大阪王将 メニュー。 【2020年】大阪王将は持ち帰りできる?気になるメニューも紹介!

大阪王将はコレが旨い!おすすめメニューのまとめ

大阪王将 メニュー

Take-out only• 豚骨 生ら~麺パック 焦がしニンニクの風味が効いた豚骨の濃厚な旨みが楽しめる生ら~麺です。 王将独自の製法で、おいしさを最大限に引き出しました!• 餃子の王将 ラーメンパック お店の味を再現!! 背脂が旨みを引き出し、最後の一滴まで飲み干したくなるスープ。 つるっとしたのどごしの ストレート生麺。 醤油 生ら~麺パック 醤油味も便利な1人前入りで新登場!! 鶏・豚の旨味をベースにした、 葱の風味豊かな醤油生ら~麺です。 実際の料理は写真と異なる場合がございます。 提供メニューについてはEPARKテイクアウトの各店舗ページにてご確認ください。 詳細についてはEPARKテイクアウト各店舗ページの「店舗からのお知らせ」にてご確認ください。

次の

【2020年】大阪王将は持ち帰りできる?気になるメニューも紹介!

大阪王将 メニュー

大阪王将と、餃子の王将は全くの別会社なのですが、もともとは餃子の王将からのれんわけしたお店で、身内同士。 餃子の王将と同じ名前で、大阪に出店しました。 しかし、本家餃子の王将の基盤ともいえる京都にも出店したことに、本家餃子の王将が激怒し、仲たがいしてしまったのです。 「王将」という名前を使わせない裁判にまで発展したのですが、最終的には和解が成立し「大阪王将」という名前で改めて再出発となりました。 本当に仲直りしたのか、喧嘩したままなのかは当人同士しかわからないことです。 でも、大阪王将と餃子の王将はお互い意識しあう、よきライバルなのかなと推測できます。 大阪王将と餃子の王将の関係は?創業はいつ? 現在、大阪王将と餃子の王将は、全くの別会社が運営し... どこいく編集部 大阪王将はランチメニューが豊富 大阪王将の通販は、品数も豊富ですし、セット価格の商品があるのも嬉しいです。 欲張り餃子セットは、元祖肉餃子50個+餃子のたれ6袋で2,280円、しかも送料無料です。 通販だし、ちょっと割高に感じるのですが、なんと買えば買うほどお得になるんです。 例えば、よくばり餃子セットを2セット購入すると、おまけで餃子が50個ついてくる。 つまり、100個の値段で150個送られてきます。 さらにさらに、欲張り餃子セット3セット購入すると、おまけ餃子が100個もついてきます。 つまり、150個の値段で250個送られてくるんです。 頼めば頼むほどお得で、最大5セットまで注文OK。 多く買ったほうがよりお得なので、ご近所さんやお友達とシェアして注文するとお得ですよね。 大阪王将のお得なおすすめクーポン 大阪王将のメニューは、リーズナブルな品揃えですが、それでもクーポンが使えればさらにお得になるので嬉しいですよね。 クーポンは、 ホットペッパーグルメのサイトなどでもゲットできるチャンスがあるそうです。 大坂王将へ行く前に、クーポンがあるかチェクしてからいくようにしましょう。 他にも、JAFの会員特典でも、割引を受けられることがあります。 また、 株主優待券がメルカリやヤフオクに出品されていることもあるので、要チェックですね。 いつも割引が受けられるということではないので、行く前に大阪王将が割引の対象になっているかを確認してから行きましょう。 Tポイントが溜まるので、会計時には出してポイント貯めたいですね。 ちなみに、以前は大阪王将のモバイル公式サイトGYOZA STATIONがあったのですが、残念ながらサービスは終了してしまったそうです。

次の

【2020年】大阪王将は持ち帰りできる?気になるメニューも紹介!

大阪王将 メニュー

大阪王将は、イートアンド株式会社が運営している中華料理店チェーンです。 大阪で1号店がオープンしたのは、1969年の9月。 大阪発の餃子専門チェーンとして全国各地で店舗が少しずつ増え続け、2011年12月には、総店舗数が300店を突破します。 その後は日本のみならず韓国やフィリピン、ミャンマー、ベトナム、インドネシアにも出店されており、今や日本を代表する欠かせない存在の中華料理店になりました。 大阪王将と言えば看板メニューは「餃子」ですが、実際にお店に足を運んでメニュー表をチェックしてみると、美味しそうな料理がたくさん掲載されています。 酢豚や回鍋肉などの中華料理はもちろんのこと、中華丼や天津飯などの丼物、ラーメンや五目やきそばなどの麺類、お得でボリューム満点の各種セットメニューなど、数えきれないぐらいの料理が提供中です。 そこで今回は、大阪王将で実際に各種お料理を注文し、おすすめだと言える美味しいメニューを一覧にしてまとめました。 どれを注文しようか迷ってしまった時など、ご参考にして頂ければ幸いです。 Contents• ふわとろ天津炒飯 大阪王将の旨いおすすめメニューとしてまず第一に挙げられるのが、「ふわとろ天津炒飯」です。 大きな魅力は何といっても、ふわふわの玉子焼きです。 食感が良いだけでなく厚みもあり、玉子の素朴な美味しさを堪能できます。 さらに、玉子の下には大阪王将の定番メニューである「五目炒飯」が入っており、もはや満足度120%ですね。 餃子が付いた「天津飯餃子セット(ふわとろ天津飯、餃子1人前、スープがセットで税込700円)」もお得ですね。 テレビ番組でも紹介されていた人気メニューなので、まだ食べたことが無い方へ是非おすすめします。 < ふわとろ天津炒飯の値段とカロリー数> 値段:税込720円 カロリー数:1155kcal 元祖焼餃子 大阪王将を語る時に必要不可欠な看板メニューと言えば、この「元祖焼餃子」ではないでしょうか。 材料のキャベツ、生姜、にんにくは国産にこだわり、餃子にとって最適な素材を厳選。 皮と具は店舗へ別々に納品し、お店ごとに毎日手巻きしているそうです。 公式サイトのメニュー表を見るとリニューアルされたことが明記されており、「もちもち感UP!」や「国産豚肉&国産野菜100%」など、魅力的な言葉が並んでいました。 実際に食べてみると食感はやわらかく、クセになりそうな旨味が詰まっていました。 ニンニクのにおいも強くないので、口臭を気にせず食べられると思います。 この大阪王将の元祖焼餃子は単品でも注文可能ですが、定食や丼物とのセットメニューも豊富に揃っています。 < 元祖焼餃子の値段とカロリー数> 値段:税込260円 カロリー数:344kcal スポンサーリンク 五目炒飯 大阪王将で一度は食べておきたいご飯物を言えば、五目炒飯です。 お米はパラパラと口の中で香ばしく踊り、本格的な中華料理店ならではの美味しいチャーハンを堪能できます。 豚肉やお肉、ネギなどの具材もちゃんと入っていますし、味付けも濃いめで炒飯の旨味をしっかり味わうことが可能です。 炒飯はセットメニューも豊富に提供されている他、エビチリや酢豚などと単品の組み合わせでも注文できます。 お店の炒飯が食べたくなった時に、ぜひ注文したい一品です。 < 五目炒飯の値段とカロリー数> 値段:税込490円 カロリー数:656kcal 餃子定食A 上記の元祖焼餃子と五目炒飯、そして単品メニューとして提供されている鶏の唐揚げ(2個)がセットになった魅力的なメニューと言えば「餃子定食A」です。 大阪王将の看板メニューである餃子と、本格的な炒飯、そしてみんなが大好きな唐揚げがセットになり、値段は税込910円。 定番の中華をがっちり食べたい時に、間違いなくおすすめのセットメニューです。 ちなみに餃子定食はA~Cまであり、Bは餃子が2人前でご飯は白飯に。 Cは餃子2人前プラス五目炒飯のセットになっています。 単品で注文するよりも割安なので、シェアして食べるのも良いかもしれません。 < 餃子定食Aの値段とカロリー数> 値段:税込910円 カロリー数:五目炒飯656kcal、元祖焼き餃子344kcal 五目あんかけ焼きそば 大阪王将の麺類メニューの中でもおすすめの一品と言えば、この「五目あんかけ焼きそば」ではないでしょうか。 もちもちの太麺の上には具材たっぷりのあんが乗っており、ソース焼きそばとは違った味わいを堪能できます。 店頭でもおすすめメニューとして掲載されていて、お店が自信を持って提供していることがうかがえますね。 大阪王将の五目あんかけ焼きそばには、白菜や人参、キクラゲ、豚肉などの定番の具材だけでなく、イカやエビの海鮮類も入っています。 実際に食べてみると麺は食感がもちもちしており、丁度良い塩加減で美味しかったです。 万人に愛される味付けになっています。 < 五目あんかけ焼きそばの値段とカロリー数> 値段:税込740円 カロリー数:616kcal スポンサーリンク レバニラ定食(餃子付き) 大阪王将の定食メニューの中で特におすすめなのが、レバニラ定食です。 レバニラ炒めはいろんなお店で提供されているメニューですが、大阪王将のレバニラ炒めは絶品です。 レバーは素揚げされており、下味もしっかり付いています。 そして野菜は程良くシャキシャキ感が残っており、野菜だけ食べても美味しいです。 筆者はこれまで何度も大阪王将のレバニラ定食を食べてきましたが、今回も香ばしさがしっかり出ており、とても美味しかったです。 なお、レバニラ定食は餃子の有無を選択できるようになっています。 単品でも提供されているので、ふわとろ天津飯は五目炒飯と一緒に注文するのも良いかもしれません。 < レバニラ定食(餃子付き)の値段とカロリー数> 値段:税込1,030円 カロリー数:1100kcal(レバニラ炒め:325kcal、元祖焼餃子:344kcal、ご飯セット:431kcal) 大阪ちゃんぽん麺 大阪王将の各種麺メニューの中で野菜をたっぷり摂れる一品と言えば、この「大阪ちゃんぽん麺」です。 大阪王将のちゃんぽん麺の中にも、キャベツや玉ねぎ、ニンジンなどの野菜だけでなく、豚肉やイカ、小海老なども入っており、具材が盛りだくさんでした。 そして上の写真のみだと判りづらいですが、お皿がとても大きいのでボリュームも満点です。 味付けはコクのある塩味で野菜との相性も良く、具材も麺も美味しく頂くことができました。 温かくてボリュームもあるので、冬の寒い日の腹ごしらえにぴったりだと思います。 < 大阪ちゃんぽん麺の値段とカロリー数> 値段:税込750円 カロリー数:922kcal 鶏の唐揚げ 大阪王将には様々な逸品メニューがありますが、その中でも個人的におすすめなのが「鶏の唐揚げ」です。 外側はカラっと揚がっており、中には淡泊な鳥肉が入っていて、味付けは素朴ながら香ばしさや風味が豊かです。 スーパーのお惣菜では味わえないような、オリジナリティのある一品に仕上がっています。 ふわとろ天津飯や中華丼などと一緒に注文すれば、満足感のある食事を堪能できます。 < 鶏の唐揚げの値段とカロリー数> 値段:税込540円 カロリー数:515kcal スポンサーリンク 酢豚 大阪王将の「酢豚」もおすすめの逸品メニューです。 豚肉は一度揚げてから炒めているので、お肉の旨味がしっかり詰まっています。 玉ねぎやピーマンは香ばしく、シャキシャキの食感が残っていました。 自宅で調理すると意外と難しいお料理ですが、大阪王将に行けば本格的な酢豚を味わえます。 値段は単品税込590円で、酢豚定食も提供されています。 糖質カット五目炒飯 五目炒飯を食べたいけれど、お米の糖質が気になる・・・。 そんな時におすすめの低糖質メニューが「糖質カット五目炒飯」です。 値段は税込590円で、糖質はたったの37. 1gです。 一般的な五目炒飯と比べて、なんと50%も糖質がカットされています。 お米もしっかり入っていますが、玉子や緑黄色野菜、鶏ミンチを加えることで、この糖質量を実現しているようですね。 実際に食べてみると通常の五目炒飯と比べて食感があっさりしているものの、旨味は香ばしさはしっかり堪能できます。 見た目でも、緑の野菜がしっかり入っていることが判りますね。 ダイエットのため日頃から糖質を制限されている方はもちろんのこと、糖尿病の予防や改善に努めている方にもおすすめのメニューです。 海鮮皿うどん 続いての大阪王将でおすすめメニューは、海鮮皿うどんです。 うどんと言えばもちもちの太麺が思い浮かびますが、大阪王将の海鮮皿うどんはパリパリの極細麺です。 昔から人気のお菓子「ベビースター」を思わせるような味付けで、塩味ベースのあんとの相性もばっちり。 海鮮という言葉が入っている通り、イカやホタテ、小海老など具材が入っていますし、もやしやキャベツをはじめとした野菜も豊富です。 ボリューミーで素朴な美味しさが光る、とても魅力的な逸品に仕上がっています。 大阪王将の海鮮皿うどんはカロリー数が763kcalで、値段は税込660円で提供されています。 五目冷やし中華 大阪王将では季節毎の期間限定メニューが活発にリリースされていますが、春から夏にかけてのおすすめ商品と言えば上の写真の「五目冷やし中華」です。 お馴染みの中華麺の上には、ハム、錦糸玉子、きゅうり、もやしナムル、中華くらげをトッピング。 さらに隠し味としてマヨネーズと辛子も付いており、夏定番の美味しさを堪能できます。 今回1年ぶりに大阪王将の五目冷やし中華を食べましたが、酸味の効いた中華スープとコシのある麺の相性が良くて、とても美味しかったです。 またマヨネーズを加えると、コクや旨味がさらにアップします。 具材たっぷりでとても満足感がある冷やし中華でした。 気になる販売期間についてですが、2020年は4月21日から8月31日までとされています。

次の