川崎 市 麻生 区 ハザード マップ。 川崎市:洪水ハザードマップ

神奈川県川崎市麻生区王禅寺のハザードマップ【地震・洪水・土砂災害】

川崎 市 麻生 区 ハザード マップ

大規模な災害が全国で相次ぐ中、被害を予測してその被害範囲を地図化した「ハザードマップ」が改めて注目されている。 防災の備えとして市民に活用してもらおうと、川崎市が今月22日から、各区で土砂災害のハザードマップに関する説明会を開く。 「昨年8月の広島市で起きた土砂災害をきっかけに川崎の市民からハザードマップに関する問い合わせが増えた。 今年の台風18号の被害後にも問い合わせが増えている」。 そう話すのは川崎市まちづくり局宅地企画指導課の担当者。 ハザードマップは洪水や土砂災害、火山の噴火などの災害が発生した場合の被害規模や範囲のほか、避難ルートや避難場所などを地図上に示したもの。 全国の自治体で各種のハザードマップの作成が進んでいる。 2000年の有珠山の噴火や1988年の十勝岳の噴火ではハザードマップの活用が功を奏し、人的な被害を防いだとされている。 一方、マップが作成されたにも関わらず、生かされなかった災害もあり、周知方法や活用法が全国で課題になっている。 今回、川崎市が周知を図るのは土砂災害ハザードマップ。 市内では現在、川崎区を除く6区で計759区域が土砂災害警戒区域に指定されている。 特に丘陵地に囲まれた北部に多く、麻生区は302区域で最も多い。 多摩区は179区域で東生田に集中している。 開催日と会場は上記の通り。 先着順の定員を超えた場合は席の用意がない。 全6回とも同じ内容。 会場で配布するマップは開催地の区のもの。 問合せは市まちづくり局宅地防災担当(【電話】044・200・3035)へ。

次の

鶴見川の洪水浸水想定区域図(想定最大規模)

川崎 市 麻生 区 ハザード マップ

川崎市の自然災害ハザードマップ 川崎市では、市民に対して万が一の自然災害に備えるよう啓蒙すべく、「洪水」「土砂災害」「津波」の3種類に関するハザードマップを作成・公表しています。 川崎市への転入を検討中の方は、宅地選びの際、これらハザードマップも参考にしておいたほうが良いでしょう。 洪水ハザードマップ 大雨で河川が氾濫した際の被害の範囲や程度を想定した地図のことを、洪水ハザードマップと言います。 洪水ハザードマップは、かねてより全国の自治体で作成・公表されていましたが、近年、想定を上回る降雨量や浸水被害が増えてきたことから、国は平成27年、水防法を改正。 この改正にともない、川崎市でも、まずは平成29年に川崎区と幸区、次いで平成30年には中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区のマップを改定しました。 水防法改正にともなう洪水ハザードマップの変更点 改正前と改正後の洪水ハザードマップは、次の点が大きく異なります。 [改正前] 改正前は、河川整備の基本となる降雨量を基準に、洪水被害を想定していました。 具体的には次の降雨量が基準です。 2日間における「多摩川」の総雨量457mm…200年に一度の確率• 2日における「鶴見川」の総雨量404mm…150年に一度の確率 [改正後] 改正後は、想定しうる最大限の降雨量を基準に、洪水被害を想定しています。 具体的には次のとおりです。 2日間における「多摩川」の総雨量588mm…1000年に一度の確率以上• 2日における「鶴見川」の総雨量792mm…1000年に一度の確率以上 洪水ハザードマップの入手方法 洪水ハザードマップは、下記の参照URLから確認することができます。 川崎市で宅地の購入を検討されている方はもとより、すでに市内に地を購入した方も、万が一の際の避難場所を確認しておきましょう。 土砂災害ハザードマップ 平成13年に施行された土砂災害防止法に基づき、神奈川県は、県内の一定規模を超える斜面やその近隣について、土砂災害警戒区域と指定しました。 土砂災害は、一般に「がけ崩れ」「土石流」「地滑り」の3種類に分類されますが、これらのうち川崎市において指定されている土砂災害警戒区域は、すべで「がけ崩れ」です。 土砂災害警戒区域の指定基準 川崎市で指定されている土砂災害警戒区域(がけ崩れ)の指定基準は、以下のとおりです。 急傾斜地の上からの水平距離が10m以内の区域• 急傾斜地の上から下までの高さの2倍以内の区域(ただし高さが50m以上の場合は1倍以内の区域) 文字で説明を受けても理解しがたいと思われるので、市内への転居をお考えの方は、事前にハザードマップを確認しておくと良いでしょう。 土砂災害ハザードマップの入手方法 土砂災害ハザードマップは、各区役所の危機管理担当窓口で手に入れることができます。 また、下記の参照URLからダウンロードして入手することも可能です。 津波ハザードマップ 平成25年、川崎市では、市内に到来するであろう最大規模の津波を想定し、1605年に発生した慶長地震をモデルに津波ハザードマップを作成・公表しました。 加えて平成29年には、神奈川県が公表した相模トラフ沿いの最大規模の地震による津波を想定し、市内の津波ハザードマップを更新しています。 一方、東日本大震災における津波被害は、専門家の想定をはるかに超える被害をもたらしたことを忘れてはいけません。 市が公表している津波ハザードマップを参考にするとともに、それ以上の規模の津波の到来も想定し、万が一の時の行動を家族とともに話し合っておくようにしましょう。 川崎市に到達する恐れのある津波の規模とは 市内に到達する津波の最大規模の基準として、市は慶長地震における津波を想定しています。 慶長地震の推定震度は4以下。 決して大きな揺れではなかったのですが、地震発生から80分後には、最大3mの津波が発生しています。 この津波をモデルにした場合、川崎港で予測される満潮時の最大津波高は約3. 71m。 市街地への被害も想定され、浅野町の一部などでは2~3mの浸水が予測されています。 3平方キロメートル。 川崎港への最大津波高の到達予想時間は、地震発生から約96分とされています。 津波ハザードマップの入手方法 川崎市の津波ハザードマップは、下記の参照URLからダウンロードすることができます。 市内への転入をお考えの方は、印刷して参考にしてください。

次の

「ハザードマップの活用を」 市が説明会

川崎 市 麻生 区 ハザード マップ

11東日本大震災の衝撃 忘れもしない2011年3月11日。 東日本大震災が発生しました。 津波で甚大な被害を被った東北地方の沿岸部…。 千葉県浦安市では地盤の液状化現象による被害も見られました。 地震・津波・火山・洪水・・・。 日本は災害大国です この災害は住宅購入の在り方についても、既定の概念を崩すほどの衝撃でした。 東北の沿岸部では津波による甚大な被害を被りました。 千葉県浦安市では長期地震動による地盤の液状化被害が見られました。 津波も地震も雨季に見られる洪水も、政府による被害予想が作成されており、その情報はインターネットで誰でも簡単に見ることができるのです。 勤務地への距離、学校区と通学距離・安全性、買い物・病院などの利便性・・・。 【国土交通省:ハザードマップポータルサイト】(別窓で開きます) 津波被害は神社までだった 東日本大震災で奇妙な事例が報告されています。 津波の被害が各地域の神社までとなっているのです。 ここで神様が守ってくれたとファンタジックに考えるのは間違いです。 津波や地震はある程度の周期で定期的に発生します。 甚大な津波被害にあった東北地方も過去に幾度となく同様の地震が発生し、津波被害を被っています。 つまり、前回の津波被害で浸水しなかったところまで神社を移し変えてきたというのが事実なのです。 地震・洪水・津波・火山・・・。 日本は災害大国です。 過去に発生した災害は貴重な文献などによって後世に伝えられています。 その形の一つがハザードマップなのです。 本当の土地選びをしましょう! ハザードマップを見ると、その土地がどれだけのリスクを抱えているかがわかります。 やむを得ずその土地を選択する場合でも、どのような災害に見舞われる可能性があるかを知ることは大切です。 不動産業界は地域密着型の業界です。 ですので、危険地域の事業者は、ハザードマップのことは知りつつも、宅建業法上では告知義務がないため、皆一様に口を閉ざしてしまうのです。 商売が成り立たなくなるからです。 少し前、阪神淡路大震災の被害を私たちは目の当たりにしました。 今回の震災でも買ったばかりの住宅が被害を受けて住めなくなったという事例はたくさん報告されています。 買ってすぐ被災して住めなくなる・・・。 (もちろんローンは残ります!)これ以上の悲劇はありません。 住宅に必要な要素は、いかなる時にもそこに存在し、家族を守ってくれることです。 趣味趣向や利便性を重視して、大切な土地選びを疎かにしてはいけません。 住宅購入 知っておきたい情報•

次の