ビーチ サッカー ワールド カップ。 世界一になっても満足しない茂怜羅オズ。 ビーチサッカー日本代表 新監督に茂怜羅オズが就任!(J SPORTS)

【大会情報】第10回FIFAビーチサッカーワールドカップパラグアイ2019

ビーチ サッカー ワールド カップ

FIFA(国際サッカー連盟)は12月1日、日本代表の茂怜羅(モレイラ)オズ(東京ヴェルディBS)がFIFAビーチサッカーワールドカップパラグアイ2019のアディダス・ゴールデンボール賞(大会最優秀選手)に選ばれたことを発表した。 FIFAビーチサッカーワールドカップパラグアイ2019は11月21日から12月1日までの期間で開催されていた。 ラモス瑠偉監督率いる日本代表は、開催国のパラグアイ代表、アメリカ代表、スイス代表を破り、全勝でグループリーグを突破。 準々決勝ではウルグアイ代表を3-2で下したものの、準決勝では最終的に今大会の王者となるポルトガル代表にPK戦の末に惜敗していた。 1日に行われた3位決定戦でもロシア代表に4-5で敗れ、過去最高位である2005年と同様に4位で大会を終えていた。 ブラジル出身の茂怜羅オズは2012年に帰化して日本代表入り。 今大会はキャプテンとしてチームをけん引し、チーム最多タイとなる7得点を挙げる活躍を見せた。 なお、シルバーボール賞には優勝したポルトガル代表のジョルダン・サントス、ブロンズボール賞には同じくポルトガル代表のビー・ マルティンスが選出されている。 🇯🇵 Japan captain Ozu Moreira won the adidas Golden Ball at the Paraguay 2019, the tournament's award for the most outstanding player. 🗞 Here are the rest of the award winners 👇 — BeachSoccerWC 🏖🇵🇾 FIFAcom.

次の

2005 FIFAビーチサッカーワールドカップとは

ビーチ サッカー ワールド カップ

FIFAビーチサッカーワールドカップ パラグアイ2019 ゴールデンボール(MVP)を受賞した茂怜羅オズ ビーチサッカー日本代表 新監督に茂怜羅オズの就任が決定した。 日本に来て13年。 ブラジル出身の茂怜羅は、2012年12月に日本国籍を取得し、日本代表選手としてプレー。 これまで4回のワールドカップに出場し、チームに貢献している。 2013年タヒチ大会では、日本はベスト8で大会をあとにしたが、茂怜羅は大会のシルバーボール(優秀選手賞)を受賞。 2019年のパラグアイ大会では、日本代表キャプテンとしてチームを引っ張り、2005年以来のベスト4へと導いた。 そして、4位のチームからゴールデンボール(最優秀選手賞)に選ばれるという快挙を達成(FIFA主催 男子世界大会での日本代表選手のMVP受賞は初)。 今まさにビーチサッカー界を代表するトッププレーヤーだ。 「MVPをもらっても優勝しないと笑顔は出ない。 もらったときより、周りのみんなが喜んでくれる反応を見たときのほうがうれしかった」 茂怜羅はMVPに輝いても、決して満足することはない。 「代表では100ゴールを超えた。 今は200ゴールを目指してるし、それが毎日のモチベーションになっている。 結構いろんな大会で優勝してるし、賞ももらってるけど、トロフィーは家に入りきらないくらい、もっともらいたい(笑)。 監督と選手を兼任することは、ビーチサッカーではよくあることだ。 これまで茂怜羅は2016年からクラブで監督兼選手を経験してきた。 現在所属の東京ヴェルディBSでは、監督・選手の役割に加え、スポンサー営業にも自らが出向いている。 「営業するのは初めてだった。 名刺をもらって、最初はきれいな日本語を話すことも難しかった」 営業先はすでに100を超え、茂怜羅の日本語はどんどん上達。 今では美しい日本語を使って企業の社長さんと会話を楽しむ余裕もある。 何でもわかると思われ、ときには難解な日本語にぶつかることもあるが、家に帰って一つ一つ翻訳アプリで理解していくという。 プレーヤーとしての実力はもちろん、人としての魅力がスポンサーの心を動かすのだろう。 東京ヴェルディBSの監督を務めて4年目。 選手として監督を兼任する難しさをこう話していた。 「選手だけだったら、練習や試合のあとは何も考えなくても大丈夫だけど、監督はチームや選手のことを考えたり、試合を組んだり、チームの育成のことも考えないといけない。 茂怜羅のコネクションで3人の外国人選手を助っ人に呼び、11人で大会に挑んだ。 グループステージを2勝1敗で突破し、準決勝に進出。 準決勝では、昨年優勝のSCブラガ(ポルトガル)と対戦した。 ブラガはブラジル代表やポルトガル代表選手が集まった世界クラブランキング1位の強豪。 世界の壁は厚く破れなかったが、高いレベルの戦いを全5試合経験し帰ってきた。 茂怜羅は大会途中で足を負傷したが、負けられない戦いの中で痛みを抱えながら、ピッチの中で3ヶ国語を操り奮闘。 日本のクラブとして初の世界選手権挑戦で、世界4位という成績を収めた。 人生で大切なものはさまざまだが、茂怜羅の中での優先順位ははっきりしている。 「自分の人生はビーチサッカーが一番だから、いくら難しくても、いくら辛くてもやりたい。 家族もそれをわかってくれてる」 茂怜羅は先頭に立って、日本ビーチサッカーの歴史を一つ一つ作っていく。 文・写真:Noriko NAGANO 【FIFA 2019年大会一挙放送!】 ビーチサッカー ワールドカップ パラグアイ 6月19日 金 〜6月28日(日)•

次の

第1回 2005年 ビーチサッカー ワールドカップ ブラジル大会

ビーチ サッカー ワールド カップ

FIFAビーチサッカーワールドカップ パラグアイ2019 ゴールデンボール(MVP)を受賞した茂怜羅オズ ビーチサッカー日本代表 新監督に茂怜羅オズの就任が決定した。 日本に来て13年。 ブラジル出身の茂怜羅は、2012年12月に日本国籍を取得し、日本代表選手としてプレー。 これまで4回のワールドカップに出場し、チームに貢献している。 2013年タヒチ大会では、日本はベスト8で大会をあとにしたが、茂怜羅は大会のシルバーボール(優秀選手賞)を受賞。 2019年のパラグアイ大会では、日本代表キャプテンとしてチームを引っ張り、2005年以来のベスト4へと導いた。 そして、4位のチームからゴールデンボール(最優秀選手賞)に選ばれるという快挙を達成(FIFA主催 男子世界大会での日本代表選手のMVP受賞は初)。 今まさにビーチサッカー界を代表するトッププレーヤーだ。 「MVPをもらっても優勝しないと笑顔は出ない。 もらったときより、周りのみんなが喜んでくれる反応を見たときのほうがうれしかった」 茂怜羅はMVPに輝いても、決して満足することはない。 「代表では100ゴールを超えた。 今は200ゴールを目指してるし、それが毎日のモチベーションになっている。 結構いろんな大会で優勝してるし、賞ももらってるけど、トロフィーは家に入りきらないくらい、もっともらいたい(笑)。 監督と選手を兼任することは、ビーチサッカーではよくあることだ。 これまで茂怜羅は2016年からクラブで監督兼選手を経験してきた。 現在所属の東京ヴェルディBSでは、監督・選手の役割に加え、スポンサー営業にも自らが出向いている。 「営業するのは初めてだった。 名刺をもらって、最初はきれいな日本語を話すことも難しかった」 営業先はすでに100を超え、茂怜羅の日本語はどんどん上達。 今では美しい日本語を使って企業の社長さんと会話を楽しむ余裕もある。 何でもわかると思われ、ときには難解な日本語にぶつかることもあるが、家に帰って一つ一つ翻訳アプリで理解していくという。 プレーヤーとしての実力はもちろん、人としての魅力がスポンサーの心を動かすのだろう。 東京ヴェルディBSの監督を務めて4年目。 選手として監督を兼任する難しさをこう話していた。 「選手だけだったら、練習や試合のあとは何も考えなくても大丈夫だけど、監督はチームや選手のことを考えたり、試合を組んだり、チームの育成のことも考えないといけない。 茂怜羅のコネクションで3人の外国人選手を助っ人に呼び、11人で大会に挑んだ。 グループステージを2勝1敗で突破し、準決勝に進出。 準決勝では、昨年優勝のSCブラガ(ポルトガル)と対戦した。 ブラガはブラジル代表やポルトガル代表選手が集まった世界クラブランキング1位の強豪。 世界の壁は厚く破れなかったが、高いレベルの戦いを全5試合経験し帰ってきた。 茂怜羅は大会途中で足を負傷したが、負けられない戦いの中で痛みを抱えながら、ピッチの中で3ヶ国語を操り奮闘。 日本のクラブとして初の世界選手権挑戦で、世界4位という成績を収めた。 人生で大切なものはさまざまだが、茂怜羅の中での優先順位ははっきりしている。 「自分の人生はビーチサッカーが一番だから、いくら難しくても、いくら辛くてもやりたい。 家族もそれをわかってくれてる」 茂怜羅は先頭に立って、日本ビーチサッカーの歴史を一つ一つ作っていく。 文・写真:Noriko NAGANO 【FIFA 2019年大会一挙放送!】 ビーチサッカー ワールドカップ パラグアイ 6月19日 金 〜6月28日(日)•

次の