やはり 100%防げるとは言い切れません。 N95マスクは優れた効果を発揮しますが、過信しすぎないようにご注意ください。 N95マスクは放射能に効果的? 東日本大震災以後、放射能に関して非常に神経質になっている方も多いと思います。 原発から離れた地域ででも、風に乗ってかなりの広範囲に 放射性物質が拡散されていると言われています。 そこで、呼吸によって放射性物質を吸い込み、内部被ばくをリスクを下げるために、マスクの効果に注目が集まっています。 特に注目されているのが「 N95マスク」です。 N95マスクは前述した通り、0. そこで問題となるのは、拡散している放射性物質の大きさです。 チェルノブイリで飛散した放射性ヨウ素は「0. 3~1. 0マイクロメートル」の大きさが多かったと言われています。 また、核実験での研究報告からは「1. 0~10マイクロメートル」の大きさの放射性物質が多かったと言われていることから、 N95マスクには一定の効果が期待できます。 しかし、放射性物質の粒子にはさらに小さいものも多く、 マスクの効果について懐疑的な専門家もいます。 ですので、N95マスクの放射性物質への効果については断言できませんが、粒子の大きさから考えると一定の効果は期待できるのではないでしょうか。 N95マスクの使用期限について N95マスクにも使用期限があります。 使用期限を過ぎたマスクは、その性能を100%発揮できない可能性があります。 メーカーや種類によっても様々ですが、 一般的なN95マスクの使用期限は製造から3年から5年と言われています。 ですので、災害対策として非常袋に常備されている方はN95マスクの使用期限にはご注意ください。 また、安売りとして販売されているN95マスクの中には使用期限が近い物もありますので、 購入の際にはご注意ください。

次の

工場から生産したマスクを接収 中国共産党に支配される日本人の命

中国 マスク n95

くしゃみなどで他人の体液を吸い込んでしまう飛沫感染と、直接的な皮膚接触や物体表面を介した接触感染によっての感染が拡大すると PDFファイル 考えられているため、こういった感染を抑えるとされている「マスク」の需要が世界中で急増しています。 この需要急増に伴って「マスク不足」が世界中で生じているわけですが、「マスクの供給を増やすのは想像よりも困難」と、アメリカのラジオネットワークであるナショナル・パブリック・ラジオ NPR が報じています。 npr. 1億枚に達した」と発表しましたが、当局の号令によっておむつや生理用ナプキンなどの繊維製品を製造していた企業だけでなく、靴やiPhone、自動車を製造していた企業までも「マスク事業」に編入。 マスクの生産能力を強化し続けています。 上海市に本社を置く寝具会社Mercury Home Textilesは上海当局の指示を受け、わずか数日で防護服の製造を開始。 1週間経たずに1日当たり3000着を製造できるようになったと報告しました。 吉林省長春市の下着製造業Hejie Streetはマスク事業に転身を果たし、原材料の入荷遅延やパイプ凍結などのトラブルに見舞われましたがわずか8日で製造を開始しています。 NRPは中国のマスク生産能力に関して、2020年3月16日の時点で「1日あたり2億枚のマスクの製造が可能で、2020年2月初頭に比べて生産能力は20倍以上に拡大している」と述べています。 しかし、多くの製造業がマスク事業に目を向ける中、質の高いマスクの製造は困難だとNPRは指摘しています。 中華人民共和国国家発展改革委員会の発表によると、中国が1日に製造する2億枚のマスクのうち、医療関係者が使用できる水準の「N95マスク」はわずか60万枚のみ。 当局はこのN95マスクを増産しようと試みていますが、「失敗に終わっている」とNPRは記しています。 by phot0geek N95マスクは、「メルトブローン」と呼ばれる製法で作られた極細繊維不織布が不可欠です。 メルトブローン製法によってできる不織布は、直径1ミクロン未満というナノ単位の繊維が織り込まれており、害のある微粒子を通しません。 しかし、メルトブローン製法に用いられる産業機械は、その性能故に導入が困難という問題を抱えています。 メルトブローン製法の産業機械に必要なシリコンダイを作成する世界でも数少ない企業であるHills Inc. のティモシー・ロブソン氏は、中国の製造業における「生産ラインの品質」の問題を指摘。 「メルトブローン製法の産業機械はトースターのように、『買ってきてすぐ使える』ようなものではありません。 中国には欧米のような工場もありますが、地面がむき出しの掘っ立て小屋で、出荷する商品も見かけ倒しという工場もあるんです」とロブソン氏は語りました。 by Kai Hendry 問題は生産ラインの品質だけではありません。 アメリカやドイツ、日本からメルトブローン製法の産業機械を中国国内に輸入販売するHaigong MachineryのLeo Liu氏は「メルトブローン製法の産業機械は製造に6カ月かかる上に、搬入してから組み立てるのに1カ月を要します」とコメント。 マスク製造に参入しようとLiu氏に話を聞きに来るメーカーは多いものの、導入までのプロセスとそのコストを知ると、どの会社も諦めるそうです。 以上のように、メルトブローン製法に用いられる産業機械は中国国内でも数が限られています。 それゆえ、メルトブローン製法による不織布は価格が高騰しつつあるとNPRは指摘。 メルトブローン製法の不織布のサプライヤーである中国のXuzhong Guohongは、「新型コロナウイルス騒動以前は、メルトブローン生地の販売価格は1トンあたり6000ドル 約66万円 未満でした。 しかし、現在はその10倍である6万ドル 約660万円 にまで達しています」と述べ、この価格高騰の原因が供給不足にあると語りました。 N95マスクを1日に20万個製造しているというShengjingtongのGuan Xunze会長は「製造は簡単なものではありません。 耳に引っかける輪や、マスクが鼻筋にピッタリ張り付くようにする金属帯、そしてパッケージなど、巨大な製造システムが必要です」とコメント。 同社は地方自治体からメルトブローン不織布の提供を受けているため、不織布の価格高騰の影響は受けていませんが、Xunze会長は「事業開始時点では従業員は30人でしたが、地方政府は当社に180人を追加で割り当てました」と経営にまで政府の指示があると主張。 「利益はほとんどありません」と語りました。 外部サイト.

次の